「フレンチなしあわせのみつけ方」

a0051234_20388100.jpg
「Ils se marièrent et eurent beaucoup d'enfants」 ...aka「And They Lived Happily Ever After」2004 フランス

セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキン(今ではエルメスのバーキン・バッグとして有名だが...)の娘シャルロットと、パートナーであるイヴァン・アタルのコンビ作。監督、脚本はアタルである。アタルはハリウッド映画「インタープリター/2005」にちょい役で出演している。シャルロットは「21グラム/2003」でショーン・ペンと共演した。有名カップルの娘として生まれたシャルロットは10代で「なまいきシャルロット/1985」に主演し、子供ながら確かな演技と評された。

映画は端的に言えば、共稼ぎ夫婦の子育て、家事の苦悩(それほだ大変だとは思えないが...)を描いたドタバタ・コメディ。フランス人は結構男が威張っていて、家のことは女がするといった雰囲気が強いらしい。大昔、王(男)が常に実権を握っていた名残か?そういや、この国にはクイーンはいなかった。そういったことって影響されてるのかな?と感じる。かつては女性は家にいて夫を待ち家事に励んだ。が、しかし、今では男も育児や、家事に参加するというふうに変わって来ている。だが、この映画ではやはりというか...。

車のセールスマンである夫のヴァンサン(アタル)は仕事だけで家のことはしない。休みの日は職場の友人とサッカーし、夜は夜で友人たちとトランプゲームに興じる。妻のガブリエル(ゲンズブール)は不動産屋で働くキャリア・ウーマン。ヴァンサンの自分勝手な行動が許せないガブリエルは夫を攻めるが、反省しないばかりか浮気までしている。

二人が派手な喧嘩をするシーンがすごくリアルで楽しい。あれだけ派手にやればストレス発散できるだろうが...あとの片付けが大変(まあ映画だから良いけど...)。やはり二人のコンビで描いた(設定は違っている)「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」の続のような作品である。
不動産屋のガブリエルが案内するアパルトマンのお客にジョニー・デップが出演しているのには驚いた。このデップとのラスト・シーンがお洒落!
a0051234_20412047.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-11-15 22:24 | フランス | Trackback(1) | Comments(4)

「灯台守の恋」

a0051234_084125.jpg「L'Équipier」...aka 「The Light」2004 フランス

ヒロインは「仕立て屋の恋/1989」「マドモアゼル/2001」
のサンドリーヌ・ボネール。
ヒロインを愛する男たちにフィリップ・トレトンとグレゴリ・デランジェール「ヴォン・ヴォヤージュ/2003」。監督は「マドモアゼル」のフィリップ・リオレ。彼は「マドモアゼル」の前にこれの企画していたという。リオレよりこの作品のオファーがあった際、即座にOKしたというボネール。彼女はお気に入りの女優である。映画の中、彼女の台詞は少なく、顔(表情)で演技してる。いやボネールの演技は素晴らしい!

