タグ:キャリー・マリガン ( 5 ) タグの人気記事

「未来を花束にして」

Suffragette2015 UK

a0051234_22172505.jpg

1912年、ロンドン。洗濯工場で働くモードは同じ職場の夫サニーと幼い息子の三人で暮らし日々の生活は貧しく、職場は男尊女卑がまかり通る劣悪な環境にある。ある日、街中でショーウインドウのガラスに石が投げ込まれる現場に遭遇する。それは女性参政権運動を展開するWSPU(女性社会政治同盟)の過激な抗議活動だった。そして職場で抗議活動をしていた女性バイオレットに自己紹介され、モードは活動に参加するようになる


モード・ワッツに「プライドと偏見/2005」「17歳の肖像/2009」「わたしを離さないで/2010」「SHAME -シェイム-/2011」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌/2013」のキャリー・マリガン。

イーディス・エリンに「カンバセーションズ/2005」「英国王のスピーチ/2010」「レ・ミゼラブル/2012」「天才スピヴェット/2013」「シンデレラ/2015」のヘレナ・ボナム・カーター。

バイオレット・ミラーに「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」「リピーテッド/2014」のアンヌ・マリー・ダフ。

アリス・ホートンに「タロット・カード殺人事件/2006」「エンジェル/2007」「つぐない/2007」「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」ロモーラ・ガライ。

サニー・ワッツに「追憶と、踊りながら/2014」「ロブスター/2015」「リリーのすべて/2015」ベン・ウィショー。

アーサー・スティード警部に「イン・マイ・カントリー/2004」「プルートで朝食を/2005」「グリーン・ゾーン/2010」「アルバート氏の人生/2011」「推理作家ポー 最期の5日間/2012」「ある神父の希望と絶望の7日間/2014」のブレンダン・グリーソン。

エメリン・パンクハーストに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり/2016」のメリル・ストリープ。

監督はセーラ・ガヴロン。


モードが活動にのめり込んでいったのは夫とのやり取りから...“この子が娘ならどんな人生?と聞くモードに君と同じ工場勤めと答えるサリー。モードはもし娘が生まれたら自分と同じ運命になることを案じ、許せなかったに違いない。


たび重なる妻の投獄に怒りを覚えたサリーはモードを家から追い出してしまう。追い出されたモードは息子にも会わせてもらえない。やがて一人で子育てすることが無理だと判断したサリーは、息子を養子に出してしまう。それを知ったモードはサリーを罵るが、自分ではどうすることもできない。この時代女性(妻)には親権がなかったのだ。モードが別れ間際に私を探しに来てね!と幼い息子に懇願する。あのシーンは哀し過ぎる。


主演のキャリー・マリガンを始めとして、いずれの女優もスッピンで頑張っている。

2シーンくらいしか出演しないものの、メリル・ストリープ案の定圧倒的な貫禄を見せつけていてさすが。


映画のエンディングに世界の女性が参政権を得た年が記される。ドラマの舞台となった英国は1928年。アメリカ合衆国はそれ以前の1920年。日本は1945年(第二次世界大戦終結の年)で、フランスとイタリアも日本と同じ年で遅いなぁと驚く。サウジアラビアはなんと2015年にやっと獲得が認められた。それはニュースで見た覚えがある。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-02-14 23:11 | UK | Trackback(1) | Comments(6)

「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」

「Inside Llewyn Davis」2013 USA/UK/フランス
a0051234_23574.jpg

a0051234_2352281.jpg

a0051234_2351499.jpg

a0051234_2353179.jpg

ルーウィン・デイヴィスに「マリア/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「ロビン・フッド/2010」「ウォリスとエドワード 王冠をかけた恋/2011」のオスカー・アイザック。
ジーン・バーキーに「プライドと偏見/2005」「17歳の肖像/2009」「わたしを離さないで/2010」「SHAME -シェイム-/2011」のキャリー・マリガン。
ロー ランド・ターナーに「お買いもの中毒な私!/2009」「アーティスト/2011」「アルゴ/2012」のジョン・グッドマン。
ジョニー・ファイヴに「オン・ザ・ロード/2012」のギャレット・ヘドランド。
バ ド・グロスマンに「アマデウス/1984」「誘惑のアフロディーテ/1995」のF・マーレイ・エイブラハム。
ジム・バーキーに「ソーシャル・ネットワーク/2010」「人生の特等席/2012」のジャスティン・ティンバーレイク。
トロイ・ネルソンに「Shall we Dance? シャル・ウィ・ダンス?/2004」のスターク・サンズ。
ミッチにイーサン・フィリップス。
製作/脚本/監督/編集は「パリ、ジュテーム/2006」「バーン・アフター・リーディング/2008」のジョエル&イーサン・コーエン。

