タグ:ジェイク・ギレンホール ( 7 ) タグの人気記事

「ノクターナル・アニマルズ」

「Nocturnal Animals」2016 USA

a0051234_18185756.jpg
a0051234_18184128.jpg
a0051234_18182950.jpg

アート・ディーラーとして成功を収めながらも夫との結婚生活は冷え切り、満たされない日々を送るスーザン。ある日そんな彼女のもとに、20年前に離婚した元夫エドワードから彼の著作『夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)』が送られてくる。”


スーザン・モローに「メッセージ/2016」エイミー・アダムス。

トニー・ヘイスティングス/エドワード・シェフィールドに「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う/2015」ジェイク・ギレンホール。

ボビー・アンディーズに「ラビング 愛という名前のふたり/2016」マイケル・シャノン。

レイ・マーカスに「アンナ・カレーニナ/2012」アーロン・テイラー=ジョンソン。

ローラ・ヘイスティングスに「お買いもの中毒な私!/2009」アイラ・フィッシャー。

インディア・ヘイスティングスに「高慢と偏見とゾンビ/2016」のエリー・バンバー。

ルーに「ストーンウォール/2015」「ネオン・デーモン/2016」のカール・グルスマン。

ハットン・モローに「フリー・ファイアー/2016」アーミー・ハマー。

アン・サットンに「ハドソン川の奇跡/2016」ローラ・リニー。

アレシアに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/2014」アンドレア・ライズブロー。

カルロスに「パッセンジャー/2016」マイケル・シーン。

監督、脚本、製作は「シングルマン/2009」トム・フォード。


「シングルマン」に続くトム・フォード作品。予告編はシアターで何度か見たが、ストーリーがどのような展開になるのかは全く予測できなかった。公開が始まって気になったのは上映館が少ないこと。都内では現在日比谷・シャンテとシネマート新宿のみ。トム・フォード映画が万人受けするとは思えないが、ヒロインは万人受けしそうなエイミー・アダムス。しかし相手役はジェイク・ギレンホールで、一癖も二癖もあるマイケル・シャノンも出演している。で、やはりであった。本作は今年鑑賞した映画の中で一番後味の悪いドラマかも知れない。

原作はオースティン・ライトのミステリー小説“ノクターナル・アニマルズ“。“夜の獣たち”と言う名のドラマはとても怪しかった。


予想通りのエンディング。スーザンが待つレストランにエドワードはなぜ現れなかったのだろう?と考えた。

映画を見た後公式サイを覗いたら...

”20年前に別れた夫から送られてきた小説。それは愛なのか。復讐なのか。”とあった。


別れた夫エドワードから送られてきた小説を読み、小説のトニーとエドワードがスーザンの中でダブる。スーザンとエドワードの過去も取り入れながら進むストーリーは極めて斬新。

ある時、エドワードの子供を中絶し、泣き崩れるスーザンを慰めるハットン。しかしエドワードの小説に登場するトニーの娘と、スーザンが電話で話す娘が同一人物だったのは?と謎が残る。


美を愛でるデザイナー、トム・フォード作品だけあってスーザンが纏うファッションが素晴らしく美しい!完璧にメイクアップしたエイミー・アダムスもとても綺麗。彼女が暮らす屋敷もスーパー・ゴージャスだし、出演人もゴージャス!ローラ・リニー、アンドレア・ライズブロー、マイケル・シーンに至ってはワンシーンしか出演していない。そしてアーロン・テイラー=ジョンソンはワルが似合う!似合う!

オープニングのグロテスクなアートはトム・フォード好み??


TOHOシネマズ・シャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-11-19 20:08 | MINI THEATER | Trackback(2) | Comments(2)

「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」

「Demolition」2015 USA

a0051234_22465890.jpg

デイヴィスは妻ジュリアの父親が経営する金融会社のエリート社員。いつものように妻の運転する車で会社に向かう折、突然の自動車事故で自分は無事ながらジュリアが亡くなってしまう。やがて葬儀が執り行われるが涙がでない。妻が亡くなったというのに悲しくないのか?と自問するデイヴィス。彼はジュリアと出会いあっという間に結婚したことを思い出し、彼女を本当に愛していたのかどうか疑問を抱く…


デイヴィスに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」「マイ・ブラザー/2009」「複製された男/2013」 「ナイトクローラー/2014」ジェイク・ギレンホール。

