<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「ぼくのエリ 200歳の少女」

「Låt den rätte komma in」…aka「Let the Right One In」2008 スウェーデン
a0051234_23293659.jpg

オスカーにカーレ・ヘーデブラント。
エリにリーナ・レアンデション。
エリの父親にペール・ラグナー。
監督、編集にトーマス・アルフレッドソン。
a0051234_2329489.jpg

12歳になる少年オスカーはストックホルム郊外の集合住宅に母親と暮らしている。彼は日々、同級生からのイジメに苦しんでいるが誰も助けてくれようとはしない。そんな折、オスカーの家の隣にエリという少女が父親と共に引っ越して来る。エリはオスカーと同じ12歳。しかし年齢より大人びたエリにオスカーは惹かれ始める。一方で街ではおぞましい殺人事件や奇妙な出来事が起こり始める...

シアターの大看板にも“リリカルな〜”という宣伝文句が掲げてある。このリリカルって言葉はあまり使わないので、今一度“lyrical”の意味を調べてみた。それは叙情的(抒情的)とか詩的という意味。某新聞映画評に“吸血鬼との詩的な恋”と書いてあった。ヴァンパイア・ストーリーに“リリカルな”って表現は以外にマッチする。
映画解説に“孤独な少年の切なくも美しい初恋を繊細に描く~”とあるように、世界中で絶賛されたヴァンパイア映画。
ヴァンパイア映画が絶賛されることってかなり珍しい現象ではないだろうか?どこかに「ニュームーン/トワイライト・サーガ/2009」などとは比べものにならない趣のヴァンパイア映画とコメントされていたのには大同感。
エリのために必死で血を集める父親の姿が、滑稽なんだけど哀れで、おぞましいながらも記憶に残る。
前にも書いたように、ホラーはダメだがヴァンパイア映画は好き。こちらの映画の舞台は真冬の北欧スエーデン、ストックホルム。雪が降る酷寒の地でヴァンパイアが血を求めて人を襲う。雪が積もった真っ白な地面に真っ赤な血が流れる様はとても神秘に映る。
ヒロインのヴァンパイアが少女という設定にも残虐さをあまり感じさせないのが良い。ヴァンパイアの少女と出会うのは、まるで女の子のようなブロンド・ヘアーを持つ優しい顔立ちの少年。演じるカーレ・ヘーデブラント、最初女の子かと思ったくらい。
ある晩、友達のいないイジメられっ子の孤独な少年は隣に住む少女と出会う。初恋の相手がヴァンパイアだったというシチュエイションも中々面白い。
貧乏なエリは昼間、棺ならぬバスタブっで眠るっていうのはニクい発想だったな。
ラスト近く、オスカーが悪ガキどもにイジメられるプールに颯爽と登場したヴァンパイア、エリ...あのシーンはホント痛快。
銀座テアトル・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-29 23:38 | スペイン | Trackback(11) | Comments(2)

「アデル/ファラオと復活の秘薬」

「Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec」...aka「The Extraordinary Adventures of Adèle Blanc-Sec」「Adèle」2010 フランス
a0051234_1321174.jpg

アデル・ブラン=セックにルイーズ・ブルゴワン。
デュールヴーに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「007/慰めの報酬/2008」マチュー・アマルリック。
カポニ警部に「世界でいちばん不運で幸せな私/2003」「ナルコ/2004」「パリ/2007」のジル・ルルーシュ。
ジュスタン・ド・サン=ユベールに「エディット・ピアフ~愛の讃歌~/2007」のジャン・ポール・ルーヴ。
メナール教授に「やがて復讐という名の雨/2007」「マルセイユの決着/2007」のフィリップ・ナオン。
メナールの助手アンドレフ・ズボロフスキーに「96時間/2008」のニコラ・ジロー。
アデルの妹アガットにロール・ドゥ・クレルモン=トネール。
監督、脚本に「アンジェラ/2005」「96時間/2008」「トランスポーター3 アンリミテッド/2008」のリュック・ベッソン。
a0051234_1322013.jpg

1911年、パリ在住のジャーナリスト、アデルは妹アガットの命を救うためエジプトへやって来る。そこで古代エジプトの“復活の秘薬”の手掛かりをつかむが、宿敵であるマッド サイエンティスト、デュールヴーに阻止されてしまう。一方でパリの街に謎の怪鳥が現れ大騒ぎとなる。それはジュラ期に絶滅した翼竜プテロダクティルスだった...

