「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「アンチクライスト」

「Antichrist」 2009 デンマーク/ドイツ/フランス/スウェーデン/イタリア/ポーランド
a0051234_19304348.jpg

彼女に「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「恋愛睡眠のすすめ/2005」「アイム・ノット・ゼア/2007」「アニエスの浜辺/2008」のシャルロット・ゲンズブール。
彼に「パリ、ジュテーム2006」「インサイド・マン/2006」「フェアウェル/哀しみのスパイ/2009」のウイレム・デフォー。
監督、脚本に「奇跡の海/1996」「ダンサー・イン・ザ・ダーク/2000」のラース・フォン・トリアー。
a0051234_19303596.jpg

ある雪の降る夜、夫婦で愛を交わす最中に一人息子が窓から転落死する。葬儀の最中に哀しみに耐えかねた彼女は気を失い病院に入院する。しかし病院から半ば強引に彼女を家に連れ帰った彼は、自ら彼女に催眠療法を施すため森に連れ出す...

ラース・フォン・トリアーの「奇跡の海/1996」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル/2003」はどれもこれも暗くて後味の悪い代物ばかり…「ダンサー〜」はその最たるものだったが、こちらはそれ以上。二度と観たくない映画がまた一つ増えた。
公開2週目のウイーク・ディ最終回はほぼ満席。途中で席を立とうかと迷ったが、周りの人々がスゴく一生懸命に観てる雰囲気に圧されてしまって結局最後まで観てしまった。

夫婦でメイクラヴの最中息子が事故に遭う。あの時、彼女はベビーベッドから飛び出し、窓のそばにいる息子の姿が見えているように感じた。しかし彼女は彼とのsexに夢中でクライマックスに至る。自身の愛欲に溺れ、彼から身体を離すことが出来なかったのだろうか??それ故に息子を亡くした哀しみ、後悔が彼女に襲いかかる。幼い息子を亡くす哀しみには計り知れないものがあるだろうが、彼女は神経を病み次第に鬱状態に陥って行く。やがてセラピストの彼が彼女に催眠治療しようと森に連れ出す。そこは“アダムとイヴが出会ったエデン”だった。キリスト教(聖書)は全く非日常的な世界なので、映画で描かれるさまは理解出来ない。個人的には、あまりにも絶望的で救いがたい作品で観ていてとても、とても疲れた。
はさみのシーンはとても観れなかった。映倫修復前のシーンなど想像しただけで身震いしてしまいそう。

オープニング、外は雪景色。オペラのアリアが流れる中、幼い息子が窓からスローモーションで落ちて行くシーンはとても衝撃的だし、森のシーンで大量にドングリの実が落ちてくる不気味な音や、森に住む生き物たちの残虐な姿が効果的に登場し印象に残る。でも圧巻だったのは木の根っこの間から出て来る無数の手足と身体。
某新聞映画評に“ホラー映画と言っていいかも知れない。”とあったが、これには同感。
そして、カンヌ国際映画祭主演女優賞(2009)を受賞したシャルロットと、デンマーク映画批評家協会賞/主演男優賞(2010)受賞のウイレム・デフォー、二人の俳優の演技にはただただ感服する。
新宿武蔵野館にて
[PR]
by margot2005 | 2011-03-27 19:53 | ヨーロッパ | Trackback(3) | Comments(0)

「ショパン 愛と哀しみの旋律」

「Chopin. Pragnienie milosci」…aka「Chopin: Desire for Love」2002 ポーランド
a0051234_23555449.jpg

フレデリック・ショパンにピョートル・アダムチク。
ジュルジュ・サンドに「カティンの森/2007」のダヌタ・ステンカ。
ソランジュ・サンドにボジェナ・スタフーラ。
モーリス・サンドにアダム・ヴォロノヴィチ。
監督、脚本にイェジ・アントチャク。
a0051234_23561089.jpg
a0051234_2356279.jpg

初日に銀座に観に行った。「神々と男たち」とどっちにしようかと迷いながら時間の合ったこちらを観ることに…しかしこの映画は冴えなかった。最終回、シアターは半分弱くらいの入りだったと思うが、斜め前のojisamaは途中で席を立つなり戻って来なかった。
Internationalタイトルについている“Desire for Love/愛欲への願望”そのものズバリの陳腐なドラマ。ピアノの詩人ショパンは究極の女好きだったのか?と想像してしまう。
ストーリーはショパンとサンドとモーリスのトライアングル。夫と息子とどちらかを選べと言われたら…やはり息子を選ぶだろうな個人的にも。しかし恋人と息子のいづれかを選べと言われたら…これはもう全く持って選びようがない絶対に。で、結局ドロドロのトライアングル関係に突入してしまう。おまけに、成長したソランジュが母親と張り合うためショパンを誘惑するあたりは、もうもうソープ・オペラ状態で参った。

