タグ:エマ・トンプソン ( 7 ) タグの人気記事

「ヒトラーへの285枚の葉書」

Alone in Berlin2016 UK/フランス/ドイツ

a0051234_18450042.jpg

19406月、ベルリン市民は戦勝ムードに沸いていた。そんなある日、工場で働くオットーと妻アンナの元に、ドイツ軍から1通の封書が届く。それは出征した一人息子ハンスの戦死の知らせだった。ヒトラーのせいでハンスは死んだ!と夫に訴えるアンナ。やがてオットーはカードとペンを手に取り、ヒトラーを批判する言葉を書き始める...


アンナ・クヴァンゲルに「美女と野獣/2017」エマ・トンプソン。

オットー・クヴァンゲルに「アサシン クリード/2016」ブレンダン・グリーソン。

エッシャリヒ警部に「僕とカミンスキーの旅 /2015」ダニエル・ブリュール。

プラル大佐に「悪党に粛清を/2015」ミカエル・パーシュブラント。

監督、脚本は「インドシナ/1992」「王妃マルゴ/1994」「天使の肌/2002:監督/脚本」「皇帝と公爵/2012」(ほとんど)チャーミングな王子/2013」のヴァンサン・ペレーズ。


オットー一人がやり始めたことだが、後にアンナが共に行動しカードを公共の場所にそっと置く日々が始まる。書き込みは指紋がつかないよう手袋をはめて行う慎重さ。

オットーが街中の店でカードを購入するシーンを見て証拠として残らないのか?とハラハラしたが、ある時、別人が逮捕され、後にオットーが逮捕されたのは他でもない彼が働く工場だった。


実話が元の映画なのでオットーとアンナの結末はわかっている。しかし何とかバレないでいて欲しいと願いながら見ていた。

原タイトル“Alone in Berlin”が語るように、オットーとアンナは単独でペンとカードでレジスタンス運動をしたのだ。

オットーが匿名で書いたカードは合計285枚。そしてその内の18枚はゲシュタポの懸命なる捜査にも関わらず見つからなかった。カードを読んで共感してもらおうと思っていたオットーながら、18枚以外は全て警察に届けられたわけだ。

ラスト、全てを読んだゲエッシャリヒ警部は窓からカードを道路にまき自殺する。あの行為はゲシュタポに対する抵抗以外の何ものでもない。


エマ・トンプソン、ブレンダン・グリーソン、そしてダニエル・ブリュールと皆素晴らしい。ブレンダン・グリーソンは寡黙な男が似合うし、コメディが似合うエマ・トンプソンも一人息子を亡くした母アンナを好演している。苦悩するダニエル・ブリュールもナイスだし、絶対的権力でエッシャリヒ警部を攻め立てるプラル大佐を演じるミカエル・パーシュブラントの気迫の演技がコワいほど。


ヴァンサン・ペレーズの初めての監督作品「天使の肌」は当時横浜で開催されていたフランス映画祭2003で鑑賞した。彼は映画祭の団長で運良くお目にかかることもできた。あれから14年経過!月日の経つのは実に早いものだ。映画はモルガーヌ・モレと今は亡きギヨーム・ドパルデューがカップルを演じる感動的な恋物語だったと記憶する。

ヴァンサン・ペレーズはかつてフランス製作の大作やコメディに多く出演してきた人気俳優。硬派な作品の監督としても素晴らしく才能豊かな人である。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-07-11 19:23 | UK | Trackback | Comments(0)

「美女と野獣」

Beauty and the Beast2017 USAUK

a0051234_21155631.jpg

ディズニー・アニメ”美女と野獣”を実写で描いたファンタジー・ラヴ・ミュージカル。


ベルに「ウォールフラワー/2012「ノア 約束の舟/2014」のエマ・ワトソン。

野獣に「靴職人と魔法のミシン/2014」「誘拐の掟/2014」「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密/2014」「クリミナル・ミッション/2015」のダン・スティーヴンス。

