「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「クリスマス・ストーリー」

「Un conte de Noël」…aka「A Christmas Tale」2008 フランス
a0051234_21503824.jpg

母ジュノンに「キングス&クイーン/2004」「ストーン・カウンシル/2005」「隠された日記 母たち、娘たち/2009」のカトリーヌ・ドヌーヴ。
父アベルに「キングス&クイーン」のジョン・ポール・ルシヨン。
次男アンリに「アデル/ファラオと復活の秘薬/2010」のマチュー・アマルリック。
長女エリザベートに「灯台守の恋/2004」「愛されるために、ここにいる/2005」「華麗なるアリバイ/2007」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」のアンヌ・コンシエ。
三男イヴァンに「ブロークン・イングリッシュ/2007」のメルヴィル・プポー。
イヴォンの妻シルヴィアに「ゼロ時間の謎/2007」「美しい人/2008」のキアラ・マストロヤンニ。
エリザベートの夫クロードに「キングス&クイーン」「パリ、ジュテーム/2006」「ユキとニナ/2009」のイポリット・ジラルド。
アンリのガールフレンド、フォニアに「キングス&クイーン」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」のエマニュエル・ドゥヴォス。
クロード&エリザベートの息子ポールに「夏時間の庭/2008」のエミール・ベルリング。
ジュノンの甥シモンにローラン・カペリュート。
監督、脚本に「キングス&クイーン」のアルノー・デプレシャン。
a0051234_21502822.jpg
a0051234_21501916.jpg
a0051234_21501080.jpg
a0051234_2150030.jpg
a0051234_21495138.jpg

アベルとジュノン夫婦はフランス北部の街ルーベに幸せに暮している。しかしある日ジュノンが白血病に冒されていることが発覚する。やがて彼らの元に長女エリザベート、三男イヴォンがそれぞれの家族を伴ってやって来る。そして絶縁状態だった次男アンリもガールフレンドを連れ登場する...

重い病気に冒された母親の元に集まった子供たちとその家族。母ジュノンの病気は数十年前に亡くなった長男ジョゼフと同じ白血病だった。ジョゼフは助からなかったが、骨髄移植によってジュノンを救おうと立ち上がる子供たち…孫ポールも含めて。
数十年前、自分たちの骨髄が適応しないと分かり、ジョゼフを救うためにアンリをもうけたアベルとジュノン。しかしアンリの骨髄はジョゼフと一致せず命は救えなかった。それ以来彼は”役立たず”の烙印を押されてしまう。
兄弟(姉妹)の骨髄移植は「私の中のあなた/2009」でも登場していた。
病気の母親の元に集まった子供たち…こちらは「幸せのポートレート/2005」のテーマでもあった。
母ジュノン役のカトリーヌ・ドヌーヴを始めとして華麗なるフランス人俳優競演のストーリーはとても奥深く見応えがあった。
嫌われ者の次男を演じるマチュー・アマルリックと、彼を徹底的に嫌う長女役のアンヌ・コンシエが光っている。

10代の孫を持つアベルとジュノンは今でも深く愛し合い幸せな日々を送っていた。
でも子供たちは…劇作家のエリザベートは仕事の上でも、繊細な心を持つ一人息子ポールのことでも悩みは隠せない。アンリは今だ亡くなった妻の影を引きずって生きている。そしてイヴォンは今だシルヴィアを愛しつづける従兄弟の存在を知っており、その密かな愛に気づくシルヴィア。
フランス北部の街ルーベを舞台に、クリスマスに集う家族の愛や悩み(寂しさ/不安)が交差するヒューマン・ドラマで大満足だった。

「今でもわたしがキライ?」「ずっとキライだ」「わたしもよ」といつまでたっても歩み寄れない母ジュノンと息子アンリの辛辣な会話が心に残る。しかし骨髄がマッチし、ジュノンにそれを提供するのはキライなアンリという結果がまた面白い。
両親の家で6年ぶりに再会したエリザベートとアンリは大げんかをする。結局アンリはジュノンともエリザベートとも和解出来てなさそうと感じたがあの後彼らはどうなるのだろう?