フランス映画には珍しく、始めから結末の読める映画なので、ネタばれ関係なしでストーリーを書きたいと思う。フランスの最西端のまだ西にあるブルターニュー地方のウエッサン島が舞台。まさにここで撮影されたという。カミーユ(アン・コンサイエ)は亡くなった両親の家を売却するため、故郷であるウエッサン島へ戻って来た。迎えてくれたのは叔母ジャンヌ(マルティーヌ・サルセイ)。父親が作ったたくさんの椅子を始めとして、思い出のいっぱい詰まった家でカミーユは叔母と最後の食事をした。食事の後、叔母の様子が何かおかしい...先に休むと言って叔母がいなくなった後、彼女はテーブルに置いてあった、アントワーヌ・カサンティ著“わが世界の果て”という本を開く。表紙にある灯台のイラストは、父親が灯台守をしていたラ・ジュマンに良く似ていた。そして過去へと物語は戻る。
マベ(ボネール)は父親が灯台守で、夫のイヴァン(トレトン)もやはり灯台守である。二人は愛し合っていたが、子供には恵まれなかった。ある日、この島へよそ者がやって来た。昔イギリスから渡って来たケルト人の祖先が多く住むこの地の人々は、よそ者を嫌っていた。やって来た青年は笑顔が素晴らしい元時計職人のアントワーヌ(デランジェール)。彼はアルジェリアからの帰還兵で、片方の手は自由が効かなかった。灯台守のチーフであるイヴァンの家に住むことになったアントワーヌはマベを意識するようになる。この辺の二人の振る舞いが、実に哀しい。それこそ今すぐにでも抱きあいたいって雰囲気の顔をみせるのだ二人は...しかしそんなこと出来ようにない...ほんと二人の演技が旨い!よそ者を嫌うイヴァンの仲間たちは必死でアントワーヌを島から追い出そうとするが、マベの夫イヴァンは彼を受け入れようと努力する。

“微笑みの貴公子”と呼ばれているデランジェールの“微笑み”は癒される。イヴァン役のトレトンも人の良い、粗野で無教養な男が似合い過ぎ。父親とアントワーヌ、二人が一緒に仕事をしていたラ・ジュマン灯台をカミーユが訪れるところでエンディングを迎える。灯台のシーンは出来うる限り本物のラ・ジュマンで撮影されたという。現在この灯台は自動化され一般公開されている。しかし灯台守の仕事って過酷だなぁと切に感じた。上にも書いた「マドモアゼル」にも灯台の話が出て来て、やはり“ひと時の恋”を描いている。この映画を観たら「マドモアゼル」もきっと観たくなるであろう!この作品にはハリウッド映画「マディソン郡の橋/1995」がちょいと入ってるなと感じる方も多いであろう、が、しかし断然こちらがgood。
a0051234_05359.jpg

a0051234_07493.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-11-14 00:53 | フランス | Trackback(21) | Comments(23)

「ロバと王女」

a0051234_1965979.jpg
「Peau d'âne」... aka 「Donkey Skin」2003 フランス

王女カトリーヌ・ドヌーヴ、王子ジャック・ペラン のコンビが演じたファンタジー・ミュージカル・ドラマ。いきなり歌は歌うが、ダンスは無しなので正確にはミュージカルと呼ぶのにはふさわしくないかも。
原作はシャルル・ペローの“ロバの皮”。
監督は「シェルブールの雨傘/1964」「ロシュフォールの恋人たち/1966」のジャック・ドゥミ。音楽はミッシェル・ルグラン。
1970年に公開(日本では1971)以来ビデオにもDVDにもなっていないというが、今回、今流行のデジタル・ニュー・マスター版で上映中!
21世紀の今日、第一線で活躍している往年のフランス人俳優て(女優)カトリーヌ・ドヌーヴだけではないだろうか?ブラック・コメディ・ミュージカル「8人の女たち/2002」でも主役を演じていた。
ジャック・ペランは「コーラス/2004」に製作も兼ね出演している。
他に、“青の国”の王にジャン・マレー「魅せられて/1996」、“赤の国”の王妃にミシュリーヌ・プレール「肉体の悪魔/1947」、森の妖精にデルフィーヌ・セイリグ「夜霧の恋人たち/1968」といった配役。

“青の国”の王様は金、銀、宝石を産むロバのおかげでたいそうに裕福であった。しかし最愛の妃を病気で亡くし、うちひしがれていた。妃は臨終の際、“わたしよりも美しい人が現れない限り再婚はしないと誓って!”と言う言葉を残して亡くなった。案の定、妃より美しい女性が現れるはずもなく、王は今だ独身のままだ。側近たちは諸国より王にふさわしい女性の肖像画を調達して来たが、誰も王のめがねにかなう人はいない。そして最後に差し出された肖像画の女性、彼女こそ王妃より美しい女性であったが、それは王の娘、王女であった。実の父である王と結婚することも出来ず、王女は妖精の手を借りて“赤の国”へと逃れる。そこに登場するのがEver After...の王子である。

