タグ:アーロン・エッカート ( 8 ) タグの人気記事

「ハドソン川の奇跡」

「Sully」2016 USA

a0051234_20011907.jpg

2009年1月15日。乗員乗客155人を乗せた旅客機が、ニューヨークのラガーディア空港を離陸した直後バードトラブルによりエンジンが止まってしまう。やがて機体は急速に高度を下げ始めるのだった...


チェズレイ(サリー)・サレンバーガーに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2006」「天使と悪魔/2009」「ウォルト・ディズニーの約束/2013」「ブリッジ・オブ・スパイ/2015」トム・ハンクス。

ジェフ・スカイルズに「陰謀のスプレマシー/2012」「エンド・オブ・キングダム/2016」のアーロン・エッカート。

ローリー・サレンバーガーに「アメリカを売った男/2007」「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」「最終目的地/2009」「私が愛した大統領/2012」ローラ・リニー。

監督、製作は「チェンジリング/2008」「グラン・トリノ/2008」「インビクタス/負けざる者たち/2009」「アメリカン・スナイパー/2014」クリント・イーストウッド。


日本でも大きなニュースとなったのでハドソン川に不時着した飛行機事故のことはもちろんTVで見ている。そして機長は確かヒーローだったはず??その後、そのヒーローが事故調査委員会に厳しく追求されていたとは...。


飛行機のエンジンが止まっても翼があるのですぐには墜落しない。しかし機体は急速に高度を下げいつまでも浮かんではいられない。そこで機長は空港に戻るのは時間的に無理と判断する。

ハドソン川に不時着後、サリーとジェフはホテルに閉じ込められる。

事故調査委員会は、片方のエンジンは動いていたので空港に戻れたと主張し、サリーの判断は間違っていたと攻め立てる。

ベテラン・パイロットが妻に携帯電話で“事故調査委員会の判断で職を失うかも知れない!”と話すシーンに、国民にはヒーローと賞賛される人物が現実ではとても苦悩してたことを知って驚いた。

サリーは40年の飛行経験があるベテラン・パイロット。それを示すように若き日のサリーの飛行シーンが織り込まれている。


コックピットではコンピューターが“Pull up!Pull up!”と繰り返し、機内では客室乗務員が“Brace!Brace!”と叫ぶシーンは生々しくてとても臨場感があった。

救出後、“155人は全員無事か?”と確認する台詞にさすが命を預かる機長が発した言葉だと感動する。


ラスト、事故調査委員会から“同じことが起きたら同じ判断をしますか?”と質問されたジェフ。“できれば7月にしていただきた!”と答える様はウイットに富むアメリカ人だと感心しきり。あのシーンはナイス!だった。アーロン・エッカートはお気に入りハリウッド俳優の一人。

トム・ハンクス映画は今月末公開予定の「インフェルノ」が楽しみ!


ドキュメンタリータッチで描かれるドラマはとても見応えがあった。さすがはクリント・イーストウッド。

大ラスでサリーご本人と今でも交流を持つという乗客たちが登場する。


丸の内ピカデリーにて



[PR]
by margot2005 | 2016-10-13 22:17 | USA | Trackback(6) | Comments(2)

「陰謀のスプレマシー」

「The Expatriate」2012
USA/カナダ/ベルギー/UK
a0051234_23451687.jpg

ベン・ローガンは元CIAエージェントで現在は“国外追放者”。一人娘と共にベルギーに暮らしている。ある日彼が働く会社がこつ然と消えてしまう。なにがなんだかわからないまま会社があった場所を去るが、追いかけて来た元同僚に殺されそうになる。エイミーと共にからくも逃れたローガンは大陰謀に巻き込まれたことを知る…
a0051234_23453691.jpg

