タグ:シアーシャ・ローナン ( 2 ) タグの人気記事

「ブルックリン」

「Brooklyn」2015 UK/カナダ/アイルランド
a0051234_043140.jpg
a0051234_0425388.jpg

アイルランドの小さな町エニスコーシーで姉と母と3人で暮らす少女エイリシュはより良い生活を求めて単身アメリカへ渡る。やがてニューヨーク、ブルックリンのミセス・キーオの邸宅で同郷の女性たちとの寮生活が始まり、高級デパートで働き始めるが孤独に苛まれ新生活に中々馴染めないでいた。そんな折、ダンス・パーティで知り合ったイタリア移民のトニーと出会う…

エイリシュに「つぐない/2007」「ウェイバック -脱出6500km-/2010」「ビザンチウム/2012」「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」のシアーシャ・ローナン。
トニーに「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」のエモリー・コーエン。
ジムに「わたしを離さないで/2010」「シャドー・ダンサー/2011」「アンナ・カレーニナ/2012」「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/2013」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒/2015」「エクス・マキナ/2015」のドーナル・グリーソン。
フラッド神父に「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」「ウイークエンドはパリで/2013」「パディントン/2014」のジム・ブロードベント。
ミセス・キーオに「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「パディントン」のジュリー・ウォルターズ。
ミス・ケリーに「シャドー・ダンサー/2011」のブリッド・ブレナン。
エイリシュの姉ローズに「ハリウッド式 恋のから騒ぎ/2008」のフィオナ・グラスコット。
母親メアリーにジェーン・ブレナン。
友人ナンシーにアイリーン・オヒギンズ。
監督は「ダブリン上等!/2003」「BOY A/2007」のジョン・クローリー。

エイリシュの日常を淡々と描いていて最初は少々つまらないなぁなんて思っていたが、運命のいたずらでエイリシュがアイルランドに戻った辺りからストーリーが変化して行って惹きこまれた。
ちょっとネタバレ...
姉の死によってアイルランドに戻ったエイリシュにとって、一人暮らしとなった母親の側にいることはとても安心なことだった。友人ナンシーの結婚式に出席するために滞在を延長。そしてナンシーに紹介されたジムとつきあい始め心は揺らぐ。エイリシュはトニーから届いたエアー・メールに返事も書かず引き出しにしまいこむばかり。確かにトニーにどのように返事を書けばわからなかったに違いない。ジムと会っている事実を知らせるわけにもいかないし…。もし意地悪なミス・ケリーに詰問されなかったたらエイリシュはアイルランドに残ったのだろうか?

エイリシュの人生に関わる、新天地で出会ったおしゃべりで善人のミセス・キーオと、愛する故郷の意地悪なミス・ケリーの存在が真逆でなんとも興味深い。
1950年代のファッションを纏うエイリシュ。最初はダサイが次第に洗練されて行く過程がとても素敵に映る。シアーシャ・ローナンはまだ20歳を過ぎたばかりの年齢ながら妙に落ち着いた雰囲気の女性。少々憂い顔のせいかも知れない。ヒロイン役にはナイス・キャスティング。
トニーを演じたエモリー・コーエンは「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」でブラッドリー・クーパーの息子役。今回イメージが全く違って最初誰だかわからなかった。本作でのエモリー・コーエンは中々素敵だ。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-07-17 00:55 | UK | Trackback(4) | Comments(4)

「ビザンチウム」

「Byzantium」2012 UK/USA/アイルランド
a0051234_18463774.jpg

a0051234_18482169.jpg
a0051234_1847134.jpg
a0051234_1847515.jpg
a0051234_1846519.jpg

クララに「007/慰めの報酬/2008」「ロックンローラ/2008」「パイレーツ・ロック/2009」「アリス・クリードの失踪/2009」「タイタンの戦い/2010」「アンコール!!/2012」のジェマ・アタートン。
エ レノアに「つぐない/2007」「ラブリーボーン/2009」「ウェイバック -脱出6500km-/2010」「ハンナ/2011」のシアーシャ・ローナン。
ダーヴェルに「オン・ザ・ロード/2012」のサム・ライリー。
ノエルに「デス・パズル/2005」「つぐない」「バンク・ジョブ/2008」「ビトレイヤー/2013」のダニエル・メイズ。
フランクに「ハード・ラッシュ/2012」のケイレブ・ランドリー・ジョーンズ。
ルヴェンに「トレインスポッティング/1996」「ダーク・シャドウ/2012」のジョニー・リー・ミラー。
監督は「プルートで朝食を/2005」「ブレイブ・ワン/2007」のニール・ジョーダン。

海辺の保養地に現れた二人..クララは客引きしてノエルを捕まえ、彼の所有する“ビザンチウム”と言う名のホテルで娼館を始める。一方でエレノアは白血病に冒されたフランクに一目惚れされる。
ヴァンパイアは歯をたてて血を吸い、普通昼間は行動しない。しかしながらクララとエレノアは昼間もOKで、血を吸う時は、長くのばした爪をたてるのだ。本作のヴァンパイアは斬新でgood。
洞窟の崖から流れ落ちる水が真っ赤な血に変わるさまや、クララの着るドレスが緋色で、ヴィジュアル的にも美しくニール・ジョーダンの世界を楽しんだ。

ニール・ジョーダンはお気に入り監督の一人。TVシリーズ「ボルジア家1 愛と欲望の教皇一族/2011」「ボルジア家2 愛と欲望の教皇一族/2012」はwowwoで鑑賞済。
「クライング・ゲーム/1992」「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア/1994」「マイケル・コリンズ/1996」「ことの終わり/1999」などそれぞれ違ったジャンルながらどれもこれも素晴らしい映画。

ニール・ジョーダンの「インタビュー・ウイズ・ヴァンパイア」は物語も美しくヴァンパイア映画ではn.o.1級に好きな作品。かれこれ20年前の映画なんだと再納得。ブラッド・ピットが若いはず。
本作は美しい母娘クララとエレノアのヴァンパイア物語。

本作は9/20に公開され日比谷で観たが既に上映終了。現在ヒューマントラストシネマ渋谷(午前中1回のみ)で公開中。
わたし的には面白かったが、ヴァンパイア映画って受けないのかな??アイルランドやイングランドでロケされた景色は、妖しいドラマにとてもマッチしている。
クララとエレノアを演じるジェマ・アタートンとシアーシャ・ローナンも適役だ。ジェマは「アリス・クリードの失踪」「アンコール!!」と全く違った役柄を素敵に演じて見せるとても魅力的なUK女優。シアーシャ・ローナンはちょっと影のある美少女で、ニール・ジョーダンの妖しいドラマにぴったり。

TOHOシネマズシャンテにて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2013-10-20 20:44 | UK | Trackback(10) | Comments(0)