「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「マルタのことづけ」

「Los insólitos peces gato」…aka「The Amazing Catfish」メキシコ/フランス
a0051234_23253097.jpg

クラウディアにヒメナ・アヤラ。
マルタにリサ・オーウェン。
長女アレハンドラにソニア・フランコ。
次女ウェンディにウェンディ・ギジェン。
三女マリアナにアンドレア・バエサ。
長男アルマンドにアレハンドロ・ラミレス・ムニョス。
監督、脚本はクラウディア・セント・ルース。

メキシコ、グアダラハラ。スーパーマーケットで働くクラウディアは、ある日、強烈な腹痛を覚え病院へ向う。医師の診断によると虫垂炎だった。やがて手術も無事終わりベッドに横たわるクラウディアに隣のベッドにいる女性が声をかけてくる…

メキシコ映画は滅多に見る機会がなくて「グッド・ハーブ/2012」以来。シアターで何度も何度も予告を見て少々気になっていた一作。

エイズで死んで行く母親の死を見つめる子供たちのドラマだが決して暗くない。
シングル・マザーであるマルタの、父親が違う4人の子供たちと、ある日突然家族の一員になったクラウディア。クラウディアには母親がいない。もちろん父親も兄弟も。
母親マルタの死に絶えられない子供たちに戸惑いながらもクラウディは彼らを支えようとする。ずっと一人で生きてきたから、最初騒々しい子供たちと接するのにスゴく違和感があったはず。マルタの子供たちは実に騒々しい。おまけにそれぞれが自分勝手で好きに行動しがちだ。彼らに振り回されながら団体生活をするのは少々難しかった様子だが、クラウディアはやはりきっと一人では寂しかったのだろう。

クラウディアは余命いくばくもないマルタが必死に生きようとしているのを目の当たりにする。
母親には捨てられたが、マルタは自分の存在を認めてくれる。マルタに会うまで生きる目的も、希望も見いだせなかったが今は自分自身を見つめ直すことができる。常に暗い表情のクラウディアがだんだんと明るくなっていく姿が印象的で素敵だ。

ラスト、“マルタのことづけ”が紹介される。長女から末の息子全員に言い残した後、クラウディアにもことづけされる。
“マルタのことづけ”はきっとそれぞれが未来に向け一生懸命生きる気持ちになったに違いない。

「グッド・ハーブ」同様本作も女性監督。クラウディア・セント・ルースの初長編映画とのこと。またまた「グッド・ハーブ」同様登場人物はほぼ女性。マルタの子供たちの一番下が唯一男の子という設定。
自分の死を恐れながらも、その直前迄母親のポジションを全うするマルタが素晴らしい。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-31 23:36 | 中・南米 | Trackback | Comments(0)

「ジェラシー」

「La jalousie」…aka「Jealousy」2013 フランス
a0051234_23401544.jpg

a0051234_23405141.jpg
a0051234_23404395.jpg
a0051234_23403562.jpg
a0051234_23402715.jpg

ルイに「ドリーマーズ/2003」「愛の残像/2008」「美しい人/2008」「灼熱の肌/2011」「愛のあしあと/2011」のルイ・ガレル。
クローディアに「そして、デブノーの森へ/2004」「シャネル&ストラヴィンスキー/2009」「ゲンズブールと女たち/2010」のアナ・ムグラリス。
クロチルドにレベッカ・コンヴナン。
シャルロットにオルガ・ミルシュタイン。
エステールにエステール・ガレル。
監督、脚本は「愛の残像/2008」「灼熱の肌/2011」のフィリップ・ガレル。

ルイは妻子持ちの舞台俳優。ある日、妻のクロチルドに”もう君とは暮らせない。”と宣言し恋人クローディアのもとへ去って行く。恋をし結ばれ子供をもうけるが夫婦生活は破綻する。子供と別れたくないが伴侶との生活は暗礁に乗り上げている。そして出て行った父親が恋しい幼い娘は彼の帰りを待ちわびるが戻って来るわけがない。やがて時折、父親とその恋人の三人で過ごすようになる。この辺りの子供の心理って複雑なのだろうな?こういうシチュエイションに遭遇したことがないので良くはわからないが、きっと三者三様に複雑な気持ちを抱えていると感じる。

ルイ、クローディア、シャルロットの三人で食事をしている時、娘のシャルロットが父親ルイに“誰を一番愛しているの?”と質問する。それに答えたのはルイの恋人クローディア。彼女は”もちろん、あなたが一番よ!”と答える。父親が大好きなシャルロットは幼いながらもいつも一緒にいられるクローディアにジェラシーを覚えていたに違いない。
やがて女優としての仕事が上手くいかなくなったクローディアはルイに不満をぶつける。きっとクローディアは舞台俳優として順調なルイにジェラシーを覚えていたに違いない。