この童話は後半“シンデレラ”にとても良く似ている。父からもらったロバの皮をかぶり、身分を隠した王女は家畜の世話をする仕事を与えられ、そして、そこで王女は“ロバの皮”と呼ばれるようになる。“シンデレラ”は靴で決まるが、この物語は指輪でプリンセスが決まるのである。

“青の国””赤の国”それぞれの人の衣装がすべて同じ色でそろえてあったり、それぞれの国の従僕の顔や馬にまで青や赤で色付けしてあるのには笑った。実におとぎ話の世界である。かつてグリムやアンデルセン童話にはまったが、その後このフランス人シャルル・ペローの童話を何作か読んだ覚えがある。映画のドヌーヴは20代後半であろうか...素晴らしく奇麗である。王女役のドヌーヴが着る豪華なドレスが美しい。パリの南西に位置するロワール地方、そこに建つ有名なシェノンソー城とシャンボール城が撮影に使われている。このお城は3年前観光で訪れたことがあり、非常に懐かしかった。監督のドゥミはロワール地方の出身ということである。一番下の写真は現在のドヌーヴのショット。
a0051234_1975068.jpg

a0051234_1981041.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-11-13 18:26 | フランス | Trackback(8) | Comments(10)

「ドリーマーズ」

a0051234_22162189.jpg「The Dreamers」...aka「Les Innocents」2003 イタリア/フランス/UK
 
a0051234_23593434.jpg
昨年か?今年に入ってからか?はっきり覚えがないが、都内のどこか?の映画館で数回予告を観た。セーヌ川、エッフェル塔、ルーヴルと観光案内っぽいシーンがあり、観たいなぁ!と思っていたが、結局映画館へは行かなかった。
今回wowowで放送があったので観た。監督はあの「ラスト・タンゴ・イン・パリ/1972」のベルナルド・ベルトリッチ。
主演の3人は、アメリカ人俳優のマイケル・ピット「小説家を見つけたら/2000」。
「ルパン/2004」のフランス女優エヴァ・グリーン、そしてフランス人俳優ルイ・ガレル。
リドリー・スコットの「キングダム・オブ・ヘヴン/2005」でハリウッド・メジャー・デビューしたエヴァ・グリーンの映画デビュー作である。
原作はギルバート・アデアの小説“The Holy Innocents”。

1968年5月革命の最中、アメリカ人留学生マシュー(ピット)は、パリのシネマテークで、映画フリークであるイザベル(グリーン)、テオ(ガレル)の双子の姉、弟と出会い意気投合した。マシューは二人に誘われるまま、両親が留守の間、彼らのアパルトマンで暮らし始める。3人は”映画ゲーム”に興じながら、マリファナを吸い、奔放なセックスへと発展する。映画の中の映画としてジャン・ポール・ベルモンドの「勝手にしやがれ/1960」、フレッド・アステアの「トップ・ハット」etc.のワンシーンがモノクロで登場する。

