<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「幸せパズル」

「Rompecabezas」…aka「The Puzzle」 2010 アルゼンチン/フランス
a0051234_002019.jpg

マリアにマリア・オネット。
マリアの夫ファンにガブリエル・ゴイティ。
ロベルトにアルトゥーロ・ゴッツ。
監督、製作、脚本にナタリア・スミルノフ。
a0051234_23595461.jpg

アルゼンチン、ブエノスアイレスに住むマリアは50歳を迎える専業主婦。まじめな夫ファンと、独立間近の2人の息子に囲まれ幸せな日々を送っていた。しかし平凡な毎日に何か物足りなさを感じていたマリアはバースディ・プレゼントにもらったジグソーパズルに夢中になる。そんなある日、“パズル大会のパートナー募集”の広告を見つける。やがて思い切ってパートナー相手を尋ねた所、広告を出したのは独身で、リッチなロベルトだった…


夫と息子のために家庭を支え続けて来たマリア。彼女は料理が得意で、自身のバースディ・パーティの際も手作り料理を用意し、列席者は食べるのみ…最初誰のバースデイ??なんて思っていたが、ケーキのキャンドルを吹き消す時にマリアのバースディだと分かった。自分のバースデイくらい、自分で料理などしたくないと思うけど、いかがなものか??
そして宴たけなわの折、一枚のお皿が割れる。割れたお皿と、バースディ・プレゼントのジグソーパズル。これが結びつくとは画期的だ。

かつてジグソパズルをやったことがある。今でも存在するだろうが、暇人でないと絶対出来ない娯楽なので今では全く関心ない。専業主婦であるマリアは確かに暇人である。でものめり込んでしまって抜き差しならない事態に陥る。
ジグソーパズルの世界選手権があるなんてことはもちろん知らなかった。ジグソーパズルごときに(偏見ですが…)世界選手権があるものだと驚きでもあった。
しかしジグゾーパズルを時間を計って競争するなんて思っても見なかった。マリアは独特の組み立て方でどんどん作り上げて行く。上に(偏見ですが…)と書いたが、映画を観ていたらパズルしてみたくなったのは事実。でもパズルを買に走るには至らなかったけど…。

夫と息子の世話が生き甲斐だったマリアがシングルのロベルトと出会う。彼は富豪の上、女性に優しい。ロベルトの家に通うことが喜びとなって行くマリアの気持ちはとても良く分かる。夫や息子に嘘をついてまで出かけるなんて、箱入り主婦のマリアもやるなぁ!と感嘆。

とてもハートフルなストーリーで、観終わって心が癒された。
パズルのせいで夫婦仲がぎくしゃくしたというのに、邦題についている“幸せ...”は余計なんじゃない?と思ったが、マリアはパズルによって幸せになったということでもある。
この夫婦はとても仲が良い。きっと常に行動を共にしてきたことだろう。しかしロベルトと出会い、夫とは別に楽しむことに目覚めるマリア。長い結婚生活を維持するには、別行動が不可欠。ラストの晴れ晴れとしたマリアは輝いて見えた。

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2011-10-31 00:07 | 中・南米 | Trackback(5) | Comments(2)

「スリーデイズ」

「The Next Three Days」...aka「Les trois prochains jours」 2010 USA/フランス
a0051234_19184759.jpg

ジョンに「ロビン・フッド/2010」のラッセル・クロウ。
ジョンの妻ララに「幸せのセラピー/2007」「ブッシュ/2008」「やさしい嘘と贈り物/2008」のエリザベス・バンクス。
ジョンの父親ジョージに「コクーン/1985」「ボーダー/2008」のブライアン・デネヒー。
デイモンに「プルートで朝食を/2005」「96時間/2008」「クロエ/2009」「タイタンの戦い/2010」のリーアム・ニーソン。
監督、脚本に「クラッシュ/2004」「告発のとき/2007」のポール・ハギス。
a0051234_19183851.jpg

短大教授のジョンは愛する妻ララと幼い息子の3人で幸せな日々を送っていた。しかしある朝、いきなりやって来た刑事にララが逮捕されてしまう。容疑は上司に対する殺人だった。ララの無実を信じ奔走するジョン。しかし3年後ララの有罪が確定する...