ベン・ローガンに 「抱擁/2002」「カンバセーションズ/2005」「サンキュー・スモーキング/2005」「ブラック・ダリア/2006」「幸せのレシピ/2007」「ダークナイト/2008」のアーロン・エッカート。
エイミーに「ブレイクアウト/2011」のリアナ・リベラト。
アンナに「パリ、ジュテーム/2006」「007/慰めの報酬/2008」のオルガ・キュリレンコ。
監督は「アイガー北壁/2008」「ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」〜/2010」のフィリップ・シュテンツェル。
「ゲーテの恋~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~」のアレキサンダー・フェーリングがローガンの元同僚役で出演している。

タイトルは”ボーン・スプレマシー”を文字った??マット・デイモンの“ボーン・シリーズ”の大ファンだけど...。
本作はアクションのアーロン・エッカートが観たかったのとベルギーが舞台なのと…アーロンはお気に入り俳優の一人。
映画はかなり面白かった。A級作品ではないだろうが、期間限定、時間限定(レイトショーのみ)公開が寂し過ぎる。そして上映は既に終了。上映館の渋谷ヒューマントラストは最近お気に入りのミニシアター。鑑賞時“未体験ゾーンの映画たち2013”と銘打ったイベントがなされており、本作以外にもレイトショーでの上映作品があり、夜にも関わらずシアターは映画好き人間でにぎわっていた。

ともあれ大陰謀に巻き込まれた主人公が命をはって娘を守り、陰謀を暴いていくサスペンス・アクションはかなり見応えあり。ちょっと?あり得ない展開もあるが、105分映画を楽しんだのは言うまでもない。
「世界侵略:ロサンゼルス決戦/2011」を観ていないので、こんなアーロン観たのは初めて。アクション中々イケてると思う。
キュートなドイツ人俳優アレキサンダー・フェーリングが早くに死んでしまうのは実に残念。謎のCIA職員アンナ役のオルガ・キュリレンコの出番が少ないのも同様。
ベルギー、ブラッセルでロケされた景色を堪能した。これだからヨーロッパ映画はやめられない。

渋谷ヒューマントラストにて
[PR]
by margot2005 | 2013-02-13 00:03 | MINI THEATER | Trackback(4) | Comments(0)

「ダークナイト」

a0051234_23401783.jpg「The Dark Knight 」2008 USA

ゴッザムシティに現れた極悪犯罪人ジョーカーと闘うバットマンの姿を描いた「バットマンビギンズ/2005」の続編。

1ヶ月以上前に観に行こうとしたが、上映している場所と時間が合わず...その後すっかり忘れていたこの映画。DVDで観ることになってしまうのか?と思っていたが、まだ上映していたシネコンのレイトショー(9/26で上映終了)でやっと観る事が出来た。
いや良かった、良かった!文句なしのハリウッド娯楽映画。
a0051234_23462879.jpg

ブルース・ウェイン/バットマンに「ニュー・ワールド/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」のクリスチャン・ベール。
ジョーカーに「カサノバ/2005」「キャンディ/2006」「アイム・ノット・ゼア」のヒース・レジャー。
ブルースの執事アルフレッドに「スルース/2007」のマイケル・ケイン。
ゴードン警部補に「スカーレット・レター/1995」のゲイリー・オールドマン。
地方検事ハービー・デントに「サンキュー・スモーキング/2005」「ブラック・ダリア/2006」「幸せのレシピ/2007」のアーロン・エッカート。
ルーシャス・フォックスに「最高の人生の見つけ方/2007」「ウォンテッド/2008」
のモーガン・フリーマン。
レイチェルに「主人公は僕だった/2006」「パリ、ジュテーム/2006」のマギー・ギレンホール。
スケアクロウに「プルートで朝食を/2005」「麦の穂をゆらす風/2006」のキリアン・マーフィー。
監督、脚本は前作「バットマンビギンズ」や「メメント/2000」「プレステージ/2006」のクリストファー・ノーラン。
a0051234_23465313.jpg

初代バットマンはマイケル・キートンが演じて「バットマン/1989」「バットマンリターンズ/1992」の2作。
「バットマンフォーエバー/1995」はヴァル・キルマー。
「バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲/1997」はジョージ・クルーニー。Mr.フリーズ役はカリフォルニア州知事のシュワちゃん。
ハル・ベリーの「キャットウーマン/2004」というのもあって、「バットマンビギンズ/2005」でクリスチャン・ベールがバットマン(ブルース・ウェイン)を演じた。
このシリーズにはキラ星のごとく有名ハリウッド俳優が出演している。
全てシアターで観て来たはず...

