「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「あなたを抱きしめる日まで」

「Philomena」2013 UK/USA/フランス
a0051234_2174930.jpg

フィロミナに「007 スカイフォール/2012」のジュディ・デンチ。
製作、脚本、出演(マーティン・シックススミス)に「メイジーの瞳/2012」のスティーヴ・クーガン。
若き日のフィロミナにソフィ・ケネディ・クラーク。
フィロミナの娘ジェーンに「Jの悲劇/2004」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」のアンナ・マックスウェル・マーティン。
サリー・ミッチェルにミシェル・フェアリー。
シスター・ヒルデガードに「ナインスゲート/1999」のバーバラ・ジェフォード。
マイケルにショーン・マーホン。
ピートにピーター・ハーマン。
メアリーに「マイ・ブラザー/2009」「白雪姫と鏡の女王/2012」のメア・ウィニンガム。
監督は「ヘンダーソン夫人の贈り物/2005」「クィーン/2006」「わたしの可愛い人-シェリ/2009」のスティーヴン・フリアーズ。

英国に暮らすフィロミナは敬虔なクリスチャン。ある日、娘のジェーンに父親違いの息子がいることを告白する。50年前アイルランドに住んでいたフィロミナは10代で未婚の母となったことから家を追い出され修道院に追いやられる。やがて男の子が生まれアンソニーと名付ける。しかし彼が3歳になった時無理矢理養子に出されてしまうのだった…

母親フィロミナから異父兄弟が存在する事を知ったジェーンは、一目息子に会いたいと願う母親の気持ちを知り、偶然出会ったジャーナリストのマーティン・シックススミスに話を持ちかける。マーティンはかつては著名なる有能記者だったが、今では落ち目のただの記者。当初ジェーンの話に耳をかさなかった彼も、自らの再起をかけてフィロミナの息子探しを手伝うことに同意する。

フィロミナとマーティンのコンビが対照的で面白い。敬虔なクリスチャンでロマンス小説が大好きなフィロミナ。一方でマーティンは無神論者のインテリ。フィロミナにとても面白かったロマンス小説を読まないか?と本を差し出され戸惑うばかり。マーティンにとってはロマンス小説なぞ全くもってつまらない代物。しかしフィロミナの語りを我慢して聞くところなぞは英国紳士の優しさが垣間見える。
ラストでもフィロミナがマーティンにロマンス小説のストーリーを楽しく話していたのが微笑ましかった。

最近実話を映画化したドラマを観ることが多い。本作もその一作。
原タイトル“フィロミナ”が“あなたを抱きしめる日まで”になってしまった邦題。この邦題にはちょっと…観る前タイトルからフィロミナが息子を抱きしめることができるのか?と想像していた。ネタばれしたくないので書けないが…展開はどうなのよ??と思った…。まぁ絶賛するほどでもないが素敵なヒューマン・ドラマである。
ダラス・バイヤーズ・クラブに続く実話。オスカー授賞式に実際のフィロミナがジュディ・デンチの代わりというわけでもないが紹介されていたのを思い出す。

ドラマに登場するマイケル=アンソニーなのだが、マイケルとピートの関係や、メアリーの存在などはとても興味深いが詳しいことは映画を観てのお楽しみ。

取材の金を提供する編集長サリー・ミッチェルに尻をたたかれ、自身の再起をかけてフィロミナの息子探しに奔走するマーティンの心情変化が見ていて面白い。演じるスティーヴ・クーガンも好演している。

ジュディ・デンチの出演する映画はたくさん観ている。そろそろ80歳のジュディ・デンチはとてもチャーミング。007のM役が見れないのが寂しい。「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」の彼女はチャーミングなキャラクターで素敵だ。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-30 21:56 | UK | Trackback(13) | Comments(2)