インディ・ジョーンズ+ハムナプトラ・シリーズ&クルーゾー警部(ピンクパンサー)といった所かな。フランス版時代ものアクション映画ということですっごく期待したが、ベースは人気コミックだったようでちょっとお粗末。
オープニング・クレジットにマチュー・アマルリックの名を発見。しかしどれがマチューなのか分らず?観ていて謎?だったが。宿敵デュールヴー役…あれじゃ分るわけなく、マチューの変身メイクに脱帽。
カポニ警部とアフリカから戻って来たハンターのジュスタン・ド・サン=ユベール。二人のお馬鹿コンビとアデルの行動は支離滅裂なのだ。でも大笑いするほどでもなく、アクションも笑いも少々中途半端に終わって、次作につながるであろうの“タイタニック”に乗船のアデル。リュック・ベンソン、時代物映画はあまり冴えない気がする。
ヒロインのアデルに扮するルイーズ・ブルゴワンはこれまたデカい女性。ベンソンはデカい女が好きなのかも知れない。常に大胆に出るアデル役にはぴったりの女優である。
ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-25 01:39 | フランス | Trackback(5) | Comments(0)

「ザ・ロード」

「The Road」2009 USA
a0051234_23515475.jpg

男に「アラトリステ/2006」のヴィゴ・モーテンセン。
息子にコディ・スミット・マクフィー。
老人に「サンキュー・スモーキング/2006」「アンダーカヴァー/2007」「ラッキー・ユー/2007」「クレージー・ハート/2009」のロバート・デュヴァル。
男の妻に「告発のとき/2007」「あの日、欲望の大地で/2008」のシャーリーズ・セロン。
ラスト、男の息子が出会う“善い人”に「ハート・ロッカー/2008」のガイ・ピアースが扮している。
監督にジョン・ヒルコート。
原作小説”ザ・ロード”は「すべての美しい馬/2000」「ノーカントリー/2007」のコーマック・マッカーシー。

現代アメリカを代表する作家コーマック・マッカーシーのピュリツァー賞受賞作の映画化作品。これは本で読めば素晴らしいのではないかと思える。しかしながら映画はダメだった。途中でシアターを出ようかと思ったくらい…。
天地異変なのか?核戦争なのか?原因はいっさい明かされないでストーリーは進んで行く。空はどこまでも暗く灰色で、破壊された家々に餓死した人々の死体が転がり、家の中にはいっさい食べ物はない。そして人食いギャングが銃を携えてあたりを伺っている。
人間食べる物が無くなったら、人間を食べるしか方法がない。物語の中で息子は“僕らはどんなにお腹が空いても人を食べないよね?”と父親に聞く。“もちろん。”と答える父親。しかし彼は自分が死んでしまった後息子が一人で生き延びられるかどうか心配している。息子は、息子で父親が死んでしまったらどうしようと不安でいっぱいなのだ。
息子の存在が生きる(希望)糧になり、父親の子供を思う気持ちが感動的に描かれている。ヴィゴ・モーテンセンの鬼気迫る演技は素晴らしい!が映画的にはどうも今一つ。
男の妻に扮するシャーリーズ・セロン。出番は少ないが、この方は存在感のある女優だ。妻は精神的に追いつめられて息子を出産後家を出て自殺してしまう。餓死するか、人食いギャングに食べられるくらいなら死んだ方がましと自殺してしまった妻を救えなかった男がなんとなく情けなく映る。
こちらも何度も、何度も予告を観て気になっていた。とてつもなく暗い映画かと想像していたが、暗いだけじゃなくワケが分からない“人類最後の日”ストーリー。
ただ、海辺で男の息子が“善い人”の家族と出会うエンディングには少々感動。コディ・スミット・マクフィーの熱演が光る。
日比谷 TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-18 00:13 | MINI THEATER | Trackback(10) | Comments(0)

