<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」

「The Devil's Violinist」2013 ドイツ、イタリア
a0051234_17412465.jpg

a0051234_17414565.jpg

a0051234_17413716.jpg

製作総指揮、音楽、出演(ニコロ・パガニーニ)にデヴィッド・ギャレット。
ウルバーニに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「小さな命が呼ぶとき/2010」のジャレッド・ハリス。
シャーロット・ワトソンに「レ・ミゼラブル/2012」「悪の法則/2013」のアンドレア・デック。
エセル・ランガムに「ドラゴン・タトゥーの女/2011」「もうひとりのシェイクスピア/2011」「レッド・ライト/2012」のジョエリー・リチャードソン。
ジョン・ワトソンに「恋のロンドン狂騒曲/2010」のクリスチャン・マッケイ。
エリザベス・ウェルスに「クリムト/2006」のヴェロニカ・フェレ。
バーガーシュ卿に「地獄に堕ちた勇者ども/1969」「ルードウィヒ/神々の黄昏/1972」のヘルムート・バーガー。
監督、脚本、撮影に「不滅の恋/ベートーヴェン/1994」「アンナ・カレーニナ/1997」のバーナード・ローズ。

1830年、イタリア。ニコロ・パガニーニは類いまれなる才能を持つヴァイオリニストだが、認められず不遇の日々を送っている。しかしある日、ウルバーニと名乗る男が彼の才能に目を付ける。“君を世紀のヴァイオリニストにしてみせる!”と宣言したウルバーニは強引に彼のマネージャーとなる。マネージャー、ウルバーニを得、ヨーロッパ中の観客を虜にするパガニーニ。やがて英国ロンドンでそんな噂を聞いた指揮者ジョン・ワトソンは私財を投げ売りパガニーニをロンドンに招くのだった…。

バーナード・ローズの、ベートーヴェン映画「不滅の恋/ベートーヴェン」はもちろん観ている。それは20年も前に観ているので殆ど記憶がない。しかし耳が聞こえなくなり、絶望したベートーヴェン役のゲイリー・オールドマンの狂気を帯びた演技が記憶に残る。
本作のパガニーニもスゴい!パガニーニについては殆ど知識がなく、今回、激しくて情熱的な異端の天才ヴァイオリニスト、パガニーニを知った次第。
クラシックに疎いのでパガニーニを演じるドイツ出身のヴァイオリニスト、デヴィッド・ギャレットのことももちろん知らなかった。
で、映画の中の演奏シーンはスゴい!迫力。何せパガニーニ演じるデヴィッド・ギャレット本人が演奏しているのだから…。

原タイトルは”悪魔のヴァイオリニスト”。悪魔に魂を売って得たというほどスゴい!パガニーニ。演じるデヴィッド・ギャレットの演奏に圧倒される。彼は英米でカリスマ的な人気を誇るヴァイオリニストだそう。そういや映画公開以前の6月に来日し、東京と大阪でクラシックとロックのクロスオーヴァーなライヴを行ったとは知らなかった。知っていれば是非聞きに行きたかったものだ。

ニコロ・パガニーニについては知識がないがピアニスト兼作曲家だったフランツ・リストについては少々知識がある。リストのピアノ演奏は女性を猛烈に魅了し演奏会場で失神する人がいたそう。その様を描いた絵画をTVで見たことがある。パガニーニもそうだったに違いない。彼のヴァイオリンに魅せられた女性たちが滞在先に殺到する様子も実に面白い。
”悪魔のバイオリニスト”ニコロ・パガニーニを非難する女性のデモ隊の存在も時代がなせる技か?男装の新聞記者エセル・ランガムは一人浮いていたけど…。

シャーロットとパガニーニのエピソードは事実なのだろうか?パガニーニは異常なくらい女好きで、あらゆる女性と関係を持ったあげく一人息子をもうけている。息子を心から愛するパガニーニの姿が素敵だ。

とにかく主演のデヴィッド・ギャレットの、途方もない離れ業演奏あっての最高の盛り上がりをみせる素晴らしいドラマを堪能した。
バーガーシュ卿役のヘルムート・バーガーが年月と共に変化し過ぎで(年老いて太ったゆえ若い頃とは全く別人)最初誰だか分らなかっかたがエンド・クレジットで彼の名前を知った。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-07-29 19:21 | ドイツ | Trackback(3) | Comments(2)