欧米でベルトルッチは“愛の巨匠”と呼ばれているらしく、この作品もラヴ・ストーリーではあるのだが、巨匠が描く“愛”は「ラスト・タンゴ・イン・パリ」にしろこの作品にしろ、尋常ではない。イザベル役のエヴァ初め、nudeシーン満載であるが、あのぼかしだけはやめて欲しい!余計iyarashisaが増すのだが...。
冒頭でフランソワ・トリフォーの「大人は判ってくれない/1959」で主演のアントワーヌを演じた、ジャン・ピエール・レオーが本人役で出演している。
映画の舞台は1968年のパリだが、 21世紀に撮影されてもパリ、セーヌの景色が同じというのは古き都パリならであろうか...。
しかしさすがエッフェルだけは部分的にしか撮影されていない。ジミー・ヘンドリックスのギターで始まり、エディット・ピアフのシャンソンでエンディングを迎える音楽も素晴らしい!ルイ・ガレルは映画監督フリップ・ガレル「夜風の匂い/1999」の息子ということだが、彼の映画は初めてだ。ガレル滅茶キュート!
エヴァの母はフランス女優マルレーヌ・ジョベール。チャールズ・ブロンソンとの共演作「雨の訪問者/1969」が一番有名らしい。観たような気がするが、記憶にない。
フランス語タイトルの“無邪気”という題は「ドリーマーズ」より合ってると思うのだが...。この作品は2005年2月にDVD&ビデオで発売されている。
a0051234_2255408.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-11-12 01:34 | イタリア | Trackback(1) | Comments(0)

「ヴェニスの商人」

a0051234_196947.jpg
「The Merchant of Venice 」2004 USA/イタリア/ルクセンブルグ/UK

監督は「イル・ポステーノ/1994」のマイケル・ラドフォード。
余りにも有名なウイリアム・シェイクスピアの戯曲であるが、なぜか?英語圏で長い間映画化されなかったらしい。
「ハムレット」や「ロミオとジュリエット」は何度も映画化されているというのに??なぜに??
原作は戯曲であるため、映画の中でも、舞台で語るように俳優が演技しているのが素晴らしい!
アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズと役者揃いの中、ジョゼフ・ファインズが光っている。
この方恋する男を演じたら右に出る者はいないかと...彼のあの目が(パピー・ドッグの訴えるようなまなざしって感じも否めないが...)実に語るのである。この映画もジョゼフ狙いで観に行ったようなものだ...濃い系大好きなので...

主演の金貸しシャイロックにアル・パチーノ、富豪の女相続人ポーシャにテキサス出身の新星リン・コリンズ。リンは「エリザベス/1998」のケイト・ブランシェットを彷彿とさせる感じで古典にぴったり。賛否両論かどうか知らないが、私的には素敵なポーシャ役のリンである。
そしてシャイロックから3000ダカットを借りるはめになるアントーニオ役はジェレミー・アイアンズ「ダメージ/1992、永遠のマリア・カラス/2002」。
アントーニオの親友バッサーニオにジョゼフ・ファインズ「恋するシェークスピア/1998、キリングミー・ソフトリー/2002」。

16世紀のベニス、ユダヤ人たちはゲットーに隔離され、出かける時はユダヤ人と解るよう赤い帽子をかぶって出かけることが義務づけられていた。金貸し業を営むユダヤ人のシャイロック。ある日街中で貿易商アントーニオと出会う。挨拶をするシャイロックにつばを吐きかけ立ち去るアントーニオ...ここでシャイロックは恨み骨髄状態になるのか?アントーニオの親友である若きバッサーニオは、ポーシャに求婚するため、アントーニオに借金を申し込む。このあたりの映画の中での展開を思い返すと、バッサーニオの寝室での二人の会話、“My love!"とか言って二人は抱き合い、キスを交わす...この辺が新解釈なのであろうか?話はそれたが...愛するバッサーニオの頼みを断れるはずもなく、とりあえずキャッシュのないアントーニオはシャイロックにお金を借りるようバッサーニオに促す。

この映画の場合、余りにも有名なストーリーなのでネタばれも不問だと思うので、ここに続きを書く。ポーシャを無事妻にし、幸せの絶頂にいるバッサーニオは、アントーニオの手紙を受け取り呆然とする。アントーニオの所有する船が嵐に見舞われ、すべてが難破した。積み荷は海の藻くずと消え、彼は破産したのだった。3000ダカットの借金を3ヶ月以内に返済しない場合、シャイロックはアントーニオの肉1ポンドをいただくと言う条件を出していた。ラスト近く、裁判の場面で、ポーシャが男装役で登場する...今で言う弁護士か検事である、いわゆる法律に長けた博士役。「恋するシェイクスピア」でもグイネス・パルトロウ演じる男装のロミオが登場したが、リンは素晴らしい!結構男になりきっている。