「シスタースマイル ドミニクの歌」

「Soeur Sourire」…aka「Sister Smile」 2009 ベルギー/フランス
a0051234_19284926.jpg

ジャニーヌ・デッケルス/シアタースマイルに「ロシアン・ドールズ/2005」「モンテーニュ通りのカフェ/2006」「ジャック·メスリーヌ フランスで社会の敵(パブリック·エネミー)No.1と呼ばれた男 Part1/ Part2/2008」「スフィンクス/2010」のセシル・ドゥ・フランス。
アニーにサンドリーヌ・ブランク。
ジャニーヌの父にヤン・デクレール。
母にジョー・デスール。
従妹フランソワーズに「サン・ジャックへの道/2005」「ぜんぶ、フィデルのせい/2006」のマリー・クレメール。
監督、脚本にステイン・コニンクス。
a0051234_19285957.jpg

a0051234_1928408.jpg

1950年代の終わり、ベルギー。ある日、パン屋の娘ジャニーヌはソリが合わない母親に反発し修道院に逃げ込む。厳格な修道院生活に順応するのは大変なことだったが、大好きな音楽を支えに乗り越えて行く。やがて自ら書いた詩に曲をつけ聖ドミニコ教会を讃えた“ドミニク”を発表する。ジャニーヌの歌う美しい歌とメロディは評判となりレコード化され大ヒットとなる...

ジャニーヌ・デッケルスはとても大胆な女性。まだまだ保守的な時代だった50年代に、自分の人生は自分で選ぶと決め、結婚して家庭を持つという平凡な人生から逃れたくて、そしてアフリカで救済活動をしたいという願望もあり、ある日突然俗世間を捨て修道院に飛び込んだのだ。この考えはスゴ過ぎるし、実行したものの、修道院で縛られることに反発しはみ出し者となる。が、その後、歌とギターを支えに詩を書き、メロディーをつけ大ヒット曲“ドミニク”を発表する。この曲はシスターが歌ったからこそ売れたのであり、修道院も宣伝に手を貸した。しかし後に修道院を飛び出したジャニーヌが新しく書いた曲は過激すぎると修道院が難癖をつけコンサート活動が出来なくなる。
“ドミニク”は知っているが、“シスタースマイル”と呼ばれたジャニーヌの生涯は全く知らなくて、彼女には女性のコンパニオンがいて、お金に困って二人で自殺したという真実に驚いた。
1985年に51歳で亡くなったジャニーヌは、映画のエンディングでも紹介されるように“ドミニク”に課せられた多額の税金を支払うことが出来ず、修道院も知らんぷり。音楽活動をしても“ジャニーヌ・デッケルス”では売れず、“シアタースマイル”の名前では活動出来なくて、修道院を出た後は惨めな人生だったようだ。

ヒロインを演じるセシルも監督もベルギー出身。映画の中で“ドミニク”を歌っているのはセシル本人。
セシル・ド・フランスはフランス映画祭2009で観た「スフィンクス」ではとてもスタイリッシュな刑事を演じていた。こちらもフランス映画祭2009で公開された。次々と違ったジャンルのヒロインを演じ、どれも素敵なセシルの、次に観られる映画はクリント・イーストウッドの「Hereafter/2010」かな?公開が楽しみ!
シネスイッチ銀座にて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-13 19:42 | フランス | Trackback(9) | Comments(0)

「闇の列車、光の旅」

「Sin Nombre」..aka「Without Name」2009 、メキシコ/ USA
a0051234_22545850.jpg


監督、脚本はケイリー・ジョージ・フクナガ。
サイラは生まれ故郷ホンジュラスから、隣国グアテマラを経由しメキシコからアメリカを目指している。既にアメリカに渡った家族と暮らすため、父親と叔父の3人で貨物列車に乗り込む。雨が降れば頭からビニールをかぶり、振り落とされぬよう屋根にへばりつく。不法移民取り締まりのパトカーが現れると列車から飛び降り身を隠す。
カスペルはメキシコのギャング団の一員。しかしギャングのボス、リルマゴがサイラをレイプしようとするのを見て思わず殺してしまう。裏切り者の汚名を着せられたカスペルは組織に追われる身となる…

