「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

a0051234_3354930.jpg「Proof」2005 USA
「恋におちたシェイクスピア/1998」のヒロイン、グイネス・パルトロウ 「抱擁/2002」「シルヴィア/2003」と、監督のジョン・マッデンが再びコンビを組んだ、天才数学者の父と娘キャサリンを軸に描くヒューマン・ドラマ。
父ロバートにアンソニー・ホプキンス「日の名残り/1993,白いカラス/2003」。
父の教え子ハルにジェイク・ギレンホール「ドニー・ダーコ/2001、ムーン・ライト・マイル/2002」。
キャサリーンの姉クレアにポーラ・デイヴィス「アバウト・シュミット/2002」。
原作はデヴィッド・オーバーンのピュリッツァー賞受賞の舞台劇ということである。
a0051234_195510.jpg

グイネス・パルトロウはあまり好きではない女優だが、彼女の出演する映画には素敵な映画がいくつかある...「スライディング・ドアー/抱擁/シルヴィア」そしてこの作品。
天才数学者ロバート(ホプキンス)が残した一冊のノート...これを巡って...ロバートと娘キャサリン(パルトロウ)との回想シーンを挟みながら物語は進んで行く。
a0051234_1101268.jpg

5年前...精神を病んでいる父親ロバート(ホプキンス)を看病するキャサリン(パルトロウ)はシカゴに住んでいる。姉のクレア(デイヴィス)はニューヨークに住み助けにならない。そしてとうとう父親が亡くなる。葬儀に現れたハル(ギレンホール)は父ロバートの教え子だった。ハルに“前から好きだった!”と打ち明けられ、戸惑いながらもキャサリンはハルと一夜を過ごすのであった。次の日、キャサリンは肌身離さず持っていた、父親のデスクのキーをハルにそっと渡す。やがて、デスクから一冊のノートを見つけて来たハルは興奮しきっていた。そこには誰も成し得なかったある定理の証明が書かれていた。
a0051234_339635.jpg
テーマがテーマなので途中で退屈してしまうかと思っていたが、以外に専門的(数学)な描写は少なく、父と娘キャサリン、キャサリンとハル、そしてキャサリンと姉クレア、それぞれの人間関係が描き出されていて興味深い。グイネスとホプキンスの親子役が結構似合っている。ジェイク・ギレンホールは役的にちょっと若過ぎるのではないかな?と感じたが...。グイネスの、殆どノーメイクにくたびれたジーンズ、おまけで汚いバスケット・シューズといった姿は珍しい気がする...しかしこれが又似合ってる。
[PR]
# by margot2005 | 2006-01-29 02:28 | MINI THEATER | Trackback(31) | Comments(12)

「ある子供」

a0051234_23332838.jpg「L' Enfant」...aka 「The Child」2005 ベルギー/フランス
2005年度カンヌ映画祭パルムドール賞受賞作品(リュック・ダルデンヌ、ジャン・ピエール・ダルデンヌ)
監督はリュック・ダルデンヌ、ジャン・ピエール・ダルデンヌ「息子のまなざし/ロゼッタ」で、脚本はレオン・ミショー、アルフォンソ・パドロと監督の共同脚本。
主演はジェレミー・レニエとデボラ・フランソワ。

映画を観る前に、この映画の監督である二人の作品「ロゼッタ/1999」を観た。やはり同じ監督が作ったのだなと、かな〜り感じるものがある。「息子のまなざし/2002」はDVDで観たのだが、途中で挫折しているので、今一度観なければならない事になってしまった。
ヨーロッパは日本に比べ貧富の差が激しい諸国だと思う。前にフランスに行った時、パリ、リヨン駅でジプシーの女性に小銭をねだられ驚いた経験がある...背後には子供の父親らしき男もいた...
日本、東京では考えられない事なので...
この映画でも子供を乳母車に乗せた主人公が、街頭で小銭をねだるシーンが登場する。
大人になれないまま父親と母親になってしまった若者を描いた、せつないドラマである。
a0051234_23341643.jpg

