<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「君を想って海をゆく」

「Welcome」2009 フランス
a0051234_2317039.jpg

シモンに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「すべて彼女のために/2008」のヴァンサン・ランドン。
ビラルにフィラ・エヴェルディ。
マリオンにオドレイ・ダナ。
ミナにデリヤ・エヴァルディ。
監督、脚本は「パリ空港の人々/1993」「マドモアゼル/2001」「灯台守の恋/2004」のフィリップ・リオレ。
a0051234_2317317.jpg
a0051234_23172076.jpg
a0051234_2317960.jpg
a0051234_2318189.jpg

17歳のクルド難民ビラルは、イラクから3ヶ月の間歩き続けようやくフランスの最北端カレにたどり着く。対岸の英国ロンドンへ渡るためトラックで密航を計るが失敗に終わり難民キャンプに収容される。一方でかつてたくさんの競技会でチャンピオンになった経験を持つシモンも今では市民プールのコーチを職業としている。彼は妻マリオンと離婚調停中であるが、出来ればヨリを戻したいと願っていた。
ある日、市民プールで泳いでいたビラルは、シモンにクロールの手ほどきをして欲しいと願い出る...

この映画はずっと楽しみにしていて、昨年公開されたものの行けなくて、今年に入ってから観に行った初フランス映画。期待どおりの素晴らしい作品!!だった。このような素晴らしい!!作品ながら有楽町のミニシアター、ヒューマントラストシネマ有楽町でしか公開していない。それも夕方1回のみ(2/4迄)。
テーマが、テーマだけに万人に好まれる映画ではないが観る人の心を揺さぶる感動作には間違いない。

シモンは偶然出会ったクルド人難民ビラルに救いの手を差し伸べる。始めは難民キャンプでボランティアをしている離婚寸前の妻マリアンの心をつなぎ止める手段で行動を起こすが、やがてどんどんエスカレートし、ビラルはまるで自分の息子のような存在になって行く。ある朝、シモンに内緒でドーヴァーを泳ぎ始めたビラルが行方不明になる。あせったシモンは湾岸警察に行方不明になったのは“自分の息子だ!”と通報する。全く違った世界、宗教の下に生まれ育った二人の間に、少々出来過ぎではあるが“父子の愛”を感じさせる展開は胸を打つ。
シモンが愛するマリオンに“ぼくは目の前の君を失おうとしているのに、彼は恋人に会いに海を渡ろうとしている。”という台詞はナイスだった。

イラクから徒歩で3ヶ月かかりフランスの最北端の地カレまで歩いて来たビラル。過去に観た「13才の夏に僕は生まれた/2005」「西のエデン/2008」でも難民問題が描かれていたが、陸続きのフランス、イタリアまではたどり着けても英仏間にあるドーヴァー海峡を渡らねばならない。英国に行こうとしたビラルの試練は大変なものだったに違いない。少々ネタばれするが…悲劇に終わってしまうこの作品は感動と共に悲哀も残る。
どうしてもロンドンに行くと言いはるビラルに、フランスで生活しても良いじゃないか?と諭すシモン。ドーヴァー海峡を渡るには10時間泳がねばならないという過酷な現実に果敢に挑むビラル。それって切羽詰まった人間だからこそ出来ることなんだと妙に納得した。とにかくビラルは恋するミナに会いたくてたまらなかったのだろう。フランスに留まれば彼の人生もまた変わっていたのにと考えずにはいられなかった。

「すべて彼女のために」では体当たりで妻を守る愛情深い夫ジュリアンを好演していたヴァンサン・ランドン。偏見者であった男が難民ビラルに出会い、彼を恋人に会わせるべく奔走するシモンを素敵に演じていてトレヴィアンだ。

密航者たちが多く集まる港町カレ。国境の地ということもあるが、英国に渡るフェリーとそれに乗船するトラックの多さに驚いた。
原タイトルの「Welcome」...フランスも英国も難民などちっともWelcomeじゃないのに、このタイトルはきわめて良い。
「君を想って海をゆく」という邦題は日本の映画会社が好みそうなタイトルではあるが、つまらなさ過ぎ。
[PR]
by margot2005 | 2011-01-30 23:32 | フランス | Trackback(6) | Comments(0)