「ダラス・バイヤーズ・クラブ」

「Dallas Buyers Club」 2013 USA
a0051234_1934265.jpg

1985年、テキサス州ダラス。女と酒が大好きなロンはロデオのカウボーイ。いつものようにロデオで賭けをし、負けと知るや金を払わず逃げを決め込む不埒な男。そんな放蕩三昧のロンが、ある日HIV感染者と診断され医者から余命30日と宣告される...
a0051234_1962380.jpg

a0051234_1954275.jpg
a0051234_1952599.jpg

ロ ン・ウッドルーフに「バーニー/みんなが愛した殺人者/2011」「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」「マジック・マイク/2012」のマシュー・マコノヒー。
レイヨンに「アレキサンダー/2005」「チャプター27/2007」「ミスター・ノーバディ/2009」のジャレッド・レト。
イヴに「JUNO/ジュノ/2007」「ミスター・アーサー/2011」のジェニファー・ガーナー。
ドクター、サバールに「マイティ・ハート/愛と絆/2007」「フィクサー/2007」「ミルク/2008」のデニス・オヘア。
ロンの友人で警察官タッカーに「ニュースの天才/2003」のスティーヴ・ザーン。
ドクター、ヴァースに「プラクティカル・マジック/1998」「恋と愛の測り方/2011」のグリフィン・ダン。
監督は「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」のジャン・マルク・ヴァレ。

余命30日と宣告された男が7年も生きたという実話をベースにしたヒューマン・ドラマ。
1985年、マッチョのハリウッド俳優ロック・ハドソンがゲイであることを公にした後AIDSで亡くなっている。本作でもそのことが語られる。しかしロンはゲイでなくスーパー級に女好き。ゲイでもない自分がHIV感染者であるはずがないと反論するが、HIVの陽性反応がそれを証明していた。
ロンは図書館で情報を収集し、同性愛者ではない自分がAIDSにかかっている事実を受け入れなければならないことを知る。その後生きるためAIDSについて自ら研究に、研究を重ねた彼はアメリカでの治療薬は未公認の物が多い事を知り、メキシコのドクター、ヴァースを訪ねる。
やがてHIV感染者と診断された病院で出会ったトランスジェンダーのエイズ患者レイヨンに協力を求め、世界中から密輸した薬を国内のAIDS患者にさばくため“ダラス・バイヤーズ・クラブ”を立ち上げる。

生きる!ということに執着し、あらゆる可能性を求め追求するロンがスゴい。日本を始めとして世界中から薬を密輸する。牧師に変装しメキシコとの国境を突破したり、パイロットに姿を変え世界を飛び回る。あのようなことは可能なのか?と疑わしくも思えるが、映画なので少々脚色してたりするのだろう。しかしながら多くのAIDS患者を救ったロンという男はスゴ過ぎる。非合法ではあったが...。
このような素晴らしい!作品ながらミニシアー系で公開中とは実に寂しい。

マコノヒーを初めて見たのは「評決のとき/1996」。その後ジョディ・フォスターの「コンタクト/1997」を皮切りにたくさんの映画に出演している。ラヴ・コメディのマコノヒーもgood、最近では「リンカーン弁護士/2011」と、上に書いた3作品が素晴らしかった。性格俳優まっしぐら!のマコノヒー…本作でオスカー主演男優賞は当然のことで映画に感動する。

「ミスター・ノーバディ」以来のジャレッド・レトは既に性格俳優。「チャプター27」ではジョン・レノンを暗殺したチャップマン役で体重を増量したが、こちらではかなりの減量で役者はスゴい!の一言。彼のオスカーも当然。マコノヒー&ジャレッド・レトの素晴らしい演技が炸裂する素晴らしいドラマを堪能した。

ヒューマントラストシネマズ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-24 20:55 | MINI THEATER | Trackback(13) | Comments(2)