カトリーヌ・ドヌーヴは毎回エレガントでゴージャス。彼女の実の娘キアラとの共演作は初めて観た。シルヴィアを少々嫌っている(可愛い三男イヴォンの嫁だからか?)ジュノン。二人の会話は殆どなく、目も合わさないのが可笑しかった。

恵比寿ガーデン・シネマは来年1月29日に休館になる。また一つミニシアターが消えていくのかと思うととても寂しい。ここでは多くのフランス映画を観て来た。最後の映画は先だって観たウディ・アレンの「人生万歳!」。

キリスト教国ではないけれど都内のあちこちではクリスマスのイルミネーション真っ盛り。恵比寿は映画を観る目的以外には殆ど行かないスポットなので、とても神秘的なこちらのクリスマス・イルミネーションは今年で見納めかも知れない。
[PR]
by margot2005 | 2010-12-19 22:09 | フランス | Trackback(4) | Comments(3)

「クロッシング」

「Brooklyn's Finest」 2009 USA
a0051234_0284386.jpg

エディに「綴り字のシーズン/2005」「ハンティング・パーティ/2007」「アイム・ノット・ゼア/2007」「HACHI 約束の犬/2008」「最後の初恋/2008」のリチャード・ギア。
サルに「その土曜日、7時58分/2007」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」のイーサン・ホーク。
タンゴに「オーシャンズ13/2007」「クラッシュ/2004」のドン・チードル。
キャズに「ブレイド/1998」のウェズリー・スナイプス。
ホバーツ副署長に「追いつめられて/1987」「60セカンズ/2000」のウイル・パットン。
スミス捜査官に「シー・オブ・ラヴ/1989」「オーシャンズ13」のエレン・バーキン。
監督、製作総指揮に「トレーニング・ディ/2001」「キング・アーサー/2004」「ザ・シューター/極大射程/2007」のアントワン・フークワ。
a0051234_0283474.jpg

ニューヨーク、ブルックリン。ある日、警官による強盗事件が発生し、ニューヨーク市警はマスコミにさらされる中イメージ回復に躍起になっている。1週間後に定年を迎えるベテラン刑事のエディは新人警官の指導を任されムカついている。サルはまたしても妊娠中の妻と、子供たちのために広い家を購入することに必死だが資金を工面出来る手だてはない。長年ギャング団に潜入していたタンゴの私生活はボロボロで、捜査から抜けたいと上司に頼むが、逆に命の恩人でギャングのボス、キャズに対するおとり捜査を命じられる…

とても後味の悪い映画でレビューを書くかどうかずっと迷っていた。
公開後観客を虜にし全米を席巻させた映画だそうだが、日本での反応はそうではないことをミニ・シアターが証明している。

退職間際のベテラン刑事、信仰深くて家族想いの麻薬捜査官、そして潜入捜査官の3人。主演3人の他にもウェズリー・スナイプス、ウイル・パットン、エレン・バーキンと、豪華な出演者たち皆それぞれ適役で見応えはあるが、ストーリーはスゴくハード。安月給で命をはり過酷なジョブをこなす警官たちの姿は賞賛に値する。

宗教的な理由で子だくさんにならざるを得ない状況はお気の毒だが、愛する家族のためとはいえ売人を殺してまで金を奪うサルには同情出来ない。潜入捜査官タンゴの結末は辛すぎる。
リチャード・ギアの汚れ役は珍しい。60歳になっても女性をときめかしそうな彼が、寂しさを娼婦で紛らす哀れで、孤独な男を演じていて以外にもマッチしている。