1961年、NY、グリニッジビレッジ。しがないフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスには金も家もなく知人の家を泊まり歩く日々。ある日、泊めてもらった知人ミッチの家から猫が逃げだし、NYの街を探すハメに…一方で友人のガールフレンド、ジーンから妊娠を告げられる…

コーヒー・ハウスで歌うルーウィンには家も家族もない。彼に音楽がなければホームレスってとこか?
ジーンから妊娠を告げられる。もちろんルーウィンに子供を養う収入などなく、おまけに彼女にはジムがいる。ジーンに罵倒されアパートへも入れてもらえない。過去にもガールフレンドを妊娠させたルーウィンは実にだらしのない男だが、音楽に関しては頑固なまでにポリシーを曲げないのだ。

「マリア」で初めてお目にかかったオスカー・アイザック。「ウォリスとエドワード 王冠をかけた恋」でロシアから亡命してきたエフゲニ役がとても素敵で、オスカー・アイザックという俳優を意識した。本作は主演俳優でオスカー・アイザックあってのドラマかと思える。

とにかく生で歌うオスカー・アイザックが上手い!「SHAME -シェイム-」でも歌っていたキャリー・マリガンも上手い。シンガーのジャスティン・ティンバーレイクがキャリーやスターク・サンズと歌うPPMの反戦歌“Five Hundred Miles”は実に懐かしい。
“宇宙になんか行きたくない!”と訴える“Please Mr. Kennedy”や、イングランド国王ヘンリー八世の三番目の妻ジェーンがお産に挑むが中々生まれず、その後産褥死で亡くなる様を歌う“The Death Of Queen Jane”が可笑しくて最高!

『60年代にボブ・ディランらとともにニューヨーク・グリニッジ・ヴィレッジのフォーク・シーンで活躍したデイヴ・ ヴァン・ロンクをモデルに…』とあるがボブ・ディランは知っていてもデイヴ・ ヴァン・ロンクのことは全く知らない。『感動の音楽ドラマ…』とあるようにとても感動した。ジョエル&イーサン・コーエンがこのような映画を作るなんてちょっと驚き。
ジョエル&イーサン・コーエン映画は「ファーゴ/1996」が初めて。それはスゴく面白くてコーエン兄弟のファンになった。オスカーをゲットした「ノーカントリー/2007」も味な作品だったし、ブラック・コメディの「「バーン・アフター・リーディング」は正にコーエン兄弟の世界で、出演陣もとても豪華で映画を楽しんだのは言うまでもない。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-06-26 23:15 | MINI THEATER | Trackback(10) | Comments(0)

「SHAME -シェイム-」

「Shame」2011 UK
a0051234_0173523.jpg

ブランドンに「300<スリーハンドレッド>/2007」「エンジェル/2007」「イングロリアス・バスターズ/2009」のマイケル・ファスベンダー。
シシーに「プライドと偏見/2005」「17歳の肖像/2009」「わたしを離さないで/2010」のキャリー・マリガン。
ブランドンの上司デイヴィッドに「ディパーテッド/2006」のジェームズ・バッジ・デール。
ブランドンの同僚マリアンヌにニコール・ベハーリー。
地下鉄の女にルーシー・ウォルターズ。
監督、脚本は「Hunger/2008」のスティーヴ・マックイーン。
a0051234_0175997.jpg

a0051234_2047521.jpg
a0051234_20473929.jpg
a0051234_0175034.jpg

ニューヨークの高級アパートに暮らすブランドンは30代のハンサムな独身男性。仕事も順調で会社の評判も良く、ハタから見れば好印象な男そのもの。しかしブランドンは誰にも言えないセックス依存症という秘密の病気を抱えていた。そんなある日、恋人にふられた妹のシシーがいきなり転がり込んで来る…

舞台はニューヨークながら英国が舞台のように見える。ヴェネチア国際映画祭男優賞に輝いた主演のマイケル・ファスベンダーの表情(特に目)はスーパー級に孤独な男の雰囲気を醸し出していて素晴らしく上手い。
キャリー・マリガンは顔のせいかアンニュイな雰囲気のシシー役は似合わない気がした。フル・ヌードで頑張ってたけど…。

昨今ハリウッドで引っ張りだこ状態らしいマイケル・ファスベンダーは「エンジェル」の時少々気になっていた。その後、「イングロリアル・バスターズ」でナチス・ドイツのユニフォームが限りなく似合っていて、ドイツ人だとばかり思っていたがアイリッシュとのハーフ。ドラマの役柄もニューヨークにやって来たアイルランド人となっている。