ポーランド人のショパンがパリでジョルジュ・サンドと出会い、9年に及ぶ二人の愛憎を描いた物語。舞台はパリなので、ポーランド映画でもせめて台詞はフランス語にして欲しかった。ショパンがソランジュに“ぼくの言葉(フランス語)はヒドい”と英語で言うなんてホント変だった。

ショパン生誕200年。ショパンの生涯(ジョルジュ・サンドとの出会いと、別れが中心)を忠実に描いたドラマだそう。しかしこの忠実っていうのがコワい。ドロドロの愛欲のドラマはいただけなかったが、バックに流れるショパンの名曲の数々、ピアノ演奏のシーンは堪能出来る。そして二人が愛を育んだスポットでロケされ、それぞれのシーンは美しかった。

フレデリック・ショパンが生涯において一番愛した女性はジョルジュ・サンドだそう。作曲家って年上の女性の愛に包まれて良い作品が書けるのか?「クララ・シューマンの愛/2008」のブラームスもそうだった。
シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2011-03-24 23:59 | スペイン | Trackback(2) | Comments(0)

「英国王のスピーチ」

「The King's Speech」 2010 UK/オーストラリア/USA
a0051234_22192847.jpg

ジョージ6世に「シングルマン/2009」のコリン・ファース。
ライオネル・ローグに「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のジェフリー・ラッシュ。
エリザベスに「ファイト・クラブ/1999」「カンバセイションズ/2005」のヘレナ・ボナム・カーター。
エドワード8世に「L.A.コンフィデンシャル/1997」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009」のガイ・ピアース。
ウィンストン・チャーチルに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「魔法にかけられて/2007」のティモシー・スポール。
大司教コスモ・ラングに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」のデレク・ジャコビ。
ローグ夫人に 「抱擁/2002」「高慢と偏見/1995」のジェニファー・イーリー。
ジョージ5世に「華麗なる恋の舞台で/2004」「グッド・シェパード/2006」「恋愛上手になるために/2007」のマイケル・ガンボン。
監督に「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」のトム・フーバー。
a0051234_22193759.jpg

幼い頃から吃音というコンプレックスに悩まされてきたジョージ。彼は父ジョージ5世に命じられ様々な式典でスピーチをするが、どれもこれも悲惨なものに終わる。妻エリザベスはなんとか夫を救おうと、ロンドンの街中に住むスピーチ矯正の専門家ライオネルを訪ねる…

コリン・ファースがアカデミー主演男優賞をゲットした。授賞式の中継をwowowで見た際、オスカー像を手にしたコリンが“嬉しくてダンスを踊りそう!”と言い、ホントに踊りだすのか?なんて思ったけど…そうはならず残念だった。

英国の人々も良く知らなかったというジョージ6世の逸話。私的にジョージ6世の存在とは現エリザベス二世の父親だったことくらい。逆に”王冠をかけた恋”で有名な兄エドワードの方が知っているし、ジョージの妻で、101歳まで生きたエリザベス皇太后も知っている。なぜジョージ6世を良く知らないのかと思ったら、1952年に56歳で亡くなっていた。しかしジョージ6世は英国では人気のあった国王だそうだ。
ジョージ5世の次男ジョージ。彼には長男エドワードがいるため次期国王になる予定は全くなかった。しかしエドワードが王位を捨て民間人と結婚してしまい、ひょんなことから王位を継がねばならない境遇に陥ってしまう。その時のプレッシャーて相当なのものだったに違いない。ましてや人前で話すのが苦手な彼だったのだから。

後に国王ジョージ6世となるヨーク公ジョージ。吃音を直すため様々な治療を試みるが、どれも上手く行かない。お手上げ状態の頃、妻エリザベスはスピーチ矯正の専門家でオーストラリア人のライオネルの家を訪ねる。平民のライオネルはジョージを愛称(バーディ)で呼び“私たちは平等だ”と宣言し、タバコを吸おうとするバーディに“喫煙はやめなさい”と注意する。無遠慮な態度を取るライオネルに怒りを覚えるバーディだが、次第に彼のペースに乗せられて行く。ラスト、ライオネルが見守る前でラジオでの“英国王のスピーチ”はちょっとした感動を呼ぶ。
エンドクレジットにジョージとライオネルの親交は互いが亡くなるまで続いたと記されていた。