ガストンに「ブリッツ/2011」「推理作家ポー 最期の5日間/2012」「ドラキュラzero/2014」「ハイ・ライズ/2016」「ガール・オン・ザ・トレイン/2016」ルーク・エヴァンス。

モーリスに「声をかくす人/2011」「パリ3区の遺産相続人/2014」「幸せをつかむ歌/2015」のケヴィン・クライン。

ル・フウに「ラスベガスをぶっつぶせ/2008」ジョシュ・ギャッド。

ルミエールに「T2 トレインスポッティング/2017」ユアン・マクレガー。

カデンツァに「プラダを着た悪魔/2006」「モネ・ゲーム/2012」「ヴェルサイユの宮廷庭師/2014」「スポットライト 世紀のスクープ/2015」スタンリー・トゥッチ。

ポット夫人に「ウォルト・ディズニーの約束/2013」「二ツ星の料理人/2015」「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期/2016」エマ・トンプソン。

チップにネイサン・マック。

プリュメットに「砂上の法廷/2016」ググ・ンバータ=ロー。

マダム・ド・ガルドローブに「幸せをつかむ歌」のオードラ・マクドナルド。

コグスワースに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「X-MEN:フューチャー&パスト/2014」のイアン・マッケラン。

監督は「ドリームガールズ/2006」ビル・コンドン。


優美な城に住む美しい王子は傲慢な振る舞いをしたため、魔女に呪いをかけられ野獣の姿に変えられてしまう。呪いを解く方法は真実の愛を見つけること。それは魔女が残した赤い薔薇の花びらが全て散ってしまう前になさねばならなかった。一方で美しい女性ベルは進歩的な考えの持ち主で小さな村に父親と暮らしている。ある日、父親のモーリスが森で迷い、避難した古城の主人である野獣に捕らえられてしまう。


呪いで家財道具に変えられてしまった召使いたち…出演人はユアン・マクレガー、エマ・トンプソン、スタンリー・トゥッチにイアン・マッケランと、とても豪華でびっくり。彼らはラストに姿を見せるだけでほぼ声の出演。ミュージカル仕立てなので歌う俳優たちが上手い!そして所々に織り込まれるファンタジーっぽいシーンは正にディズニー風。CGを駆使した映像と音楽は素晴らしかった。


映画を見終わって案の定フランス版「美女と野獣/2014」と比較してしまって…本作スゴい人気なのだけど、少々お子様っぽくてフランス版の方が良かった。ベル役のエマ・ワトソンは可愛いのだけど少々魅力にかける。野獣役のダン・スティーヴンスはプリンス・チャーミングがとっても似合ってナイスながら、90%は野獣の姿で残念だった。ルーク・エヴァンスのミュージカルなんて想像できなかったけど、歌が上手くて役柄もぴったり。


wowowで見た「クリミナル・ミッション」のダンは痩せていて最初誰だかわからないくらい魅力に欠けていたが、「ナイト ミュージアム~」のランスロット役は「ダウントン・アビー」シリーズのマシューを彷彿とさせて、この俳優やはり古典ものが似合う?

アニメの「美女と野獣」が今一度とても見たくなった。


TOHOシネマズ日劇にて



[PR]
by margot2005 | 2017-04-25 21:31 | USA | Trackback(7) | Comments(4)