孤独を抱える男がセックスにのめり込む姿をかなりストレートに描いている。ストレートではあるが以外に嫌悪感はない。
ブランドンが地下鉄で向かいに座る女を見るめる場面…執拗なまでに女を見つめるブランドン。ハンサムな男性に見つめられて嬉しくない女性はこの世にいない(ゲイは別だが…)。彼女は“わたしは既婚者よ!”とマリッジ・リングを見せつけるのだが(カメラが指輪を執拗に追う)、ブランドンの視線に目をそらすことは出来ない。ブランドンの目と、見つめられるままため息をつかんばかりに足を組みかえる女の仕草…あのシーンは限りなくエロティックだった。

ある夜、ブランドンは職場の同僚マリアンヌとレストランでデートをする。ただ食事をするだけなのになぜかそわそわと落ち着かない。友人も恋人もいないブランドンはセックスを通じてしか女性と交われないから、レストランで食事をするという行為がスゴくuncomfortableだったに違いない。異性と二人きりの初めての食事って確かに少々緊張するものだ。ディナー・デートの帰り、二人は地下鉄の駅で別れるが、彼はマリアンヌにキスもしなかった。
数日後、ブランドンは彼女をホテルに誘うが結局その気にはなれないで終わってしまう。彼にとっては love=sexではない。何かに取り憑かれたようにsexせずにはいられない。それも何の感情も芽生えない相手と…。
深い哀しみと悩みを抱え常に眉間にシワを寄せ考え込む表情のブランドン。ドラマの中で彼が唯一楽しそうに微笑んでみせたのはマリアンヌとのデートの時だけだった。でもマリアンヌとの未来はきっとないだろうなと想像した。

兄ブランドンはセックス依存症で、仕事以外の時間は全てセックスに費やしている。なんと惨めな人生だろう。まさに“SHAME”な男なのだ。妹シシーは手首を切っては自殺を繰り返している。この兄妹には絶対に悲惨な過去があったはず。しかしながらドラマの中で彼らの過去は全く語られない。
ブランドンは人との間に距離を置いて、心から愛情を持って交わることが出来ない人間。反対にシシーは相手に強烈に愛を求める人。真逆にある彼らはたった二人きりの家族。シシーがブランドンに“家族は助け合わなくてはいけないのよ。”と言うが、あの二人が助けあえるとは思えない。
ブランドンがシシーの病院を抜け出し、雨の降りしきる埠頭にたたずみ慟哭の叫びをあげる場面はヒドく気の毒だった。でもその後に続くラスト・シーン…地下鉄で再び遭遇した女性を執拗に見つめるブランドンの目は以前と同じ。彼はきっと彼女の後を追いかけたに違いない。

水曜割引に観に行ったらシアターは90%女性(最終回)だった。「Hunger」が観たい!!

渋谷シネクイントにて
a0051234_18305746.jpg
a0051234_18304646.jpg

a0051234_018910.jpg

[PR]
by margot2005 | 2012-03-22 00:26 | UK | Trackback(10) | Comments(0)

「わたしを離さないで」

「Never Let Me Go」2010 UK/USA
a0051234_18575596.jpg

キャシーに「プライドと偏見/2005」「マイ・ブラザー/2009」「17歳の肖像/2009」のキャリー・マリガン。
トミーに「BOY A/2007」「大いなる陰謀/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「Dr.パルナサスの鏡/2009」「ソーシャル・ネットワーク/2010」のアンドリュー・ガーフィールド。
ルースに「プライドと偏見」「シルク/2007」「つぐない/2007」「ある公爵夫人の生涯/2008」のキーラ・ナイトレイ。
ミス・エミリーに「家の鍵/2004」「エンジェル/2007」「彼が二度愛したS/2008」「ある公爵夫人の生涯」のシャーロット・ランプリング。
ミス・ルーシーに「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」「17歳の肖像」のサリー・ホーキンス。
監督は「ストーカー/2002」のマーク・ロマネク。
原作は「日の名残り/1993」のカズオ・イシグロ。
a0051234_18574738.jpg

外界から完全に閉ざされた緑豊かな田園地帯に建つ寄宿学校ヘールシャム。そこでは幼い頃からずっと一緒だったキャシー、ルース、トミー3人組の他多数の子供たちが共同生活を送っている。ミス・エミリーを中心に厳格な教師たち(保護官)が子供たちの教育に携わるある日、ヘールシャムへ新しい教師ミス・ルーシーが赴任して来る。しかし子供たちに”ある秘密”を話したことから彼女は学校を追われるはめになる。やがて18歳になった3人はヘールシャムを卒業し、農場のコテージで共同生活を始めるのだった…

