タグ:オマール・シー ( 6 ) タグの人気記事

「ショコラ~君がいて、僕がいる~」

Chocolat2016 フランス

a0051234_23373720.jpg

19世紀末のフランス北部の村。小さなサーカス一座の落ちぶれ芸人フティットは、そこで人食い族を演じる黒人青年カナンガと出会い、コンビを組もうと誘いかける。願ってもいない誘いに大喜びし快諾したカナンガはショコラと名を改め、前代未聞である白人と黒人コンビのフティット&ショコラが誕生する。2人の芸は観客に大受けし、噂を聞いたパリの名門ヌーヴォー・シルクの団長ジョゼフが二人をスカウトしにやって来る。そしてパリでもフティット&ショコラは大人気を得ることになる...


ショコラに「ミックマック/2011」「最強のふたり/2011」「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」「サンバ/2014」「二ツ星の料理人/2015」「インフェルノ/2016」のオマール・シー。

フティットに「ラブバトル/2013」ジェームズ・ティエレ

マリーに「食料品屋の息子/2007」「ミステリーズ 運命のリスボン/2010」「黒いスーツを着た男/2012」のクロチルド・エム。

ジョゼフに「ダゲレオタイプの女/2016」のオリヴィエ・グルメ。

サーカス一座のマダム、イボンヌに「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」「キングス&クイーン/2004」「マリー・アントワネットに別れをつげて/2012」「カミーユ、恋はふたたび/2012」「パリ3区の遺産相続人/2014」のノエミ・ルヴォヴスキ。

サーカス一座の娘カミーユに「夏時間の庭/2008」「あの夏の子供たち/2009」 のアリス・ドゥ・ランクザン。

監督、脚本は「バード・ピープル/2014」 の俳優ロシュディ・ゼム。


コメディアンを描くドラマながら、時代が古過ぎて彼らのパフォーマンスは決して笑えない。おまけに究極の差別にさらされ葛藤するショコラの姿は哀れですらある。


19世紀末~20世紀初頭に芸人として活躍したショコラ本名ラファエル・パディーヤは植民地出身の黒人青年。白人の召使いだったラファエルの父親は主人に動物並に扱われる日々を送っていた。そうはなるまいと心に誓ったラファエル。しかし彼のサーカスでの最初の仕事は人間動物園と称する人食い族の見せ物だった。


フティットと出会いコンビを組んでパフォーマンスするものの、ショコラは白人のフティットに痛めつけられる役どころ。フティットがショコラを蹴飛ばすと観客は大いに盛り上がる。観客は二人の芸が面白くて大笑いするのか?それとも黒人が蹴り飛ばされることに爆笑するのか?

やがて差別の嵐に苦悩するショコラはギャンブルにのめり込んで行く。


実話なので見ていてやるせなくなるが、後ろ指さされながらも生涯ラファエルを愛した白人女性マリーの姿に感動する。そしてあの時代に人種を乗り越えたフティットとショコラの友情にも感銘を受ける。

オマール・シーとジェームズ・ティエレのコンビが素晴らしい。

チャーリー・チャプリンの孫であるジェームズ・ティエレは「ラブバトル」の演技もスゴかったけど、オープニングでのフティットのパフォーマンスがチャプリンそっくりで驚く!


シネスイッチ銀座にて



[PR]
by margot2005 | 2017-02-02 00:03 | フランス | Trackback | Comments(0)

「インフェルノ」

「Inferno」2016 USA/ハンガリー

a0051234_21303269.jpg
ハーヴァード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドンは眠りから覚める。“ここは何処だ?ボストン?”と尋ねるラングドン。しかし窓からヴェッキオ宮殿が見え、“なぜフィレンツェに?”と考えても思い出すことができない。やがてシエナと名乗る女性医師が”傷は銃で撃たれたもので一時的に記憶もなくしている。”と説明する。ラングドンはボストンからフィレンツェにやって来た2日間が全く思い出せなかった。そんな折、警察官の制服を着た女暗殺者が現れ銃を発砲してくる。シエナの助けを借り、命からがら逃れることに成功したラングドンは彼女のアパートに身を寄せる…


ロバート・ラングドンに「ハドソン川の奇跡/2016」トム・ハンクス。

シエナ・ブルックスに「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「テンペスト/2010」「あなたとのキスまでの距離/2013」「博士と彼女のセオリー/2014」フェリシティ・ジョーンズ。

エリザベス・シンスキーに「アフター・ウエディング/2006」シセ・バベット・クヌッセン。

ハリー・シムズに「その名にちなんで/2006」「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「ダージリン急行/2007」「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「めぐり逢わせのお弁当/2013」イルファン・カーン。