過去にジャック・ニコルソンが演じたジョーカーをヒース・レジャーが...巷で噂のヒース。さすがの怪演でヒース亡き後、次は誰がジョーカー役?と誰もが思っただろう。
前作より続くブルースの執事アルフレッド役のマイケル・ケインと、ブルースがオーナーの会社の役員ルーシャス役のモーガン・フリーマンの存在感が素敵。
特にアルフレッドは素敵なキャラ。
クリスチャン・ベールは滅茶クールだし、ゴードン警部補のゲーリー・オールドマンもgoodだし、言う事無し。
検事役のアーロン・エッカートの破壊された顔は笑わずにいられなかったけど、前作にも出ていたキリアン・マーフィーってワン・シーンだけ?
“ダーク”の世界へ身を投じた次回の”バットマン”が楽しみ!
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_23573341.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-09-30 00:05 | USA | Trackback(12) | Comments(2)

試写会にて...「幸せのレシピ」

a0051234_0284657.jpg「No Reservations」2007 USA/オーストラリア
主演の女シェフ ケイトに「ターミナル/ 2004」のキャサリーン・ゼダ・ジョーンズ。ケイトの厨房に副シェフとして現れる ニックに「カンバセーションズ/2005」 のアーロン・エッカート。 ケイトの姪ゾーイに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」 のアビゲイル・プレスリン。
レストランの経営者ポーラにパトリシア・クラークソン。クラークソンはハリウッド映画に多々出演しているおなじみ女優。最近ではジョージ・クルーニーの「グッドナイト&グッドラック/2005」でお目にかかっている。
a0051234_029784.jpg

監督は「シャイン/1995」で主演のジェフリー・ラッシュにオスカーをもたらしたオーストラリア人スコット・ヒックス。脚本はカロル・フックス。
ドイツ映画「マーサの幸せレシピ/2001」のリメイクだが、かなり忠実にリメイクされている。オープニング、シェフ ケイトが語るシーンから始まり、個人的には、精神分析に通う日々。やがて交通事故で母を亡くした姪を引き取る事になる。
仕事場ではやり手の女経営者に振り回され、厨房には臨月の料理人がいる。
ちょっとしたシーン...考える時は冷蔵庫に籠るとか、階下の隣人とのやり取りとか忠実にリメイクされている。
大きく違うのはケイト&ニックの関係。
ドイツ版の二人はマーサ&マリオ...二人の関係をドイツ版ではさらっと描いているが、ハリウッド版では情熱的な関係のアメリカ映画となっている。
ドイツ版舞台はハンブルグの港町。一方、ハリウッド版ではN.Y.のマンハッタン。
a0051234_0292582.jpg

仕事一筋の女シェフ ケイトはマンハッタンのフレンチ・レストランで働いている。家にいてもメニューの事しか頭になくキッチンに立っては試作料理を作っている。朝は4:30に目覚ましがなり、起きた早々魚市場へと向かう。
そんなケイト(ジョーンズ)は自身のセラピストにまで試作料理を食べさせる始末。
シングルで人間関係が苦手なケイトが、私生活では、ある日突然姪っ子ゾーイ(プレスリン)を引き取るはめになる。そして仕事場では突然彼女の厨房にイタリアかぶれの新しい料理人ニック(エッカート)が現れる...
a0051234_0294199.jpg

私的にはこのハリウッド版の方が好きである。
ここの所主人公が料理人という映画を3本続けて観た。偶然のなせる技だが...この作品は公開されたら観たいなぁ!と思っていた所、試写会に応募し、なんか最近当選するのよね試写会?なぜに?状態?で観に行くことが出来た。
主演のキャサリーンもアーロンもお気に入り俳優という事もあって素敵に感じた作品だが、キャサリーンはホント素敵にシェフを演じておりました。ニック役のアーロンはちょっと添え物って感じ...まぁ仕方がないコレはキャサリーン・ゼダ・ジョーンズの映画だから...
9/29〜シアターで公開予定。
有楽町朝日ホールにて...
トレーラー
[PR]
by margot2005 | 2007-09-13 00:55 | USA | Trackback(38) | Comments(6)