「それでも夜は明ける」

「12 Years a Slave」2013 USA/UK
a0051234_18523067.jpg

ソロモン・ノーサップ/プラットに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「2012/2009」のキウェテル・イジョフォー。
エドウィン・エップスに「悪の法則/2013」のマイケル・ファスベンダー。
フォードに「つぐない/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「戦火の馬/2011」「裏切りのサーカス/2011」「僕が星になるまえに/2010」「ミスティック・アイズ/2011」のベネディクト・カンバーバッチ。
エップス夫人に「カーラの結婚宣言/1999」のサラ・ポールソン。
パッツィーにルピタ・ニョンゴ。
ジョン・ティビッツに「キング 罪の王/2005」「リトル・ミス・サンシャイン/2006」「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド/2007」のポール・ダノ。
フリーマンに「幻影師アイゼンハイム/2006」「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」のポール・ジアマッティ。
製作/バスに「ツリー・オブ・ライフ/2011」「ジャッキー・コーガン/2012」のブラッド・ピット。
監督/製作に「HUNGER/ハンガー/2008」「SHAME -シェイム-/2011」のスティーヴ・マックイーン。
a0051234_18531233.jpg
a0051234_185347.jpg
a0051234_18525460.jpg

妻子と共にニューヨークに暮らすサイモン・ノーサップは自由黒人。ある日、ヴァイオリン奏者であるサイモンは興行に参加した際、興行主に騙され拉致された後奴隷市場に売られてしまう。奴隷商人フリーマンに何度も何度も自分は自由黒人と訴えるが全く聞き入れてもらえない。そして大農園主フォードに買われていく。奴隷となりプラットと名づけられたサイモンは今迄経験もしなかった過酷な労働に堪えるのだった…

大農場主のフォードは、奴隷ながら有能であることに気付きサイモンを認めるようになる。しかし一方でサイモンは黒人を管理するジョン・ティビッツの辛辣な虐めに絶えられず反抗し始める。怒ったジョンはサイモンを追い込む。しかしフォードはサイモンを哀れみ別の大農園主エドウィン・エップスに売り渡すが、そこの主人に凄まじい虐めを受けることになる。
生き残るため、再び妻子に会うため過酷な労働に堪えるサイモンが辛過ぎる。

奴隷をテーマに描いた映画はスティーヴン・スピルバーグの「アミスタッド/1997」が一番印象深い。本作の主人公ソロモンを演じるキウェテル・イジョフォーは「アミスタッド」でスクリーン・デビューしたそう。今月観た「大統領の執事の涙/2013」も奴隷の姿が描かれた映画だった。

キウェテル・イジョフォーも素晴らしかったが、憎々しげな表情全開で奴隷を虐める白人の鬼主人エップス役のマイケル・ファスベンダーが素晴らしかった。オスカーを逃したのは残念だったが、先週観てきた「ダラス・バイヤーズ・クラブ」のジャレット・レトもオスカー当然の大熱演だったので致し方ない。
とにかく映画を観終わって印象に残るのは気の毒な奴隷役のキウェテルではなく、マイケルの方だった。

とてもジェントルマンなベネディクト・カンバーバッチを見たのは初めてかも知れない。お気に入り俳優に入れたい。もちろん大好きなUK人だし…。

オスカー作品賞受賞も納得の重厚で素晴らしい作品。wowowでオスカーの授賞式を見た時、プロデューサーのブラッド・ピットを始めとして壇上に上がった監督のスティーヴ・マックイーンが飛び上がって歓びを表現していたのを思い出す。監督賞に選ばれなかったのはマイケルの助演男優賞と同様にとても残念。

プロデューサーを勤めるブラッド・ピットの美味しい役柄は当然の成り行きかな?奴隷解放に手を貸すカナダ人大工役のブラッドは50歳になったというのに相変わらずゴージャス。あの長い脚は見惚れるばかり。
15年前にInternetを初め、その頃ブラッド映画は全盛期で夜な夜な“Brad Pitt”のwebsiteを見て回ったものだ。残念なことに本作では数シーンにしか登場しない。

パッツィー役のルピタ・ニョンゴはオスカーに値する素晴らしい演技だった。
a0051234_18544717.png
a0051234_18543411.png
a0051234_18542352.jpg
a0051234_18541377.jpg

日比谷スカラ座にて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-16 19:23 | USA | Trackback(19) | Comments(0)

「家族の灯り」

「O Gebo e a Sombra」…aka「Gebo et l'ombre」「Gebo and the Shadow」2012 ポルトガル/フランス
a0051234_21134712.jpg