クリストフ・ブシャールに「ミックマック/2009」「最強のふたり/2011」「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」「サンバ/2014」「二ツ星の料理人/2015」オマール・シー。

バートランド・ゾブリストに「メカニック/2011」「セインツ -約束の果て-/2013」のベン・フォスター。

監督、製作は「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「フロスト×ニクソン/2008」「天使と悪魔/2009」「ラッシュ/プライドと友情/2013」のロン・ハワード。


ラングドンが何も思い出せない中、シエナは彼のジャケットに隠されていた金属の円筒形小型プロジェクターを見つける。壁に映してみたところ、ダンテの”地獄篇/インフェルノ”をモチーフとしたボッティチェッリの“地獄の見取り図”の映像が現れる。二人はそれに刻まれた暗号を見つけだし解読していく。すると、ダンテのデスマスクの所有者で大富豪の生化学者バートランド・ゾブリストに辿り着くのだった。

ゾブリストは人口爆発問題の解決策として世界中にウイルスを拡散し、人類の半数を滅ぼそうと企んでいた。阻止すべく立ち上がったロバート・ラングドンはシエナと共にフィレンツェ、ベニス、イスタンブールを駆け巡ることになる。


2年以上前に原作翻訳の単行本を買って読んだ。それ以来映画化になるのをずっと待っていてやっと公開された。

ダン・ブラウンの小説大好きなのでもちろん“ダ・ヴィンチ・コード”も“天使と悪魔”も読んでいる。

IMDbで映画になると知った時トム・ハンクス以外の配役は誰?と、とても興味があった。特にシエナとエリザベスは?と思っていた。

シセ・バベット・クヌッセンはデンマーク人女優。小説では銀髪の女性(60代)の設定だったがキャストはやはりのヨーロッパ人。でも彼女ちょっと若過ぎる。シエナ役のフェリシティ・ジョーンズはどうかな?やはりちょっとイメージが違う?

このシリーズが好きなのは舞台となるヨーロッパの観光地で大々的にロケされていること。フィレンツェとベニスは観光ツアーのよう。今だ訪れたことのないトルコ、イスタンブールは、何度もBSの旅番組で見たことがあり、まるでその地に行ったような気分になる。ラスト、イスタンブールの地下宮殿のシーンは圧巻だった。水中で逆さにされたメドゥーサの叫び像を一度見てみたいものだ。


上に圧巻と書いたのは撮影のシーンがスゴいこと。でも原作とは全く異なるエンディングに驚き!まずWHOの事務局長シンスキーが水中に潜って敵と闘うなんてあり得ない。おまけにラングドンも参加するなんて…。でもあのような展開にしなければ観客に受けないと思ったに違いないきっと。

もう一つの突っ込みは、ロバート・ラングドンとエリザベス・シンスキーが元恋人のような描き方をしていて、ちょっと違うんじゃない?と思った。どの作品でもラングドンと年の離れたヒロインが互いに惹かれ合いながらも別れると言うのが定番なのだから。


本作を見て思ったのはやはり小説には適わないと言うこと。映画では奥深い所迄描く時間はない。ダン・ブラウンの小説は特に奥深いから...。

過去にワケありで天才的な頭脳を持つシエナと、やはりワケありのWHOのトップの女性エリザベスについてももう少し描いて欲しかった。

少々マンネリズムになってきたトム・ハンクスのラングドン、シリーズ。そろそろこの辺でやめにした方が良いかも?


TOHOシネマズ日劇にて


[PR]
by margot2005 | 2016-11-06 23:11 | USA | Trackback(8) | Comments(4)

「サンバ」

「Samba」2014 フランス
a0051234_23351751.jpg
a0051234_23345870.jpg
a0051234_23363786.jpg

セネガルからの移民サンバは10年もの間フランスで真面目に働いてきたがビザの更新を忘れ突然国外退去を命じられる。一方でアリスは大企業で働く管理職のキャリア・ウーマン。しかしある日職場でキレて休職中。そんな二人は移民支援協会で出合う...

サンバに「ミックマック/2009」「最強のふたり/2011」「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」「X-MEN:フューチャー&パスト/2014」のオマール・シー。
アリスに「メランコリア/2011」「詩人、愛の告白/2012」のシャルロット・ゲンズブール。
ウィルソンに「予言者/2009」「ある過去の行方/2013」のタハール・ラヒム。
マニュにイジア・イジュラン。
マルシェルに「母の身終い/2012」「ぼくを探しに/2013」のエレーヌ・ヴァンサン。
ジョナスにイサカ・サワドゴ。
マガリに「デザート・フラワー/2009」にリヤ・ケベデ。
監督、脚本は「最強のふたり/2011」のエリック・トレダノ。