18才のソニア(フランソワ)は子供を産んで恋人のブリュノ(レニエ)の元へ戻った。ブリュノは子供を見て喜ぶどころか戸惑いの表情を見せる。定職のないブリュノはその日暮らしで、物を盗んだり、物乞いしたりして生きていた。ソニアは子供のためでもあり、ブリュノに定職に就いてもらおうと職業斡旋所の長蛇の列に並ぶが、待つ事が出来ないブリュノは子供を乳母車に乗せて公園へと向かう。ここでブリュノはとんでもない事をしでかすのである。以前盗品の売買で知り合った女性が“子供を欲しがってる人がいるのよ!”という言葉を思い出し、とっさに生まれたばかりの自分の子供ジミーを売ってしまうのである。
a0051234_23334613.jpg

とにかく重い、重い、重い作品である。子供の親になること、それは、生んだ母親は若くても実感があると思えるが、父親である男は以外に実感なんて無いのではないだろうか?映画の中でもブリュノが“僕の子供ではない!”という発言をしている。しかし、子供を産んだソニアは我が子ジミー必死で守ろうとする。このソニアの姿が哀れである。ブリュノも本当のワルにはなれない、とりあえず生活のためワルをしている...というのが又哀れである。ラスト・シーンは素晴らしい!
主演のレニエは1981年生まれの割に老けてるのか(ヨーロッパ人だから仕方ない)?ちょっと猿顔で...セイン・カミュに似てるのだけど...。
「ロゼッタ」でリケを演じたファブリツィオ・ロンジョーネがチンピラ役で出演している。映画のエンド・クレジットが音なし(普通back musicありなんだけど...)というのも、この監督の狙いなのか??レニエの「イゴールの約束」DVDで観たはずなんだが...記憶になし...今一度観ないと...。
a0051234_2334277.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-27 01:45 | フランス | Trackback(42) | Comments(16)

UK旅行...コッツウオルズ part1

「プライドと偏見」「高慢と偏見」を観て、2004年7月に訪れたコッツウオルズを思い出した。「プライド〜」や「高慢〜」の舞台は英国の中部ダービシャー州。コッツウオルズはロンドンより西200kmの所にある、田園風景が素晴らしく美しい観光地。この地方の名前を冠した羊がいっぱい飼育されている。街中に建つ建物は蜂蜜色の壁で、蜂蜜の産地としても有名。ロンドン、ユーストン駅よりノーザンプトンへ列車で1時間位。そしてここよりレンタ・カーでコッツウオルズへと入った(正確にはリヴァプール、湖水地方を回った後、コッツウオルズを訪問しロンドンに戻ったのだが...)。
憧れのB&B(bed&breakfast)にも泊まれたし、で最高の旅であった。とにかく緑(木々、草地)が多い、そこいら中、緑、緑、緑...である。外に置いてある大型のゴミ箱まで緑色であった。
一番上の写真はコッツウオルズの真ん中にある、ボートン・オン・ザ・ウオーター、名前の通り小川が流れ木々が美しい!
下に行ってブロード・ウェイとストウ・オン・ザ・ウオルドの街並。
一番下の写真、ウインチコムにある、スードリー・キャッスルの看板...その上の写真がスードリー・キャッスルの庭園と建物である。BBC版のダーシーの館ペンバリーのノリの素敵なお城...いや、お城そのものより池も含めたガーデンが素晴らしい!!
a0051234_181241.jpg
a0051234_1154180.jpg
a0051234_1132131.jpg
a0051234_1135776.jpg
a0051234_1241034.jpg
a0051234_1242345.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-26 02:07 | TRIP | Trackback | Comments(10)

