<   2010年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」

「Luftslottet som sprängdes」…aka「The Girl Who Kicked the Hornet's Nest」2009 スウェーデン/デンマーク/ドイツ
a0051234_20563510.jpg

ミカエルにミカエル・ニクヴィスト。
リスベットにノオミ・ラパス。
ミカエルの妹でリスベットの弁護士アニカにアニカ・ハリン。
リスベットの後見人ベーテル・テレボリアンにアンデシュ・アルボム・ローゼンタール。
リスベットの父親ザラチェンコにゲオルギー・ステイコフ。
ザラチェンコの部下ニーダーマンにミカエル・スプレイツ。
公安警察官モニカにミリヤ・トゥレステット。
“ミレニアム”の編集長でミカエルの恋人エリカにレナ・エンドレ。
監督にダニエル・アルフレッドソン。
原作はスティーグ・ラーソンの“ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士”。
a0051234_20564516.jpg

ザラチェンコとの壮絶な闘いで重傷を負ったリスベットはミカエルに発見されイェーテボリの病院に収容される。そこには同じく重傷を負ったザラチェンコも収容されていた。一方で政府公安警察の秘密組織は 国家的スキャンダルを闇に葬るためリスベットを始めとした関係者の抹殺に動き出す。始めにザラチェンコが殺され、次にリスベットも狙われるが間一髪で難を逃れる。そしてミカエルにも危険が迫っていた...

「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」「ミレニアム2 火と戯れる女/2009」に続く“ミレニアム3”最終章。
“ミレニアム1”から“ミレニアム2”公開までは間が開いたが、“ミレニアム2”“ミレニアム3”は続けて公開され配給会社に感謝した。こういったシリーズものは誰しも早く観たいものだ。
二作目は少々中だるみって感じだったが、いやいや最終章は面白かった。リスベットがブラック皮ジャンを着用し、鼻、耳ピアス&鶏冠ヘアーで、目の周りばっちりアイライン・メイクで自らの裁判に登場する。リスベットにはあのメイクとファッションが欠かせない。小柄な彼女に驚く検事。そうリスベットは小柄な女性なのだ。
ミカエルはもちろんの事、リスベットの雇い主である警備会社社長 ドラガン・アルマンスキーや、ミカエルの妹を弁護士に向かえ“狂卓の騎士”を結成し巨悪を滅ぼすに至る様は最高に見応えがあった。
驚くべきリスベットの過去が明かされ、あの変態後見人の真実も暴露され痛快!しかし一人の幼い少女リスベットが国家的スキャンダルの犠牲者だったとはあまりにもお気の毒。このように壮大で、スリリングなストーリーを書いた原作者スティーグ・ラーソンは既にお亡くなりになっているとは残念なこと。原作の翻訳本はいつか読んでみたい!

天才ハッカーのリスベットの武器はPC。ある日、病院の彼女のベッドにチョコレート・ボックスに隠した携帯が置かれていた。それは“これで自伝を書くと良い。”とメッセージを残したミカエルからの贈り物だった。
ラスト、ミカエルがリスベットのマンションを訪れる。再会した二人…リスベットが部屋に入るよう誘うか、それともミカエルが部屋に入って良いか訪ねるか?どちらかの展開を予想したが、どちらもなく、“また..”と言い合って別れる姿は妙に味わい深くてとても素敵なエンディングだった。
2作品を観た後、DVDに保存してある”ミレニアム1”を今一度観てみたがやはり原作買いに行かなきゃ...。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2010-09-26 21:11 | スペイン | Trackback(11) | Comments(2)

「終着駅 トルストイ最後の旅」

「The Last Station」2009 ドイツ/ロシア/UK
a0051234_0322065.jpg


ソフィヤ・トルストイに「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」「クィーン/2006」「消されたヘッドライン/2009」のヘレン・ミレン。
レフ・トルストイに「Dr.パルナサスの鏡/2009」のクリストファー・プラマー。
ワレンチンに「つぐない/2007」「ジェイン・オースティン 秘められた恋/2007」「ウォンテッド/2008」のジェームズ・マカヴォイ。
チェルトコフに「幻影師アイゼンハイム/2006」「私がクマにキレた理由(わけ)/2007」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009」のポール・ジアマッティ。
サーシャ・トルストイに「マグダレンの祈り/2002」のアンヌ・マリー・ダフ。
マーシャに「ダニー・ザ・ドッグ/2005」のケリー・コンドン。
監督、脚本に「素晴らしき日/1996」「真夏の夜の夢/1999」「卒業の朝/2002」のマイケル・ホフマン。
a0051234_0321018.jpg
a0051234_0315936.jpg