このラストが見せ場で、シャイロックがアントーニオの胸にナイフを突き刺そうというその時、ポーシャが“ちょいと待てユダヤ人!”の台詞を放つ、その後“肉1ポンドきっかり!多くても、少なくてもダメだ!そして1滴の血を流してもならない!”の台詞。この物語はこれにつきるのである。ここでシャイロックは己の頑固さに愕然とする。血をたらさないで肉を切り刻むことが出来ようか?シャイロックは裁判に負けたのである。哀れなシャイロックに誰も同情しないが、パチーノが演じていると、なぜかシャイロック可哀想すぎ...と感じてしまう。パチーノさんどうも憎めないのである。

ポーシャがバッサーニオに送った指輪の話や、婚約者選びに、金、銀、鉛の箱を並べ、選ばせるという場面も登場する。この物語を読んだのは相当前なので細かい筋は憶えてないが、シャイロックの娘ジェシカについては記憶にない...新解釈なのか?とにかく映画は臨場感のある素晴らしいドラマ(劇)に仕上がっていて見応えがある。

ヴェニスでロケしたという映画の景色は素晴らしい!昨年の夏にシャークスピアの故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンを旅した際、街中にシェイクスピア劇場があってシェイクスピアものを上演していたのを思い出した。
この映画も「理想の女/2004」もルクセンブルグが参加しているが人件費安いのかな?とふと思った。
新宿のテアトル・タイムズ・スクエアの12f.HMV前の広場(狭いが...)に下写真のシャイロック、ポーシャ、バッサーニオ、それぞれの衣装が飾ってある。
a0051234_19202613.jpg
a0051234_22505539.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-11-08 21:43 | USA | Trackback(18) | Comments(6)

「みんな誰かの愛しい人」

a0051234_2154799.jpg
「Comme Une Image」...aka「Look at me」2004 フランス
2004カンヌ映画祭最優秀脚本賞受賞!

フランス映画祭横浜2004で上映された映画。
監督、脚本(バクリと共同)出演のアニエス・ジャウィは「ムッシュ・カステラの恋/1999」の監督&マニー役。これでは音楽教師シルヴィアを演じている。
彼女の公私とものパートナーであるジャン・ピエール・バクリ「ヴァンドーム広場/1998」「ムッシュ・カステラの恋/1999」が頑固な大作家エチエンヌ・カサール役。
その娘ロリータにマルリー・ベリ。マルリーは本作で本格デビューを果たした。
シルヴィアの夫ピエールにはロラン・グレヴィル「カミーユ・クロデール/1988」「ラクダの針の穴/2003」。

有名な作家エチエンヌ・カサールの娘ロリータは女優志願の20才のマドモアゼル。彼女は太った自分に最高のコンプレックスを抱いている。父親エチエンヌは娘と見間違われるような若い妻カリーヌ(ヴァージニー・デサルナ)と再婚し、二人の間には5才の娘がいる。一方で、売れない脚本家ピエールは自分が成功することはあり得ないだろうと思い続けている。彼の妻シルヴィアはロリータの音楽教師である。この二つの家族を軸に物語は進行して行く。太った身体にとてつもないコンプレックスを抱いているロリータ、コメディエンヌを目指しているが夢の又夢。音楽学校でシルヴィアに歌の手ほどきを受けている。新作が書けなくてスランプに落ちっているエチエンヌは、娘ロリータに、自分自身がどのように映っているのか気がかりで仕方がない。若い妻のカリーヌは年の違わないロリータを誘ってショッピングに行ったりするが、二人の仲はしっくり行かない。売れない脚本家ピエールと音楽教師シルヴィアのカップル...シルヴィアは夫の才能を信じているが、自分には自信がない。それぞれが自分に自信が持てなく、もはや失いかけている...しかし、やがて彼らに転機が訪れ始める。