「コーラス」

a0051234_20592348.jpg「Les Choristes 」2004 フランス/スイス/ドイツ
2005年4月に公開された時に観たのだが、今回DVDになり又観てしまった。フランスで7人に一人が観たという感動の音楽ドラマ。主演の舎監件音楽教師クレマン・マチューにジェラール・ジュニョ。この映画には無くてはならない存在の、校長ラシャンにフランソワ・ベルレアン「トランスポーター/2002」。そしてサン・マルク合唱団のソリスト、ジャン・バティスト・モニエが問題児モランジュ役。監督と共同脚本はクリストフ・バラティエ。
映画のプロデューサーでもある往年の王子様役俳優ジャック・ペラン「ロバと王女/1970/2004」がモランジュの大人役を演じている。
a0051234_20595387.jpg

世界的指揮者のピエール・モランジュ(ペラン)はアメリカで公演中、母が亡くなった知らせを聞く。葬儀に参列するため帰郷したモランジュの元を訪れたのは、子供時代同じ寄宿舎学校で生活を共にしたペピーノ(ディディエ・フラマン)であった。ペピーノは一冊の日記をモランジュに手渡す。それは彼らの音楽教師であったクレモン・マチューが書いた、彼の遺品であった。そして時代は1949年に戻る...。マチュー(ジェラール・ジュニョ)は、戦争で親を亡くした子や、問題児を収容する”池の底”と呼ばれる寄宿舎に赴任して来る。血も涙もない冷酷な校長ラシャン(ベルレアン)は、問題を起こした子供に体罰を与える事しか脳がなかった。そこでマチューは自身がなし得なかった音楽で、子供たちの心を開かせようと必死の努力をする。やがて問題児のモランジュ(モニエ)が素晴らしい歌声の持ち主であると確信し、マチューは歌で彼の心を開かせようとする。
a0051234_2101116.jpg

監督は「リュミエールの子供たち」を作っているが未見である。マチューを演じるジェラール・ジュニョが、施設にいる子供たちを泥沼から、なんとかはい出してやろうと努力する姿が実に美しい!モランジュ役のモニエは本当に天使のような(映画の中で“天使のような顔をしたワル”という台詞が出て来る)歌声で観客を魅了する。校長のラシャンもハマり役。子供時代のペピーノを演じるのはジャック・ペランの息子マクサンス・ペラン。マチューがモランジュの母ヴィオレット(マリー・ブネル)に仄かな思いを寄せるシーンもあり、大人も魅了する素晴らしいドラマに仕上がっている。マリー・ブネルは観た顔だと思ったら「ルパン/2004」に出演していた。
ジェラール・ジュニョが監督、脚本、主演の「バティニョールおじさん」は未見である。是非観てみたい!
a0051234_2102776.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-22 01:13 | フランス | Trackback(13) | Comments(6)

「高慢と偏見」

a0051234_07480.jpg「Pride and Prejudice」1995 UK(BBCミニ・ドラマ・シリーズ)
主演は「ブリジッド・ジョーンズの日記/2001」「秘密のかけら/2005」のコリン・ファース& 「抱擁/2001」のジェニファー・エール。
監督はサイモン・ラントンで脚本はアンドリュー・デイヴィス。
シアターの大画面で観る映画と、TVシリーズで放映されたドラマをDVDで観るのとではちょっと趣は違うが...原作であるジェーン・オースティンが書いた、とても有名な「高慢と偏見」を読んでいないため、フル・ストーリーを知らなかった。
キーラ版「プライドと偏見/2005」では2時間足らずですべてを描かなきゃならないが、この作品では5時間余りのストーリー展開となっている。なもんで、キーラ版のエリザベスとダーシーの描き方が早急で、途中なぜに?二人は?みたいに感じることがあったが、これでは二人の出会いから、互いに好感を抱き、結ばれるまで丁寧に描かれていて満足できる。
a0051234_0544264.jpg