カレンに「ヤング・アダルト・ニューヨーク/2014」「追憶の森/2015」のナオミ・ワッツ。

フィルに「8月の家族たち/2013」クリス・クーパー。

クリスにジュダ・ルイス。

ジュリアにヘザー・リンド。

監督、製作は「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「カフェ・ド・フロール/2011」「ダラス・バイヤーズ・クラブ/2013」「わたしに会うまでの1600キロ/2014」ジャン=マルク・ヴァレ。


ジュリアが亡くなる前、冷蔵庫の調子が悪いと言っていたこと思い出したデイヴィスは修理を試みる。しかし修理するはずが壊してしまっていた。それは義父に心の修理も車の修理も同じだ、まず分解して隅々まで点検し、再び組み立て直せと言われたことが頭にあったから…。モノを破壊するってちょっと快感だが、デイヴィスはかなり異常。


一方で自動販売機から商品が出てこなかったため苦情の手紙を会社に送るデイヴィス。手紙を読んだ苦情処理係のシングルマザー、カレンは彼に興味を持つ。それには病院で亡くなった妻のことも記されていた。ひょんなことから出会ったデイヴィスとカレンは親交を深めて行く。


原タイトルは破壊なのに邦題はとてもロマンティック。しかしジェイクの映画だからロマンティックなわけがない、と思っていたら案の定だった。

邦題の意味は映画のラスト近くで主人公が語ってくれる。


デイヴィスは妻と暮らした家を壊しに壊しブルトーザーまで出動させる。でもブルトーザーには唖然!気持ちは良くわかるけどあの行動にはあきれ返る。周りは住宅地なのに全く配慮などしていないのだから…。

ジェイク・ギレンホールは「ナイトクローラー」のルイスと似たような表情を見せて不気味。元々この俳優は苦手なので余計にそう感じるのかも知れない。


人生再生ドラマの本作はエンディングに少々救われる。

娘婿を見捨てない義父フィルの存在が映画を最後迄見る気にさせてくれた。演じるクリス・クーパーがgood

カレンの息子クリスが小生意気で可愛い。


シネマカリテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-03-04 23:09 | MINI THEATER | Trackback(4) | Comments(0)

「ナイトクローラー」

「Nightcrawler」2014 USA
a0051234_23225417.jpg
a0051234_23223590.jpg
a0051234_23221723.jpg
a0051234_2322815.jpg

L.A.に住むルイスは定職に就かず、盗みで日銭を稼ぐその日暮らしの日々。毎日観葉植物に水をやり、シャツにアイロンをかける。友人も家族もいない男の楽しみはTVとPC。そんなある夜、“ナイトクローラー”と呼ばれる報道パパラッチ、ジョーと遭遇する。悲惨な映像がTVに売れると知ったルイスは盗んだ高級自転車を、カメラと無線傍受器に交換し夜の街に繰り出す。そして警察無線を盗み聞きし、事件現場へ駆けつけたルイスはショッキングな写真を撮影した後、あるTV局に売り込みに行く…

ルイスに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」「マイ・ブラザー/2009」「複製された男/2013」のジェイク・ギレンホール。
ニーナに「トーマス・クラウン・アフェアー/1999」「マイティ・ソー/2011」「マイティ・ソー/ダーク・ワールド/2013」のレネ・ルッソ。
リックに「グアンタナモ、僕達が見た真実/2006」「センチュリオン/2010」のリズ・アーメッド。
ジョーに「ヘイヴン/堕ちた楽園/2004」「エージェント・マロリー/2011」「2ガンズ/2013」のビル・パクストン。
監督、脚本は「落下の王国/2006」「ボーン・レガシー/2012」の脚本家ダン・ギルロイ。

ルイスは私利私欲しか考えず、自分がいかに優秀であるかアピールしまくる。そしてディレクターのニーナも彼の才能を認める。
もし被害者の家族がルイスの行動を知ったら訴えるのではないか?と思ったりもした。嘘が上手くて刑事の追求までかわしてしまう。それはこの男の持って生まれた才能だろう。

ルイスが助手に雇ったリックも社会の底辺で生活している男。日銭が欲しいリックはルイスの助手に採用され一安心。夜になると車の助手席で警察無線から聞いた事件現場へとルイスにナビゲートするのだ。ルイスの要求は完璧で、少しでも間違ったナビをすると怒りが返ってくる。
でも見ていてちょっと驚くと言うか、感心したのは…ルイスは冷酷な人間ながらキレて怒りを爆発することはない。それに意外や言葉も丁寧で、汚い言葉は使わず“Thank You!”や“Please!”がすんなりと発せられる。でもそれがこの男のやり方なのかも知れない。それらの言葉は慇懃無礼とも取れるかも知れないし…。
ひたすら自分の欲望を満たすため、ジョーを騙し、ニーナを手玉に取り、リックを丸め込む姿が恐ろしくもあった。

