<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「グレート デイズ! -夢に挑んだ父と子- 」

「De toutes nos forces」…aka 「The Finishers」2013 フランス/ベルギー
a0051234_035710.jpg

a0051234_062384.jpg
a0051234_0699.jpg
a0051234_05595.jpg
a0051234_054415.jpg

17歳のジュリアンは幼い頃より車椅子生活を送る日々。ある日、彼の父親ポールが久しぶりに家に戻ってくる。失業したポールは妻クレールの非難を浴び逃げるばかり。やがて地元の消防団で働き始めるが、妻との間はぎくしゃくしたまま。そんなある時、ジュリアンが家出する…

ポールに「マドモアゼル/2001」「美しき運命の傷痕/2005」「刑事ベラミー/2009」のジャック・ガンブラン。
クレールに「Ricky リッキー/2009」「プレイヤー/2012」のアレクサンドラ・ラミー。
ジュリアンにファビアン・エロー。
ジュリアンの姉ソフィーにソフィー・ドゥ・フュアスト。
監督、原案、脚本は「エトワール/2000」「オーロラ/206」のニルス・タヴェルニエ。

障害者が主人公の映画で躊躇したが、父親役がフランス人お気に入り俳優の一人ジャック・ガンブランということで観にいった。しかしながら、これが素晴らしいドラマで、ラストはしばし感動に包まれる。フランス映画祭2014のオープニング作品。

ジュリアン役が実際障害を持った青年であるためとてもリアルなのだが、彼が実に明るくて、父親ポールの方が暗い雰囲気。ポールは障害を持った息子と上手くつきあえず、生まれて以来彼の面倒は妻クレールに任せてきたのだ。しかしジュリアンの家出をきっかけに息子と向き合おうとする。

ガレージから古い新聞を見つけ若き日の父親がトライアスロンに出場していたことを知ったジュリアン。
ポールに記事を見せ、“出場したい!”と詰め寄るがポールは聞く耳を持たない。しかしジュリアンの熱意にポールは譲歩することになる。
そして始まる過酷な練習…これが想像を絶する過酷なレース参加への始まりだった。障害者のパラトライアスロンはあるが、障害者を伴ってトライアスロン(アイアンマン)に挑むなんて正気の沙汰じゃない。
ドラマはあくまでもフィクション。しかしながら中年のお父さんがあのような快挙を成し遂げられるのか?と少々疑問が残るがジャック・ガンブランの頑張りに許してしまう。

“我々の強さの全て”という原タイトルがすべてを語っている。ポールは、水泳、バイクと挑んだ後、最後のマラソンで“すまない、もう走れない。”と道路に崩れ落ちるのだ。しかしジュリアンは一人車椅子をこぎ始まる。それを見たポールは立ち上がり、再び走り始める。あのシーンにはとても、とても感動する。そしてラストはもぅ泣けそうだった。

舞台となるローヌ・アルプの景色が素晴らしく美しくてドラマを盛り上げる。
ジュリアン役のファビアン・エローはもちろんのこと、両親を演じるジャック・ガンブラン&アレクサンドラ・ラミーが最高の配役。

ジャック・ガンブランはサンドリーヌ・ボネール主演の「マドモアゼル/2001」で初めてお目にかかった。最近wowowでガンブラン映画の上映があり3本見ることができた。「最初の人間/2011」「ブラインドマン その調律は暗殺の調べ/2012」「パリ、カウントダウン/2013」。
「最初の人間」はアルベール・カミュ原作の硬派な映画。他のニ作は刑事とパリのバー経営者といったところ。本作のような役柄のジャック・ガンブランはトレ・ビアン!だ。

シネ・リーブル池袋にて(既に上映終了/現在、シネマート六本木(土、日のみ)、丸の内TOEIにてそれぞれ上映中)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-28 00:17 | フランス | Trackback(4) | Comments(2)

「グレート・ビューティー/追憶のローマ」

「La grande bellezza」…aka「The Great Beauty」2013 イタリア/フランス
a0051234_11324562.jpg


a0051234_11343695.jpg
ローマの社交界に君臨するジャーナリスト、ジェップは今年65歳を迎える。遥か昔40年前に高い評価を得た小説を書いて以来、今だ一冊も書けていない。作家として書くものが見いだせないのだ。目の前に堂々とコロッセオがそびえる超高級アパートのベランダでリッチな仲間たちと夜を過ごし、夜明けには一人ローマの街を散策する。そんなある日、若い頃に愛したエリーザの夫が訪ねて来る…。