ロリータが通う音楽学校で、合唱の練習をしているシーンを絡めながらストーリーが進む方法も素敵だ。昨今のフランス映画はコメディ・タッチかヴァイオレンスか?いずれか?が多いが、この作品は素晴らしい人間ドラマで出演者も適役だ。特に父親エチエンヌ役のバクリは頑固oyajiにぴったり。コンプレックスの固まりであるロリータ役のマルリーは、ほんと太っていて、実生活でも悩んでるのかなぁ?と想像してしまう。映画を見終わって、頑固で意固地な父親エチエンヌと娘ロリータの親子の愛をひしと感じた。本当に愛する者同士は、言葉などいらない。いざという時には助け合うって...。

邦題の「みんな誰かの愛しい人」っていうのは中々いける。監督のジャウィと主演のバクリのカップルは“ジャクリ”と呼ばれているそうで、“ジャクリ”のこの作品は思春期の一時期、自信をなくしていたジャウィの体験をヒントに作られたという。毎度のことだが、映画の中に登場するフランスの田舎が素晴らしい!
a0051234_22295277.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-11-04 23:06 | フランス | Trackback | Comments(0)

「ブリジット」

a0051234_23561816.jpg
「Bridget」2002 フランス/日本

主演のアンナ・トムソン(アンナ・レヴィン)はアメリカンで、監督&脚本はイスラエル出身のアモス・コレック。この作品、波瀾万丈の人生を送ったアンナ・トムソンを元に描いたそうで、映画のヒロイン/ブリジットは実際のトムソンの姿ではないらしいが(あれじゃ...すごすぎ!)姿を変えて脚本を書いたと言う。映画の舞台はニューヨーク。トムソンはひょっとして?フランス人(いやもしくはヨーロパ人?)かと想像していたが、アメリカ/ニューヨーク生まれである。2005年3月に、この映画の宣伝でトムソンは来日したらしく、DVDの特典映像に、東京でのインタビューが収録されている。

映画のストーリーはかなりハチャメチャだ。映画でなきゃこんなこと起きないの連続。家でDVD観る際、結構途中で一時停止するのだが、これは一気に観た!いや途中でストップしたくなかった。犯罪に巻き込まれた上、夫は殺害され、おまけに一人息子クラレンスまで奪われて、絶望的な生活を送るブリジット。愛する息子クラレンスを我が胸に取り戻し、一緒に暮らすためブリジットはリヴェンジに立ち上がる。ブリジットが出会う人物が絶妙である。レスビアンや、知的障害のある男や、ベトナム帰りの老人とか...配役がにぎやかで(波瀾万丈の人生を描くのだから当然だが...)楽しめる。ブリジットも、ある時は麻薬の売人としてベイルートへ飛んだり(このシーンにはちと参った...国境はそう簡単には越えられないだろが??)、夜になると、いかがわしいポルノショップで働いたりと見せ場はたっぷり。トムソンは元モデルだったらしく、ナイス・バディにピンヒールの靴で闊歩する様は滅茶かっこ良い!ミニシアター系おすすめDVDである!

トムソン1955年生まれなので、この作品撮影時は50才に近かったようだが、元モデルだけあってほんとナイス・バディである(nudeのシーンはちと年齢感じてまずいが...)。1980年から端役でアメリカ映画に多々出演しているが、ブレイクせず。やはりアモス・コレックが監督した「スー/1997」「フィオナ/1998」の二作をフランス映画界が絶賛したらしい。二本とも観てない...いや観たい是非!映画の中での息子クラレンス役はトムソンの実生活の息子ヒューゴである。
[PR]
# by margot2005 | 2005-10-31 00:06 | フランス | Trackback(1) | Comments(4)

