「ほっ」と。キャンペーン

<   2016年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

「さざなみ」

「45 Years」2015 UK
a0051234_0135571.jpg

リタイアしたジェフとケイト夫婦は結婚して45年。子供のいない夫婦はイングランドの地方都市(ロケ地はノーフォーク)で愛犬と共に静かな日々を送っている。今週末には結婚45周年記念のパーティが開かれる予定。ドラマはその夫婦の一週間を描いている。

ケイトに「リスボンに誘われて/2013」「海に帰る日/2013」のシャーロット・ランプリング。
夫ジェフに「モネ・ゲーム/2012」「リスボンに誘われて」のトム・コートネイ。
ケイトの友人リナに「カレンダー・ガールズ/2003」「ドラゴン・タトゥーの女/2011」のジェラルディン・ジェームズ。
リナの夫ジョージにデヴィッド・シブリー。
リナの娘サリーにドリー・ウェルズ。
監督、脚本はアンドリュー・ヘイ。

静かで平凡な日常を送るジェフとケイト。そんなある月曜の朝ジェフに一通の手紙が届く。それはドイツ語で書かれた手紙だった。50年以上前にジェフは恋人カチャと共にスイスを旅していた。そして不幸なことにカチャは雪山のクレバスに落ち亡くなってしまう。しかし遺体は発見されず、50年近くたった今当時のままの姿で見つかったのだ。
ジェフは“ぼくのカチャ”と悲しみをにじませ、遺体の確認にスイスに行かなければならないと言う。ジェフにとってカチャはそれほど大事な人だったのか!?とケイトは夫の愛情に不信を抱き始める。

カチャは過去の女性と言い切るジェフ。しかし深夜、屋根裏部屋にしまいこんでいたカチャとの思い出の品を見つけたジェフは心も過去に戻ったかに見え戸惑いを隠せないケイト。
ジェフの留守に屋根裏部屋に上がり、8ミリカメラに納められたカチャの姿を見た時のケイトの衝撃は相当キツかったに違いない。

“45年”の原タイトルが“さざなみ”となるのはとても詩的で邦題にぴったり。熟年夫婦に突如起こる“さざなみ”は少々哀しいが…。
ラスト、パーティの席でケイトと結婚したことは素晴らしい選択だったと語るジェフ。その後ダンスに興じる二人は幸せそうに見えたが、やがてケイトはジェフの手を振り払う。それは積もったわだかまりが爆発したように思えた。
自分自身がおかした過去によってズタズタにされた妻の心を気にもかけていなかった夫。男ってそんな生きものかも知れない。

ケイト役のシャーロット・ランプリングはオスカーにもノミネートされていたが、ドラマの中の彼女の表情が素晴らしい!もともと憂いを帯びた顔のシャーロット・ランプリングながら、やるせない表情が見ているものに強烈に伝わってくる。
とらえどころがない雰囲気を醸しだすトム・コートネイもナイス・キャスティング。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-29 22:22 | UK | Trackback(8) | Comments(0)

「ハロルドが笑うその日まで」

「Her er Harold」…aka「Here Is Harold」2014 ノルウェー
a0051234_2317491.jpg
a0051234_2317394.jpg
a0051234_23173090.png

ハロルドはノルウェーの街で妻と共に40年以上も家具店を経営してきた誇り高き家具職人。ある日、店の隣に世界的家具チェーン店IKEYAの、それも北欧最大店舗がオープンする。案の定IKEYAの出店によりハロルドの店は閉店に追い込まれてしまう…

ハロルドに「ヘンゼル&グレーテル/2013」のビョルン・スンクェスト。
イングヴァル・カンプラードに「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」のビヨーン・グラナート。
エバにファンニ・ケッテル。
監督、脚本はグンナル・ヴィケネ。

世界的家具チェーン店IKEYAのせいでつぶれてしまったハロルドの店。店に並ぶ家具はIKEYAのように手頃な値段のものではなく職人の魂が込められた家具ばかり。おまけに認知症だった妻はあっと言う間に亡くなってしまう。失うものはもう何もないと感じたハロルドは店に火をつけ焼身自殺を図るがスプリンクラーのせいで失敗に終わってしまう。