「ウォルト・ディズニーの約束」

「Saving Mr. Banks」USA/UK/オーストラリア
a0051234_1821059.jpg

P.L.トラヴァースに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」「パイレーツ・ロック/2008」「新しい人生のはじめかた/2008」「17歳の肖像/2009」のエマ・トンプソン。
ウォルト・ディズニーに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「天使と悪魔/2009」「キャプテン・フィリップス/2013」のトム・ハンクス。
ラルフに「幻影師アイゼンハイム/2006」「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「それでも夜は明ける/2013」のポール・ジアマッティ。
ドン・ダグラディに「キャビン/2011」のブラッドリー・ウィットフォード。
リチャード・シャーマンに「マリー・アントワネット/2006」「ダージリン急行/2007」のジェイソン・シュワルツマン。
ロバート・シャーマンに「イングロリアス・バスターズ/2009」のB.J.ノヴァク。
ドリーにメラニー・パクソン。
トミーに「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「新しい人生のはじめかた」「マシンガン・プリーチャー/2011」のキャシー・ベイカー。
トラヴァース・ゴフに「トータル・リコール/2012」のコリン・ファレル。
マーガレット・ゴフに「アンナ・カレーニナ/2012」のルース・ウイルソン。
ギンティにアニー・ローズ・バックリー。
おばエリーに「ほんとうのジャックリーヌ・デュ・プレ/1998」のレイチェル・グリフィス。
監督は「しあわせの隠れ場所/2009」のジョン・リー・ハンコック。
a0051234_18223040.jpg

a0051234_18213446.jpg
a0051234_18212321.jpg
a0051234_18211322.jpg

1961年、L.A.、ハリウッド。大物プロデューサーであるウォルト・ディズニーはP.L.トラヴァースの書いた児童小説”メリー・ポピンズ”の映画化に躍起になっていた。それは娘との約束でもあり、彼の悲願だった。
一方でロンドンに住むP.L.トラヴァースは気乗りしないながらL.A.行きの飛行機に乗る...

シアターで予行篇を何度も観、エマ・トンプソンとコリン・ファレルの出演に俄然観たくなりシアターへ…。映画メリー・ポピンズは観ているが、原作者パメラ・トラヴァース(P.L.トラヴァース)の本は多分読んだことはないと思う。パメラ・トラヴァースは英国では著名なる児童文学作家。

ハリウッドの大物映画プロデューサー、ウォルト・ディズニーとお固い英国女性のP.L.トラヴァースとの掛け合いが実に面白い。ファースト・ネームで呼ばれることをかたくなに拒否するミセス・トラヴァース…実際はシングルなのに…。

エマ・トンプソンとトム・ハンクスはもちろんのこと、脇を固める脚本家のドン、ミュージック担当のシャーマン兄弟、そしてディズニーの秘書のドリーとトミーの存在もナイスだが、何といってもショーファー(おかかえ運転手)のラルフが最高。
たまにこういった趣向の映画を観るのも素敵だ。ウォルト・ディズニーの過去や、パメラ・トラヴァースのそれも知る事となり少々感動する。

P.L.トラヴァースのオーストラリアの子供時代と、1960年代のハリウッドを交差させながら展開するドラマはナイスだった。
オーストラリア時代に登場するギンティと父親トラヴァースはとても仲の良い親子。父親は銀行に勤めるものの酒浸りの日々で、あげく命を落としてしまう。
原タイトル“Saving Mr. Banks”はここに由来する。メリー・ポピンズに登場する銀行家Mr. Banksとギンティの父親トラヴァース・ゴフが被る。“Savings (貯金)”と“Saving Mr. Banks”も掛け合わせている様子。

大好きなコリンは相変わらずゴージャス。エマ・トンプソンもお気に入り女優一人で、頑固な役柄は彼女にぴったり。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-04-19 20:14 | MINI THEATER | Trackback(11) | Comments(0)

「17歳の肖像」

「An Education」 2009 UK
a0051234_21361674.jpg

ジェニーに「プライドと偏見/2005」のキャリー・マリガン。
ディヴィッドに「ニュースの天才/2003」「フライト・プラン/2005」「エレジー/2008」のピーター・サースガード。
ダニーに「ある公爵夫人の生涯/2008」「大暴落 サブプライムに潜む罠/2009」のドミニク・クーパー。
ヘレンに「プライドと偏見」「大暴落 サブプライムに潜む罠」のロザムンド・パイク。
ジェニーの父ジャックに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「シルク/2007」のアルフレッド・モリーナ。
母マージョリーに「アダプテーション/2002」「ホテル・ルワンダ/2004」のカーラ・セイモア。
校長に「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」」新しい人生のはじめかた/2008」「パイレーツ・ロック/2009」のエマ・トンプソン。
ミス・スタッブスに「フラッシュバック/2008」のオリヴィア・ウイリアムズ。
監督に「幸せになるためのイタリア語講座/2000」のロネ・シェルフィグ。
a0051234_21334234.jpg
a0051234_213485.jpg