ラッセル大好きなので公開されたらすぐ観に行こうと…観には行ったが、観てからかれこれ1ヶ月以上経過している。そして観た丸の内ルーブルは既に上映終了。

フランス版の「すべて彼女のために/2008」をかなり忠実にリメイクされている。でもやはりフランス版が良かったな。フランス版の原タイトル“Pour elle/彼女ために”のごとく奔走しまくる主人公ジュリアン。ラッセル演じるジョンも奔走していたけど、やはりジュリアンにはかなわなかった。

フランス版のジュリアンの時も疑問に思ったことで、同じくラッセル版でも...妻の無実のため奔走しまくる働く夫。あのような時間って取れるものかと少々疑問。映画だから許してしまったけどね。

元脱獄囚のデイモン役でリーアム・ニーソンが出演して驚いた(数分の出演)。
ララが収容される刑務所を空から偵察するため、ジョンがヘリコプターをチャーターする辺りはハリウッドっぽい雰囲気。

ラスト、事件現場...3年前同様雨が降っている。担当刑事が駐車場側の排水溝でなくなったララのコートのボタンを発見するシーンは少々出来過ぎ?でもまぁそれが発見されても遅すぎではあったが…。

私生活でも二人の子供の父親ラッセルは、お父さん役が実に似合う。

丸の内ルーブルにて(上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2011-10-30 20:08 | USA | Trackback(11) | Comments(0)

「カンパニー・メン」

「The Company Men」 2010 UK /USA
a0051234_22272942.jpg

ボビーに「ハリウッドランド/2006」「消されたヘッドライン/2009」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ザ・タウン/2010」のベン・アフレック。
ジーンに「告発のとき/2007」のトミー・リー・ジョーンズ。
フィルに「リメンバー・ミー/2010」のクリス・クーパー。
サリーに「ワールド・トレード・センター/2006」「サンキュー・スモーキング/2006」「ジェイン・オースティンの読書会/2007」「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝/2008」「50歳の恋愛白書/2009」のマリア・ベロ。
ジェームズに「幸せのポートレート/2005」「あなたは私の婿になる/2009」のクレイグ・T・ネルソン。
ボビーの妻マギーに「レイチェルの結婚/2008」のローズマリー・デウイット。
マギーの兄ジャックに「ダンス・ウイズ・ウルブス/1990」「メッセージ・イン・ア・ボトル/1999」のケヴィン・コスナー。
監督、製作、監督はTVシリーズ「ER 緊急救命室」のジョン・ウェルズ。
a0051234_22273926.jpg

ボストンの大企業GTXの若き販売部長ボビーは、愛する妻と二人の子供に囲まれ幸せな日々を送っていた。しかしある日、彼の勤める会社はリーマン・ショックのあおりを受け大規模なリストラを敢行し、6万人の全従業員のうち3000人が解雇を言い渡され、その中に彼自身も含まれていた。解雇手当として12週間分のサラリーをもらったボビーは早速就職支援センターへ出向き再就職に挑む。しかし不採用の連続で彼は途方に暮れ始める…

中々興味深い人間ドラマで心に残る一作となった。
2008年のリーマン・ショックに端を発した不況の中、37歳にして年収12万ドル稼いでいた男がいきなり解雇される。2008年の為替レートはどのくらいだったか?定かではないが、¥に換算するとまぁ1000万以上の収入であろうか?37歳だとかなりの高給取りである。
郊外の家のガレージにはポルシェが停まり、白壁の館の中には美しく、広いリヴィング・ルームとキッチン。そして子供たちの部屋には娯楽グッズがあふれ、足の踏み場もない。家はモノにあふれ、食事は外食と贅沢な生活を送って来た家族。ところがある日突然収入を閉ざされ、家や車のローンの督促が舞い込み、ゴルフ場の会費も払えなくなってしまう。
簡単に再就職出来ると高をくくっていたボビーは、再就職に挑んでも不採用の通知ばかり。高学歴で、高収入を得ていたエリートのボビーは相当プライドの高い男だったと想像する。この時彼はきっと生まれて初めて挫折感を味わったことだろう。