「ロビン・フッド」

「Robin Hood」2010 USA/UK
a0051234_22523741.jpg

ロビン・ロングストライドに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「ワールド・オブ・ライズ/2008」「消されたヘッドライン/2009」のラッセル・クロウ。
マリアンに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」のケイト・ブランシェット。
ジョン王の重臣ゴドフリーに「トリスタンとイゾルデ/2006」「ロックンローラ/2008」「ワールド・オブ・ライズ」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」「シャーロック・ホームズ/2009」のマーク・ストロング。
ジョンの父王からの摂政ウィリアム・マーシャルに「キング 罪の王/2005」「グッド・シェパード/2006」「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「インクレディブル・ハルク/2008」「バンテージ・ポイント/2008」のウイリアム・ハート。
サー・ウォルター・ロクスリーに「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「100歳の少年と12通の手紙/2009」のマックス・フォン・シドー。
ジョン王に「マリア/2006」「ワールド・オブ・ライズ」のオスカー・アイザック。
ジョンの恋人イ ザベラに「美しいひと/2008」のレア・セドゥ。
ノッティンガムの代官に「プライドと偏見/2005」「ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式/2007」「フロスト×ニクソン/2008」のマシュー・マクファディン。
タック修道士に「フルモンティ/1997」「ROCK YOU!/2001」のマーク・アディ。
獅子心王リチャード1世に「ナイロビの蜂/2005」」マリー・アントワネット/2006」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO/2009」のダニー・ヒューストン。
リチャードとジョンの母アリエノール・ダキテーヌに「いつか眠りにつく前に/2007」「新しい人生のはじめかた/2008」のアイリーン・アトキンス。
ウオルターの息子ロバート・ロクスリーにダグラス・ホッジ。
ロビンの仲間リトル・ジョンに「3時10分、決断の時/2007」のケヴィン・デュランド。
同じくウイル・スカーレットにスコット・グライムズ。
同じくアラン・ア・デイルにアラン・ドイル。
監督は「グラディエーター/2000」「ハンニバル/2001」「キングダム・オブ・ヘヴン/2005
」のリドリー・スコット。
a0051234_22511084.jpg
a0051234_22504766.jpg
a0051234_22502415.jpg

a0051234_22535714.jpg

12世紀末のイングランド。ロビン・ロングストライドは十字軍遠征の際、瀕死の騎士ロバート・ロクスリーに伝言を頼まれ、彼の故郷ノッティンガムへやって来る。父親であるノッティンガム領主ウオルターは亡くなった息子ロバートの代わりにこの地に留まり守って欲しいとロビンに願い出る。やがてロビンは美しい未亡人マリアンに惹かれて行く。一方でフランスとの戦いで亡くなった兄リチャードの後を次ぎジョンが新しい王となる。しかし密かにフランスと通じていたジョン王の腹心ゴドフリーの企みが民衆に反発を与え内戦が始まろうとしていた…
a0051234_22513630.jpg

a0051234_22512524.jpg

大作映画は最近食傷気味だが、ヨーロッパ中世ものは大好きで、ラッセル&ケイトのカップルも興味ありで観に行ってしまった。
ロビン・フッドといえばケヴィン・コスナーの「ロビン・フッド/1991」とショーン・コネリー&オードリー・ヘプバーンの「ロビンとマリアン/1976」を思い出す。
ケヴィン版でマリアンを演じていたメアリー・エリザベス・マストラントニオは最近全く見かけない女優となり、ウイル役のクリスチャン・スレーターも同様。悪徳代官役のアラン・リックマンは適役だった。ラッセル版の代官役マシュー・マクファディンは「プライドと偏見」のヤワなイメージが強すぎてどうもダメだ。でも90年代のケヴィンはホントにクールだった。
“ロビン・フッド・ビギンズ”的なストーリーで中々面白かったが、ロビンとマリアン役はもう少し若い俳優の方がしっくりくると思えた。しかしそれ相応の俳優はいなかったのかも知れない。まぁ馬に乗って走り回ったり、戦う姿はラッセルのはまり役で「グラディエーター」を彷彿とさせる場面や、素晴らしいロケーションの下、冒険活劇の世界は堪能出来る。
少々難をいえば、上陸するシーンのあの船は中世には出来過ぎで、あれは“第二次世界大戦”あたりじゃないかい?と思ったり、マリアンが夫のリベンジを果たすべく戦場に現れ戦うシーンはあり得ない展開で…“まさかエリザベス??”なんて考えたのはわたしだけだっただろうか?
しかしながらフランスとイングランドって何世紀にも渡って戦っていたんだと呆れ返る。
フランス王の姪イ ザベラ役のレア・セドゥーは実に魅力的な女優。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2011-01-29 23:05 | USA | Trackback(5) | Comments(0)