巷で話題になっている本作のシアターはとても混雑していた。ジェイク・ギレンホールってどうもあのギョロ目がダメで好きになれないのだけど、こういったキャラはもう似合い過ぎる。とにかく彼の怪演と衝撃的な映像に118分があっと言う間だった。
過去の人レネ・ルッソとビル・パクストンの出演が良いな。

新宿シネマカリテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-09-09 00:34 | MINI THEATER | Trackback(15) | Comments(2)

「複製された男」

「Enemy」2013 カナダ/スペイン
a0051234_095198.jpg
a0051234_094398.jpg
a0051234_093611.jpg

アダム/アンソニーに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」「マイ・ブラザー/2009」のジェイク・ギレンホール。
メアリーに「PARIS(パリ)/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」「オーケストラ/2009」「黄色い星の子供たち/2010」「人生はビギナーズ/2010」のメラニー・ロラン。
ヘレンに「ドリーム・ハウス/2011」「危険なメソッド/2011」のサラ・ガドン。
アダムの母キャロラインに「最高の人生をあなたと/2011」「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~/2011」のイザベル・ロッセリーニ。
監督は「灼熱の魂/2010」「プリズナーズ/2013」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
原作はジョゼ・サラマーゴの「複製された男」。

大学の歴史講師のアダムは、ある日同僚から勧められた映画をDVDで見ている時自分とそっくりの俳優を見つけ驚愕する。やがて映画の中に登場する俳優が気になり彼のことを執拗に調べ始め、アンソニーという名前と彼の住むアパートを見つけだす...。

この世には自分のそっくりさんが3人いるという説があるそう。でも現実に対面してしまったら??想像を絶する驚きかと...。

アダムとアンソニーがホテルで対面する。ヘレンはヘレンでアンソニーに内緒でアダムに会いに行く。そしてアンソニーはアダムのフリをして彼の恋人メアリーに接近し始める。それはヘレンと浮気をしていると疑い、信じるアンソニーがアダムに復讐するためである。やがてアンソニーとメアリーに悲劇が起こる。こういったシーンが二人単位で描かれる。他の人間は現れない。

ある日、アダムは自分とそっくりな人間を見つけたと母親キャロラインに話して聞かせる。“ぼくは双子だったのか?”“いいえ、あなたは私のたった一人の息子よ!”といった会話がなされ、キャロラインはアダムの話に全く動じない。
そういえばヘレンがアンソニー(この時はアダム)に“今日お母さんから電話があったわよ!”というシーンもあった。

アンソニーのアパートに乗り込みヘレンに誘われるままベッドに入るアダム…その時、ヘレンの誘いがとても自然で、ヘレンは妊娠中の妻を顧みない浮気者のアンソニーより、優しいアダムの“時”が好きなのだ。ヘレンがアダムに“今日学校はどうだった?”と尋ねる様はスゴく自然で全くもって本物の夫婦の雰囲気。

ヘレンが蜘蛛に変身したエンディングがあまりにも唐突だったので“???”だった。で、家に帰るなり公式HPを見てみた。そこには監督のコメントがあった。

以下ネタバレ…
やはり...“浮気をする既婚の男が、浮気相手から妊娠する妻の元へ戻る迄の物語..”とあった。

歴史講師のアダムと俳優のアンソニーは同一人物で、彼の妄想の世界だったわけ。
本作は主演のジェイク・ギレンホールがスゴく良かったが、ヘレン演じるサラ・ガドンも素晴らしかったと思う。
六本木ヒルズに行ってバカでかい蜘蛛のオブジェが見たくなった。

ジェイク・ギレンホールはどうも苦手な俳優で、彼の映画はあまり観ていない。「ブロークバック・マウンテン/2005」はシアターで観たはずだがレビューは書いていない。「ドニー・ダーコ/2001」は好き。

ドゥニ・ヴィルヌーヴの「灼熱の魂」のレビューは書いていないけど観ている。カナダに住む双子の姉弟が、亡くなった母親の遺言により、彼女の故郷レバノンに出向き、そこで父と兄の存在を知る、壮絶かつ重厚なドラマで大変に見応えのある素晴らしい作品だった。
ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールの「プリズナーズ」は少々興味があり、見ようかと思っていたが結局未見。wowowでの放映に期待したい。