「愛の残像」と同じく映画はモノクロ。時代も古い。監督の父親モーリス・ガレル30歳頃の物語だそう。
ルイの妹のエステールも出演している。では祖父のモーリス・ガレルも?と思ったが「灼熱の肌」でルイ演じるフレデリックの祖父役だった彼は2011年に亡くなっていた。

ルイ・ガレルは一作ごとにおじさん化していく。前作レビューのアウグスト・ディール同様美青年のイメージからどんどん外れていくのだ。でも彼も30歳過ぎたし、いつまでも美青年ってわけにはいかない。
元シャネルのミューズ、アナ・ムグラリスは相変わらずスゴいだみ声。

シアター・イメージフォーラムにて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-30 23:48 | フランス | Trackback | Comments(0)

「リスボンに誘われて」

「Night Train to Lisbon」2013 ドイツ/スイス/ポルトガル
a0051234_1130594.jpg


ライムント・グレゴリウスはスイスの高校で古典文献学を教える教師で、妻と離婚以来孤独な日々を送っている。そんなある日、学校へ向かう途中、橋から飛び降りようとしている女性を助ける。そして小雨降る中行くあてもない彼女を学校へ連れて行く。しかし彼女は突然教室から飛び出し、その後ライムントは残された本に挟まれていたリスボン行きの切符を発見し駅へと向かう...

ライムント・グレゴリウスに 「ヴェニスの商人/2004」 「華麗なる恋の舞台で/2004」「カサノバ/2005」「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」「ザ・ワーズ 盗まれた人生/2012」のジェレミー・アイアンズ。
エステファニアに「PARIS(パリ)/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」「オーケストラ/2009」「黄色い星の子供たち/2010」「人生はビギナーズ/2010」「複製された男/2013」のメラニー・ロラン。
アマデウ・デ・プラドに「アメリカン・ハッスル/2013」のジャック・ヒューストン。
マリアナに「善き人のためのソナタ/2006」「クララ・シューマンの愛/2008(クララ・シューマン 愛の協奏曲)」「バーダー・マインホフ 理想の果てに/2008」のマルティナ・ゲデック。
年老いたジョアンに「モネ・ゲーム/2012」のトム・コートネイ。
ジョルジェに「青い棘/2004」「ヒトラーの贋札/2007」「ブッデンブローク家の人々/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」「詩人、愛の告白/2012」のアウグスト・ディール。
アドリアーナに「家の鍵/2004」「エンジェル/2007」「彼が二度愛したS/2008」「ある公爵夫人の生涯/2008」「わたしを離さないで/2010」「メランコリア/2011」「17歳/2013」のシャーロット・ランプリング。
年老いたジョルジェに「愛を読むひと/2008」「バーダー・マインホフ 理想の果てに」「アンノウン/2011」「悪の法則/2013」のブルーノ・ガンツ。
年老いたエステファニアに「カサノバ」「愛を読むひと/2008」「リメンバー・ミー/2010」「ヒプノティスト-催眠-/2012」のレナ・オリン。
バルトロメウ神父に「吸血鬼ドラキュラ/1958」「ダーク・シャドウ/2012」のクリストファー・リー。
若いジョアンにマルコ・ダルメイダ。
若いアドリアーナにベアトリス・バタルダ。
監督は 「レ・ミゼラブル/1998」「マンデラの名もなき看守/2007」のビレ・アウグスト。
原作はパスカル・メルシエの「リスボンへの夜行列車」。

映画を観終わってまず本作の原作小説を読みたいと思った。小説は世界的ベストセラーということを知ってますます読みたくなる。
授業を放り出し列車に乗るなんて常識じゃ考えられない。そしてエンディングも小説にありそうな展開で素敵だった。
授業を放り出すのもスゴいが、いきなりリスボン行きの列車に乗ってしまうなんて…やがて本の作者を探してリスボンの街をさまようことになる。
上にも書いたように本に導かれてやってきたリスボンで素敵な出会あいが待っているところなどライムントのラヴ・ストーリーでもあるのかな?ドラマの軸はポルトガル独裁政権下の物語で、エステファニアとアマデウの短くも激しい恋が描かれている。