溶接工からたたきあげで重役にまで登りつめたフィルは勤続30年のベテラン。解雇に納得できないフィルは造船部門のトップに立つ重役のジーンに詰め寄るが彼も解雇通知を受け取っていた。
ボビーが近所にバレないよう失職してもゴルフに出かけたり、“失業が近所にバレないように6時まで帰って来ないで!”と妻にいわれ、バーで時間をつぶすフィルの姿を見ると、人間て世間の評判にさらされるのが辛い生き物なのだと哀しくなる。
しかし重役のジーンの解雇には驚いた。ジーンは最高経営責任者であるジェームズのパートナーだった人。そんな人まできってしまうアメリカの企業には驚く。情けってものはないのかい??
浪費家の妻と、パートナー、ジェームズへのイラだちから人事部門責任者のサリーと浮気を重ねるジーンが可愛い。

結局ボビーは家のローンが払えずに実家に身を寄せる。もちろん愛車ポルシェも売ってしまった。
工務店を経営する義兄ジャックが“仕事を手伝わないか?”と持ちかけてきても最初は“ノー”と断ったボビー。しかし切羽詰まった彼はジャックの仕事を手伝い始める。スーツにネクタイのボビーは力仕事などしたことがない。彼にとって辛い試練だが、妻子を養うためには致し方ない。この辺りも悲哀が漂うのだ。
身につまされるストーリーで観ていて少々辛かったが、このような現実を突きつけられたアメリカ人はたくさんいただろうとお気の毒に思った。日本にも余波来たけど…。

義兄のジャックとボビーはソリが合わず、互いに嫌い合っている。しかし慣れない肉体労働に精を出すボビーに気を配るジャックがニクいのだ。男は黙って行動(密かに支える)するのかと感心する。それにしてもケヴィン・コスナーはなんと大工役にぴったりであったことか。
まさかボビーは大工に転職するなんてことはないだろうな?と案じていたが、やはりそうはならなかった。再生し、新しい出発で迎えるエンディングは鮮やかだ。

ベン・アフレックは作品ごとに素敵になっていくとどこかのレビューに書いた。シブいクリス・クーパーやトミー・リー・ジョーンズを向こうに回し、主演のベンはとても素敵。
ケヴィン・コスナーの老けぶりには驚きを隠せない。一時期“ケヴィン大好き!”だったのに…。
トミー・リー・ジョーンズはたくさんの映画に出演してる息の長い俳優。先だってBSで「ある愛の詩/1970」が放映されていた。トミーは主人公オリヴァーのハーヴァードの友人というチョイ役。トミー映画はシシー・スペイセクが実在のカントリー・シンガーを演じた「歌え!ロレッタ愛のために/1980」でのロレッタの夫役が良かったな。

ヒューマントラストシネマ有楽町にて
[PR]
by margot2005 | 2011-10-25 23:00 | MINI THEATER | Trackback(10) | Comments(0)

「さすらいの女神(ディーバ)たち」

Tournée」…aka「On Tour」2010 フランス
a0051234_19574521.jpg

監督、脚本、主演のジョアキムに「クリスマス・ストーリー/2008」のマチュー・アマルリック。
ダンサーたちは“ニュー・バーレスク”の現役ダンサー。
a0051234_19575845.jpg

a0051234_19582193.jpg
a0051234_19581099.jpg

フランス人の元TVディレクター、ジョアキムは業界から干された後アメリカに渡り、アメリカで活動しているニュー・バーレスクのダンサーを連れフランスに戻って来る。彼らは女性5人と男性1人の6人組。やがて、フランスでの凱旋ツアーが始まり、ルアーブル、ナント、ラ・ロシェル、トゥーロンと周り、パリを目指すのだった...

そういやクリスティーナ・アギレラとシェールの「バーレスク/2010」という映画があった。シアターに観に行けなくてDVDで見た。クリスティーナ演じるアリがL.A.のバーレスク・クラブで成功を収める。そのバーレスク・クラブのダンサーは皆若かった記憶がある。しかしながらマチュー版の“ニュー・バーレスク”のメンバーは皆obasan。見事とはいえ身体はかなりダブついており、厚化粧の下にはシワ...だが、彼女たちが作り出し、演じるパフォーマンスはスゴい!パワーだった。
少々お年を召してはいるが、こういった豊満な女性を見ると男性は癒されるのかも知れない。
銀座のシアターは基本的にojisamaが多いが、この映画は普段よりojisamaの姿が目立った。