「ドア・イン・ザ・フロア」

a0051234_18532722.gifa0051234_18573440.gif
「The Door in the Floor」2004 USA

主演の夫婦役はジェフ・ブリッジス&キム・ベイシンガー。
二人の娘にダコタちゃんの妹のエル・ファニング。一夏の経験をする若者エディーに新星のジョン・フォスター。ジェフ演じるテッドの愛人ミセス・ヴォーンにトム・クルーズの元々妻であるミミ・ロジャース「誰かに見られてる/1987」といった配役である。
監督&脚本はトッド・ウイリアムス。原作はジョン・アーヴィングの小説「未亡人の一年」。この作品は本の初め半分未満を映画にしたということである。

「カレンダー・ガールズ/2003」や「スイミング・プール/2003」で熟女がnudeを披露しているが...これもその一つ。しかしミミ・ロジャースの役は...良くあんな役引き受けたというくらい凄まじい(気の毒というか...キムが美味し過ぎる役だから)。ジェフは「白と黒のナイフ/1985」の頃だろうか?抱かれたい男(滅茶SEXYでマッチョか?)のベストに入っていたというが、現在では余り見たくない状態...しかし彼もback nudeで女優陣にお返しをしている。エディ役のジョンは撮影時20才だったと思えるが、汚れを知らない?清々しいアメリカの若者!でもって役にピッタンコである。

基本的にネタばれは嫌いなので、細かなストーリーは書きたくない。高校生活最後の夏休み、有名な児童小説家テッド・コールの秘書として美しい海辺の屋敷にやって来たエディ。彼を船着き場まで迎えたのはコールの美しい妻ルースであった。この夫婦にはとても辛い過去があった。ストーリー的にはとても重い、哀しい物語なのだが、時にユーモアが入って...ちょっとコメディ過ぎやしないか??という場面もあり、全体的に素敵なドラマとなっている。キムがかすかにしか笑わない、殻に閉じこもった美しい人妻を好演している。
映画の中、夫婦の屋敷の廊下や、部屋に写真がいっぱい飾ってある。それがこの映画を語る大切な役割を果たしている。ラスト・シーンがnikui!

キムも撮影時はちょうど50才であろうか?「ナイン・ハーフ/1986」の頃と比べるとやはりお年か...。ジェフ&キムは「ナディーン/1968」の恋人役で共演している。
夫婦の幼い娘を演じたエル・ファニング。姉ダコタに負けず劣らず、妹エルの演技もあっぱれ。ファニング姉妹すごすぎ!
a0051234_19144243.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-10-30 19:46 | MINI THEATER | Trackback(20) | Comments(15)

「理想の女」

「A Good Woman 」2004 スペイン/イタリア/UK /ルクセンブルグ/USA
a0051234_0252933.jpg

イタリアのリヴィエラと呼ばれる南イタリア/アマルフィーが舞台てなことで是が非でもで観に行った。
映画を観る前に、帝国ホテルに飾ってあった、この映画のヒロインたちが着る素敵なドレスを見たのでますます観たくなったのは言うまでもない。
監督はマイク・バーカー。原作はオスカー・ワイルドである。
主演はオスカー女優(ジャック・ニコルソンと共演の「恋愛小説家/1997」でゲット)のヘレン・ハントと「真珠の首飾りの少女/2003」のスカーレット・ヨハンソン。
ヒロインを取り巻くジェントルマンにUK出身のスティーヴン・キャンベル・モア、マーク・アンバースそして「イン・ザ・ベッドルーム/2001」のトム・ウイルキンソン。男性陣はウイルキンソン以外は初めてお目にかかった。

原作は“ウインダミア卿夫人の扇”ということで、扇が映画の中で重要な小道具となっている。ウインダミアという名前は、以前英国の湖水地方を訪れた際、ウインダミアという町に泊まった。ウインダミア卿はここの出身であったのかと想像する。
1930年代が舞台のアマルフィー、映画は2004年作品であるが、景色が全然変わってないのである!映画の中ではほんの一部分のアマルフィーしか映ってないのでなんとも言えないが、あのように70年たっても景色が同じとは...いやさすがイタリア!