舞台はスイスとポルトガル。主演はUK俳優のジェレミー・アイアンズ。ポルトガルでの出演陣はドイツ、UK、フランスととてもInternational。独裁政権下のポルトガルと現在のポルトガルを交差させながらドラマは進んで行く。ポルトガルの独裁政権なんて全く知らないながらドラマには惹き付けられる。
ジェレミー・アイアンズ映画を初めて観たのはメリル・ストリープ主演の「フランス軍中尉の女/1981」。その後「戦慄の絆/1988」「運命の逆転/1990」や「ダメージ/1992」などなどいずれもドラマティックな作品の彼は素晴らしい俳優だと思った。TVシリーズ「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」のロドリーゴ・ボルジア役もハマっている。

「青い棘」で美青年だったアウグスト・ディールは作品ごとにおじさん化してしまってもはや過去の面影はないのが実に残念。シャーロット・ランプリングは相変わらずの貫禄で、クリストファー・リーの健在ぶりに驚き。

退屈な日々から逃れるように列車に乗り、自分を取り戻す旅に出たライムント。路面電車が走るリスボンの街が美しくて...ライムントがリスボンに惹かれたのもスゴく分る。彼は眼科医のマリアナにも出会えたし...。

Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-27 00:03 | ドイツ | Trackback(5) | Comments(0)

「ウイークエンドはパリで」

「Le Week-End」…aka「A Weekend in Paris」2012 UK/フランス
a0051234_19254483.jpg
a0051234_19253672.jpg
a0051234_19252611.jpg
a0051234_19251617.jpg
a0051234_1925686.jpg
a0051234_19245872.jpg
a0051234_19232159.jpg

英国に住むニックとイヴはハネムーンで訪れたパリへと結婚30周年記念旅行に出かける。しかしたどり着いたモンマルトルのホテルはエレベーターもない狭い屋根裏部屋。案の定イヴは不満たらたらホテルを飛び出し、タクシーを捕まえ高級ホテルに乗り込む...

ニックに「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/2011」のジム・ブロードベント。
メグに「理想の結婚/1999」「トスカーナの休日/2003」のリンゼイ・ダンカン。
モーガンに「ジュラシック・パーク/1993」「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」のジェフ・ゴールドブラム。
モーガンの息子マイケルに「ガリバー旅行記/2010」のオリー・アレクサンデル。
モーガンの妻イヴにジュディス・デイヴィス。
監督は「ノッティングヒルの恋人/1999」「Jの悲劇/2004」「私が愛した大統領/2012」のロジャー・ミッシェル。

シアターで予告は何度も観たが、決してロマンティックなドラマではないと想像していた。で、かなりのシニカルな展開でわたし好みで見応えがあった。まぁ熟年夫婦のただのパリ旅行じゃつまらないし..大好きなパリの景色がスクリーンで見れて最高!またまたパリに行きたくなる。
エトワール、エッフェル、モンマルトルのサクレクール寺院、そしてサルトルの墓を探しにモンマルトル墓地でまで撮影されている。彼らが滞在したホテルは英国の元首相トニー・ブレアも泊まったという超高級ホテル、プラザ・アテネ。そのベランダからエッフェルが見える。おまけでニックの友人モーガンはパリの中心地リヴォリ通りの高級アパルトマンに住んでいるという設定。

はずみで泊まったプラザ・アテネの請求書に愕然とし支払えないことが判明する。そういえばディナーを楽しんだ高級レストランでも支払いをしてなかったはず…逃げていたような..。
温和で頼り無さげな夫と強くてエネルギッシュな妻の組み合わせがスゴく良い。
地味ながらも味のある性格俳優ジム・ブロードベントと「トスカーナの休日」で印象深かったリンゼイ・ダンカンのカップルが絶妙だ。

モーガンはかつてケンブリッジ大学でニックの下級生だった。当時ニックはモーガンのことをバカにしていたが、今や大学をクビになったニックと、作家として成功し、パリの高級アパルトマンに若くて美しい妻と暮らすモーガンが対照的。ラストは結局モーガンに救いを求めざるを得ない状況と化したニックの姿が実にシニカルで面白い。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-16 23:29 | UK | Trackback | Comments(0)

「バツイチは恋のはじまり」

「Un plan parfait」…aka「A Perfect Plan」2012 フランス
a0051234_21234166.jpg

a0051234_21244863.jpg
a0051234_21245726.jpg
a0051234_21254867.jpg
a0051234_2125371.jpg
a0051234_21252852.jpg
a0051234_21251386.jpg
a0051234_2125516.jpg

“一度目の結婚は必ず失敗する”というジンクスを抱える一家の女性イザベルは長年の恋人ピーエルとの結婚に躊躇している。しかし二人とも決して若くはないし、子供も欲しいし…でもピエールの母親は、“結婚しないで子供をつくるなんてあり得ない!”という信条の持ち主。そしてイザベルは行動を起こすことに...ピエールと結婚する前に一度結婚しなきゃならないイザベルは偽装結婚のため北欧へ向かう。しかしアレンジ・マレッジの相手は現れずイザベルは意気消沈するばかり。そんな折、空港で偶然出会った能天気な雑誌記者ジャン・イヴに目を付ける...