もう破れかぶれで頭にきた誇り高い家具職人ハロルドはIKEAの創業者イングヴァル・カンプラード誘拐を思いつきスウェーデンへと向かう。途中しばらく会ってなかった息子の家に寄るが全く歓迎されず、再びスウェーデンへとおんぼろ車サーブを走らせる。そしてスウェーデンで一風変わった孤独な少女エバと出会う。
偶然出会ったエバはカンプラード誘拐に手を貸すというが、ハロルドの計画性のなさに呆れるばかり。なんとか拉致できたカンプラードも頑固オヤジで“誰も金は出さない!”の一点張り。

IKEYAの創業者イングヴァル・カンプラードについて調べてみたら、本作で演じる俳優がスゴく似ていて驚いた。現在でも経営の主導権を握っているカンプラードを題材にしてこのような映画を作るなんてと思っていたら、映画のチラシに“存命するIKEYA創業者が実名で描かれる前代未聞の映画。”と書かれていた。やっぱり!

エバとの出会いがエバにもハロルドにも生き方を変えたように思える。カンプラードはちっとも変わっていないように思えたけど...ドラマはちょと笑えて、ちょっとハートウォーミング。

北欧の映画を観ていていつも思うのは言語。本作でもノルウェーとスウェーデンが舞台となるが、二つの国の人々は違和感なく普通に話しているのでもちろん互いに理解しているのだろう。
そしてもう一つ北欧の映画を観ていて思うのは、とてもシリアスなものか、なんか可笑しいドラマかどちらかのような気がする。特にノルウェー映画に多い気がする。本作はなんか可笑しい方の部類でハロルド役の俳優がいいな。
そういえば「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車/2014」もノルウェー映画だった。

恵比寿ガーデンシネマにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-27 22:26 | ヨーロッパ | Trackback(1) | Comments(0)

「ボーダーライン」

「Sicario」…aka「Borderline」2015 USA
a0051234_225939100.jpg
a0051234_22592978.jpg

FBIのケイト・メイサーは誘拐即応班を指揮する女性捜査官。ある日、上司のデイヴ・ジェニングスに呼び出され、メキシコの麻薬組織“ソノラ・カルテル”の破壊と、最高幹部マヌエル・ディアスの拘束という極秘任務の特別部隊の一員にスカウトされる。
チームの作戦リーダーはCIAのマット・グレイヴァー。そして麻薬カルテルの内幕に精通したコロンビア人で元検察官のアレハンドロがコンサルタントとして参加してくる。やがて一行はメキシコ警察に導かれフアレスへと向かう...

ケイト・メイサーに「イントゥ・ザ・ウッズ/2014」のエミリー・ブラント。
アレハンドロに「ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して/2013」のベニチオ・デル・トロ。
CIAのマット・グレイヴァーに「アメリカン・ギャングスター/2007」「告発のとき/2007」「ミルク/2008」「ブッシュ/2008」「恋のロンドン狂騒曲/2010」「とらわれて夏/2013」のジョシュ・ブローリン。
ケイトの上司デイヴ・ジェニングスに「アルゴ/2012」のヴィクター・ガーバー。
警官テッドに「ゴーストライター/2010」「フューリー/2014」のジョン・バーンサル。
ケイトの相棒レジー・ウェインに「ビトレイヤー/2013」のダニエル・カルーヤ。
FBIのスティーヴ・フォーシングに「チェンジリング/2008」のジェフリー・ドノヴァン。
監督は「灼熱の魂/2010」「プリズナーズ/2013」「複製された男/2013」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。

オープニングから凄まじい展開で、FBIのケイト・メイサーを演じるエミリー・ブラントはこの後ずっと闘いまくるのだろうか?なんて想像していたら、CIAのマット・グレイヴァーやアレハンドロが登場してきてそうはならなかった。
一癖も二癖も持ち合わせるベニチオ・デル・トロ&ジョシュ・ブローリンを相手にエミリー・ブラント頑張っている。
ドラマはとても衝撃的かつリアルに描かれている。フアレスへと向かう道路には見せしめの死体が吊るされている映像が映り、それらはかなり生々しくてぞっとする。