これはロード・ムーヴィー。列車で移動し、タクシーに乗ってホテルにチェックイン。ホテルのフロントで必ず注文をつけるジョアキム。それはBGMの音を小さくして欲しいということ。あれって何か意味があったのかな?
ホテルの同宿者であるフライト・アテンダントの女性をからかったり、バーで男を引っ掛け、トイレでsexしたりと、女性ダンサーはとても過激だ。

彼らが公演した場所ってなぜか?港町ばかり。ビスケー湾の入り江にある港湾都市で、憧れの地ラ・ロシェルでもロケされていて行きたい!モード全開になった。

で、結局パリ公演は行われなかった。エンディング…列車に乗り遅れ車で行動したジョアキムとミミがオレロン島(ラ・ロシェルの西)のつぶれたホテルに到着する。最初彼らは二人きりだったが、ボルドーに向かったはずの他のメンバーがやって来る。パリには行けなかったが、ダンサーたちはジョアキムを讃える。あのラスト・シーンは素敵だった。

業界から干され、妻にも恋人にも愛想をつかされた哀れな男ジョアキムを演じるマチューが役柄に限りなく似合っている。
ダンサーたちに翻弄されながらも、“夜は遊んでないで早く寝なさい。”なんて、まるで父親のような愛情を持って優しく接するジョアキム。ダメ男を演じるとマチューは光る。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-10-24 20:23 | フランス | Trackback(4) | Comments(0)

「ミケランジェロの暗号」

「Mein bester Feind」…aka「My Best Enemy」 2010 オーストリア/ルクセンブルグ
a0051234_23401861.jpg

ヴィクトル・カウフマンに「ソウル・キッチン(SOUL KITCHEN)/2009」のモーリッツ・ブライブトロイ。
ルディ・スメカルに「アイガー北壁/2008」のゲオルク・フリードリヒ。
レナにウーズラ・シュトラウス。
ハンナ・カウフマンに「ヒア・アフター/2010」のマルト・ケラー。
ヤーコプ・カウフマンに「ピアニスト/2001」のウド・ザメル。
監督、脚色にヴォルフガング・ムルンベルガー。
a0051234_23403330.jpg

1938年、オーストリア、ウイーン。ユダヤ人一族のカウフマン家は画廊を営み、ミケランジェロの素描を所有していた。それはムッソリーニも欲しがる国宝級の逸品。ある日、カウフマン家の息子ヴィクトルと兄弟のように育った使用人の息子ルディが再会を果たす。そして家に帰ったヴィクトルはミケランジェロの素描の在処を信頼するルディに教えてしまう。しかしナチスに傾倒していたルディは自らの昇進を狙いこのことを密告するのだった…

サスペンス・ドラマのジャンルながらIMDbではコメディ/ドラマとなっている。サスペンスながら確かに笑わせてもらった。主演のモーリッツが良いな!今月公開予定の「ゲーテの恋 ~君に捧ぐ「若きウェルテルの悩み」~/2010」のモーリッツも楽しみだ。

ナチス・ドイツの政策で多くのユダヤ人が収容所送りとなったこの時代、ヴィクトルの両親も彼自身も例外ではなかった。素描が没収された後収容所に送られたカウフマン一家。ヴィクトルにとってそれはユダヤ人ではない恋人レナとの別れでもあった。兄弟同然に育ったルディに助けられるどころか、裏切られたヴィクトルは彼に復讐しようと誓う。

このあたりからサスペンスがユーモアを交えた展開になって面白い。本物の素描の在処を巡りベルリンに向かう機上の人となったヴィクトルとルディ。しかし爆撃を受けた飛行機は墜落する。燃え盛る機体の中から負傷したルディを助け出したヴィクトルはあることを思いつく。それは自分がルディと入れ替わることだった。ルディのナチスのユニフォームを身に着けたヴィクトルは彼になりすましベルリンへと向かう。そしてそこで元恋人だったレナと再会する。ヴィクトルが収容所送りとなった後ルディはレナを自分の恋人にしていた。機知に富むレナはヴィクトルとルディが入れ替わっていることを理解し行動を共にする。

上に書いた展開が、少々出来過ぎとはいえ喜劇を見ているように笑える。
ラスト、ルディを出し抜くヴィクトルの行動は実に爽快だった。
主演のモーリッツが素晴らしい!彼は「ソウル・キッチン」同様コメディで俄然光る俳優だ。