ボランティア団体の移民支援協会で働くアリスと移民のサンバが出合う。アリスは“担当する移民と個人的な感情を持っては絶対にダメ!”と同僚のマニュに言われたにも関わらずサンバに自らの電話番号を教えてしまう。精神が不安定なアリスは夜も眠れずバッグに山ほどの睡眠薬を持ち歩いている。サンバは乱れるそんなアリスの心が知りたくてたまらない。しかし心を許してはならないと思いつつもアリスは心優しいサンバに惹かれ始める。アリスはサンバによって癒されていたのだ。
そしてアリスに忠告したマニュがウィルソンとできちゃったりして…実際このようなことは起きないだろうな?と思えるけど…。
ウイルソンがブラジル人だと嘘をついている。それはアフリカ人よりモテるからという発想...知らなかった。

日本人にとっては非日常的なことながら、不法移民をテーマにしたドラマは見応えがあった。「最強の二人」は実話の映画化ながら余りにも出来過ぎで、こちらの方が好き。

シャ ルロット・ゲンズブールはジュリエット・ビノシュ同様Worldwideに活躍しているフランス人女優。で、好きでも、キライでもないこの二人の映画は良く観ることになる。
シャ ルロット・ゲンズブール映画は「ニンフォマニアックVol.1/2013」「ニンフォマニアック Vol.2/2013」以来。この方、情緒不安定の役柄が実に似合う。地じゃないかと思うほど…。

昨年末に公開され初日に観たはずながらしっかり忘れていた一作。
本作を観たのはシアターで予告を何度も見たのと、オマール・シー&タハール・ラヒムの出演に惹かれたから。もちろん、オマール&タハールは最高にキュート。ドラマも全体的にとても良かった。
マルシェル役のエレーヌ・ヴァンサンの存在も忘れてはならない。

移民収容所で出会ったジョナスに頼まれマガリを探し出すサンバ。でも見つけだした彼女とsexしちゃうなんてとてもフランス人らしくて笑える。リヤ・ケベデはどこかで見た、見たと思っていたら「デザート・フラワー」の主演女優だった。
タハール・ラヒムは「予言者」でも「ある過去の行方」でもシリアスな役柄だったが、彼には絶対コメディが似合う。

新宿武蔵館にて
[PR]
by margot2005 | 2015-01-17 23:49 | フランス | Trackback(8) | Comments(2)

「ムード・インディゴ うたかたの日々」

「L'écume des jours」…aka「Mood Indigo」 フランス/ベルギー 2013
a0051234_20334746.jpg

コランに「タイピスト!/2012」のロマン・デュリス。
クロエに「ロシアン・ドールズ/2005」「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「プライスレス 素敵な恋の見つけ方/2006」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」のオドレイ・トトゥ。
シックに「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」「黄色い星の子供たち/2010」のガド・エルマレ。
ニコラに「ミックマック/2009」「最強のふたり/2011」のオマール・シー。
監督、脚本は「エターナル・サンシャイン/2004」「恋愛睡眠のすすめ/2005」のミシェル・ゴンドリー。

ミシェル・ゴンドリーの世界は「エターナル・サンシャイン」が初めて。ジム・キャリーの「エターナル・サンシャイン」はちょっとダメだったけど、ガエルの「恋愛睡眠のすすめ」は素敵なドラマだった。
ミシェル・ゴンドリーの描く世界は独特であるが中々微笑ましい。“肺に睡蓮の花が咲く…”という奇想天外な展開を大いに楽しんだ。
主演のロマン以下、恋人クロエ役のオドレイ・トトゥ、友人のシックを演じるガド・エルマレや、従僕ニコラ役のオマール・シーとそれぞれが素晴らしい配役。
10月に観た映画で既に都内では上映は終了している。
[PR]
by margot2005 | 2013-12-23 20:35 | フランス | Trackback(3) | Comments(2)

「最強のふたり」

「Intouchables」…aka「Untouchable」2011フランス
a0051234_2243266.jpg

シネコンでも上映中のフランス映画は「アーティスト/2011」以来。難病ものでなおかつ実話。感動しないではいられない。ラストに実際の二人の映像が映る。
感動しないではいられないと書いたが、少々出来過ぎの展開にちょっと違和感...でも俳優は上手い。
フィリップを演じるフランソワ・クリュゼの映画は「主婦マリーがしたこと/1986」から色々と観ている。パリを舞台にしたメグ・ライアンの「フレンチ・キス/1995」、ジュリエット・ビノシュ&オリヴィエ・マルティネスの「プロヴァンスの恋/1995」そして「PARIS(パリ)/2008」。でも一番記憶に残るのは「歌え!ジャニス・ジョプリンのように/2003」かな。
「ミックマック/2009」でレミントン(言語オタク)を演じていたドリス役のオマール・シーも、フランソワ・クリュゼ同様に素晴らしかった。
a0051234_2252185.jpg
a0051234_2251447.jpg
a0051234_225039.jpg
a0051234_2245159.jpg