「ブリジッド・ジョーンズの日記」に登場する、高慢な弁護士マーク・ダーシーが、この「高慢と偏見」をベースに描かれているというのもうなずける。観ているとほんとあのマーク・ダーシーとかぶるのである。池に飛び込むシーンも出て来る。
a0051234_055031.jpg

a0051234_156044.jpg

ダーシー、エリザベスはもちろんの事、他の出演者も...ジェーン役のスザンヌ・ハーカーはクラシック・ビューティで素敵だし(上写真)、コリンズ役のディヴィッド・バンバーは素晴らしいの一言。ミセス・ベネット演じるアリソン・ステッドマンはハマり役。そして印象深かったのは、ミス・キャロライン・ビングリーを演じるアンナ・チャンセラー(ドリーマーズ/2003)が、とてつもなく高慢ちきで、下の人間を見下すリッチ・ウーマン役ぴったりで堪能できる。
ダーシーの館ペンバリーを始めとして、キャサリンのロージングス、コリンズの牧師館ハンスフォード、そしてベネット家と、そのどれもがこのドラマの住人を考えて探して来たというだけあって素晴らしい!ペンバリーは殆どお城状態で、ドラマ中で”こんな館に住めるならなんでもするわ!”という台詞が登場する。原作を忠実に描いたということなで、益々ジェーン・オースティンの小説が読みたくなってしまった。
a0051234_0551621.jpg

下写真“63rd Annual Golden Globe Awards”でのエマ・トンプソンとコリン(picture by ColinFirth.com)。
a0051234_0553468.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-21 01:53 | UK | Trackback(3) | Comments(6)

グアム行きのコンチネンタルで「イントゥ・ザ・ブルー」

a0051234_2294610.jpg
「Into the Blue」2005 USA
主演は「ノエル/2004」のポール・ウオーカーとジェシカ・アルバ。
ポール・ウオーカー狙いで観たようなものだ。
ジェシカの映画は多分、初めて観た気がする。
監督はジョン・ストックウエル。ニック・ノルティとジャクリーン・ビセットの「ザ・ディープ/1977」のリメイクっぽいが?どうなのだろう?この映画、2005年の11月に日本で公開されたと言うが知らなかった。相当なる駄作なので話題にならなかったのだろうか?救いは、バハマでロケしたという海が美しく、ナイス・バディのポール・ウオーカーもかっこ良いし、もう一人のナイス・バディなジェシカもチャーミング。
a0051234_2221489.jpg

ジャレッド(ウオーカー)は、いつか財宝を見つけようと夢見ている、ダイビングのインストラクター。ある日沈没船を見つけたジャレッドは、恋人のサム(アルバ)、友人のブライス(スコット・カーン)と共に財宝探しを始める。
a0051234_22213145.jpg

いわゆる海洋アドベンチャー・ロマンなんだが、もうちょっとストーリーを掘り下げて欲しかった。それぞれの人物の描き方が短絡というのか...。アルバや、アマンダ役のアシュレイ・スコットが着替える水着を楽しむのには良い。ウオーカーとアルバがスタントなしで挑んだというダイビング・シーンは見応えがある。ひつこいようだが、バハマの海は素晴らしく奇麗である。
[PR]
# by margot2005 | 2006-01-17 22:34 | USA | Trackback(1) | Comments(2)

「プライドと偏見」

a0051234_23572046.jpg「Pride & Prejudice」2005 UK
原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。
主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目にかかっている。マクファデンは「エニグマ/2001」に出演しているようだがどうも記憶にない。とにかく彼はジョン・キューザックに滅茶似ていて困ってしまった。他にドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン、ジュディ・デンチ、そして、“007シリーズ”でボンド・ガールを演じたロザムンド・パイクと豪華な出演陣。
監督はジョー・ライト、脚本はデボラ・モガー。
a0051234_23574036.jpg