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2011-10-23 00:00 | ドイツ | Trackback(16) | Comments(2)

「親愛なるきみへ」

「Dear John」2010 USA
a0051234_2294014.jpg

ジョンに「陰謀の代償/2010」のチャニング・テイタム。
サヴァナに「クロエ/2009」「ジュリエットからの手紙/2010」のアマンダ・サイフリッド。
ティムに「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い/1994」のヘンリー・トーマス。
ジョンの父親に「扉をたたく人/2007」「ブロークン/2008」「バーン・アフター・リーディング/2008」「食べて、祈って、恋をして/2010」のリチャード・ジェンキンス。
監督は「カサノバ/2005」「HACHI 約束の犬/2008」のラッセ・ハルストレム。
原作はニコラス・スパークスの“きみを想う夜空に”。
a0051234_2295840.jpg

2001年春、ノースカロライナ。ジョンは米軍の特殊部隊に所属する兵士で、2週間の休暇で赴任地ドイツから父親の住む故郷サウスカロライナへ帰省して来る。父親は妻に去られ、男手一つで育て上げた息子ジョンと強い絆で結ばれていた。自閉症の彼は一人暮らしでコインの収集が生き甲斐。ある日、ジョンはビーチで同じく帰省中の女子大生サヴァナと出会う。南部の裕福な家庭で、両親の愛情をたっぷり受けて育った明るいサヴァナと、自閉症の父親に育てられ、対人関係が苦手で孤独を愛するジョン。二人の性格は対照的だったが、互いに惹かれ合うのに時間はかからなかった。やがて2週間が過ぎ、ジョンは赴任地へ、サヴァナは大学へ戻らなければならない日がやって来る。超遠距離恋愛となってしまった二人は互いに手紙を書くことを約束する…

軍事秘密でジョンはサヴァナに居所を知らせることが出来ない。彼女は彼が何処(国)にいるのか分からないもどかしさに戸惑いながらも手紙を送り続ける。彼もそれに答え返事を書く。しかし9.11同時多発テロが起こりジョンの任務が延長になる。祖国への貢献とサヴァナへの想いの間で苦悩するジョン。やがてジョンは任務延期を申し出、激戦地へと向かう。

ハッピー・エンディングのラストは分かっているが、結ばれない二人がもどかしい。でもロケされたサウスカロライナの海と草原が美しく物語を盛り上げているのは言うまでもない。

“必ず君の元に戻る。”と約束した恋人が戻らなくなった。おまけに期限はなし。このような事態に直面した経験がないのでなんとも分からないが、寂しさから身近にいた男ティムと結婚してしまったサヴァナが理解出来なくもない。
物語の中でもジョンに“待てなかったの!”と訴えるサヴァナ。それもとても、とても理解出来る。ジョンはジョンで任務と恋人サヴァナを秤にかけただろうが、この究極の選択はとても辛かったに違いない。でもやはり男なら自分の任務を優先するであろうことも理解出来る。男と女の考え方は根本的に違うのだ(逆のパターンもありかも?)。

9.11同時多発テロで運命が変わってしまった二人の切なくも甘いLOVE STORY。
原タイトル…サヴァナがジョンに宛てて書く手紙の冒頭文“Dear John”が素敵だ。邦題は逆でジョンからサヴァナへ宛てた“親愛なるきみへ”。

原作者ニコラス・スパークスの「メッセージ・イン・ア・ボトル/1999」「ウオーク・トゥ・リメンバー/2002」「きみに読む物語/2004」「最後の初恋/2008」「ラスト・ソング/2010」はすべて見ている。「きみに読む物語」も素敵なLOVE STORYだったけど、大人の恋を描いた「メッセージ・イン・ア・ボトル」が一番好き。

「陰謀の代償」で初スクリーンだったチャニング・テイタム。ふとした表情に憂いを醸し出す彼の表情が役柄にぴったりだ。
アマンダはいつもながらとてもキュート。
ジョンの父親役のリチャード・ジェンキンスは味な俳優だなと常に感心する。
「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」でブラッド・ピット演じるトリスタンの弟サミュエル役のヘンリーが年取っていて驚いた。まぁ16年もたっているので当たり前なのだが…。