定年まで残された1週間の間、何事もなく無事に過ごしたいと決めてかかっていたエディが、定年退職した正にその日、俄然刑事魂が蘇り…ギア、ホーク、チードル3人あっての物語だが、ラストはリチャード・ギアがキメている。
イーサン・ホークは「その土曜日、7時58分」に続き破滅して行く男に扮している。かつてイーサン・ホークには“破滅”といったイメージは全くなかったが、今やこれが定番になってしまいそうなほどしっくりとハマってしまっている。
ドン・チードルは「ホテル・ルワンダ/2004」が素晴らしかったが、「クラッシュ」の彼も、この作品の彼も味愛深い。
交差する3人がラストで一つになる。ラストはとてつもなく残酷。
TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-12-08 01:28 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(0)

「ソフィアの夜明け」

「Eastern Plays」 2009 ブルガリア
a0051234_0102232.jpg

イツォ(フリスト)にフリスト・フリストフ。
ゲオルギにオヴァネス・ドウロシャン。
ウシュルにサーデット・ウシュル・アクソイ。
ニキにニコリナ・ヤンチェヴァ。
監督/脚本/製作/編集にカメン・カレフ。
a0051234_0101011.jpg

フリスト・フリストフは国立美術学院で木工を学んだアーティスト。映画初出演で、撮影終了後事故で亡くなった。
そういや映画の中で創作する姿はリアルだった。
ヘロイン中毒でメタドン治療を受けているイツォは生きることに投げやりでアルコールに頼る毎日。朝起きて最初に口にするのはビールといった案配。
38歳のイツォには17歳の弟ゲオルギがいる。弟は同居する両親がうざくて仕方がない。やがて彼は髪をスキンヘッドにし過激派グループのギャングとなる。
学校で演技を学ぶ若くて純真なニキはアーティスト、イツォに夢中だが彼は彼女の存在が重荷でならない。
ある夜、二人はレストランでディナーの最中口論に発展し、怒ったニキは席を立ち行ってしまう。一人残されたイツォはまたしても浴びるほどビールを飲みレストランを後にする。そしてトルコ人家族の父親が暴漢に襲われている場に出くわす。彼を助けようとしたイツォは逆にギャングたちに殴られ怪我を負ってしまう。怪我の手当に病院へ行ったイツォは、暴漢に襲われた父親の娘ウシュルを見つける。ウシュルと両親はベルリンに住む彼女の兄を訪ねるためにブルガリアを横断中で、ソフィアのホテルに滞在中だった。イツォとウシュルは互いに惹かれ合うが、彼女の父親が二人の交際を許すわけもなく一家はイスタンブールへ戻ってしまう。

ソフィアの夜明け、電車が走る道路を彷徨うイツォは一人の老人と出会い誘われるまま彼のアパートを訪ねる。疲れ果てていたイツォは知らない人の家で眠り込んでしまう。はっと目が覚めた時、目の前に見知らぬ赤ちゃんがいる。見つめるイツォの顔つきがとても和らいでいたのが印象的だった。
かつて“すべての人を愛し、抱きしめたいのに出来ないんだ!”と叫んだイツォ。
大ラス、イスタンブールを訪ねる姿に未来が見え、長い間オスマン帝国の支配下に置かれたブルガリア人と、支配したオスマン(トルコ)人との間に芽生える恋の行方が気になった。

ブルガリアと言えば“ヨーグルトと琴欧州”。そして以前BS放送で見たブルガルアの“ローズオイル”はスゴく有名。“ローズオイル”は世界の70%の生産を誇るという。
隣国がトルコというのも改めて記憶にとどめた。
ブルガリアは年に7,8本しか映画が作られない国なのだそうだ。その中の一本を観ることが出来たとはラッキーなこと。この作品は2009年の東京国際映画祭で東京サクラグランプリ/最優秀監督賞/最優秀男優賞を受賞した。

渋谷 シアター・イメージ・フォーラムにて
[PR]
by margot2005 | 2010-12-05 00:58 | スペイン | Trackback | Comments(2)

「100歳の少年と12通の手紙」

「Oscar et la dame rose」…aka「Oscar and the Lady in Pink」 2009 フランス/ベルギー/カナダ
a0051234_19295116.jpg