ジェボに「そして、デブノーの森へ/2004」「ミュンヘン/2005」「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「神々と男たち/2010」「楽園からの旅人/2011」のミシェル・ロンズデール。
ドロテイアに「鞄を持った女/1961」「山猫/1963」「ブーベの恋人/1963」のクラウディア・カルディナーレ。
ソフィアにレオノール・シルヴェイラ。
ジョアンにリカルド・トレパ。
カンディアに「死刑台のエレベーター/1957」「黒衣の花嫁/1968」「ぼくを葬る/2005」「クロワッサンで朝食を/2012」のジャンヌ・モロー。
シャミーソにルイス・ミゲル・シントラ。
監督、脚本は「コロンブス 永遠の海/2007・ノン、あるいは支配の空しい栄光/1990」「ブロンド少女は過激に美しく/2009」のマノエル・ド・オリヴェイラ。
レオノール・シルヴェイラ/リカルド・トレパ/ルイス・ミゲル・シントラの三人はオリヴェイラ監督の常連俳優。
a0051234_21151196.jpg
a0051234_2115287.jpg
a0051234_2114496.jpg
a0051234_21143994.jpg
a0051234_21143026.jpg
a0051234_21142267.jpg
a0051234_21142944.jpg

老人ジェボは帳簿係として細々と生活している。その帳簿係も会社のお情けから続けられている有様。ジェボは妻ドロテイアと息子の妻ソフィアの三人暮らし。愛する息子ジョアンは8年前に疾走以来戻って来ない。しかしある夜ジョアンがいきなり帰ってくる。ジョアンの出現で穏やかな生活が乱れ始め3人は動揺し始める...

原タイトルは“ジェボと影”。邦題の“家族の灯り”はスーパー級に家族思いのジェボからきているのかも知れないが、かなり短絡的につけた模様。

マノエル・ド・オリヴェイラ映画を鑑賞したのは「クレーヴの奥方/1999」「夜顔/2006」以来6作目。
昨年の9月に渋谷で上映されたオムニバス作品の「ポルトガル、ここに誕生す ギマランイス歴史地区/2012」は見損なってしまった。wowowでの放送を期待したい。

主人公のミッシェル・ロンズデールは「楽園からの旅人」では神父を演じていた。本作では貧しいが、穏やかで心優しいジェボ役が似合っている。
懐かしのクラウディア・カルディナーレはwowowで放送されたジャン・デュジャルダン主演の「海の上のバルコニー/2010」で母親を演じていて、あまりにもおばあさんで驚いた。それというのもメイクが濃かったから余計に顔年齢が強調されていて…本作では濃いメイクではないのと、全編暗いシーン(ランプの時代)であるため、ジャンヌ・モロー同様顔年齢が強調されることはない。年を重ねた女優は照明を落とした映画に出演すべし!かも知れない。ジュンヌ・モローがキュートなのだ。
カルディナーレ映画は昨年11月に渋谷のル・シネマで公開されていた「ふたりのアトリエ 〜ある彫刻家とモデル/2012」を見逃してしまっている。

オリヴェイラ映画はどれもこれも舞台劇を見ているような雰囲気がある。本作はそれの最たるもので、クラシックなMusic(シベリウス)が流れる中、シーンはジェボの家のリヴィングルームが90%以上。ジェボとドロテイア、ジェボとソフィアの語らい。そしてジェボとドロテイアとソフィアの元へ隣人のカンディアやシャミーソが訪れ語らいが始まる。原作が戯曲であることを知り、道理でであった。
しかしながらあの唐突なるエンディングには驚き。

神保町 岩波ホールにて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-11 21:27 | ヨーロッパ | Trackback(3) | Comments(0)