始まりはまるでホラー映画で、原タイトルは“暗殺者”。この原タイトルは絶妙かも知れない。
警官テッドに誘惑されたあげく殺されそうになったり、関わらない方が良い!と相棒レジーに詰め寄られても仕事人間で頑固一徹のケイトは引き下がろうとはしない。
結局、FBIということでチームの一員に選ばれ、都合良く利用されたケイト。正義も法も無視したやり方に怒りをにじませるがなす術はない。ラスト、反撥心を抑えつつアレハンドロの言葉に従ったケイトは呆然と立ち尽くすしかなかった。FBIながら正義を正すこともできない無念のケイトの姿が目に焼き付く。

この映画を見るきっかけとなったのはお気に入り俳優ベニチオ・デル・トロ&エミリー・ブラントの出演と、監督がドゥニ・ヴィルヌーヴで興味があった。
先月ベニチオ・デル・トロ主演の「エスコバル/楽園の掟/2014」が公開されていて見に行こうかと迷っていたらあっと言う間に上映が終わってしまって未見の作品となった。“コロンビア最大の麻薬カルテルを仕切る冷酷非情なボス”という役柄。本作でも謎のコロンビア人を怪演している。

角川シネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-23 23:41 | MINI THEATER | Trackback | Comments(0)

「孤独のススメ」

「Matterhorn」2013 オランダ
a0051234_0211481.jpg

オランダののどかな田舎町で一人暮らすフレッドは最愛の妻を亡くした男やもめ。ある日、ひょんなことから中年の男との同居生活が始まる...

フレッドにトン・カス。
テオにルネ・ファント・ホフ。
カンプスにポーギー・フランセン。
サスキアに「人生はマラソンだ!/2012」のアリーアネ・シュルター。
ヨハンにアレックス・クラーセン。
監督、脚本はディーデリク・エビンゲ。

フレッドは朝も夜も時間ぴったりにテーブルにつき、神に祈りを捧げた後食事を始めるスーパー級に几帳面で真面目な男。しかしある日突然、平和で穏やかなフレッドの日々は一人の男の出現でおかしなことになって行く。

シアターで予告を見た時コメディ?と思っていたらペーソス漂うヒューマン・ドラマだった。ちょっと笑えるシーンもあり。そして息子は隠れた父親の性癖を受け継いでいたのかな?なんて思った。
邦題がどうも理解出来ないのだが?孤独はわかるけどススメとなるとちょっと違うんじゃないかな?原タイトルとなっているマッターホルンでのエンディングは爽やか!

偏見に満ちたオランダの大田舎…オランダって湖、湿地帯、風車のイメージながら本作に水はない。スクリーンに映るのは乾いた土地と風に揺れる植物。そして決して忘れてはならないのはヤギや馬などの家畜動物。そう特にヤギはテオのお友達??なのだから。
かなりの田舎町らしくスーパー・マーケットでの買い物も乗りもの(バス)が必要。日曜日は町の教会で祈りを捧げ、娯楽は広場で興じるサッカーくらい。フレッドはサッカーが好きだが、独り者カンプスの趣味は写真といったところ。

偶然やって来てフレッドの家に住み着いてしまったテオ。言葉を発しないテオと寡黙なフレッド。故に二人のやり取りが実に可笑しい。妻は亡くなったが、一人息子がいるにも関わらずフレッドはなぜ独り身なのか?テオはなぜ話さないのか?と明かされた辺りからドラマは切なくなって行く。
カンプスとサスキアも絡んできて、ラストはフレッドの息子ヨハンの出現!
フレッド、テオを演じる俳優が最高!そしてヨハン役の俳優も...。

新宿シネマカリテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-22 00:34 | ヨーロッパ | Trackback(6) | Comments(0)

「最高の花婿」

「Qu'est-ce qu'on a fait au Bon Dieu?」…aka「Serial (Bad) Weddings」2014 フランス
a0051234_23553545.jpg

ロワール地方のシノンに暮すクロードとマリーのヴェルヌイユ夫妻は敬虔なカトリック教徒。夫妻の3人の娘の夫はそれぞれユダヤ人、アラブ人、中国人と様々な人種でもちろん異教徒。夫妻は残る末娘だけはカトリック教徒と結婚して欲しいと願っていた...