1961年、ロンドン郊外。16歳のジェニーはオックスフォードを目指す優等生。苦手なラテン語やチェロの練習にはうんざりだが、それも進学のためならとがんばる毎日。唯一の楽しみは大好きなシャンソンを聞きながら憧れのパリに想いを馳せること。そんなジェニーはある雨の日、ディヴィッドと名乗る紳士と出会い、恋に落ちる…

“あの頃に戻っても、私は私を止めたりしない。”…英国の女性ジャーナリスト、リン・バーバーの回顧録を基に描いた青春ドラマ。
ヒロインのキャリー・マリガンはオスカー主演女優賞にノミネートされた。20代のキャリー、17歳役は彼女のあどけない風貌により意外や違和感ない。
雨の日、ディヴィッドは車の中からがジェニーに声をかける。最高の笑みをたたえ、そしてもちろん紳士的に、彼はこう言う“怪しいものではないから安心して…”と、案の定ジェニーはディヴィッドの笑顔にコロッとだまされてしまう。少々ネタばれしてしまったけど、観ている途中でほぼ成り行きは分って来る。
同級生の男の子に物足りなさを感じるジェニーの前に突然現れた経験豊かな大人の男。16,7歳の女の子が夢中になるのも無理はない。
ジェニーは担任教師ミス・スタッブス救われたわけだが、とことん傷ついたにも関わらずまた勉強を始めるなんてとても良い子で感心する。
若い娘を食い物にしたディヴィッド役のピーター・サースガードは適役。ピーター・サースガードと言えば「ニュースの天才」ではクールな編集長役でお気に入り俳優に入れそうだったが、なぜか?その後の役柄はどうも冴えない役ばかり。クールな彼が今一度見てみたい。
日比谷 TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-05-27 22:23 | UK | Trackback(14) | Comments(2)

「新しい人生のはじめかた」

「Last Chance Harvey」 2008 USA
a0051234_0201336.jpg

ハーヴェイ・シャインに「卒業/1967」「クレイマー、クレイマー/1979」「レインマン/1988」「主人公は僕だった/2006」のダスティン・ホフマン。
ケイト・ウォーカーに「ハワーズ・エンド/1992」「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった」「パイレーツ・ロック/2008」のエマ・トンプソン。
ケイトの母マギーに「コールド マウンテン/2003」「いつか眠りにつく前に/2007」のアイリーン・アトキンス。
ハーヴェイの元妻ジーンに「美しい人/2005」「ジェイン・オースティンの読書会/2007」のキャシー・ベイカー。
ジーンの夫ブライアンに「ハンティング・パーティ/2007」のジェームズ・ブローリン。
ハーヴェイとジーンの娘スーザンにリアーヌ・バラバン。
監督、脚本にジョエル・ホプキンス。
a0051234_0203368.jpg

ニューヨークに暮らすハーヴェィはシングルのCM作曲家。英国に暮らす一人娘スーザンの結婚式のためロンドンへ向かう。ハーヴェィはジーンと離婚後気ままな一人暮らしを続けていた。しかし仕事を干され気味の彼はロンドンへと向かうが落ち着かない。やがてロンドンに到着したハーヴェィは娘スーザンからヴァージン・ロードは義父と歩くと宣言され目の前が真っ暗になる。
一方でヒースロー空港の職員ケイトは婚期を逃した孤独なシングル。一人暮らしの母親を疎ましく思いながらも面倒見の良い優しい娘。
ひょんな事で出会った二人は交流を深めて行く...