「白いリボン」

「Das weisse Band - Eine deutsche Kindergeschichte」…aka「The White Gibbon」2009 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア
a0051234_0131271.jpg

学校教師にクリスティアン・フリーデル。
男爵家で働くエヴァにレオニー・ベベシュ。
男爵に「善き人のためのソナタ/2006」「アイガー北壁/2008」「セラフィーヌの庭/2008」のウルリッヒ・トウクール。
男爵夫人にウルシーナ・ラルディ。
男爵の息子ジギにフィオン・ムーテルト。
牧師に「ベルリン、僕らの革命/2004」のブルクハルト・クラウスナー。
牧師の息子マルティンにレオナルド・プロクサウフ。
ドクターにライナー・ボック。
助産婦に「ピアニスト/2001」のスザンヌ・ロタール。
小作人に「アイガー北壁」のブランコ・サマロフスキー。
監督、脚本に「ピアニスト」「隠された記憶/2005」のミヒャエル・ハネケ。
a0051234_0135413.jpg
a0051234_0134611.jpg
a0051234_0133582.jpg
a0051234_0132248.jpg

1913年7月、北ドイツの小さな村。ある日、ドクターが自宅前に張られた針金につまずき落馬して大けがを負う。次に牧師の娘と息子は帰りが遅いことを父親にとがめられ“白いリボン”をはめられる。その後男爵の製材所で小作人の妻が事故死し、何者かによって男爵のキャベツ畑が荒らされたり、納屋が火事になったり、次々と事件が発生するがそれらは一向に解決しない。やがて村人の間に不安と、不信が募って行く...

第一次世界大戦勃発直前の1913年、北ドイツの小さな村。その村の教師のナレーションで始まる物語は、経済的な支配者である男爵と、宗教的な支配者である牧師を中心に、男爵一家、牧師一家、男爵の家令一家、ドクター一家、そして小作人一家が織りなす愛憎の人間ドラマ。

ドクターが亡くなった妻そっくりに成長した美しい娘を執拗に見つめ、中年の助産婦相手に自らの欲望を満たす。男のエゴ丸出しシーンには嫌悪感で鳥肌がたつ。一方で男爵夫人はしばらく滞在したイタリアで愛人を作り夫に一方的に別れを告げ去って行く。醜い大人たちの振る舞いの中で、救いは教師とエヴァが出会い、ほのかな恋の後、結婚に至ったことだけかな。
ドクターの落馬事故から始まって小作人の妻が亡くなり、男爵の息子ジギが行方不明となる。そして助産婦の息子カーリが大けがを負う。間に男爵家のキャベツ畑が荒らされたり(これは小作人の長男マックスの仕業)、納屋が火事になり、中で首を吊っている小作人が発見される。しかし一連の犯人は誰なのか明かされないまま、第一次世界大戦が始まったという知らせが届きエンディングを迎える。
次から次へと起こる不可解な事件に震撼する村人たち。冷たく、張りつめた空気漂う村の姿がモノクロ映像からひしひしと伝わって来る。しかしながら物語のテーマは宗教(プロテスタント)と貴族の支配。いつものように非日常この上ない展開に小説を読んでいるような気分だった。

鬼才と呼ばれるミヒャエル・ハネケ。「ピアニスト」は観たけど「ファニーゲームU.S.A」はシアターに行かなかった。後にWOWOWで放映された時に観たけど、あまりに惨くて、あほらしくて途中でやめた。鬼才の描く世界にはついて行けなかった。

マルティン役のレオナルド・プロクサウフは将来有望なる若手ドイツ人俳優。彼は「ブッデンブローク家の人々/2008」で次男クリスティアンの若き日を演じていた。
銀座テアトルシネマにて
[PR]
by margot2005 | 2011-01-27 00:42 | ドイツ | Trackback(18) | Comments(2)