ジェップに「湖のほとりで/2007」「イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-/2008」「それは息子だった/2012」「自由に乾杯!/2013」のトニ・セルヴィッロ。
ロマーノに「イタリア的、恋愛マニュアル/2005」「昼下がり、ローマの恋/2011」のカルロ・ヴェルドーネ。
ラモーナにサブリナ・フェリッリ。
枢機卿に「七つの慈しみ/2011」のロベルト・ヘルリッカ。
監督、脚本は「イル・ディーヴォ -魔王と呼ばれた男-/2008」のパオロ・ソレンティーノ。

エリーザの夫がジェップを訪ねて来たのは彼女が亡くなったから…エリーザが亡くなり鍵のかかった日記を見つけた夫はそれをこじ開け読んでしまう。日記にはジェップへの想いが切々と綴られていたのだ。
ジェップの友人で売れない劇作家のロマーノはローマに失望し故郷へと帰る。旧友の娘でヌード・ダンサーのラモーナに惹かれるが、やがて彼女は病で亡くなる。
日々、華やかな生活を謳歌しながらも心に空しさが募るジェップはある時、彼の小説に感銘を受けたという104歳の修道女にインタビューする機会を得る。“なぜ小説を書かないのか?”と問いつめられたことをきっかけに、座礁した豪華客船の取材でエリーザとの思い出の地を訪ねる。そしてジェップは書くことへの希望を見いだすのだ。

ストリップ、クラブのヌード・ダンサーやアーティストにマフィア、そして貴族や修道女まで登場するローマの街は興味深い。隣に住む紳士がマフィアだったというのもイタリア的??

闇に浮かぶナヴォーナ広場や、人の全くいない夜のカピトリーニ美術館まで登場する。主演のトニ・セルヴィッロのポスターに映る彫刻…何処かで!見た!と思っていたら2年前に訪れたローマのカピトリーニ美術館の大彫刻(下、デジカメで撮った写真)だった。ポスターは合成写真。

トニ・セルヴィッロは65歳の初老の男を演じているが、実際は10歳も若い。「湖のほとりで」で初めてお目にかかったセルヴィッロは現在のイタリアを代表する俳優なのだろう。温厚な刑事から狂気の首相まで幅広い役柄がどれもこれも適役で素晴らしい。今年のイタリア映画祭で観た「自由に乾杯!」の双子の兄弟役は最高だった。シアターで見損ない、最近wowowで見た「眠れる美女/2012」の彼も素晴らしかった。

映画はタイトル道りゴージャスに美しい!耽美の世界を堪能できる。そして当たり前ながらローマってキリスト教国なのだとしみじみ感じる。

「隣の女/1982」「恍惚/2003」「パリ、ジュテーム/2006」のフランス人女優ファニー・アルダンが本人役でワンシーンに出演している。
a0051234_11332268.jpg

Bunkamura ル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2014-09-24 00:18 | イタリア | Trackback(4) | Comments(0)

「ローマ環状線、めぐりゆく人生たち」

「Sacro GRA」 2013 イタリア/フランス
a0051234_23142073.jpg

監督、撮影にジャンフランコ・ロージ。

全長約70キロ、イタリア最長の環状高速道路GRAはローマを土星の輪のように取り囲んでいる。
その周辺に住む人々...
ヤシの幹の中の音を聞き害虫から守る研究をする植物学者。
上空を飛行機が飛び交う高層アパートに住む父親と大学生の娘がとりとめもない会話を交わす。
お城のような大邸宅に住み、それを映画撮影やセレモニー、B&Bに貸し出している自称没落貴族。
環状線の救急隊員は年老いた母親を気使う心優しい男性。
テヴェレ川でうなぎ漁をする老漁師は後継者がいないことを嘆いている。
両性具有の車上生活者は子守唄を口ずさむ。
そして道路沿いの屋台には女装のゲイ、大道芸人、外国人売春婦など様々な人々が集まってくる。

主人公たちはローマ環状線周辺に暮す市井の人々。主に6組の家族が織りなす日常生活。世界的観光地ローマが舞台ながら、映画には観光客が訪れるスポットは全く映しだされない。淡々と進むドラマの中に、自称没落貴族と植物学者を除きイタリアの底辺に住む人々のほのぼのとした生活を覗き見た気分になる。

没落貴族がきんきらきんの部屋で風呂に入り葉巻をくゆらす姿や、部屋の壁中に偽物の著名な絵画…フィレンツェ、パラティーナ美術館にあるラファエロの”聖母子像”の模造画があって笑える。
ヘッドフォンで樹から発する音を分析する植物学者のエピソードも面白かったし、高層アパートに住む親子の会話がナイス。母親を気遣い、深い愛を注ぐ救急隊員のおじさんの姿にはジーンとくる。