「ブラック・ダリア」

a0051234_23242127.jpg「The Black Dahlia」2006 USA/ドイツ
監督はブライアン・デ・パルマ。デ・パルマの作品で、エロチシズム満載作品と言えば...ナンシー・アレンの「殺しのドレス/1980」、メラニー・グリフィスの「ボディ・ダブル/1984」、レベッカ・ローミン・ステイモスの「ファム・ファタール/2002」を思い浮かべる。私的にはどれも大好きな作品。
原作は「LAコンフィデンシャル/1997」のジェームス・エルロイが書いたクライム・サスペンスのベストセラー“The Black Dahlia”。
主演の女優はスカーレット・ヨハンソン「理想の女2004」
「マッチポイント/2005」
男優はジョッシュ・ハーネット&アーロン・エッカート「抱擁/2001 」 「サンキュー・スモーキング/2005 」「女たちとの会話/2005」ジョッシュって泣き顔がマジで似合う俳優だ。普段でも泣きそうな顔だからか??
この作品ではジョッシュが美味しい役でアーロンは少々美味しくない役のような気がするが...
オスカー女優のヒラリー・スワンクが富豪の娘役で出演している。なぜか?ヒラリーは富豪の娘似合わないのだが...
a0051234_23243523.jpg

1947年、L.A.P.D.のバッキー・ブライカート(ハーネット)とリー・ブランチャード(エッカート)はパートナー。二人は過去にボクサーとして闘った経験がある。リーにはケイ(ヨハンソン)という美しい同居人がいるが、次第にリー、ケイ、バッキーと3人で行動を共にするようになる。
ある日女優の卵である美しい女性が惨殺死体で発見される。彼女の名前はエリザベス・ショート(ミア・カーシュナー)。やがてこの事件は“ブラック・ダリア”と名付けられる。担当になったバッキーとリーは、それぞれが捜査に奔走するが、リーはケイの存在も無視し、事件にのめり込んで行く。
a0051234_23245154.jpg

久方ぶりで必死で字幕を追う映画であった。サスペンスものはどれもそうだが...とにかく犯人最期迄解らなかった作品である。
デ・パルマ作品という事で楽しみにしていた。スカーレット・ヨハンソンは若いんだけれど、既に妖艶な魅力を持つ素晴らしい女優であるかと感じる。ヒラリー・スワンクが大した役でもないのに出演していたのには少々驚いたが...
a0051234_2325119.jpg

ジョッシュ&アーロンのコンビ中々素敵だった。でも、ジョッシュ役美味しすぎで、アーロンはどうもなぁ...状態。エンディングを迎えて...2時間の上映時間はあっと言う間で、もうちょっと詳しく描いて欲しかった箇所もあったなぁと感じたが...いかがなものか??
a0051234_23253036.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-11-01 23:37 | MINI THEATER | Trackback(15) | Comments(12)