TOHOシネマズシャンテにて(上映終了)
[PR]
by margot2005 | 2011-10-22 22:23 | MINI THEATER | Trackback(8) | Comments(0)

「あしたのパスタはアルデンテ」

「Mine vaganti」…aka「Loose Cannons」2011 イタリア
a0051234_21494087.jpg

トンマーゾに「輝ける青春/2003」「西のエデン/2009」のリッカルド・スカマルチョ。
アルバに「シチリア!シチリア!/2009」のニコール・グリマウド。
アントニオに「ひばり農園/2007」「副王家の一族/2007」のアレッサンドロ・プレツィオージ。
兄弟の父親ヴィンチェンツォに「ドン・ジョヴァンニ 天才劇作家とモーツァルトの出会い/2009」のエンニオ・ファンタスキーニ。
母親ステファニアに「対角に土星/2007」のルネッタ・サヴィーノ。
祖母に「暗黒街のふたり/1973」のイラリオ・オッキーニ。
トンマーゾの姉にビアンカ・ナッピ。
トンマーゾの恋人マルコにカルミネ・レカーノ。
トンマーゾの伯母ルチアーナに「カラヴァッジョ 天才画家の光と影/2007」「元カノ/カレ/2009」のエレナ・ソフィア・リッチ。
監督、脚本は「向かいの窓/2003」のフェルザン・オズペテク。
a0051234_21493295.jpg
a0051234_21492431.jpg
a0051234_2149112.jpg
a0051234_2149083.jpg
a0051234_21484982.jpg

ローマで恋人マルコと同居中のトンマーゾは作家を目指している。ある日、故郷である南イタリアのレッチェに戻り兄アントニオと再会する。今回の帰郷は父親が経営する老パスタ会社の次期経営者アントニオの社長就任を祝うことが目的だった。祝いの晩餐会が始まる前にトンマーゾはアントニオに自身がゲイであることを告白する。やがて晩餐会が始まり、覚悟を決めたトンマーゾが告白しようとした矢先、あろうことかアントニオが“俺はゲイなんだ。”と宣言し、驚いた父親が心臓発作を起こして入院してしまう…

シアターで映画は観ているが時間がなくてレビューを書いていない。こちらも観て1が月以上経過した。
久方ぶりのイタリアン・コメディで、出演人も豪華ということで非常に楽しみにしていたが…それほど笑えるわけでもなく期待はずれで残念だった。主人公のリッカルド・スカマルチョが実にキュートで、他の男たちも…イタリアンって一部を除いてホント皆イケメン。

10年以上前にフランスに行った時、パリの街中(正確にはいくつかあるルーヴル美術館の一つの門の前/なので人でいっぱいのスポット)でゲイと思われるカップルが白昼キスを交わしているのを見てびっくりした。そしてそのカップルは実に美しかったと記憶する。
しかしオープンなのは一部の人なのかも知れない。今だ偏見は存在するのだ。そしてこの物語の両親はスゴい偏見!と感じたが、我が息子に“俺はゲイなんだ。”なんて宣言されたらやはりショックで寝込むだろうな。

ということでアントニオの両親がうろたえるのは良く分かる。映画の中でトンマーゾもゲイと言うことを両親は知らない。兄弟二人ともゲイなんて聞かされたらますますうろたえたことだろう。
ある日突然トンマーゾの恋人マルコが友人を伴って訪ねて来る。トンマーゾの母が、そうとは知らないゲイのマルコに“ゲイは治るのかしら?”と尋ねるシーンは可笑しかった。

長男のアントニオと次男のトンマーゾ。アントニオは弟の告白を聞いていたにも関わらず、彼を差し置いて自分がゲイだと宣言してしまう。早い者勝ち!!ってワケでもないが、その後両親にゲイだと言えなくなってしまったトンマーゾは心優しいなぁと感心した。

上にも書いたように登場する男たちが皆キュートで、それを見ているだけで満足してしまった感じ。ゲイがテーマの映画ながら、スイートに夢中の祖母と、お酒と男に夢中のルチアーナの存在。そして老舗パスタ会社の共同経営者の娘アルバの存在が素敵だ。

シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-10-09 22:16 | イタリア | Trackback(2) | Comments(0)