ニューヨーク社交界の華メグ・ウインダミア(スカーレット・ヨハンソン)は夫のロバート(マーク・アンバース)とイタリアのアマルフィーでヴァカンスを過ごしている。そこでメグはアーリン(ヘレン・ハント)という魅力的な中年女性と出会う。数々の恋愛遍歴の後アメリカを離れ、イタリアにやって来たアーリン。新婚のメグは愛する夫ロバートに愛を捧げている。ある時ロバートとアーリンの忍び逢いを見た人からあらぬ噂が...。

これ以上書くとネタばれするのでやめておく。映画の中でメグとアーリンが同じようなドレスを着て登場したりして...やはりと思うシーンがあり中々見応えがある。
やはり前知識無し(基本的にいつもだが...)で観たのでとっても良かった。
出来ればもう一度観たい作品である。スティーヴン・キャンベル・モアはメグに言寄るinternational playboy(これは映画の中でアーリンが語る言葉)役。
トム・ウイルキンソンはアーリンに恋するリッチマン役。
私的には夫ロバート役のマークが素敵!!正統派二枚目である。上写真!やはりUK俳優か?の雰囲気。
銀座のシネスィッチ銀座で観た(10月の初め)。まだ上映中!
a0051234_0282973.jpg

[PR]
# by margot2005 | 2005-10-28 00:55 | スペイン | Trackback(14) | Comments(6)

18th東京国際映画祭 「女たちとの会話/カンバセーションズ」

a0051234_102250.jpg
「Conversations with Other Women」2005 USA/UK
2005東京国際映画祭審査員特別大賞(ハンス・カノーサ)/主演女優賞(ヘレナ・ボナム・カーター)受賞!

監督はハンス・カノーサ。この映画は彼のデビュー作とのことである。
主演はヘレナ・ボナム・カーター「眺めのいい部屋/1986・ファイト・クラブ/1999」とアーロン・エッカート「サンキュー・スモーキング/2005」ブラック・ダリア/2006」

過去に恋人であり、つかの間の夫婦であった男と女が、男の妹の結婚式で女と再開する物語。ほとんど二人の場面で映画は進行して行く。二人の過去とそれぞれの二人の表情(感情)を描くため、映画の画面が二分割になっている。最初とても観づらい気がしたが、映画終了後、監督カノーサの解説でなるほどと思った。
a0051234_2042972.jpg

主役の二人へレナとアーロンは絶妙である。ほとんど会話で進む(それも長い)。台詞を憶えるのが大変だったでしょうお二人?!というくらい多い(ほぼ99%は喋ってる場面)。
でもやはりさすが俳優てスゴイなと思う。あのような長い、長い台詞を頭に叩き込む技って通常人には出来ないことだと感じる。この作品は初監督だったらしく、無名のカノーサさん、映画お金かかってないよね状態...しかしあのようにお金をかけてない作品なのに...いやスッゴイ良かった!!機会があれば又観たい映画である。
a0051234_1302890.jpg

映画祭のためにヘレナはモチ来日なんかしないとは思っていたが、今回初めて来日したアーロンも、残念なことに新しいハリウッド映画に出演するため早々と帰国したそうだ。
アーロンは日曜日に(10/23)趣味であるカメラ片手に東京を撮りまくっていたと監督のハンス・カノーサが話していた。残念出来ればお会いしたかったのにアーロン!
a0051234_214993.jpg

しかし監督のハンス・カノーサとは、映画終了の後、追いかけて行って「素晴らしい映画をありがとう!」と言ったところしっかりと握手をしてもらうことができたukiki。
[PR]
# by margot2005 | 2005-10-26 01:33 | MINI THEATER | Trackback(18) | Comments(6)