「サンキュー・スモーキング」

a0051234_0581889.jpg「Thank You for Smoking」2005 USA
主演はアーロン・エッカート「サスペクト・ゼロ/2004」「女たちとの会話/カンバセイション」。監督はジェイソン・ライトマン。風刺を込めた痛快コメディ。とにかくアーロン・エッカート演じるタバコ会社のロビイスト、ニック・ネイラーを始めとして、この映画は炸裂する台詞が最高!
彼と対決する上院議員フィニスターにウイリアム・H・メイシー。エッカートを誘惑する新聞記者ヘザーにケイト・ホームズ。そして「きのうの夜は/1986」でデミ・ムーアと共演した、懐かしのロブ・ロウがハリウッドの大物プデューサー役で出演している。
a0051234_2593652.jpg
“タバコ研究アカデミー”の宣伝マン、ニック(エッカート)。彼は世間から受ける“タバコの害”への攻撃から、タバコ会社を守るため巧みな話術で日夜戦い続けている。私生活では妻ジル(キム・ディケンズ)と別れ、一人息子ジョーイ(キャメロン・ブライト)とは週末にしか会えない。ジョーイは謎である父親の職業に興味津々である。ある日別れた妻から息子を奪ったニックは、仕事がらみであるL.A.へと旅立つ。
a0051234_0584636.jpg
映画の中に、タバコ業界のニック以外にアルコール業界と銃器業界のそれぞれのロビイストを登場させているのが、病めるアメリカだなぁと感じる。
主演のアーロンが最高!彼の映画はシアターでは昨年の東京国際映画祭で「女たちとの会話」を観て以来。いやスッゴイ適役である。しかし、トムちゃんのフィアンセであるケイト・ホームズがニックを誘惑する新聞記者ヘザー役(この頃はまだトムのフィアンセではなかったらしい)。ちょいといただけなかった...ただしケイト・ホームズ、トムのフィアンセじゃなきゃ見方変わってたかも??トム・クルーズは今ではかなりkimoi...どうでも良いけど、ヘザー役他に演じる人いなかったのかな?
ロブ・ロウ(下写真左)はまだ40才前半のようだが、なんだか往年の俳優の雰囲気で久方ぶりで観たロブ・ロウだった。ロウ演じるプロデューサーとニックの会話がもう最高!ブラッド・ピットとキャサリーン・ゼダ・ジョーンズも笑い飛ばしたか?あの台詞...
久方ぶりで初日に観に行くことが出来た楽しみにしていた作品...最終上映の回で...ほとんど満席で、絶妙な台詞のたびに、笑いに加えて手を叩いて喜んでいる人もいた。
“ヨーロッパ映画を観よう!”にも関わらずなんか最近USA映画のオンパレードで...
芸術の秋...観たい映画が続々公開され嬉しい悲鳴。観に行く時間が余りないのが辛いが...アーロンも出演している「ブラック・ダリア」も楽しみ!
a0051234_059214.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-10-15 01:07 | MINI THEATER | Trackback(27) | Comments(12)

「抱擁」

a0051234_0561619.jpg「Possession」2001 USA/UK
英国ブッカー賞受賞A・S・バイアットの有名小説"Possession"が原作との事だが、この作品知らなかった。バイアットは女性である。映画を観ただけで、きっときめ細かな小説なんだろうなぁ?と読んでみたくなる。脚本はディヴィッド・ヘンリー・ホアン。
製作はバリー・レヴィンソン「レインマン/1988、スリーパーズ/1996」とそのパートナー。
監督は「ベティ・サイズモア/2000」のニール・ラビュート。
「ベティ・サイズモア」に出演していたアーロン・エッカートを監督自ら抜擢したというが、「ベティ・サイズモア」のアーロンは印象に薄い...
ヒロインのグィネス・パルトロウは“存在感のある女優!”との監督のコメントだが、私的にはあんまり賛成したくない。
グィネスってブラッド・ピットを振ってから、アクトレスとしては成功したが...彼女のファンているのかな???
お気に入りのUK俳優ジェレミー・ノーサム「エマ/1996、金色の嘘/2000」が出ているのでますます映画は堪能できた。ジェレミーの相手役は「高慢と偏見/1995」
のジェニファー・エール 。ジェニファーがgood!