「アメリア 永遠の翼」

「Amelia」 2009 USA/カナダ
a0051234_005088.jpg

アメリア・イヤハートに「P.S.アイラヴユー/2007」「フリーダム・ライダーズ/2007」のヒラリー・スワンク。
ジョージ・パットナムに「綴り字のシーズン/2005」「ハンティング・パーティ/2007」「アイム・ノット・ゼア/2007」「HACHI 約束の犬/2008」「最後の初恋/2008」「クロッシング/2009」のリチャード・ギア。
ジー ン・ヴィダルに「ヤギと男と男と壁と/2009」のユアン・マクレガー。
監督に「その名にちなんで/2006」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」のミーラー・ナーイル。

子供の頃から飛行家になることを夢見ていたアメリアは女性として初めての大西洋横断に成功し、出版人でもある夫ジョージに支えられ次々と飛行記録にチャレンジして行く。やがて単独世界一周飛行に挑む時がやって来る...

日比谷シャンテで公開される映画は殆ど観ているので、予告も何度も、何度も観ることになる。この映画の予告も繰り返し観て、なんか観ないとまずいんじゃないかなぁの感覚で観に行った次第。
アメリカ人にとってはアメリア・イヤハートは憧れの存在らしい。日本人的には憧れどころか知らない人もいたりして…。アメリア・イヤハートは“史上最も有名なアメリカ人10人”の中に必ず入る人だという。

女性初の大西洋横断に成功し、全米中を熱狂させた彼女は1920年代の時の人だった。その後、大西洋単独横断、大陸横断、太平洋横断と記録を重ね世界一周飛行に挑戦する。
女性初の大西洋横断から始まり、世界一周飛行中、南太平洋上にて行方不明になるまでを描いた伝記映画。ボーイッシュで逞しそうなヒラリー・スワンクはアメリア役にどんぴしゃで素晴らしいのだが、ストーリー展開に感動するってほどの物ではなかった。アメリアが次々と飛行の記録に挑戦する間に、最愛の伴侶となる出版人ジョージと出会い結婚。そしてまたまたその間に飛行家で友人のジーンとの不倫と別れが挿入され、淡々とした描き方はパットしなかったな。予告はとてもドラマティクだったけど…。監督のミーラー・ナーイル「その名にちなんで」は素晴らしかったのに残念。

ラストで本物のアメリア・イヤハートの映像が映し出されるが演じるヒラリーは本人に良く似ていた。
ヒラリー・スワンクは体育会系雰囲気の女優だと思う。「マリー・アントワネットの首飾り/2001」の貴婦人や、「PSアイラヴユー」の可愛い女性は悲しいかな全然似合ってなかった。
そういった意味ではアメリア役のヒラリーはナイスだった。
TOHOシネマズ日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2011-01-19 00:44 | MINI THEATER | Trackback(7) | Comments(0)

「クレアモント・ホテル」

「Mrs Palfrey at The Claremont」2005 UK/USA
a0051234_215329100.jpg

サラ・パルフリー夫人に「ムッソリーニとお茶を/1998」「永遠のマリア・カラス/2002」のジョーン・プロウライト。
ルードヴィック・メイヤーに「プライドと偏見/2005」「縞模様のパジャマの少年/2008」「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「ヴィクトリア女王 世紀の愛/2009」のルパート・フレンド。
クレアモント・ホテルの住人アーバスノット夫人に 「抱擁/2002」のアンナ・マッセイ。
クレアモント・ホテルの住人オズボーン氏にロバート・ラング。
ルードヴィックのガール・フレンド、グェンドリンにゾーイ・タッパー。
ルードヴィックの母に「ウディ・アレンの夢と犯罪/2007」のクレア・ヒギンズ。
監督はダン・アイアランド。
原作は「エンジェル/2007」の小説家エリザベス・テイラー。
a0051234_2154426.jpg
a0051234_21535125.jpg

夫に先立たれ一人暮らしとなったサラ・パルフリー。彼女は娘に頼ることなく自立して生きたいと決意し、ロンドンにある古くて小さなクレアモント・ホテルにやって来る。しかし想像とは全く違ったこのホテルには人生の最後を過ごす老人が多く、彼らは長期に渡って滞在していた。サラは孫のデズモンドに会いに来るよう連絡するがちっとも返事をよこさない。やがてサラは偶然知り合った作家志望の青年ルードヴィックに孫のフリをして欲しいと頼む…