こちらも繰り返し予告を観ていたので公開されたら観に行かなきゃと思っていた1作。初日最終回シアターは予想どおり中高年の観客が多かった。
なんとなくほんわりとした中高年カップルのハッピー・エンディングが微笑ましくて、こんな出会いあるわけないと思いつつ、なんか素敵な気持ちになった。
ニューヨークからの仕事の電話が気になって仕方がないハーヴェィと、一人暮らしの母親からの電話がうっとうしくて仕方がないケイト。携帯電話がよく登場するが、二人は再会を約束する時なぜ電話番号を互いに伝えなかったのか気になった。
“Shall we walk?”...と、ハーヴェィ&ケイトが、テムズ川やトラファルガー広場、ロンドン・バスに観覧車etc.ロンドンの街を案内してくれるのも楽しい。また行きたくなったロンドンへ!

ダスティン・ホフマンと言えば「卒業」以来ハリウッド、ヒット作品に多数出演して来た名優の一人。彼は1937年生まれなので既に70歳過ぎている。しかしながら若く見える。普通ならおじいさんだが、映画の中で何歳の設定か定かじゃないが、原タイトルのように恋にラスト・チャンスをかける男を演じているが違和感ない。
冷静そのものの大人の恋、“付き合い始めて互いに合わなかったらどうするの?”と躊躇するケイトの気持ちスゴく理解出来る。きっと一歩踏み出すのに勇気がいるのだろう。そういった心情が二人からひしひしと伝わって来る。やはり上手い!ホフマン&トンプソン。
エマ・トンプソンはお気に入りのUK女優。ダスティン・ホフマンが小さいのは解るがエマってこんなに背が高かったの?と今回気づいた。穏やかで可愛い女ってイメージからほど遠い女優だが、この映画のエマ・トンプソンは守ってあげたい!と感じそうな可愛い女性を演じていてとてもチャーミング。
日比谷 TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-02-10 00:34 | MINI THEATER | Trackback(13) | Comments(4)

「主人公は僕だった」

a0051234_20203257.jpg「Stranger Than Fiction」...aka「Killing Harold Crick」2006 USA
タイトルとしてはworking titleの「Killing Harold Crick」の方がストレートで好きかも??
コメディ俳優ウィル・フェレル主演のファンタジー・ドラマ。
どこかのサイトにコメディという表記があったが、ブラック・コメディの分類であろうか?
フェレルの映画を大画面で観るのは初めて。
大好きなエマ・トンプソン「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」が出演してなきゃ観なかったかも...Sorry Will!
フェレルの映画はニコール・キッドマンの「奥様は魔女/2005」とウディ・アレンの「メリンダとメリンダ/2004」をDVDで観ている。
フェレル、トンプソン以下出演者は豪華で、「ネバーランド/2004」のダスティン・ホフマン、「ワールド・トレード・センター/2006」のマギー・ギレンホール、そして「シカゴ/2002」のクイーン・ラティファ。
それぞれ精神科医役で、ブレンダン・フレーザーの「風と共に去る20ドル!?/1992」の個性派女優リンダ・ハントと、「アマデウス/1984」のトム・ハルスが出演している。トム・ハルス変わり過ぎ...
監督は「チョコレート/2001」「ネバーランド/2004」「ステイ/2005」のマーク・フォスター。3本とも観ているが、ハル・ベリーがオスカーをゲットした「チョコレート」は胸にグサリと来るスゴイ作品。
a0051234_2021589.jpg

シカゴに住む国税庁の会計検査官(タックスマン)ハロルド・クリック(フェレル)は、妻子もいなければ、恋人もいない一人暮らし。来る日も、来る日も、一人で起き、一人で食事をし、一人で眠る。
ハロルドはいわゆる数字フェチで、歯磨きは毎朝数えながら同じ回数ブラッシングする。バス停へ行く際も数えながら同じ歩数で歩く。職場に着くやいなや、同僚が暗算では困難なかけ算を用意して待ち構えているが、難なく正解するハロルド。
ある朝、そんなハロルドに異変が起こる。ブラッシングの最中、英国アクセントの女性のナレーション(トンプソン)が耳に聞こえ始めたのである。それはまるでハロルドを主人公に書かれた小説の様に聞こえて来たのだ。困惑したハロルドは文学教授ジュールズ・ヒルバート(ホフマン)を訪ねる。
a0051234_20205099.jpg