「エージェント・ハミルトン ~祖国を愛した男~」

「Hamilton: Dans l'intérêt de la nation」…aka「Hamilton: In the Interest of the Nation」2012 スウェーデン
a0051234_2043631.jpg

a0051234_2045658.jpg

a0051234_2044844.jpg

a0051234_205446.jpg

カール・ハミルトンに「未来を生きる君たちへ/2010」「ヒプノティスト-催眠-/2012」「エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~/2012」「ホビット 竜に奪われた王国/2013」のミカエル・パーシュブラント。
モウナに「エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~」サバ・ムバラク。
ロブ・ハートに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「タイタンの戦い/2010」「ビトレイヤー/2013」のジェイソン・フレミング。
ベンジャミン・リーにレイ・フィアロン。
カールの上司DGに「エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~」のレンナルト・ユールストレム。
スウェーデン首相サラ・ランドハグに「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス/1999」のペルニラ・アウグスト。
カールのボス、ステファン・ヴァーンマンに「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」「ミレニアム2 火と戯れる女/2009」のペーター・アンデション。
カールの恋人マリアにFanny Risberg。
監督はキャスリン・ウィンドフェルト。

スウェーデンのスパイ、カール・ハミルトンはテロリストと武器の売買をしているロシアのマフィア組織に潜入する。しかし謎のテロリストに狙撃され組織のメンバーは全て殺され、武器も奪われ逃走されてしまう。一人生き残ったハミルトンは彼らの陰謀の情報をつかみ祖国のために奔走する...

「エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~」の前に作られたスウェーデン製スパイアクション。
20年間スパイ活動をし、恋人マリアと新しい人生を歩もうと決断したカールがマリアの死によって再び祖国スウェーデンに忠誠を誓うドラマとなっている。
前作をシアターで観て、本作もとても観たいと思っていたところwowowで上映されやっと見ることができた。先々週以来北欧映画をまとめて上映してくれるwowowよ!ありがとう!

カール・ハミルトンを演じるミカエル・パーシュブラントがスパイ役なんて…と「エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~」のレビューにも書いたが、ソフトな彼が頭脳(もちろん身体も使う)で“悪者”と闘う姿が実にクール!「エージェント・ハミルトン ~ベイルート救出大作戦~」同様世界を飛び回るハミルトンに目が離せない。彼を助けるモウナの存在も素敵だ。
北欧舞台の映画はスクリーンに映る景色が素晴らしく美しい。スウェーデン舞台の本作も海に囲まれたストックホルムの街がとても綺麗だった。
[PR]
by margot2005 | 2014-07-24 20:47 | ヨーロッパ | Trackback | Comments(0)

「ノア 約束の舟」

「Noah」2014 USA
a0051234_2236396.jpg
a0051234_22363070.jpg

ノアに「ニューヨーク 冬物語/2014」のラッセル・クロウ。
ナーマに「リトル・チルドレン/2006」「ブラッド・ダイヤモンド/2006」「帰らない日々/2007」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク 冬物語/2014」のジェニファー・コネリー。
トバル・カインに「ディパーテッド/2006」「こわれゆく世界の中で/2006」「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国/2008」「ロンドン・ブルバード -LAST BODYGUARD-/2010」のレイ・ウインストン。
イラに「ハリー・ポッター、シリーズ」「マリリン 7日間の恋/2011」のエマ・ワトソン。
メトシェラに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「最終目的地/2009」「恋のロンドン狂騒曲/2010」「ヒッチコック/2012」のアンソニー・ホプキンス。
ハムに「幸せのセラピー/2007」「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/2011」のローガン・ラーマン。
セムにダグラス・ブース。
監督/脚本/製作は「ファウンテン 永遠に続く愛/2006」「レスラー/2008」「ブラック・スワン/2012」のダーレン・アロノフスキー。

最近、壮大なる景色が登場する映画のロケーションはアイスランドが多い。ハリウッド大作である本作もその一つ。
旧約聖書は読まなくともノアは知っている。映画はそれほど宗教っぽくない。ノアを守りつつカインと闘い、箱舟製作を手伝う堕天使は怪獣のようで近未来を感じ、ハリウッド大作の雰囲気全開。そしてノアが箱舟に乗せる大量の動物たち…CGで描かれた動物たちがスゴくリアルで驚く。
しかし何といってもノアが作った箱舟が圧巻!世界の崩壊を描く「2012/2009」に登場した舟を思い出した。あれは正に“ノアの箱舟”だったから。