ロシアの文豪レフ・トルストイの妻ソフィヤは50年もの長い日々献身的に夫を支えて来た。しかしトルストイの弟子チェルトコフが新しい遺書に署名するよう説得中と知った彼女は心穏やかでない。ソフィヤとチェルトコフは誰もが知る犬猿の中。一方でトルストイを崇拝する青年ワレンチンが助手としてやって来る…

世界三大悪妻の一人..ちなみに一番はソクラテスの妻で、二番目はモーツアルトの妻。ソフィヤの代わりにナポレオン一世の妻ジョセフィーヌとも言われているそう。
ソクラテスの妻については全く知識がないが、他の女性たちは知っているので全くもって納得できる。
トルストイの書いた“戦争と平和”&“アンナ・カレーニナ”はもちろん読んでいる。相当前に読んだものでストーリーはおぼろげだが、映画の中で激怒したソフィヤが“アンナ・カレーニナのように列車に轢かれて死んでやる!”という台詞にアンナの鉄道自殺を思い出した。
この映画はレフ・トルストイの晩年を描いている。彼は伯爵家の生まれで、若い頃に相続した広大な土地ヤースナヤ・ポリャーナでソフィヤと50年にも及ぶ結婚生活を送ったという。その白樺林が素晴らしく美しいヤースナヤ・ポリャーナでロケーションされている。

ソフィヤを演じたヘレン・ミレンは“強い女”が実に似合う。エリザベス一世と二世役や「消されたヘッドライン」での鬼編集長。かつての彼女の役柄はそうではなかったと記憶するが、昨今のヘレンが演じる女性は“強い女”ばかり。今回のソフィヤはその最たるもので迫力あり。
トルストイ役のクリストファー・プラマーは60年代〜現在に至るまで50年間第一線で活躍するスゴい俳優。こんな人他にいないので驚く。レフ・トルストイも似合っていたな。
どこまでも純粋で良い青年…だからこそトルストイ夫妻に信頼されたワレンチンを演じるジェームズ・マカヴォイも適役。
ラスト、トルストイの死が報告された駅舎(アスターポヴァ)の周りに集まった人々...彼の死を悼むロシアの人々の姿にレフ・トルストイの偉大さを改めて知った。
TOHOシネマズ日比谷シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-09-22 00:43 | ドイツ | Trackback(11) | Comments(0)

「ミレニアム2 火と戯れる女」

「Flickan som lekte med elden」…aka「The Girl Who Played with Fire」2009 スウェーデン/デンマーク/ドイツ
a0051234_231556.jpg


ミカエルにミカエル・ニクヴィスト。
リスベットにノオミ・ラパス。
ミカエルの恋人エリカにレナ・エンドレ。
リスベットの友人ミリアムにヤスミン・ガルビ
リスベットの後見人ベーテル・テレボリアンにアンデシュ・アルボム・ローゼンダール。
監督にダニエル・アルフレッドソン。
原作はスティーグ・ラーソンの“ミレニアム2 火と戯れる女”。
a0051234_2312973.jpg

“ミレニアム”に復帰した編集長ミカエルは少女売春組織の実態に迫る特集記事の準備を進めていた。しかしある日、記者二人が殺害されてしまう。そして現場にはリスベットの指紋がついた銃が残されていた。やがて彼女は殺人犯として指名手配される。リスベットと1年近く会っていないミカエルは彼女の身を案じつつ無実を信じるのだった...

過去のトラウマからミカエル以外誰も信じないリスベットは犯人に仕立てられた自身の潔白を晴らすため一人で行動を起こす。警察の追求をかわしながら犯人と対決するリスベットは相変わらず賢くて、強いこと!
今回終盤でリスベットの過去が明かされ、父親とも再会する。悪魔のような後見人ペーテルの前の心優しい後見人も登場して来る。
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女/2009」の続編で非常に楽しみにしていた。前作はミカエルが依頼された事件をリスベットと共に解き明かして行く過程がとてもスリリングで見応えあったが、“ミレニアム2”は少々盛り上がりに欠け期待したほどではなかった。でも現在公開中の「ミレニアム3眠れる女と狂卓の騎士/2009」も観に行く予定。
このシリーズはミカエルとリスベットのコンビあっての映画だと思うので、1年以上会っていない設定で、二人の絡みがないのは寂しい。大ラスでミカエルがリスベットを助けに来て互いに再会を果たす。
今回はストックホルムの街や郊外がロケーションに使われていて、行ってみたいな北欧!
前作のラストで大金をゲットしたリスベットは億ションを購入する。それは窓から美しい海が見えるロケーションに建ち素晴らしい!他にもリスベットの母親が眠る広大な墓地…そこの芝生に巨大な十字架が建てられている。あの景色は民放のハイビジョン放送でいつも楽しみにしている旅行番組、多分“スエーデン完璧マップ”で紹介されていた。
鼻ピアスのリスベットが扮装する時はスッピンにブロンド・ヘアー。ブロンドは彼女に似合わないが、素顔のノオミ・ラパスが以外にチャーミングで驚く。
毎回書いているかも知れないが、ミカエル・ニクヴィストはホント素敵な俳優だ。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋に
[PR]
by margot2005 | 2010-09-19 23:24 | スペイン | Trackback(9) | Comments(2)