観ていて映画の時代背景がよく分からなかった。しかしルードヴィックはパソコンならぬタイプライターで小説を書いていて携帯も持っていなかった。映画を観たあと、原作者のエリザベス・テイラーが1971年に発表した小説だということが分かり納得した。
サラがルードヴィックに孫のフリをして欲しいと頼む件...それはサラが孫に電話をかけ、そのうち訪ねて来ると言ったにも関わらず知らんぷりを決め込んでいたから。この辺りは老人同士の嫉妬心がメラメラと燃えている。
老人たちはサラ同様孫のデズモンドがいつ来るのか日々待ちに待っている。何せ皆暇人ばかり。しかしちっともやって来ないデズモンド。サラを含めクレアモント・ホテルに滞在する彼らを訪ねて来る人は誰もいない。毎朝、デズモンドはいつ来るのか?と聞かれるたびうんざりなサラはルードヴィックをデズモンドに仕立て上げるという素晴らしいアイデアを思いつき、ルードヴィックもそれを快諾する。
サラ以外の老人たちは一癖も、二癖もありそうな人たちばかり。サラはとても可愛いおばあちゃんでルードヴィックが慕うのも不自然には感じられないかな。

朝食に集まった老人集団に不満げなウエイトレス。彼女に向かって“わたしたちは入院患者じゃないわ。ゲストよ。”と一人の老夫人が言い放つ。ロンドンの街にひっそりと建つ古くて小さなクレアモント・ホテル。この長期滞在ホテルはまるで老人ホームのよう。ホテルをホーム代わりにするなんてナイス・アイデアかと思った。
偶然出会った孤独な老夫人サラに限りなく優しいまなざしを投げかけ、ひたすら優しく接する青年ルードヴィック。彼もまたとても孤独な男なのだ。母親には話せなくてもサラには心をさらけ出すルードヴィック。彼女もまたルードヴィックが本当の孫よりも大事な存在となって行く。現実ではあり得ない展開ながらとても感動してしまった。
ルパート・フレンドは「プライドと偏見」や「縞模様のパジャマの少年」では冷酷な男を演じていたが、それ以前の作品ではこのような素敵な青年に扮し、スクリーンいっぱいに素晴らしい!笑顔を披露している。ルパートの笑顔ってホントにキュート!
ルパート・フレンド映画を岩波で観るなんて想像もしなかったが、これはまさしく岩波好みの作品。老人映画ってこともあるし…。
上にも書いたがホテルを最後の住処とし、仲間たちと楽しく過ごすって、将来実践してみたいなぁと思った。それもヨーロッパのホテル…なんて決してあり得ない想像はやめた方が良さそう。
ヒロインのサラを演じる英国人女優ジョーン・プロウライトは色んな映画に出演していてよくお目にかかる。素敵に年を取った彼女は、若くてハンサムな青年に慕われる心優しい老夫人役がぴったりだ。
神保町 岩波ホールにて
[PR]
by margot2005 | 2011-01-16 22:00 | UK | Trackback(8) | Comments(0)

「Ricky リッキー」

「Ricky」2009 フランス/イタリア
a0051234_21595023.jpg

カティにアレクサンドラ・ラミー。
パコに「堕天使のパスポート/2002」「シェフと素顔とおいしい時間/2002」「歌え!ジャニス・ジョプリンのように/2003」のセルジ・ロペス。
リザにメリュジーヌ・マヤンス。
リッキーにアルチュール・ペイレ。
監督、脚本に「ぼくを葬る/2005」「エンジェル/2007」のフランソワ・オゾン。
a0051234_21593913.jpg

a0051234_072222.jpg
a0051234_07482.jpg

7歳の娘リザと暮すカティは工場で働くシングルマザー。ある日、職場でスペイン人のパコと知り合う。休み時間いきなりセックスに及んだ二人。やがて恋に落ちた二人は同居し、カティは妊娠し男の子が生まれる。リザによってリッキーと名づけられた男の子はすくすくと成長して行く。しかし夜泣きが酷く、おまけに背中に痣を見つけたカティはパコが虐待したと攻める。とんでもないと怒ったパコは家を飛び出すが、リッキーの痣は虐待からではなく背中に翼が生え始めていたのだった...