ピザ屋のオーナーローズに「メルシィ!人生/2000」のミシェル・ラロック。
オスカーにアミール。
デュッセルドルフ医師に「偉大な生涯の物語/1965」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」のマックス・フォン・シドー。
ゴメット婦長に「シルヴィア/2003」のアミラ・カサール。
ローズの母に「悲しみよこんにちは/1957」「あるいは裏切りという名の犬/2004」のミレーヌ・ドモンジョ。
監督、原作、脚本に「イブラムおじさんとコーランの花たち/2003」「地上5センチの恋心/2006」のエリック・エマニュエル・シュミット。
「男と女のいる輔導/1962」「シェルブールの雨傘/1963」「ロシュフォールの恋人たち/1966」etc.のミシェル・ルグランが音楽を担当している。
a0051234_1930052.jpg

a0051234_1929421.jpg
a0051234_19293497.jpg

10歳のオスカーは白血病を患い小児病棟に入院中。周りは余命が少ないことを悟られないよう日々接している。しかし、オスカーは自分の命が短いことを聞いてしまい誰とも話さなくなってしまう。そんなある日病院にピザを配達に来たローズは階段でオスカーに出くわし、無遠慮な態度を取る。両親や病院のスタッフにはない自然な振る舞いのローズに好感を持つオスカー。それを知った院長は彼の話相手になるようローズに頼み込む...

邦題の“100歳の少年と12通の手紙”は、ロースの提案によりオスカーの1日を1年と仮定し、10歳の彼が100歳になるまで神様に手紙を送り続けたことから来ている。
監督が書いた本がベストセラーになり、フランスのみならず、世界40カ国の人々が涙したという。
子供の病気をテーマに観客を泣かせる映画はあまり観たくないが、余命わずかな男の子と、病院が嫌いなおばさんの交流をファンタジックに描き、とても心温まる一作であった。
子供の前でも“キタナイ言葉”炸裂のおばさんローズ。彼女って子供嫌いなのかな?なんて想像しながら観ていたら、何のことはないローズにも愛する子供(成人)がいて、クリスマスのシーンは胸に迫る。まぁでもオスカーとの結びつきにローズの子供たちは少々驚いていたが…。

院長と両親が話していた会話を聞いてしまったオスカー…それは自分の命が短いこと。そのことを知っているとは思ってもいない彼らは腫れ物に触るよう接し始める。しかし病院に配達にやって来たピザ屋のオーナー、ローズはオスカーにも毒舌を浴びせ、彼のお気に入りとなる。ただ一人普通に接するローズに目を付けた院長はオスカーを毎日見舞って欲しいと頼み込む。病院キライのローズは盛んに抵抗するが、あどけなく、純粋な彼に徐々に惹かれて行く。病院キライのローズの気持ちってわかるなぁ。自分の子供でもないのになぜ?と思ったことだろう。しかしオスカーと接するうち、人生に少々絶望していたローズもまた優しい心が芽生え、生活に活気を取り戻し始める。
オスカーにせがまれお話するローズ。それはかつて女レスラーだったローズのリングでの闘いの物語。奇想天外なレスラー続出で、観客席に院長とゴメット婦長がいたりするのだ。

初映画でオスカー役のアミールの笑顔がたまらなく可愛い!
ローズを演じるミシェル・ラロックの女レスラーはカッコ良かったし、ローズの母親役のミレーヌ・ドモンジョは最初誰だか分からなくて、エンドクレジットで名前が判明。「あるいは裏切りという名の犬」同様貫禄たっぷりの存在感はトレヴィアン!
院長役のマックス・フォン・シドーも適役だったな。
TOHOシネマズ・日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-12-04 20:36 | フランス | Trackback(5) | Comments(2)