「ミックマック」

「Micmacs」2009 フランス
a0051234_023561.jpg

バジルに「戦場のアリア/2005」「ぼくの大切なともだち/2006」「コード/2008」のダニー・ブーン。
タンブイユ(料理番)に「パリ、ジュテーム/2006」「セラフィーヌの庭/2008」のヨランド・モロー。

レミントンにオマール・シー。

ラ・モーム・カウチュ(軟体女)に「パリ/2007」のジュリー・フェリエ。
フラソワ・マルコーニ(地雷製造会社)に「シークレット・ディフェンス/2008」のニコラ・マリエ。

ド・フヌイエ(ピストル製造会社)に「あるいは裏切りという名の犬/2004」「アガサ・クリスティーの奥様は名探偵/2005」のアンドレ・デュソリエ。
監督、脚本、製作に「アメリ/2001」「ロング・エンゲージメント/2004」のジャン・ピエール・ジュネ。
a0051234_025547.jpg

パリに住むバジルはレンタル・ビデオ・ショップの店員。ある夜、突然の発砲事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けるはめになる。命は取り留めたものの銃弾は取り出せず、頭に残ったままの状態で退院して来る。しかしバジルがショップに戻った所、新しい店員がおり、彼は仕事も家も失ってしまったことに気づく。ホームレスとなったバジルは廃品回収をしながら共同生活を送るユニークな人々と出会い、彼らに温かく迎えられる...
a0051234_022486.jpg
a0051234_021419.jpg

幼い頃に地雷の事故で父親を亡くしたバジルは、大人になり発砲され銃弾を頭に受ける。そしてこの地雷と、銃弾(ピストル)の製造会社を偶然に見つけ復讐を誓う。
“世界が平和でありますように。”…とバジルとその仲間が武器製造会社社長二人を叩きのめすさまは痛快。
とてつもなく奇想天外な映画なので、バジルの仲間は皆不思議な特技を持つスーパー級に個性的な人物ばかり。

今年のフランス映画祭で上映された作品だったが、観ることが出来ずでずっと楽しみにしていた。フランスの風刺映画は展開が強烈で面白いことこの上ない。地雷&ピストル製造会社の社長たちがやり玉にあげられる終盤は最高!で、彼らを演じる二人の俳優...大の男が命を助けてと懇願する滑稽な姿…こんな役柄初めて観た!の二人の俳優。特にアンドレ・デュソリエの気の毒なほどの変わりぶりには大笑いした。
主演のバジルを演じるダニー・ブーン。「ぼくの大切なともだち」で一風変わった実に善良なタクシー・ドライヴァーが似合っていた。こちらの役でもちょっと変なバジルは奇想天外な物語にすっかり溶け込んで、ダニー・ブーンもぴったり。
パリの街がふんだんに登場するのもたまらない。バジルがホームレスするセーヌを始め、オルセー、ギャラリー・ラファイエットやムーラン・ルージュにモンマルトル墓地、パリ東駅&リヨン駅と、そこにある有名レストラン、トラン・ブルーとパリの街歩き観光状態。映像は全体的にセピア色で、それがパリの街にマッチしている。
ジャン・ピエール・ジュネ映画「デリカテッセン/1991」は残念なことに未見なので是非観てみたい。
恵比寿ガーデン・シネマにて

[PR]
by margot2005 | 2010-09-17 00:14 | フランス | Trackback(18) | Comments(2)

「ようこそ、アムステルダム美術館へ」

「Het nieuwe Rijksmuseum」…aka「The New Rijksmuseum」2008 オランダ
a0051234_22132639.jpg

監督、脚本にウケ・ホーヘンダイク。

2004年、アムステルダム国立美術館は開館以来初めて大規模な改築工事を始めようとしていた。そして2008年のオープンへ向け館長ドナルド・デ・レーウの指揮の下、スペイン人建築家クルス&オルティスの手になる建設プランが動き始めていた。しかしまず始めに、美術館閉鎖のため通路を通り抜けできない市民たちの猛反発を買うことになる...