メラニー・ロランは「PARIS(パリ)」のイメージからはすっかり大人の女性に変身し、少々おばさん入っているかとも思えるほど。ヨーロッパ人が歳とるの早すぎ。
イザベル・ロッセリーニは既におばあさんだもの。

TOHOシネマズ・シャンテにて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-05 00:28 | スペイン | Trackback(15) | Comments(0)

「マイ・ブラザー」

「Brothers」2009 USA
a0051234_2131581.jpg

サムに“スパイダーマン、シリーズ”のトビー・マグワイア。
トミーに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」のジェイク・ギレンホール。
サムの妻グレースに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「パリ、ジュテーム/2006」「マイ・ブルーベリー・ナイツ/2007」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「ブーリン家の姉妹/2008」のナタリー・ポートマン。
兄弟の父ハンクに「ライトスタッフ/1983」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」のサム・シェパード。
「17歳の肖像/2009」のキャリー・マリガンがサムの部下ウイリスの妻キャシー役で出演している。
監督は「マイ・レフトフット/1989」「父の祈りを/1993」「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと/2002」のジム・シェリダン。

優秀な軍人である米軍大尉のサムには愛する妻グレースと可愛い二人の娘がいる。一方でサムの弟トミーは父親からも疎まれる厄介者。彼はサムが戦地アフガニスタンに出征と入れ替わりに、服役していた刑務所から出所して来る。やがてグレースの元にサムの悲報が届き、彼女は悲しみに打ちひしがれる。しかしそんなグレースと子供たちを支えたのは他でもないトミーだった...

スザンネ・ビア監督の「ある愛の風景/2004」を結構忠実にリメイクしてある。しかしサムとグレース夫婦を演じるトビー・マグワイアとナタリー・ポートマンに重厚感がなくてがっかり。まぁこの二人に重厚感を望むことはハナから無理なのは分っているけど…。
一方で、弟トミー役のジェイク・ギレンホールはとても光っていた。「ある愛の風景」でもそうだったけど、弟が美味しい役を独占している。
「ある愛の風景」を観てない人はそれなりに感動できたかも知れないが、やはりデンマーク版には全く適わない。
ジェイク・ギレンホールは姉のマギー・ギレンホール同様なぜか?苦手な俳優だったが、観るたびに好ましくなって行く。この作品での彼は愛情深い人間を情感たっぷりに演じていてますます好感を抱いた。
ジム・シェリダンの作る映画は重厚感たっぷりの作品が多いが、配役によってこうも変わるものかと驚く。
わたし的に言えば、ナタリー・ポートマンはどの作品でも今一なのはなぜ?
恵比寿ガーデン・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-10 21:42 | MINI THEATER | Trackback(4) | Comments(0)

「ゾディアック」

a0051234_23274763.jpg「Zodiac」2007 USA
ブラッド・ピット&モーガン・フリーマンの「セヴン/1995」の監督ディヴィッド・フィンチャーが作った実話を元にしたシリアル・キラー・サスペンス。
原作者は映画の主人公ロバート・グレイスミス。このノンフィクション小説はUSAでベストセラーになったとか...

新聞社サンフランシスコ・クロニクルのカートゥーンニスト(風刺漫画家)ロバート・グレイスミスに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」のジェイク・ギレンホール。
敏腕記者ポール・エイブリーにロバート・ダウニーJr.。
サンフランシスコ市警デーブ・トースキー刑事にマーク・ラファロ。
a0051234_23365998.jpg

1969年7月4日の夜、カリフォルニア、車にいた若いカップルが銃撃され女性が亡くなる。その事件を通報して来た男は最後に“犯人は俺だ!”と言い残す。
1ヶ月後、新聞社サンフランシスコ・クロニクルに1通のメールが届く。それは“ゾディアック”と名乗る者からの最初のメールであった。そしてそれには暗号文が同封されており、それを新聞のトップ・ページに載せなければ大量殺人を決行すると記されていた。
クロニクルの記者ポール・エイブリー(ダウニーJr.)と、カートゥーンニスト ロバート・グレイスミス(ギレンホール)は暗号解読に奔走する。
一方でサンフランシスコ市警のデーブ・トースキー(ラファロ)と相棒ウイリアム・アームストロング(アンソニー・エドワーズ)も狂ったように“ゾディアック”なる人物を追いかけ始める...
a0051234_23363997.jpg