ヴィクトリア朝時代(1850年代)の著名な詩人ランドルフ・ヘンリー・アッシュ&クリスタベル・ラモット。彼らの現代の研究者であるモード&ローランド。それぞれ二人が、それぞれの時代に登場して交差しながら物語は進行していく。とても素晴らしい!ラヴ・ロマンス。映画の中の、ヨークシャー・ホイットビー(UKの中東部、マンチェスターの北東に位置する)の緑と海岸が美しい!!!
a0051234_058779.jpg

ロンドンでランドルフ・ヘンリー・アッシュ(ノーサム)没後100年を記念する展覧会が催されていた。彼は19世紀に活躍した桂冠詩人。アメリカ人のローランド(エッカート)はアッシュの研究のためロンドンに来ていた。ローランドはロンドン図書館でアッシュの蔵書の中に手紙が挟んであるのに気づいた。アッシュは妻一筋人間だったにも関わらず、恋文が存在するとはなぜなのか?思わずその手紙を鞄に入れてしまったローランド...。彼はアッシュが、やはり詩人であるクリスタベル・ラモット(エール)に宛てた手紙ではないかと思いつく。
その後ラモット研究家のモード(パルトロウ)に会い、この謎を解き明かそうと提案し、二人で調査を始めることになる。
a0051234_0571367.jpg

「女たちとの会話/カンバセイションズ/2005」のアーロンがとっても素敵だったので、この映画は是非観てみたかった。主演はグィネスなので、ちょっとひいたのだが、ヴィクトリア朝時代のジェレミー、ジェニファーが素晴らしく、super級に好みの古典(17〜19世紀)もので、舞台はUK...うっとりであった。ジェレミー・ノーサムはホント似合う時代物。ジェニファーはアメリカ人だが、英国人っぽい雰囲気の持ち主でぴったり。さすがトニー賞女優である。グィネスはいろんなパターンの役を演じるが、この作品でも「スライディング・ドア/1998」のグイネスって感じで...監督がベタ褒めなのは、やはりハリウッドの大物女優であるためか!?アーロン観たさで観た作品なのだが...アーロンそっちのけで映画を堪能する事が出来た。sorryアーロン!
a0051234_0574292.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-12-12 01:23 | USA | Trackback(3) | Comments(6)

18th東京国際映画祭 「女たちとの会話/カンバセーションズ」

a0051234_102250.jpg
「Conversations with Other Women」2005 USA/UK
2005東京国際映画祭審査員特別大賞(ハンス・カノーサ)/主演女優賞(ヘレナ・ボナム・カーター)受賞!

監督はハンス・カノーサ。この映画は彼のデビュー作とのことである。
主演はヘレナ・ボナム・カーター「眺めのいい部屋/1986・ファイト・クラブ/1999」とアーロン・エッカート「サンキュー・スモーキング/2005」ブラック・ダリア/2006」

過去に恋人であり、つかの間の夫婦であった男と女が、男の妹の結婚式で女と再開する物語。ほとんど二人の場面で映画は進行して行く。二人の過去とそれぞれの二人の表情(感情)を描くため、映画の画面が二分割になっている。最初とても観づらい気がしたが、映画終了後、監督カノーサの解説でなるほどと思った。
a0051234_2042972.jpg

主役の二人へレナとアーロンは絶妙である。ほとんど会話で進む(それも長い)。台詞を憶えるのが大変だったでしょうお二人?!というくらい多い(ほぼ99%は喋ってる場面)。
でもやはりさすが俳優てスゴイなと思う。あのような長い、長い台詞を頭に叩き込む技って通常人には出来ないことだと感じる。この作品は初監督だったらしく、無名のカノーサさん、映画お金かかってないよね状態...しかしあのようにお金をかけてない作品なのに...いやスッゴイ良かった!!機会があれば又観たい映画である。
a0051234_1302890.jpg

映画祭のためにヘレナはモチ来日なんかしないとは思っていたが、今回初めて来日したアーロンも、残念なことに新しいハリウッド映画に出演するため早々と帰国したそうだ。
アーロンは日曜日に(10/23)趣味であるカメラ片手に東京を撮りまくっていたと監督のハンス・カノーサが話していた。残念出来ればお会いしたかったのにアーロン!
a0051234_214993.jpg

しかし監督のハンス・カノーサとは、映画終了の後、追いかけて行って「素晴らしい映画をありがとう!」と言ったところしっかりと握手をしてもらうことができたukiki。
[PR]
by margot2005 | 2005-10-26 01:33 | MINI THEATER | Trackback(18) | Comments(6)