18世紀の終わり、イギリスの田舎街が舞台。この時代、未婚の女性が親元を離れて生きて行くには、良い伴侶を見つけて結婚するより手だてはなかった。5人の娘を持つミセス・ベネット(ブレッシン)は、それぞれの娘を資産家の男に嫁がせようと躍起になっていた。そんな折、ベネット家の近くにリッチな独身男ピングリー(サイモン・ウッズ)が館を構える。そしてビングリーが催した舞踏会に、父親(サザーランド)を始めとして、ベネット家全員が押し寄せることになる。ピングリーの親友ダーシー(マクファデン)も館に逗留していた。その夜、ビングリーはベネット家の長女ジェーン(パイク)にダンスを申し込む。そして同じフロアーにいたダーシーがベネット家の女たちを冷ややかな、見下す感じで見るのをエリザベス(ナイトレイ)は見逃さなかった。この後のストーリーは割愛させていただく。
a0051234_23581031.jpg

コリン・ファースが後にMr.・ダーシーと呼ばれたくらいハマり役だったらしい「高慢と偏見/1995」は未見である。でなもんでなんとも言いがたいが...やはりコリンのMr.ダーシーが是が非でも観たい!!エリザベス役のジェニファー・エールも素晴らしいのではないだろうか?キーラはどうも軽い感じがして...英国人なので配役にはぴったりだとは思うのだが...どうも...。Mr.ダーシー役のマクファデンも駄目...ジョン・キューザックは古典もの似合わないのだ...なんて思ってしまって...。他の出演者については、母親役のブレンダ・ブレッシンが品のない(Mr.ダーシー曰く)女性にぴったりで、ジェーン役のロザムンド・パイクも、007映画の時よりも、この役が素敵である。父親役のドナルド・サザーランドとキャサリン役のジュディ・デンチは貫禄勝ち!
a0051234_23575652.jpg

英国の田園風景が素晴らしく、お城級のダーシーの館の中、噴水のある庭や、あずまや(エリザベスとダーシーの雨のシーンは...美しすぎ...!!!)、そしてエリザベスが断崖に立つ、あのシーンも美しかった!!とにもかくにも英国の田園、緑が美しい!!
a0051234_216460.jpg
a0051234_2192919.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-15 00:59 | UK | Trackback(61) | Comments(20)

「靴に恋して」

a0051234_2044436.jpg「Piedras」...aka「Stones」 2002 スペイン
監督、脚本はラモン・サラサール。それぞれに悩みを抱かえる5人の女性が、それぞれに真実の愛を探し求める素晴らしいドラマ。

扁平足のアデラ(アントニア・サン・フアン)はシングル・マザーで、知的障害の娘を抱えながらナイトクラブを経営している。盗んだ靴を履くレイレ(ナイワ・ニムリ)は靴デザイナーを夢見ているが、ヤク中の夫クン(ダニエレ・レオッティ)に捨てられ、夜はディスコ・ダンサー、昼は高級靴店の売り子をしている。スリッパを履くマリカルメン(ビッキー・ペニャ)は亡き夫の子供たちを育てているタクシー・ドライバー。小さな靴を履くイザベル(アンヘラ・モリーナ)はリッチな夫を持つ有閑マダムで、セラピーと買い物しかやる事が無い。そしてスニーカーを履くアニータ(モニカ・セルベラ)は知的障害者であり、一人では外も歩けない。この5人の女性を軸に物語は進行していく。アデラの娘はアニータ、マリカルメンの亡き夫の娘はレイレ、そしてイザベルの夫レオナルド(ルドルフォ・デ・ソーザ)とアデラが出会い、互いに惹かれ合う、といったように登場人物をうまく絡めてある。
マドリッドが舞台の映画だが、ラスト近くでレイレが訪れるリスボンの海の風景が滅茶美しい!!
コカインはまさかスペインでは合法なんて事はないと思うが、簡単にコカインが手に入り、ドラッグ中毒者が多々いる...まあ映画の世界だが...には驚いた。
a0051234_20441949.jpg