イザベルに「マリー・アントワネットに別れをつげて/2012」のダイアン・クルーガー。
ジャン・イヴに「戦場のアリア/2005」「ぼくの大切なともだち/2006」「ミックマック/2009」のダニー・ブーン。
イザベルの恋人ピエールに「サルトルとボーヴォワール 哲学と愛/2006」のロベール・プラニョル。
イザベルの妹コリンヌにアリス・ポル。
コリンヌの夫パトリックにジョナタン・コエン。
イザベルの母親ソランジュにベルナデット・ル・サシェ。
監督は「ハートブレイカー/2010」のパスカル・ショメイユ。

歯科医でイケメンのピエールに見切りをつけ、ダサい男ジャン・ルイと結婚することに決めたイザベルの心境。それはイザベルが自由に生きたいと思ったから。ピエールはイザベルに余計な一言を発するが、ジャン・ルイは彼女が何を言おうが、何をしようが全く気にしない。このような男はそうそういないものだ。基本的に支配欲のある男はパートナーに色々と指摘するのが好きだと思う。イザベルの気持ち100%わかる気がする。結婚して長年暮す相手には支配などされたくない。

ジャン・ルイを演じるダニー・ブーンが適役だ。彼を初めて観たのは「戦場のアリア」だがそれは群像劇なので彼の記憶は薄い。しかしダニエル・オートゥイユ共演の「ぼくの大切なともだち」でのとてもひょうきんなタクシー・ドライバー、フランソワ役は素晴らしかった。

ダイアン・クルーガーは顔が整い過ぎてシリアスなドラマだとなぜか?つまらない。でもコメディだと俄然精彩を放つ。「イングロリアス・バスターズ/2009」の彼女もナイスだった。
美女ダイアン・クルーガーと冴えない男の代名詞のようなダニー・ブーンのカップル。ドラマの中でも語られるように正に“美女と野獣”。
ケニア、ナイロビとロシア、モスクワのシーンも見応えありで、たまにこういったフランス版スラップスティック・コメディも良いものだ。テーマはかなりくだらないけど…。
しかしながら相変わらずヒドい邦題。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-14 00:44 | フランス | Trackback(4) | Comments(0)

「イヴ・サンローラン」

「Yves Saint Laurent」2014 フランス
a0051234_2345277.jpg

“長きにわたってモード界に君臨した20世紀を代表する天才デザイナー、イヴ・サンローランの人生を描いた伝記ドラマ。”
a0051234_2347362.jpg
a0051234_2348339.jpg

a0051234_23472737.jpg
a0051234_23471854.jpg
a0051234_2347946.jpg
a0051234_2347253.jpg
a0051234_23465482.jpg

イヴ・サンローランに「キリマンジャロの雪/2011」のピエール・ニネ。
ピエール・ベルジェに「ナルコ/2004」「マリー・アントワネット/2006」「モンテーニュ通りのカフェ/2006」「サガン-悲しみよこんにちは-/2008」のギヨーム・ガリエンヌ。
ヴィクトワールに「恋のベビーカー大作戦/2012」「ムード・インディゴ うたかたの日々/2013」のシャルロット・ルボン。
ルルに「ゼロ時間の謎/2007」「愛の残像/2008」のローラ・スメット。
ベティに「ブッシュ・ド・ノエル/1999」のマリー・ドゥ・ヴィルパン。
カール・ラガーフェルドに「クリムト/2006」のニコライ・キンスキー。
監督、脚本は「パリ、ただよう花/2011」の俳優ジャリル・レスペール。

本作はピエールがイヴを回想するところから始まる。 
ドキュメンー「イヴ・サンローラン/2010」を見ていたのでピエール・ベルジェの存在は知っていた…でも本作を観て二人の絆(愛)の深さに驚かされた。そしてサンローランは筋金入りのホモだったということも…。