神のお告げを聞き、ひたすら邁進する起こりっぽくて頑固な?ノア。演じるラッセル・クロウがナイス・キャスティング。
ノアは一人の男が自身の人生で何かをなし得た!中でも最高の部類に入る男なのかも知れない。家族に非難はされたが...。
ノアの妻ナーマ役のジェニファー・コネリーはラッセルとの共演が多いが相性が合うのだろうか?凛とした雰囲気が漂う美しい女優。
ノアの父親メトシェラを演じるアンソニー・ホプキンスも出番は少ないながらもいつもの貫禄。
ダーレン・アロノフスキーは独特の世界を作る監督。「π(パイ)/1997」「レクイエム・フォー・ドリーム/2000」「ファウンテン 永遠に続く愛」「ブラック・スワン」などはアロノフスキーWorldそのもの。で、本作も単なる宗教映画でもなく、ましてやディザスター映画でもないダーレン・アロノフスキー版“ノアの箱舟”は中々興味深い。

TOHOシネマズ日劇にて
[PR]
by margot2005 | 2014-07-15 22:49 | USA | Trackback(11) | Comments(0)

「ターニング・タイド 希望の海」

「En solitaire」…aka「Turning Tide」2013 フランス
a0051234_1910848.jpg

a0051234_1911915.jpg
a0051234_19105811.jpg
a0051234_19102768.jpg
a0051234_19101920.jpg

ヤンに「PARIS(パリ)/2008」「歌え!ジャニス・ジョプリンのように/2003」「最強のふたり/2011」のフランソワ・クリュゼ。
マノに「スリープレス・ナイト/2011」のサミ・セギール。
フランクに「よりよき人生/2011」のギョーム・カネ。
マリーにヴィルジニー・エフィラ。
ヤンの娘レアにダナ・プリジャン。
英国人のヨットウーマン、マグに「スウィッチ/2011」のカリーヌ・ヴァナッス。
監督、脚本は「君のいないサマーデイズ/2010(撮影)」のクリストフ・オーファンスタン。


“単独、無寄港、無援助”という条件の下行われる世界一周ヨットレース。友人フランクの妹マリーはヤンの恋人で、フランクが怪我で出場出来ないためヤンが初めてのレースに挑戦することになる。
南半球をおよそ100日かけて帆走するレースは非常に過酷。順調に進む中、ヨットが何かにぶつかり、壊れた部分を修理するためカナリア諸島沖に停泊する。その後ヤンはモーリタニア人少年マノがヨットに乗り込んでいることに気づく。レースは単独が絶対条件。マノの存在が発覚すれば失格になる可能性がある。マノに強烈な怒りを覚えながらも海に放り出すこともできず、困惑しながらも彼を隠し続け帆走を続行するのだった…

アドヴェンチャー映画ながらヒューマン・ドラマである。映画にスゴく期待していたが…期待どうりのものでもなく、マノは不法移民ではなく、心臓病の治療のためパリに行きたいと願ってる少年の設定。華やか過ぎるラスト・ランは少々オーバーなくらいで残念ながら感動を覚えることはなかった。
台詞もなく、ほぼストーリーもないロバート・レッドフォードの「オール・イズ・ロスト 最期の手紙/2013」の方が断然感動的だったな。
邦題に付く“希望の海”は何が?何処が?希望なのか?納得いかなくて許せない。

ヤンが英国人のヨットウーマン、マグを助ける様が描かれている。レースの条件は“無援助”ながらレスキューはOK。まぁ命に関わることだから無視はできない。
ヨットレースなど全くもって知らない世界。本作を観て21世紀のヨットレースには遥か彼方の海の上でも繋がる携帯とi Padが必需品だと知った。

観てしまった後は感動とはほど遠かったが、実は公開されたら是非観に行きたいと思っていた一作。しかし時間が合わずで、やっとレイトショーで公開されたと思ったら数日で上映終了。観に行ったラスト上映は完璧に満席(小さい方のシアター)。これだけ観に来る人がいるなら、もう少し公開延長すれば良いのにと思ったけど…。

新宿武蔵野館にて(既に上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2014-07-08 19:22 | フランス | Trackback(1) | Comments(2)