初日(8/16)に観に行ったところ満員で断られた。土曜日でお盆ってこともあるし…以前から都内のシアターはお盆には人が入る。帰省する人を除いて仕事が休みの人が多いせいだろう。上映はヒューマントラストの小さい方のシアター。で、気を取り直して9月に入ってから観に行ったところかなり空いていたな(平日最終回)。
イタリア映画祭2014で上映され少々気になっていたドキュメンタリー映画。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて(現在レイトショーのみ上映中)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-22 23:26 | イタリア | Trackback(4) | Comments(0)

「サンシャイン/歌声が響く街」

「Sunshine on Leith」 2013 UK
a0051234_0253653.jpg
a0051234_0252470.jpg

スコットランド、リース。ロブとジーンは今年で結婚25年周年を迎える仲睦まじい夫婦。二人には息子と娘がおり、息子のデイヴィーが、娘リズのボーイフレンド、アリーと共に兵役を終えアフガニスタンから帰還する。やがて大勢の親戚や、知人を招いた銀婚式の祝いが盛大に行われるパーティの席でロブに隠し子がいることが発覚する…。

ロブに「BOY A/2007」「思秋期/2010」「戦火の馬/2011」「ビトレイヤー/2013」のピーター・ミュラン。
ジーンに「リトル・ヴォイス/1998」のジェーン・ホロックス。
デイヴィーに「ディファイアンス/2008」のジョージ・マッケイ。
イヴォンヌにアントニア・トーマス。
リズにフレイア・メイヴァー。
アリーにケヴィン・ガスリー。
ハリーに「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ/1999」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」タイタンの戦い/2010」「エージェント・ハミルトン ~祖国を愛した男~/2012」「ビトレイヤー/2013」のジェイソン・フレミング。

遠い昔のたった一度の過ちだったが、ロブの裏切りに怒り心頭のジーン。
看護師のリズはアリーに突然プロポーズされるがフロリダで新しい仕事にチャレンジするため彼のプロポーズを断ってしまう。
デイヴィーはリズの同僚のイヴォンヌと出会い恋に落ちるが、彼女をずっと愛せるか不安を募らす。
やがて心臓発作でロブが倒れてしまう。
そんなトラブルだらけの一家が幸せを取り戻して行く様子が歌と共に進行する。

スコットランドのリースを舞台に描くミュージカルで、英国のヒット・ミュージカルが元になっているそう。
シアターで本作の予告編は見ているはずだが、英国のいぶし銀俳優ピーター・ミュランが歌い出したところ非常に驚いてしまった。
ラスト、エディンバラのナショナル・ギャラリー前で歌って踊るシーンで、インド映画入ってる??なんてことはないのだが…あのシーンはミュージカル映画の迫力ありナイス。
そして俳優たちが抜群の歌唱力。ジーン役は「リトル・ヴォイス」のヒロインを演じたジェーン・ホロックス。彼女の歌唱力はやはりで、他の若者たちも皆上手いのだ。ピーター・ミュランも頑張っている。

映画を観てから相当なる日にちが経っているのでレビューを書くのはやめにしようかと思っていたが、9月に入ってからヒューマントラストに行ったところ、本作は今だ上映中であった。英国で大ヒットしたのは頷けるが、日本人が観てどうだろう?感動ってほどのものではなかったが、中々素敵なミュージカル映画だった。
テーマソング“I’m Gonna Be(500Miles)”は何処かで聞き覚えのある…と思っていたら「妹の恋人/1993」の主題歌。
ジーンの同僚役ハリーを演じるジェイソン・フレミングのこういった役柄は初めて見たけど意外や似合っている。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて(17:10~一回のみ上映中)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-16 00:39 | UK | Trackback(4) | Comments(0)

「めぐり逢わせのお弁当」

「Dabba」…aka「The Lunchbox」2013 インド/フランス/ドイツ/USA
a0051234_0183799.jpg

インド、ムンバイに住むイラは夫と娘の三人暮らし。最近、仕事一筋の夫はイラに無関心で、なんとか彼の気を惹こうと美味しいお弁当を作り始める。しかし夫宛てのお弁当は違った人に配達されていたことが判明する…。

サージャンに「その名にちなんで/2006」「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「ダージリン急行/2007」「スラムドッグ$ミリオネア/2008」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/2012」のイルファン・カーン。
イラにニムラト・カウル。
シャイクにナワーズッディーン・シッディーキー。
監督、脚本はリテーシュ・バトラ。