原題は“石”の意味で、人生を石にたとえ、それは“愛、友情、家族、キャリア(仕事)”で構成されている。それらを彼女たちは追い求めるのである。
「靴に恋して」という邦題は結構いけてる...映画の中、下からのアングルで靴のショットが頻繁に出て来るのである。“足の裏診断”ならぬフット・ドクターなるセラピストも登場するし、リッチなイザベルの靴収集は見事である(イメルダには負けるが...)。
a0051234_20444957.jpg

クン役のダニエレ・レオッティ(上写真)が滅茶イケメン!どこかで観た顔と思っていたら「女王ファナ/2001」のフェリペ役であった。ちなみにレオッティはイタリアン。出演場面が少ないのが残念。もうひとりのイケメンはアニータの看護士ホアキンを演じるエンリケ・アルキデス(下写真)。レイレ役のナイワ・ニムリは「スパイ・バウンド/2004」に出演。アデラ役のアントニア・サン・ファンは「オール・アバウト・マイ・マザー/1998 」に出演していた。映画の中に登場するブランドものの靴がお洒落!
a0051234_2348100.jpg

基本的に女性映画なので男たちの描き方はちょっと寂しい。この作品は2004年に公開されて、現在はDVDになっている。
[PR]
# by margot2005 | 2006-01-14 01:43 | スペイン | Trackback(2) | Comments(6)

ちょっとグアムに...

行って来まして戻った所です。
コメント並びにtrackbackいただいたみなさまありがとうございました!
留守の間も“ヨーロッパ映画を観よう!”を見ていただいていたなんて...嬉しい限りです!

グアムは初めてで...アメリカ合衆国なのに、サービスを提供してくれる人々は、チャモロ人(原住民)と、多くのフィリピンからの移民(アメリカン)、そして訪れる人々は、ほぼ90%日本人という不思議なアイランドでした。
ホテル・サンタフェのレストランから見る夕日が素晴らしく美しく、泊まったホテルの部屋から撮った海(タモン湾)もbeautiful!! ずずっと奥、左に見える断崖は有名な恋人岬。
a0051234_1114496.jpg
a0051234_184658.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-11 01:24 | TRIP | Trackback | Comments(2)

Bonne annee!!!

今年もよろしくお願いします!

今までnetの写真ばかり載せていたが、やっと自分が撮った写真を載せる事が出来る...うれしぃ...ずっとプリンターの調子が悪くってとうとう買い替えた。新しいプリンターは正にsuper toy状態...mufuである。

フランス旅行パリでの写真、数年前のだが...
最初の写真は凱旋門のトップから撮った。眼下に見えるのはパリのセレヴたちが多々住んでいるアパルトマンが存在するリッチな地域。ずず〜と奥の真ん中、かすかに見える白い建物はモンマルトルの丘のサクレクール寺院。道路に沿って木々が植えられているのは、同居の犬たちにとって無くてはならない場所という。
二番目の写真も同じ場所からアングルを変えて、エッフェルがそびえ立つのが見える。
三番目の写真は「アメリ/2001」の舞台となったモンマルトル、サクレクール寺院。このあたりの環境は余り良くない。夜は間違っても歩かない方が良いでしょう。「アメリ」が日本で公開される前に訪れたので、もう一度行きたいなぁと思っている。いやもう一度パリへは行ったが、ここへは行かなかったんだ...思い出した。やはりもう一度行かないと...。
最後の写真は、パリで一番エッフェルが美しく見える場所で有名な、トロカデロ広場シャイヨ宮テラスよりのショット。この場所は映画に良く現れる。印象的なのは、ベルナルド・ベルトリッチ監督の「暗殺の森/1970」、主演はジャン・ルイ・トラティニアン。
エッフェルからの撮影はアングルに入ってしまう鉄骨が邪魔だが、凱旋門のトップからの撮影は、パリ全体を撮影出来る格好の場所でおすすめです!
a0051234_197180.jpg
a0051234_1982737.jpg
a0051234_1985764.jpg
a0051234_19124379.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2006-01-01 19:42 | TRIP | Trackback | Comments(6)