クロードに「おかしなおかしな訪問者/1992」「ビジター/1998」「ミッション・クレオパトラ/2002」のクリスチャン・クラヴィエ。
マリーに「愛しき人生のつくりかた/2015」のシャンタル・ロビー。
長女の夫ラシッド・ベナセムに「友よ、さらばと言おう/2014」のメディ・サドゥン。
次女の夫ダヴィド・ヴェニシュにアリ・アビタン。
三女の夫シャオ・リンにフレデリック・チョー。
四女の恋人シャルル・コフィにヌーム・ディアワラ。
長女イザベルにフレデリック・ベル。
次女オディルにジュリア・ピアトン。
三女セゴレーヌに「最強のふたり/2011」のエミリー・カン。
四女ロールにエロディ・フォンタン。
シャルルの父アンドレ・コフィにパスカル・ンゾンジ。
母マドレーヌに「最強のふたり」のサリマタ・カマテ。
妹ヴィヴィアンにタチアナ・ロホ。
監督、脚本はフィリップ・ドゥ・ショーヴロン。

本作はフランス映画祭2015で「ヴェルヌイユ家の結婚狂騒曲」のタイトルで公開され、本国フランスでも大ヒットを飛ばしたコメディ・ドラマ。

クロードとマリー夫妻の願いも虚しく末娘の恋人はカトリックながらコートジボワール出身の黒人青年だった。
イスラエルや宗教や移民問題については語らない。中国人の悪口を言ったりハラルや割礼を非難してはならない…とタブーずくめのヴェルヌイユ家。しかしひとたび娘たちが夫を連れて集まると差別発言が飛び交い収拾がつかなくなる。
母親のマリーはそんな状況にうんざりで精神科医に助けを求める。父親のクロードも差別をしているわけではないが移民の婿たちが悩みのたね。そんな中、アフリカ、コートジボワールに住む、末娘のフィアンセの父親がフランス人嫌いと判明する。

最近公開されるフランス映画はどれもこれも面白くない。本作を見て今年初めて見て良かったと思った一作。丁々発止でやり合う婿たちも然ることながら、クロードとシャルルの父アンドレの絡みは最高。コメディ俳優?クリスチャン・クラヴィエの存在は大きい。そしてドラマは見え見えのハッピー・エンデイングだけど、久々でシアターで大笑いした。
アフリカン・ダンスでエンディングを迎えるのはフランス映画らしくなくてとても新鮮で奇抜でトレビアン!だった。

フランスってアフリカ系はもちろんのことアルジェリア(アラブ人)移民が多いし、世界の至る所にいる中国人とユダヤ人も当然いっぱいいるし、移民である人々との結婚てごく普通のことのようにも思える。このドラマのような家族がいるかも知れない??
“娘が4人で良かった。あと一人いたら次の相手はロマ(ジプシー)だね。”と、あの発言はかなり差別的だったけど…。

恵比寿ガーデンシネマにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-19 00:13 | フランス | Trackback(1) | Comments(0)

「砂上の法廷」

「The Whole Truth」 2016 USA
a0051234_2311624.png
a0051234_231758.png
a0051234_231091.jpg

ある日、富豪の大物弁護士ブーン・ラシターが殺害され、彼の息子で17歳の高校生マイクが容疑者として逮捕される。マイクの弁護をつとめるのはラシター家の敏腕顧問弁護士ラムゼイ。やがて裁判が始まるがマイクはラムゼイに対して沈黙を守り続ける…

リチャード・ラムゼイに「イルマーレ/2006」「フェイク シティ ある男のルール/2008」「50歳の恋愛白書/2009」のキアヌー・リーヴス。
ロレッタ・ラシターに「ミス・ポター/2006」「かけひきは、恋のはじまり/2008」のレニー・ゼルウィガー。
マイク・ラシターにガブリエル・バッソ。
ブーン・ラシターに「MR.デスティニー/1990」「ゴーストライター/2010」のジェームズ・ベルーシ。
ジャネルに「幸せの教室/2011」「ベル 〜ある伯爵令嬢の恋〜/2013」のググ・ンバータ=ロー。
監督は「フローズン・リバー/2008」のコートニー・ハント。

マイクが担当弁護士、それも一家の顧問弁護士と全く話さず心を開かないのが謎だった。しかし終盤でやはりそうだったのかと納得した。オープニングにラムゼイの独白がある。ラストに真実が明かされ、オープニングのラムゼイのシーンと被る。

ドラマは法廷でのシーンに加え実際に起こったシーンも織り込まれてる。
裁判が始まり証人たちの話を聞いた助手のジャネルは、皆が嘘をついていると確信する。確かに見ていて犯人はマイクではないとずっと感じていた。では誰が?母親か?と常に疑問に苛まれる。そしてあのラストにはまさか?とは思ったけどちょっと驚いた。正義は何処に??