美術館vs市民
館長vs建築家
官僚vs美術館
果たしてオープンの日は来るのか??
a0051234_2211571.jpg
a0051234_22122086.jpg
a0051234_2212813.jpg


オランダには行ったことがないので、この美術館のことは知らない。今回初めて美術館の全景を目にした。
建物のど真ん中を通路が貫き通り抜けが出来る。美術館閉鎖の間、通り抜けが出来ない市民たちは生活に支障が出ると猛反対する。
オランダ人に振り回されるスペイン人建築家たち。とどめは官僚たちと美術館の戦い。ドキュメンタリーならではの臨場感たっぷりの展開がとても興味深くて面白い。
ドキュメンタリー映画ってあまり観ないのだが、これでは多いに笑わせてもらい楽しかった。

以前、ドキュメンタリー「パリ・ルーヴル美術館の秘密/1990」を観たけど、こちらの方が断然面白い。「パリ・ルーヴル美術館の秘密」は映画の中で名画をたっぷりと見せてくれるが、こちらの名画はほんの少ししか顔を出さない。それは少々残念だったが、新美術館建設のためてんやわんやになる人々の姿が気の毒なほど可笑しいのだ。
修復家による名画の修復シーンもとても見応えがあった。
主人公とも思える館長ドナルド・デ・レーヴは“皆に愛される美術館”が理想と訴えスゴくかっこいいし、アジア美術を担当する学芸員の日本美術への惚れ込みも半端じゃない。
こちらの美術館にごっそりとあるレンブラントやフェルメールの絵画は過去に東京/上野で見たことがある。今もってオープンしていないこの美術館の名作は倉庫に眠っているそう。最近日本でヨーロッパの絵画が頻繁に一般公開されているのもアムステルダム国立美術館が閉鎖中の理由の一つかと思える。
渋谷 ユーロスペースにて
[PR]
by margot2005 | 2010-09-12 22:53 | スペイン | Trackback(5) | Comments(0)

「瞳の奥の秘密」

「El secreto de sus ojos」…aka「The Secret in Their Eyes」2009 スペイン/アルゼンチン
a0051234_215224.jpg

ベンハミン・エスポシトにリカルド・ダリン。
イレーネ・メネンデス・ヘイスティングスにソレダ・ビジャミル。
リカルド・モラレスに「今夜、列車は走る/2004」のパブロ・ラゴ。
リカルドの妻リリアナにカルラ・ケベト。
リリアナの幼なじみイシドロ・ゴメスにハビエル・ゴディーノ。
パブロ・サンドバルに「ルドandクルシ/2008」のギレルモ・フランチェラ。
監督、共同脚本、編集にファン・ホセ・カンパネラ。
a0051234_215121.jpg

ある日、刑事裁判所を退職したベンハミンはかつての職場を25年ぶりに訪ねる。彼はそこでイレーネとの再会を果たすが、今や彼女は検事となり、結婚し子供の母親でもあった。ベンハミンはイレーネに過去に迷宮入りとなった事件について小説を書くつもりと話始める。それは1974年にブエノスアイレスで起きた銀行員の妻暴行殺害事件のことだった...

アカデミー外国語映画賞受賞(2009)作品。
1974年に起きた銀行員の妻リリアナ殺害事件は捜査に行き詰まり暗礁に乗り上げる、しかし1年が経過したある日、ベンハミンは駅で偶然にもリリアナの夫リカルドに出くわす。リカルドは曜日を変え、駅に現れる容疑者を待っていたのだ。彼の深い愛情に触発されたベンハミンは事件捜査の再会を望む。そしてとうとう犯人を突き止める。
容疑者が現れるのを待つサッカー・スタジアムでのシーンはさすがのサッカー国アルゼンチン!そういや同じくサッカー国のイタリアでも名作「ひまわり/1970」の中で夫を探すヒロインの姿がサッカー・スタジアムにあったのを思い出す。
二度だったか?登場する、ベンハミンが乗る列車を追いかけるあのシーンも素晴らしい!
ベンハミンと相棒パブロが強引に捜査する(捜査令状も持たないで容疑者の家に入り込み手紙を読んだり…)件や、ベンハミンの相棒パブロがジョークを飛ばして笑いを誘う場面はシリアスなドラマの中にあってニクい演出。
25年ぶりに再会した男と女…タイトルにあるように見つめ合う二人の“瞳”が語る秀作。今年度のマイベストに入れたい!
しかしながらあの結末にはマジで驚いた。執念って女のものかと思いきや、リカルドはスゴ過ぎる。
イレーネと出会った瞬間叶わぬ恋に落ちたベンハミンと、リカルドのリリアナへの一筋の愛…“A”が打てないタイプライターも上手く使って...二組の愛の物語でもある。
日比谷・TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-09-11 21:48 | スペイン | Trackback(18) | Comments(2)