フィリップにフランソワ・クリュゼ。
ドリスにオマール・シー。
フィリップの秘書(看護人)イヴォンヌに「ムッシュ・カステラの恋/1999」のアンヌ・ル・ニ。
同じく秘書マガリに「屋根裏部屋のマリアたち/2010」のオドレイ・フルーロ。
監督、脚本はエリック・トレダノ。

大富豪のフィリップはパラグライダーの事故で首から下が麻痺している。過去に逃げ出した何人もの看護人。そして今日又新たな看護人を採用するため面接が行われている。やがてやって来た一人の、場違いな男は貧困層の黒人青年ドリス。フィリップは周囲の反対を押切りドリスを新しい看護人として採用する…

上、“違和感”と書いたのはかなりシニカルだと思う。でもシネコンで上映され、日頃フランス映画など観ない人までがわんさか押し寄せている本作って?ちょっと許せない気がした(かなり隔たった思いではあるが…)。

難病ものをどこまでも明るく、楽しく(観ている人の笑いを誘う…)描いたのはスゴい!と思う。フィリップとドリスが固い絆で結ばれて行く過程も素晴らしかった。やはり素晴らしい!作品と言うことで締めくくりたい。

TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2012-09-30 22:18 | フランス | Trackback(15) | Comments(6)

「ミックマック」

「Micmacs」2009 フランス
a0051234_023561.jpg

バジルに「戦場のアリア/2005」「ぼくの大切なともだち/2006」「コード/2008」のダニー・ブーン。
タンブイユ(料理番)に「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」のヨランド・モロー。

レミントンにオマール・シー。

ラ・モーム・カウチュ(軟体女)に「パリ/2007」のジュリー・フェリエ。
フラソワ・マルコーニ(地雷製造会社)に「シークレット・ディフェンス/2008」のニコラ・マリエ。

ド・フヌイエ(ピストル製造会社)に「あるいは裏切りという名の犬/2004」「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵/2005」のアンドレ・デュソリエ。
監督、脚本、製作に「アメリ/2001」「ロング・エンゲージメント/2004」のジャン・ピエール・ジュネ。
a0051234_025547.jpg

パリに住むバジルはレンタル・ビデオ・ショップの店員。ある夜、突然の発砲事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けるはめになる。命は取り留めたものの銃弾は取り出せず、頭に残ったままの状態で退院して来る。しかしバジルがショップに戻った所、新しい店員がおり、彼は仕事も家も失ってしまったことに気づく。ホームレスとなったバジルは廃品回収をしながら共同生活を送るユニークな人々と出会い、彼らに温かく迎えられる...
a0051234_022486.jpg
a0051234_021419.jpg

幼い頃に地雷の事故で父親を亡くしたバジルは、大人になり発砲され銃弾を頭に受ける。そしてこの地雷と、銃弾(ピストル)の製造会社を偶然に見つけ復讐を誓う。
“世界が平和でありますように。”…とバジルとその仲間が武器製造会社社長二人を叩きのめすさまは痛快。
とてつもなく奇想天外な映画なので、バジルの仲間は皆不思議な特技を持つスーパー級に個性的な人物ばかり。

今年のフランス映画祭で上映された作品だったが、観ることが出来ずでずっと楽しみにしていた。フランスの風刺映画は展開が強烈で面白いことこの上ない。地雷&ピストル製造会社の社長たちがやり玉にあげられる終盤は最高!で、彼らを演じる二人の俳優...大の男が命を助けてと懇願する滑稽な姿…こんな役柄初めて観た!の二人の俳優。特にアンドレ・デュソリエの気の毒なほどの変わりぶりには大笑いした。
主演のバジルを演じるダニー・ブーン。「ぼくの大切なともだち」で一風変わった実に善良なタクシー・ドライヴァーが似合っていた。こちらの役でもちょっと変なバジルは奇想天外な物語にすっかり溶け込んで、ダニー・ブーンもぴったり。
パリの街がふんだんに登場するのもたまらない。バジルがホームレスするセーヌを始め、オルセー、ギャラリー・ラファイエットやムーラン・ルージュにモンマルトル墓地、パリ東駅&リヨン駅と、そこにある有名レストラン、トラン・ブルーとパリの街歩き観光状態。映像は全体的にセピア色で、それがパリの街にマッチしている。
ジャン・ピエール・ジュネ映画「デリカテッセン/1991」は残念なことに未見なので是非観てみたい。
恵比寿ガーデン・シネマにて

[PR]
by margot2005 | 2010-09-17 00:14 | フランス | Trackback(18) | Comments(2)