私的には地味なドラマながら中々見応えがあった。本作の監督は「フローズン・リバー」のコートニー・ハント。法廷ものは大好きだし公開されたらすぐにと思っていたけど中々見に行けなくて、先週のサービス・デイに見に行ったらガラガラでびっくりした。キアヌーも過去の人?

キアヌー映画は「50歳の恋愛白書」以来のシアター鑑賞。wowowで「フェイク・クライム/2010」「47RONIN/2013」は見たけど、「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー/2013」は途中で挫折した。
レニー映画はジョージ・クルーニーと共演の、かなりつまらない「かけひきは、恋のはじまり」以来のシアター。
レニーに関しては2008年以来映画が公開されていない有様。“ブリジット・ジョーンズは何処へ?”といった状態。
以前ゴシップ記事写真でレニーの変貌ぶりに驚いたが、今やブリジットやポターとは別人の感じ。こんなに変化する人もいるんだと再び驚いた。
そうそうジェームズ・ベルーシのあんなキャラは初めて見たかも知れない。

キアヌーの一時劇太り姿もネットで見たが、本作ではスマートでクールなキアヌーに戻っていて安心した。
アル・パチーノ&シャーリーズ・セロンと共演した「ディアボロス/悪魔の扉/1997」はお気に入り映画の一つ。それはかれこれ20年前の映画でやはり弁護士役だったキアヌーがめちゃめちゃクールだったのを思い出す。キアヌーは弁護士役が似合う。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-17 23:12 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(0)

「マジカル・ガール」

「Magical Girl」2014 スペイン/フランス
a0051234_23553539.jpg

12歳の少女アリシアは白血病で余命いくばくもない。彼女は日本のアニメ“魔法少女ユキコ”の大ファン。ある日、父親のルイスは“ユキコ”のコスチュームを着て踊ることが娘アリシアの夢と知る。しかしそのコスチュームは¥で90万と高額な代物。失業中のルイスに金の用意などできるはずもない。やがて思い余った彼は強盗計画を思いつくが、ふとしたことから思いとどまり、美しい人妻バルバラと出会う...

バルバラに「私が、生きる肌/2011」「フリア よみがえり少女/2012」のバルバラ・レニー。
ルイスにルイス・ベルメホ。
ダミアンにホセ・サクリスタン。
アリシアにルシア・ポリャン。
バルバラの精神科医の夫アルフレドにイスラエル・エレハルデ。
バルバラの友人アダにエルザベット・ジェラベルト。
監督、脚本はカルロス・ベルムト。

なんとも言えない味わいの本作は滑稽でいて残酷。そして後味も悪い。
白血病の少女アリシアと、精神不安定のバルバラがどう結びつくのか?と謎だった。やがてルイスとバルバラが出会いとんでもない展開に発展する。

企みはどこまでも余命いくばくもない白血病の愛する娘のため!追いつめられた父親は決死の行動を起こす!しかしそれは酷過ぎる運命のいたずらにより全てが無と化してしまう。
オープニングに登場するバルバラとダミアン。この二人はエンディングでも登場。二つのシーンはこのドラマの全てを語っているのかも知れない。

バルバラの全身にある無数の傷跡や、バルバラと元教師ダミアンとの関係。バルバラをまるでペットの犬のように扱う精神科医の夫の行動は全くもって理解出来ないし、とどめはルイスに恐喝され金を求めて訪れたある“部屋”で何が起こったのか?一回90万って途方もないチャージだ。それらは全て謎に包まれた闇の世界。
ダークな世界のバルバラと、ピンクのコスチュームを着てダンスするアリシア...二人の対比が強烈で可笑くて怖い。

全く違うんだけど、どこか?変な?ブラック・ユーモアといった趣向で、アルゼンチン/スペイン合作のオムニバス・ドラマ「人生スイッチ/2014」を思い出してしまった。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-16 00:04 | スペイン | Trackback(7) | Comments(0)