「大統領の執事の涙」

「The Butler」2013 USA
a0051234_16532538.jpg

セシル・ゲインズに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「バンテージ・ポイント/2008」のフォレスト・ウィテカー。
グロリア・ゲインズに「プレシャス/2009」のオプラ・ウィンフリー。
ルイス・ゲインズに「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」のデヴィッド・オイェロウォ。
セシルの同僚カー ター・ウィルソンに「ザ・エージェント/1996」「アメリカン・ギャングスター/2007」のキューバ・グッディング・Jr。
同じくジェームズ・ホロウェイに「プレシャス/2009」のレニー・クラヴィッツ。
セシルの隣人ハワードに「ブレイブ・ワン/2007」「ハンティング・パーティ/2007」「奇跡のシンフォニー/2007」 「ザ・レッジ -12時の死刑台-/2011」のテレンス・ハワード。
ドワイト・アイゼンハワーに「NOEL ノエル/2004」「奇跡のシンフォニー/2007」のロビン・ウィリアムズ。
ジョン・F・ケネディに「魔法にかけられて/2007」「幸せになるための27のドレス/2008」「運命のボタン/2009」「素敵な相棒~フランクじいさんとロボットヘルパー~/2012」「2ガンズ/2013」のジェームズ・マースデン。
リンドン・B・ジョンソンに「コレラの時代の愛/2007」「ディファイアンス/2008」のリーヴ・シュレイバー。
リチャード・ニクソンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」「映画と恋とウディ・アレン/2011」「推理作家ポー 最期の5日間/2012」「ペーパーボーイ 真夏の引力」のジョン・キューザック。
ロナルド・レーガンに「モネ・ゲーム/2012」のアラン・リックマン。
ナンシー・レーガンに「みんなで一緒に暮らしたら/2011」のジェーン・フォンダ。
セシル少年の雇主アナベス・ウェストフォールに「上海の伯爵夫人/2005」「いつか眠りにつく前に/2007」「つぐない/2007」「ジュリエットからの手紙/2010」「ミラル/2010」「英雄の証明/2011」「もうひとりのシェイクスピア/2011」「アンコール!!/2012」のヴァネッサ・レッドグレーヴ。
セシル少年の母親ハッティ・パールに「プレシャス」のマライア・キャリー。
監督、製作は「プレシャス/2009」「ペーパーボーイ 真夏の引力/2012」のリー・ダニエルズ。
a0051234_16535956.jpg

セシルは両親と共に南部の農園で働く黒人少年。ある日、妻を守ろうと立ち向かった父親が白人に殺されてしまう。その後女主人に取り立てられハウス・ニガーに起用される。白人に対し強い怒りを覚えながらも生きるため彼らに仕え作法を学んで行く。やがて農園を飛び出したセシルは町で働き始める。そして幸運にも高級ホテルのボーイとなり、そこでの仕事ぶりを評価されホワイト・ハウスの執事へと登り詰める…

本作が本国で大ヒットしたというのは当然のこと。アメリカンにとって大統領はヒーローのようなものだから。
公民権運動、キング牧師とケネディの暗殺、そしてベトナム戦争など、激動のアメリカの歴史が実写で登場し、セシルが初のアフリカン・アメリカンの大統領となったバラク・オバマをホワイトハウスに訪ねるシーンでエンディングを迎える。

白人は黒人を殺しても罪に問われない。レストランやトイレは白人用、黒人用に分けられていた現実。クー・クラックス・クランがルイスたちを乗せたバスを襲うシーンの実写など、知ってはいたが過去の人種差別の醜さを再び目の当たりにしてツラくなる。

長男ルイスは大統領の執事という、白人にへつらう仕事に従事している父親が我慢ならない。ルイスは1950年代から60年代にかけて公民権運動に身を投じ何度も何度も警察沙汰を起こし父親の怒りをかう。しかし後にアメリカ合衆国の議員となり父親と和解する。一方で次男はベトナム戦争に志願し、多くの兵士と共に帰らぬ人となる。セシルの妻グロリアの愛憎や、同僚カーターとジェームズとの友情を絡めながら展開するストリーは中々興味深い。