最近インド映画が目白押し。歌って踊るインド映画はあまり好きではないが、本作は「スタンリーのお弁当箱/2011」同様“歌と踊り”は一切排除。
テーマが同じ「スタンリーのお弁当箱」は学校に通う少年が主人公だったが、こちらは会社勤めの中年男性と子供を持つ主婦のヒューマン・ドラマ。

妻を亡くしたサージャンと、夫に相手にされないイラ。間違って届けられたお弁当によって心を通わせていく二人。互いに何処の誰かも解らない状態で手紙の交換が始まる。
まぁ当然そうなるだろうなと想像通り二人は逢う約束を取り付ける。夫の愛が冷めたと感じるイラは次第にサージャンを求めるようになる。イラはサージャンのことを夫と同じような世代の男性だと信じていたに違いない。まさか中年男性だとは想像もしていなかったことだろう。逢う約束のレストランで密かにイラを見つけたサージャンも自身の歳を思い知ることになる。
淡い恋心が芽生えそうな成り行きがとても素敵なドラマで大満足だった。

お弁当の誤配は”600万分の1”というのがスーパー級に驚きだ。列車と自転車によってそれぞれのオフィスに運ばれるお弁当。一つや二つ間違っても不思議ではない気がするが…弁当配達人はプロフェッショナルなのだなぁと感心しきりだった。

インドのお弁当って本当に美味しそうで、見終わるとインド・カレーのお店に直行したくなる。イラが狭いキッチンで、ガス・コンロで直火でナンを焼く様子を見て、そうか直火なんだと納得。過去にオーブンでナンを焼いたことがあるがあまり美味しくなかった記憶がよみがえる。
イラと彼女のおば(決して姿は見せない)のやり取りが微笑ましい。上階に住むおばが食材をカゴに詰めイラのキッチンの窓辺につり下げるシーンは最高にナイス。

二人のやり取りがe-mail やLineじゃなくて手紙といったところが実にニクい。これがPCやスマートフォンじゃ興ざめしてしまうだろうな?
そしてシャイクの存在が良かったな。
a0051234_0201995.jpg

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-09-13 00:29 | アジア | Trackback(8) | Comments(4)

「複製された男」

「Enemy」2013 カナダ/スペイン
a0051234_095198.jpg
a0051234_094398.jpg
a0051234_093611.jpg

アダム/アンソニーに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」「マイ・ブラザー/2009」のジェイク・ギレンホール。
メアリーに「PARIS(パリ)/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」「オーケストラ/2009」「黄色い星の子供たち/2010」「人生はビギナーズ/2010」のメラニー・ロラン。
ヘレンに「ドリーム・ハウス/2011」「危険なメソッド/2011」のサラ・ガドン。
アダムの母キャロラインに「最高の人生をあなたと/2011」「チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~/2011」のイザベル・ロッセリーニ。
監督は「灼熱の魂/2010」「プリズナーズ/2013」のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
原作はジョゼ・サラマーゴの「複製された男」。

大学の歴史講師のアダムは、ある日同僚から勧められた映画をDVDで見ている時自分とそっくりの俳優を見つけ驚愕する。やがて映画の中に登場する俳優が気になり彼のことを執拗に調べ始め、アンソニーという名前と彼の住むアパートを見つけだす...。

この世には自分のそっくりさんが3人いるという説があるそう。でも現実に対面してしまったら??想像を絶する驚きかと...。

アダムとアンソニーがホテルで対面する。ヘレンはヘレンでアンソニーに内緒でアダムに会いに行く。そしてアンソニーはアダムのフリをして彼の恋人メアリーに接近し始める。それはヘレンと浮気をしていると疑い、信じるアンソニーがアダムに復讐するためである。やがてアンソニーとメアリーに悲劇が起こる。こういったシーンが二人単位で描かれる。他の人間は現れない。

ある日、アダムは自分とそっくりな人間を見つけたと母親キャロラインに話して聞かせる。“ぼくは双子だったのか?”“いいえ、あなたは私のたった一人の息子よ!”といった会話がなされ、キャロラインはアダムの話に全く動じない。
そういえばヘレンがアンソニー(この時はアダム)に“今日お母さんから電話があったわよ!”というシーンもあった。

アンソニーのアパートに乗り込みヘレンに誘われるままベッドに入るアダム…その時、ヘレンの誘いがとても自然で、ヘレンは妊娠中の妻を顧みない浮気者のアンソニーより、優しいアダムの“時”が好きなのだ。ヘレンがアダムに“今日学校はどうだった?”と尋ねる様はスゴく自然で全くもって本物の夫婦の雰囲気。