「母よ、」

「Mia madre」2015 イタリア/フランス/ドイツ
a0051234_20522248.jpg

映画監督のマルゲリータは恋人と別れたばかり。彼女の悩みは日々尽きない。反抗期の娘リヴィアとは意見があわず、ハリウッドからやって来たわがままな主演俳優バリーにはムカついて撮影も上手く進まない。しかしそんな中でも一番の悩みは母親の病気だった…

マルゲリータに「はじまりは五つ星ホテルから/2013」のマルゲリータ・ブイ。
バリーに「グッド・シェパード/2006」「セントアンナの奇跡/2008」「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」「エクソダス:神と王/2014」のジョン・タートゥーロ。
アーダにジュリア・ラッツァリーニ。
リヴィアにベアトリーチェ・マンチーニ。
監督、原案、脚本、製作、出演(ジョヴァンニ)は「息子の部屋/2001」「カイマーノ(夫婦の危機)/2006」「ローマ法王の休日/2011」のナンニ・モレッティ。

ナンニ・モレッティは“ ヨーロッパにおいては既に名匠との声もある一方、そのクセの強さから必ずしもすべての人に受け入れられてきたとは言い難い…”と言われてるそうだが、私的に本作は受け入れられない作品だった。

まずストーリーの展開がどうもすっきりしない。色んなシーンで...それはマルゲリータの夢なのか?現実なのか?彼女の母親は既に亡くなっているのか?いやまだ?と良くわからない。
マルゲリータの家の水のシーンは夢ではなかったように見えたけどなぜ??と、いたるところに疑問が残る。

母親が完治しない病気ということもあるがドラマは暗い。映画監督マルゲリータが撮影する作品は社会派ドラマでつまらないし、介護のため休職しているジョヴァンニも暗いし、ハリウッドからやって来たおおらかでよく喋る俳優バリーの存在のみが明るい材料。
映画の中でイタリア語を喋るジョン・タートゥーロを初めて見た。風貌はほぼイタリアンのタートゥーロ。イタリアン・アメリカンの両親を持つ彼にはイタリア語がとても似合う。
色んな役柄を演じるマルゲリータ・ブイは暗いキャラより明るいキャが似合う女優。

マルゲリータは母親が逝くということに耐えられない気持ちを募らせている。見ていてマルゲリータのストレスがこちらにも移りそうな気配だった。わがままなバリーに怒りを発散するマルゲリータ。でも彼女自身も相当わがままなのじゃないか?とも思った。マルゲリータって多分友達などいないタイプの女性だろう。そういえばドラマの中に彼女の友人は一人も登場しなかった。元恋人にも説教されていたし…。

Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-12 22:54 | イタリア | Trackback(2) | Comments(0)

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」

「The Big Short」2015 USA
a0051234_23425429.jpg

マイケル・ルイスのベストセラー、ノンフィクション“世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち”を映画化した社会派金融群像ドラマ。

マイケル・バーリに「エクソダス:神と王/2016」のクリスチャン・ベール。
マーク・バウムに「リトル・ミス・サンシャイン/2008」「ゲットスマート/2008」「フォックスキャッチャー/2014」のスティーヴ・カレル。
ジャレッド・ベネットに「ラースと、その彼女/2007」「ブルー・バレンタイン/2010」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」のライアン・ゴズリング。
製作、出演(ベン・リカート)に「それでも夜は明ける/2013」「フューリー/2014」のブラッド・ピット。
ジェイミー・シプリーに「ニューヨーク 冬物語/2014」「ノア 約束の舟/2014」のフィン・ウィットロック。
チャーリー・ゲラーに「キャロル/2015」のジョン・マガロ。
シンシア・バームに「アルフィー/2004」「その土曜日、7時58分/2007」「さよなら。いつかわかること/2007」「レスラー/2008」「Re:LIFE~リライフ~/2014」のマリサ・トメイ。
監督、脚本は「俺たちニュースキャスター/2004」「俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク/2013」のアダム・マッケイ。

2005年のニューヨーク。金融トレーダー、マイケルはサブプライム・ローンが数年以内に債券不履行に陥る可能性があることに気づく。しかしマイケルの指摘にウォール街も投資家たちも全く耳をかそうとはしない。そんな折、マイケルは大銀行を回り、サブプライム・ローンの価値が暴落した時に巨額の保険金を手にできるCDSという金融取引と契約を結ぶべきだと投資銀行に力説する。
ウォール街の若き銀行家ジャレットはマイケルの企みに気付き、ヘッジファンド・マネージャー、マークにCDSに大金を投じるべきだと勧める。
一方で若き投資家のジェイミーとチャーリーの二人は、今この住宅バブルをチャンスにウォール街へ進出しようと燃えていた。未熟な二人は伝説の銀行家ベンに相談を持ちかける。やがてベンはジェイミーとチャーリーの挑戦に手助けする決意をする。