キャストはとてもゴージャス。歴代の大統領を演じたそれぞれの俳優たち…レーガン役のアラン・リックマンが一番似ていたかな?ケネディ役のジェームズ・マースデンと、ニクソン演じるジョン・キューザックがそのままだったのは愛嬌か?
ナンシー・レーガン役のジェーン・フォンダがスゴい。アラン・リックマンより若く見えるのだから。
お気に入り俳優テレンス・ハワードのあのような惨めな役は初めて見て可笑しかった。

セシルを演じるフォレスト・ウィテカーはたくさんの映画に出演している。wowowで見た「フェイク シティ ある男のルール/2009」や「レポゼッション・メン/2010」「キリング・ショット/2011」なども彼の存在感はあまり感じられず、本作はオスカーをゲットした「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」以来のハマり役で素晴らしかった。

丸の内ピカデリーにて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-09 19:03 | USA | Trackback(13) | Comments(2)

「エヴァの告白」

「The Immigrant」2013 USA
a0051234_17403128.jpg

エヴァ・シブルスカに「君と歩く世界/2012」のマリオン・コティヤール。
ブルーノ・ワイスに「帰らない日々/2007」「アンダーカヴァー/2007」「ザ・マスター/2012」のホアキン・フェニックス。
マジシャン、オーランドに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・タウン/2010」「アメリカン・ハッスル/2013」のジェレミー・レナー。
マグダ・シブルスカにアンジェラ・サラフィアン。
監督、脚本、製作は「リトル・オデッサ/1994」「裏切り者/2000」「アンダーカヴァー/2007」のジェイムズ・グレイ。
a0051234_1740465.jpg

1921年、新天地を求め戦火のポーランドからアメリカにやって来た“移民”のエヴァ。しかしニューヨークに住む頼りの叔母は迎えに来ず、妹マグダは入国審査で結核と診断され、隔離されてしまう。エヴァは“英語が話せて働ける!”と訴えるが、あらぬ疑いをかけられ強制送還されそうになる。そんなエヴァの前にブルーノという男が現れ、エヴァの入国に手を差し伸べる...

シアターで予覚を何度も見て、暗そうな映画だなぁと想像していたがここまでとは…でも監督がジェイムズ・グレイなので了解した。そしてジェイムズ・グレイはホアキン・フェニックスがお好きらしい。エヴァを演じるマリオン・コティヤールも終始固い表情でドラマは相当暗い。

予告編を見てマリオン・コティヤールが印象的だったので、ホアキン・フェニックスもジェレミー・レナーも苦手ながら観に行ってしまった。ホアキンは精神不安定でキレる役柄がとても似合う。本作でもピンプ(ポン引き)役が実に似合っている。

映画のwebsiteに“マリオンの放つ美に圧倒されたグレイ監督が、彼女のために書き下ろした本作…”とある。確かにマリオンは美しい。ちょうどwowowで放映していた「ウエスト・サイド・ストリー」を見ていて、マリオン若い頃のナタリー・ウッドに似ている。

ニューヨーク、エリス島でロケされた背景が物悲しいドラマをいっそう盛り上げている。
原タイトルはズバリ“移民”。
邦題は教会で懺悔する“エヴァの告白”から付けられた模様。エヴァを追って教会へやって来たブルーノがエヴァの告白を聞いてしまう。生きるため売春に身を投じたエヴァが自らの過ちを神父に告白する。汚れた身体は元には戻らないが、神に助けを求めるエヴァに神父は“祈りなさい!罪は救われる!”と諭す。
ブルースもオーランドもエヴァを愛していたが、彼女を救うことは叶わなかった展開が観ていて腹立たしいが、観る前からハッピー・エンディングになることはあるまいと想像していたので、やはりその通りか...だった。

少々宗教色が濃いためノン・クリスチャンにとっては取っ付きにくいが、大ラスのエリス島、マグダとの再会が叶ったエヴァがボートでニュージャージーへと向かうシーンにわずかな希望を感じ、シンプルで暗いドラマに心打たれる。
絶賛されたというマリオン・コティヤールの演技はすばらしい。ホアキン・フェニックスも然り。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2014-03-02 21:55 | MINI THEATER | Trackback(6) | Comments(0)