“ドナー/提供者”となるため生まれて来た子供たち…映画の予告を観た時に、シャーロット・ランプリングが醸し出すなんか怪しい匂いから、少々異様な物語ではないのか?と感じたが、あの展開には正直驚いた。
私的に見終わって疲れる物語で、またまた二度と観たくない映画の中に入れてしまった。
カズオ・イシグロの小説”日の名残り”はもちろん読んだ。しかし本屋で手に取ったこの小説は、映画を観てしまった後なので読みたくなくなった。本来は映画を観てその原作を読むことが多いが、これに関しては原作小説に詳しく書かれていることをいくらフィクションでも読みたくない。

キャリーとキーラは1985年生まれ。「プライドと偏見」では、キーラ演じるエリザベスの幼い妹キティ役のキャリーはホントに可愛かった。この映画ではキャリーの方が大人の女性に見え、落ち着いた、優しいまなざしが素敵だ。

ルースは早くにドナーとなりどんどん弱って行く。一方でキャシーはルースやトミーたちドナーの介護士となる。いつか自身もドナーとなる日が来る…と考えながら二人を見守るキャシーの目が猛烈に哀しげだ。トミーの目も、ルースの目もそうだった。心を持たせてもらえなかった彼らの魂の叫びが聞こえ圧倒される。

上にも書いたシャーロット・ランプリングってなんて存在感のある女優なんだろう。一番圧倒されたのはランプリング演じるミス・エミリーの目かも知れない。
なんともはや、身につまされるというのか、どうしようもないというのかとんでもない展開のドラマだが、映画の背景に描かれる英国の田園風景がのどかで美しく、過酷で惨い物語が少し緩和されるような気もする。
キャリーも良かったけど、アンドリュー・ガーフィールドがスゴく良い。
TOHOシネマズ日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2011-04-26 19:20 | UK | Trackback(9) | Comments(4)

「17歳の肖像」

「An Education」 2009 UK
a0051234_21361674.jpg

ジェニーに「プライドと偏見/2005」のキャリー・マリガン。
ディヴィッドに「ニュースの天才/2003」「フライト・プラン/2005」「エレジー/2008」のピーター・サースガード。
ダニーに「ある公爵夫人の生涯/2008」「大暴落 サブプライムに潜む罠/2009」のドミニク・クーパー。
ヘレンに「プライドと偏見」「大暴落 サブプライムに潜む罠」のロザムンド・パイク。
ジェニーの父ジャックに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「シルク/2007」のアルフレッド・モリーナ。
母マージョリーに「アダプテーション/2002」「ホテル・ルワンダ/2004」のカーラ・セイモア。
校長に「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」」新しい人生のはじめかた/2008」「パイレーツ・ロック/2009」のエマ・トンプソン。
ミス・スタッブスに「フラッシュバック/2008」のオリヴィア・ウイリアムズ。
監督に「幸せになるためのイタリア語講座/2000」のロネ・シェルフィグ。
a0051234_21334234.jpg
a0051234_213485.jpg

1961年、ロンドン郊外。16歳のジェニーはオックスフォードを目指す優等生。苦手なラテン語やチェロの練習にはうんざりだが、それも進学のためならとがんばる毎日。唯一の楽しみは大好きなシャンソンを聞きながら憧れのパリに想いを馳せること。そんなジェニーはある雨の日、ディヴィッドと名乗る紳士と出会い、恋に落ちる…

“あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない。”…英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に描いた青春ドラマ。
ヒロインのキャリー・マリガンはオスカー主演女優賞にノミネートされた。20代のキャリー、17歳役は彼女のあどけない風貌により意外や違和感ない。
雨の日、ディヴィッドは車の中からがジェニーに声をかける。最高の笑みをたたえ、そしてもちろん紳士的に、彼はこう言う“怪しいものではないから安心して…”と、案の定ジェニーはディヴィッドの笑顔にコロッとだまされてしまう。少々ネタばれしてしまったけど、観ている途中でほぼ成り行きは分って来る。
同級生の男の子に物足りなさを感じるジェニーの前に突然現れた経験豊かな大人の男。16,7歳の女の子が夢中になるのも無理はない。
ジェニーは担任教師ミス・スタッブス救われたわけだが、とことん傷ついたにも関わらずまた勉強を始めるなんてとても良い子で感心する。
若い娘を食い物にしたディヴィッド役のピーター・サースガードは適役。ピーター・サースガードと言えば「ニュースの天才」ではクールな編集長役でお気に入り俳優に入れそうだったが、なぜか?その後の役柄はどうも冴えない役ばかり。クールな彼が今一度見てみたい。
日比谷 TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-05-27 22:23 | UK | Trackback(14) | Comments(2)