オスカー主演男優賞に輝いたコリンはもちろんのこと、やはりオスカー俳優であるジェフリー・ラッシュ、そしてエリザベスを演じたヘレナ・ボナム・カーターの存在は素晴らしかったと思う。出番は少ないがライオネルの妻ローグ夫人役のジェニファー・イーリーは相変わらず古典が似合う女優だ。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて

<東北関東大震災の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申しあげます。
報道を見る度被災された人々がお気の毒でなりません。11日以降も別の地域でも何度も地震が起き、都内でも揺れることしばしばです。なんとなく落ち着かなくてレビューを書く気持ちにもならず、上の映画も観てからずいぶん日にちが経過した次第。閉鎖されたシアターや、上映時間が短縮された映画館が続出しており、気持ち的にも当面シアターへは行かないと思います。そして計画停電は娯楽施設から。>
[PR]
by margot2005 | 2011-03-15 23:03 | UK | Trackback(25) | Comments(6)

「バレッツ」

「L'immortel」…aka「22 Bullets」2010 フランス
a0051234_2334734.jpg

シャルリに「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ/2005」「ダ・ヴィンチ・コード/2006」のジャン・レノ。
トニー・ザッキアに「コーラス/2004」「幸せはシャンソニア劇場から/2008」「プチ・ニコラ/2009」のカド・メラッド。
弁護士マルティンに「この世のすべての美しいもの/2005」「サン・ジャックへの道/2005」「ダニエラという女/2005」「画家と庭師とカンパーニュ/2007」のジャン・ピエール・ダルッサン。
刑事マリー・ゴールドマンにマリナ・フォイス。
カリムに「アデル/ファラオと復活の秘薬/2010」のムーサ・マースクリ。
監督、共同脚本に「ぼくセザール10歳半1m39cm/2003」のリシャール・ベリ。
a0051234_23335842.jpg
a0051234_23334974.jpg

愛する家族と平穏に暮らすシャルリはかつてマフィアのボスだった。ある日、街中の駐車場で突然発砲される。それは凄まじい銃撃戦で、シャルリは22発の銃弾を撃ち込まれるが、奇跡的に一命を取りとめる。やがてシャルリを慕う元仲間のカリムが犯人を突き止める。しかしそれはシャルリの古くからの友人ザッキアで、彼とは“死んでも友達”と誓った仲だった。
復讐に立ち上がろうとするカリムに、“マフィアから足を洗った身の上、報復に参加することは出来ない。”とシャルリは拒絶する。だがシャルリの決断のせいでカリムが殺され、愛する家族にまで危険が及ぶ事態に発展する…

凄まじい銃撃戦が起こりシャルリは22発の銃弾に倒れる。始めに主人公が死んでしまう…その後主人公は回想で出演するのか??なんてとんでもない想像をするくらいスゴい銃撃戦。あれだけの銃弾を浴びて死なないなんてあり得ない!と思いつつ終盤を迎えて…シャルリを撃った人物はあえて致命傷を与えなかったことが説明される。そしてこれは実話の映画化だそう。
“血を血で洗う因果な商売/死ぬまで続く苦しみ/一度入ったら決して抜け出せない。”…やがて男は愛するものを守るため、再び戦うことを決意する。
TVでもまともに見たこともないのに、“まるで深作欣治のやくざ映画を観ているような展開。”だとどこかのレビューに書いた記憶がある。これも深作欣治真っ青だろうか?とにかく凄まじいことこの上ないマフィアの戦いである。
R15なのでかなり過激な展開であろうことは覚悟していたが、血!血!血!の連続。ギロチン開発国のフランス人は残酷な殺し方と血が好き?
主演のジャン・レノは「レオン/1994」以来17年ぶりに殺し屋を演じたらしい。でもジャン・レノにはコメディが似合う。同じくカド・メラッドも。上にも書いたように血が好きな?ヴァイオレンス・アクションはフランスで大ヒットを記録したという。

Internationalなフランス人俳優ジャン・レノ。彼の映画はDVDで「ピンクパンサー2」を見て以来。シアターでは「ダ・ヴィンチ・コード」以来かな。
ブログを始める前、フランス映画祭2003で「シェフと素顔と、おししい時間/2002」が上映された際生ジャン・レノを見たのは今から8年前のこと。今年63歳になる彼はその時55歳かな?まばゆいばかりの真っ白なサマー・スーツに身を包む生レノは映画で観るより素敵な人だった記憶がよみがえる。

新宿 バルト9にて
[PR]
by margot2005 | 2011-03-04 23:50 | フランス | Trackback(2) | Comments(0)