フランソワ・オゾンは「まぼろし/2001」以来のファン。「8人の女たち/2002」「スイミング・プール/2003」「二人の五つの分かれ路/2004」も良かった。特に「スイミング・プール」が素晴らしいサスペンスだ。次作は現在公開中の「しあわせの雨傘/2010」。

赤ちゃんの背中に翼が生えてきて鳥のように飛べるようになる。彼は神が遣わされた“エンジェル”なのか?リッキーを見る誰もが、イタリアやフランスの絵画に描かれた天使を思い出すだろう。裸の彼はキューピーにそっくりでもある。
いつも思うのは西洋の赤ちゃんてどうしてこう可愛いのか(特に男の子)??それにはブルー・アイズとブロンド・ヘアーが必須かな?
リッキーのつぶらな瞳に目が釘付けになる。オーディションでリッキー役を獲得したアルチュールは撮影時まだ1歳にもなっていなかったそう。でも歩いているシーンがあったような記憶が…。 

カティが一人娘リザと暮す家にいきなり押し掛けて来たパコ。リザはパコの存在が気にいらないが二人の間に男の子が生まれてしまう。夜泣きを繰り返すリッキーに疲れ果てるカティ。そしてリッキーの背中に異物が見つかる。彼が泣くのはそれが原因だった。その翼はどんどん大きくなって行き、とうとう飛ぶことが出来るまでになる。リッキーのことで諍いが起こり、激怒したパコは家を飛び出す。その後リッキーの飛ぶ姿が人々の目に留まり、カティたち労働者が住むアパルトマン前にマスコミが殺到する。群衆の前にリッキーをお披露目したカティとリザ。抱かれていたカティの胸から飛びだした彼は空高く舞い上がり姿を消してしまう。
ラスト、パコはバイクの後ろにリザを乗せ学校へ送る。家ではお腹の大きいカティがソファで幸せそうに微笑みを浮かべている…やはりリッキーは彼らに幸せを運んだエンジェルだったのかも知れない。とても素敵なラストだった。
フランソワ・オゾンのファンタジーは中々味わい深い。
12月に渋谷Bunkamura ル・シネマで観たがもはや上映していない。
[PR]
by margot2005 | 2011-01-11 23:43 | フランス | Trackback(7) | Comments(0)

今年もよろしく!

A HAPPY NEW YEAR


日々のご訪問感謝いたしております。
いつものことながら気の向いた時にTBを飛ばす有様ですが今年もよろしくお願いします。

a0051234_2223469.jpg


昨年シアターで観た映画は105本。昨年中に観たもののレビューが未だのものは2011年リストに。
そして、観たけどレビューを書かなかったもの…
「ウルフマン/2010」
「セックス・アンド・ザ・シティ2/2010」
「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い/2009」
「インセプション/2010」
「バウンティ・ハンター/2010」
「ソルト/2010」
「特攻野郎Aチーム THE MOVIE/2010」
「ナイト・アンド・デイ/2010」
どの映画もなんとなくのノリで観に行ったものばかり。
「ウルフマン」はベニチオ・デルトロに少々期待したけど今いちだったし、「セックス・アンド・ザ・シティ2」はもし“3”が作られても絶対観ないだろうと思う。
「バウンティ・ハンター」はジェラルド・バトラー狙いで観に行ったが、昨年度NO.1の“金返せ!”映画。
「ソルト」「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」「ナイト・アンド・デイ」はまぁまぁかな。
「ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」は思ったよりナイスなおばかコメディで、レオ君の「インセプション」も中々面白い作品で良かった。

昨年はドイツ映画祭(隔年公開になった模様)はナシで、TIFFにも行かなかったため本数は減った。

独断と偏見に満ちあふれたマイベストは観た順に…


フローズン・リバー
オーケストラ
あの夏の子供たち
フェアウェル/哀しみのスパイ
瞳の奥の秘密
シングルマン
隠された日記 母たち、娘たち
ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ
ソフィアの夜明け
クリスマス・ストーリー
現在公開中のエリックを探しては2009年に観た映画ながら追加したい。
[PR]
by margot2005 | 2011-01-02 23:19 | Trackback(13) | Comments(18)