ウィル・フェレルってアメリカじゃかなり人気のコメディ俳優。しかし日本ではあまり知られていない。共演者が日本でもメジャーな俳優をそろえていなきゃ単館公開(もしくは忘れた頃にいきなりDVD)になったかも知れないなぁなんて思ってしまった。ストーリーとしては中々面白い。エマ、ダスティン、マギー、ラティファがそれぞれに存在感ありで物語は盛り上がっているように思える、特にエマ・トンプソンがgood!
マギー・ギレンホールって癖があって好きじゃないのだが、フェレルが個性的過ぎて、マギーが普通に素敵に見えてしまった。
エンディングはVery アメリカ映画である。
日比谷みゆき座にて...
a0051234_20212695.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-05-23 21:09 | USA | Trackback(23) | Comments(8)

「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

a0051234_2131356.jpg「Nanny McPhee 」2005 USA/UK/フランス
エマ・トンプソン「いつか晴れた日に/1995」、コリン・ファース「高慢と偏見/1995」主演のファンタジー。
監督はカーク・ジョーンズ。脚本はエマ・トンプソン。原作は英国の児童書“マチルダばあや”。
ただのお子ちゃま映画ではないだろうな??と思いつつ観に行ったが、大人でも楽しめる素敵なファンタジー。最終上映の字幕版で観たので、子供がいるわけないが...
a0051234_2164147.jpg

ブラウン家の長男サイモンを演じるのは「ラブ・アクチュアリー/2003」のサム役のトーマス・サングスター。一家の料理人ミセス・ブラザウイックには「ヴェラ・ドレイク/2004」のイメルダ・スタウントン。使用人エヴァンジェリンには「ネバーランド/2004」のケリー・マクドナルド。伯母アデレード役はアンジェラ・ランズベリー(ジェシカおばさんの事件簿シリーズ)。
コリン・ファースご本人はコメディは好きではないということだが...おまけにこれはファンタジー...しかしラストではファンタジーの中の“ミスター・ダーシー”になりきっている...似合う王子様系...でもちょっとお年...。
a0051234_2165322.jpg

葬儀社を経営するミスター・ブラウン(ファース)は妻を亡くし、7人の子供たちの世話を、これまで17人ものナニー(乳母/家庭教師)に任せてきた。しかし、すべて子供たちの度が過ぎるいたずらでナニーたちは逃げ出すしまつ。今回のナニーもやはり出て行った。ナニー斡旋協会は、ミスター・ブラウンにはもうナニーを紹介できないと宣告する。
一方でミスター・ブラウンは、リッチな伯母アデレード(ランズベリー)の助けを借りて生活していた。伯母から、一ヶ月以内に再婚しなければ“援助を打ち切る!”と宣告される。
困っりきったミスター・ブラウン...天を仰ぐミスター・ブラウンの耳に囁く声が...そしてナニー・マクフィー(トンプソン)がステッキと共に登場する。
a0051234_217746.jpg

エマ・トンプソン演じるナニーは出っ歯で顔に大きなイボがあり、かなり不細工系のデブのおばさん。しかしストーリーが進むに従ってイボが取れて行って、ラストでは実際のエマの顔が現れる。これもファンタジーの成せる技か?
上にも書いたが、コリン・ファースは今やどんな役を演じても素敵に似合ってはいるが、やはり“ミスター・ダーシー”のイメージって彼について回るのか、こういった作品を観ると”ダーシー”を思い出さずにはいられない。
ファンタジーは大好きなので観に行ってしまった。お子ちゃまっぽい場面も多々登場するが、大人の鑑賞に堪える素敵なファンタジーとなっている。
a0051234_217214.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-04-19 21:40 | USA | Trackback(25) | Comments(6)