ヘレンが蜘蛛に変身したエンディングがあまりにも唐突だったので“???”だった。で、家に帰るなり公式HPを見てみた。そこには監督のコメントがあった。

以下ネタバレ…
やはり...“浮気をする既婚の男が、浮気相手から妊娠する妻の元へ戻る迄の物語..”とあった。

歴史講師のアダムと俳優のアンソニーは同一人物で、彼の妄想の世界だったわけ。
本作は主演のジェイク・ギレンホールがスゴく良かったが、ヘレン演じるサラ・ガドンも素晴らしかったと思う。
六本木ヒルズに行ってバカでかい蜘蛛のオブジェが見たくなった。

ジェイク・ギレンホールはどうも苦手な俳優で、彼の映画はあまり観ていない。「ブロークバック・マウンテン/2005」はシアターで観たはずだがレビューは書いていない。「ドニー・ダーコ/2001」は好き。

ドゥニ・ヴィルヌーヴの「灼熱の魂」のレビューは書いていないけど観ている。カナダに住む双子の姉弟が、亡くなった母親の遺言により、彼女の故郷レバノンに出向き、そこで父と兄の存在を知る、壮絶かつ重厚なドラマで大変に見応えのある素晴らしい作品だった。
ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールの「プリズナーズ」は少々興味があり、見ようかと思っていたが結局未見。wowowでの放映に期待したい。

メラニー・ロランは「PARIS(パリ)」のイメージからはすっかり大人の女性に変身し、少々おばさん入っているかとも思えるほど。ヨーロッパ人が歳とるの早すぎ。
イザベル・ロッセリーニは既におばあさんだもの。

TOHOシネマズ・シャンテにて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-05 00:28 | スペイン | Trackback(15) | Comments(0)

「人生はマラソンだ!」

「De Marathon」2012 オランダ
a0051234_23491222.jpg

a0051234_2351389.jpg

a0051234_2338670.jpg
a0051234_23375884.jpg

ギーアにステファン・デ・ワレ。
キースに「闇を生きる男/2011」のフランク・ラマース。
ニコにマルセル・ヘンセマ。
ユースにミムン・オアイッサ。
ユースのおじホセインに「ドゥーニャとデイジー/2008」のマフーブ・ベンムーサ。
脚本、出演(レオ)にマルティン・ヴァン・ワールデンベルフ。
監督はディーデリック・コーパル。

ロッテルダムに住むギーアは父親から引き継いだ自動車工場を営んでいる。ある日、ギーアが従業員たちにひた隠しにしていた税金滞納がバレ、工場経営がヤバいことが皆に知られてしまう。従業員はほぼ仲間状態のキース、ニコ、レオ、の三人とエジプト移民のユース。ユース以外の4人は、昼食時からビールを飲み、仕事をしているのか?遊んでいるのか?わからないほど能天気な日々。そんな彼らを目の当たりにしユースが立ち上がる...。

ユースは元ランナーで、マラソンで走っては広告料を稼いでいた話を皆に聞かせる。そしてユースはロッテルダム、マラソンに出場し、完走すれば工場を救えるというアイデアを思い付く。ギーアたちは早速スポンサー探しを始めるが、案の定ことごとく断られる始末。困ったユースは最後の手段で彼らをおじフセインの経営する自動車販売店へと案内する。最初は渋っていたフセインも、全員完走出来れば税金を肩代わりすると約束してくれる。

オランダ映画は「ようこそ、アムステルダム美術館へ/2008」以来。
シアターで予告を何度も観て少々気になっていた一作。“感動作!”とさかんに宣伝していたが、それほどの感動ではなかったかな?
マラソンのシーンはハートウォーミングではあったが…。

ギーアは、勉強が嫌いで、親の財布から金をくすねる息子と、認知症の母親を抱える末期ガン患者。
レオは売春宿で出会った女と同居し、男はもう買わない!と宣言した彼女が男と遊び回る姿に絶望し、彼女の子供を引き取る心優しい男。
ニコは同居していた女性に去られ意気消沈中だが、スポーツ・ショップで出会った若くてハンサムな青年に恋をしてしまう。
キースの妻は敬虔なるクリスチャンで、食事の度に祈りをささげ、日曜は労働をせず礼拝に行かねばならないと諭す。キースの息抜きは大好きな模型電車を走らせること。
そんなそれぞれのキャラは面白い。

シネスイッチ銀座にて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2014-09-01 23:54 | ヨーロッパ | Trackback(1) | Comments(0)