アメリカ人ならきっと誰でも知っているシリアル・キラー“ゾディアック”。
日本人の私にとっては全く知らない事件、人物で、少々引いたが...ストーリーは見応えある。
20数年に渡って描かれるストーリー。難を言えば、ジェイク・ギレンホールとマーク・ラファロがちっとも老けなくてリアリティにかけた気がするがいかがなものか?
「イン・ザ・カット/2003」「死ぬまでにしたい10のこと/2003」で印象深かったマーク・ラファロは大好きな俳優。彼の魅力はあの優しい声に尽きる。
記者役のロバート・ダウニーJr.は、ジョージ・クルーニーの「グッドナイト&グッドラック/2005」で久々にお目にかかり、これでもアル中、ヤク中を好演しファンを魅了している。
ストーリーはちょうどニクソン政権のアメリカ合衆国...サンフランシスコ・クロニコルの二人はウオーターゲート事件を描いた「大統領の陰謀/1976」のロバート・レッドフォード&ダスティン・ホフマンとなぜか?かぶってしまった...シチュエイション全然違うのだが...
a0051234_23353319.jpg

時代設定の古いハリウッド映画を観るたびに感動してしまうのが、車を始めとしたグッズ...ファッションはなんとでもなるが(作れば良い)、時計とか電話とか...大量に保存してあるのだろうか?車は大量に保存してあるということは知っている。
街はCGでどうにでもなるが、小道具に関しては観るたびに興味しんしんとなる。

デイヴィッド・フィンチャー映画って「ゲーム/1997」「ファイト・クラヴ/1999」「パニック・ルーム/2002」と観てきたが、何れも中々面白い!
この映画を観てやはり「セヴン」を思い出してしまった。 
ワーナー・マイカルにて...
[PR]
by margot2005 | 2007-06-18 23:53 | USA | Trackback(10) | Comments(10)

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

a0051234_3354930.jpg「Proof」2005 USA
「恋におちたシェイクスピア/1998」のヒロイン、グイネス・パルトロウ 「抱擁/2002」「シルヴィア/2003」と、監督のジョン・マッデンが再びコンビを組んだ、天才数学者の父と娘キャサリンを軸に描くヒューマン・ドラマ。
父ロバートにアンソニー・ホプキンス「日の名残り/1993,白いカラス/2003」。
父の教え子ハルにジェイク・ギレンホール「ドニー・ダーコ/2001、ムーン・ライト・マイル/2002」。
キャサリーンの姉クレアにポーラ・デイヴィス「アバウト・シュミット/2002」。
原作はデヴィッド・オーバーンのピュリッツァー賞受賞の舞台劇ということである。
a0051234_195510.jpg

グイネス・パルトロウはあまり好きではない女優だが、彼女の出演する映画には素敵な映画がいくつかある...「スライディング・ドアー/抱擁/シルヴィア」そしてこの作品。
天才数学者ロバート(ホプキンス)が残した一冊のノート...これを巡って...ロバートと娘キャサリン(パルトロウ)との回想シーンを挟みながら物語は進んで行く。
a0051234_1101268.jpg

5年前...精神を病んでいる父親ロバート(ホプキンス)を看病するキャサリン(パルトロウ)はシカゴに住んでいる。姉のクレア(デイヴィス)はニューヨークに住み助けにならない。そしてとうとう父親が亡くなる。葬儀に現れたハル(ギレンホール)は父ロバートの教え子だった。ハルに“前から好きだった!”と打ち明けられ、戸惑いながらもキャサリンはハルと一夜を過ごすのであった。次の日、キャサリンは肌身離さず持っていた、父親のデスクのキーをハルにそっと渡す。やがて、デスクから一冊のノートを見つけて来たハルは興奮しきっていた。そこには誰も成し得なかったある定理の証明が書かれていた。
a0051234_339635.jpg
テーマがテーマなので途中で退屈してしまうかと思っていたが、以外に専門的(数学)な描写は少なく、父と娘キャサリン、キャサリンとハル、そしてキャサリンと姉クレア、それぞれの人間関係が描き出されていて興味深い。グイネスとホプキンスの親子役が結構似合っている。ジェイク・ギレンホールは役的にちょっと若過ぎるのではないかな?と感じたが...。グイネスの、殆どノーメイクにくたびれたジーンズ、おまけで汚いバスケット・シューズといった姿は珍しい気がする...しかしこれが又似合ってる。
[PR]
by margot2005 | 2006-01-29 02:28 | MINI THEATER | Trackback(31) | Comments(12)