「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」

「Nowhere Boy」2009 UK/カナダ
a0051234_0183873.jpg

ジョン・レノンに「幻影師アイゼンハイム/2006」「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日/2008」のアーロン・ジョンソン。
ジュリア・レノンに「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」のアンヌ・マリー・ダフ。
ミミに「ルパン/2004」「ずっとあなたを愛してる/2008」「ブーリン家の姉妹/2008」「お買いもの中毒な私!/2009」のクリスティン・スコット・トーマス。
ジョージに「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!/2007」のデヴィッド・スレルフォール。 
ジュリアの内縁の夫ボビーに「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男/2005」「ブーリン家の姉妹」のデヴィッド・モリッシー。
ポール・マッカートニーに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「ブライト・スター~いちばん美しい恋の詩(うた)~/2009」のトーマス・サングスター。
ジョージ・ハリソンにサム・ベル。
監督はサム・テイラー・ウッド。
a0051234_0181425.jpg

1950年代のリヴァプール。ジョンは厳格な伯母ミミと音楽が好きな優しい伯父ジョージと共に幼い頃より暮らしている。ある日、ジョージが亡くなり、ジョンは葬儀で実母ジュリアの存在を知ることになる。ジュリアの住まいが近所にあることを知り、ミミには内緒で彼女を訪ねる。そしてジュリアはジョンをまるで恋人のように家に迎え入れるのだった...

ジョン・レノン(The Beatles)の伝記(TV映画も)は何冊も読んでいたけど、この映画は、育ての母と、生みの母との狭間で揺れる“ジョンの魂の叫び”のようなものを感じ素晴らしかった。
映画のオープニングで、「A Hard Days Night/1964」のオープニングそっくりのサウンドが流れ、ロンドンではなくジョンが生まれたリヴァプールの街が映し出される。リヴァプール大聖堂の前に現れる若きジョン・レノン。インパクトなオープニングは鮮やか!
リヴァプールの港や、“ストロベリー・フィールズ”の門も一瞬映る。
ジョンの妻Ono Yokoが買い取り、寄贈されたNational Trustが管理し現在一般公開されているミミおばさんの家は本物なのかな?
ビートルズの大ファンなので6年前リヴァプールに行った。“マジカル・ミステリー・ツアー”でバスに乗りビートルズゆかりのスポットを回ったのは生涯の思い出。その時あの家はまだ一般公開されておらず外から眺めたのみ。
a0051234_021595.jpg

a0051234_023616.jpg
a0051234_0241959.jpg

a0051234_0234655.jpg
a0051234_0233799.jpg

a0051234_0214063.jpg

a0051234_0241046.jpg
a0051234_024127.jpg
a0051234_0235332.jpg

リヴァプールの街にそびえる大聖堂はヨーロッパ最大というとてつもない大きさで圧倒される。英国内でも名だたる港町リバプールには大型のタンカーが停泊中だった。

ジョン・レノンを演じるアーロン・ジョンソンが上手い!1990年生まれのアーロンは16~19歳のジョンに扮している。ジョンの若い頃ってスゴくsexyなのだが、アーロンも中々sexyで、前作「ジョージアの日記/ゆーうつでキラキラな毎日」のロビーとは別人のようだ。そして声がジョンそっくりで驚く。
スチュアート・サトクリフの生涯を描いた「バックビート/1994」でジョンを演じたイアン・ハートもジョン・レノンになりきっていたが、アーロンも若きジョン・レノンを彷彿とさせる。
奔放なジュリアと、厳格なミミに扮するアンヌ・マリー・ダフとクリスティン・スコット・トーマスもナイスキャスト。ダフは前作「終着駅 トルストイ最後の旅」での凛とした貴族の娘が似合っていたが、以外にも過激で天真爛漫なジュリアにハマっている。
K.S.トーマスは顔的にも厳格な役柄はお手のものだ。
エンディングでジョンの歌う“Mother”が流れる…“Mother, you had me but I never had you, I wanted you but you didn't want me…”いつ聞いても泣ける。
TOHOシネマズみゆき座
[PR]
by margot2005 | 2010-12-01 00:35 | UK | Trackback(12) | Comments(2)