60年代、イヴは日々のストレスから逃れるように酒とドラッグに溺れていく。ピエールはそんな彼を叱責するがひたすら愛し守り抜く。観ていてピエールのイヴに対する愛情の深さがひしひしと伝わってくる。1936年生まれのイヴに対してピエールは1930年生まれで6歳年上。しかし二人の関係は父親と息子のようにも映る。

アルジェリア生まれのイヴ・サンローランがモロッコ、マラケシュに別荘を構えたのも頷ける。本作にも登場するがドキュメンタリー「イヴ・サンローラン」で見たマラケシュの家が素晴らしく美しい。美しいものの価値を知っているイヴならではのコレクションも息をのむほど素晴らしい。それらはイヴ亡き後ピエールの手によってオークションにかけられた。
しかしながら、美しいものを作り出す人って繊細な神経の持ち主なのだと痛感する。アルジェリア独立戦争で徴兵されたイヴが強度のストレスに苛まれ精神に異常をきたしたのもなんかわかるな。

イヴとピエールが住むアパルトマンがこれまたゴージャス。ベランダからすぐ近くにエトワールが見える超高級アパルトマンが並ぶ界隈に住んでいた様子。そういや「17歳/2013」でも同じロケーションが登場していた。
映画の中でファッション・モデルが纏うサンローランのコスチュームが美しくてため息がでる。
そしてイヴ・サンローランを演じたピエール・ニネがトレ、トレ・ビアンだ。

本作が公開されると知った時てっきりギャスパー・ウリエル版「Yves Saint Laurent/2014」と思っていたら違った。で、60,70年代中心にイヴ・サンローランを描いたギャスパー・ウリエル版は公開されるのかな?是非見てみたい。
a0051234_23494754.jpg

角川シネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2014-10-12 23:59 | フランス | Trackback(3) | Comments(2)

「ローマの教室で~我らの佳き日々~ 」

「Il rosso e il blu」…aka「The Red and the Blue」2012 イタリア
a0051234_2145668.jpg

ある日、ローマの公立高校に国語の補助教員が採用される。やってきた若いジョヴァンニはやる気満々の熱血漢。しかし校長のジュリアーナは“教師は学校内の教育だけすればいい”という考えの持ち主で、おまけに“生徒はみんな頭が空っぽ”と嘆く老美術史教師のフィオリートがいた...

ジュリアーナに「はじまりは五つ星ホテルから/2013」のマルゲリータ・ブイ。
ジョヴァンニに「輝ける青春/2003」「西のエデン/2008」「あしたのパスタはアルデンテ/2011」「昼下がり、ローマの恋/2011」「ローマでアモーレ/2012」「南部のささやかな商売/2013」のリッカルド・スカマルチョ。
フィオリートに「七つの慈しみ/2011」「グレート・ビューティー/追憶のローマ/2013」のロベルト・ヘルリッカ。
アンジェラにシルヴィア・ダミーコ。
エンリコにダヴィデ・ジョルダーノ。
エレナ・トガーニにルチア・マシーノ。
アダムにヨヌッツ・ポウン。
監督、脚本は「もうひとつの世界/1998」「映画のようには愛せない/2004」のジュゼッペ・ピッチョーニ。

原タイトルは“赤鉛筆、青鉛筆”。
赴任早々意欲満々で授業に臨んだジョヴァンニも、集中しない多くの生徒に振り回され、素行不良で、授業放棄のアンジェラに手を焼く。
老教師フィオリートはあろうことか教室でタバコをくゆらせ授業は適当にすましている。一人暮らしの彼は未来もなく自殺しようか...なんて考える日々。
そんな中、ジュリアーナは体育館で寝袋にくるまる男子生徒エンリコを発見し、咳が止まらない彼を病院へ連れて行く。

ジョヴァンニはジュリアーナとは全く違う考えの持ち主。手を焼きつつもアンジェラが気がかりでならない。アンジェラの授業放棄は父親の失業と母親の死と知り、人情に厚いジョヴァンニはますますアンジェラが気になる。
一方で、ジュリアーナは母親に捨てられたエンリコの面倒とみるハメに陥り、病院へ入院させ見舞いに訪れる。“教師は学校内の教育だけすればいい”が信条ながらどうしようもないのだ。

イタリア映画祭2013で上映された時観たかったのだが都合が付かなくて断念。岩波ホールで公開され観ることができた。
クラス一の優等生であるルーマニアからの移民少年アダムや、臨床検査室に勤めるフィオリートの教え子エレナなども交えたヒューマン・ドラマは中々素敵だった。

神保町 岩波ホールにて(10/10迄上映)
[PR]
by margot2005 | 2014-10-06 21:13 | イタリア | Trackback(1) | Comments(0)