住宅バブル崩壊の後巨万の富を得たのはやはり銀行家で、家や職業を失ったのは低所得者だった。
本作見ようかどうか迷っていたが「ドリームホーム 99%を操る男たち/2014」を見ていたので少々興味を惹かれ見にいった。“社会派金融群像ドラマ”とは中々のネーミング。住宅バブル崩壊を察知した金融マンたちが右往左往する様はかなり興味深かった。

ウィル・フェレル主演のくだらないコメディを作った監督がこのような社会派ドラマを作るなんてかなりの驚き。そしてコメディ俳優だったはずのスティーヴ・カレルはすっかり性格俳優に変化してしまっている??
スティーヴ・カレルとライアン・ゴズリング両人の演技には凄みを感じた。ヘヴィメタル・ミュージックをこよなく愛するマイケル・バーリを演じるクリスチャン・ベールってカメレオン俳優かもしれない。ブラッド・ピットは貫禄たっぷり。  

TOHOシネマズ日劇にて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-06 23:54 | USA | Trackback(5) | Comments(2)

「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」

「The Second Best Exotic Marigold Hotel」2015 UK/USA
a0051234_2047415.jpg

数年前イギリスからインドのマリーゴールド・ホテルにやって来たイヴリンたち高齢者の面々。始めはホテルに不満たらたらだったが今ではすっかりこの地、このホテルに愛着さえ覚えている...

イヴリン・グリーンスレイドに「あなたを抱きしめる日まで/2013」のジュディ・デンチ。
ミュリエル・ドネリーに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「パリ3区の遺産相続人/2014」のマギー・スミス。
ダグラス・エインズリーに「パレードへようこそ/2014」のビル・ナイ。
ソニー・カプーに「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「エアベンダー/2010」のデヴ・パテル。
マッジ・ハードキャッスルに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「恋のロンドン狂騒曲/2010」「海賊じいちゃんの贈りもの/2014」のセリア・イムリー。
ジーン・エインズリーに「マッチポイント/2005」「ベル ~ある伯爵令嬢の恋~/2013」のペネロープ・ウィルトン。
ノーマン・カズンズに「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂/2010」のロナルド・ピックアップ。
キャロル・パーに「理想の女/2004」「パーフェクト・プラン/2013」のダイアナ・ハードキャッスル
カプー夫人にリレット・デュベイ。
スナイナにティナ・デサイ。
ガイ・チェンバースに「キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け/2012」「ロスト・イン・マンハッタン 人生をもう一度/2014」のリチャード・ギア。
投資会社のタイ・バーリーに「テンペスト/2010」「リンカーン/2012」のデヴィッド・ストラザーン。
監督、原案、製作総指揮は「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」のジョン・マッデン。

前作で亡くなったトム・ウイルキンソン演じるグレアム以外全員の出演。今回はガイ・チェンバース役でリチャード・ギアが出演しドラマを盛り上げている。
ソニーの騒々しさと調子の良さも前作同様。インド人て皆ああなのか?なんてことはないだろうけど…。
やはりラストにダンス・シーンがあった。映画の続はあるのかな?

イギリスの名優たちがこぞって出演する作品の続ということで楽しみにしていた。シアターで予告編を何度も、何度も見てカラフルな映像が目に焼き付いていた。インド舞台の映画ってホント色彩が豊かで綺麗。

お気に入り俳優ビル・ナイの優柔不断で飄々としたキャラが最高!とうとうイヴリンに“愛している!”と伝えることができて良かった。でもあの二人実際ではかなりの年齢差があるはず。ジュディ・デンチは歳と共にチャーミングになる。以前は怖いおばさんの雰囲気だったが“マリーゴールド・ホテル”2作と「あなたを抱きしめる日まで」での彼女は可愛くて驚く。
ソニーのママを誘惑するガイ役のリチャード・ギアはさすが!って感じ。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2016-04-03 20:58 | UK | Trackback(3) | Comments(2)