a0051234_22551127.jpg

カスペルに助けられたサイラは彼にかけようと行動を共にする。それはほのかな恋の始まりで、おそらくサイラにとっては初恋だったに違いない。カスペル自身も連れて来た恋人が殺され喪失感を抱いていた。
辛くも追っ手を振り切ったカスペルはサイラと共にアメリカに渡ろうと決心する。しかしその矢先…あのラストは悲しすぎる。サイラの未来は少しは開けたかな?と感じる大ラスにわずかには救われたが…。
サイラたち不法移民の行動もスゴいが、リルマゴ率いるギャング団がこれまた凄まじい。ギャングの一員になるためには殴る、蹴るの暴力に耐えねばならない。それが子供(多分、小学生)であってもだ。やがて大人たちは彼に銃を持たせ撃て!と命令する。あのような暴力が支配し、貧困が蔓延するメキシコ。
製作総指揮に参加しているメキシコ人俳優のガエル・ガルシア・ベルナルとディエゴ・ルナの映画「ルドandクルシ/2008」や、ハリソン・フォードの「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官/2009」でもメキシコの貧困が描かれていた。
1977年生まれの日系アメリカ人監督のフクナガはこの作品で2009年サンダンス映画祭監督賞を受賞した。
シアターで何度も、何度も予告を観ていて期待していた一作。平和ぼけ日本人には全く縁のない不法移民の姿を描いた秀作。出演者たちの迫真の演技からドキュメンタリーにも見えてしまう。少女サイラと少年カスペルの出会いと別れ。二人の姿が哀れで、悲しくて、魂を揺さぶられる。
日比谷 TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-11 23:24 | 中・南米 | Trackback(8) | Comments(0)

「マイ・ブラザー」

「Brothers」2009 USA
a0051234_2131581.jpg

サムに“スパイダーマン、シリーズ”のトビー・マグワイア。
トミーに「プルーフ・オブ・マイ・ライフ/2005」「ゾディアック/2006」のジェイク・ギレンホール。
サムの妻グレースに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「パリ、ジュテーム/2006」「マイ・ブルーベリー・ナイツ/2007」「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「ブーリン家の姉妹/2008」のナタリー・ポートマン。
兄弟の父ハンクに「ライトスタッフ/1983」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」のサム・シェパード。
「17歳の肖像/2009」のキャリー・マリガンがサムの部下ウイリスの妻キャシー役で出演している。
監督は「マイ・レフトフット/1989」「父の祈りを/1993」「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと/2002」のジム・シェリダン。

優秀な軍人である米軍大尉のサムには愛する妻グレースと可愛い二人の娘がいる。一方でサムの弟トミーは父親からも疎まれる厄介者。彼はサムが戦地アフガニスタンに出征と入れ替わりに、服役していた刑務所から出所して来る。やがてグレースの元にサムの悲報が届き、彼女は悲しみに打ちひしがれる。しかしそんなグレースと子供たちを支えたのは他でもないトミーだった...

スザンネ・ビア監督の「ある愛の風景/2004」を結構忠実にリメイクしてある。しかしサムとグレース夫婦を演じるトビー・マグワイアとナタリー・ポートマンに重厚感がなくてがっかり。まぁこの二人に重厚感を望むことはハナから無理なのは分っているけど…。
一方で、弟トミー役のジェイク・ギレンホールはとても光っていた。「ある愛の風景」でもそうだったけど、弟が美味しい役を独占している。
「ある愛の風景」を観てない人はそれなりに感動できたかも知れないが、やはりデンマーク版には全く適わない。
ジェイク・ギレンホールは姉のマギー・ギレンホール同様なぜか?苦手な俳優だったが、観るたびに好ましくなって行く。この作品での彼は愛情深い人間を情感たっぷりに演じていてますます好感を抱いた。
ジム・シェリダンの作る映画は重厚感たっぷりの作品が多いが、配役によってこうも変わるものかと驚く。
わたし的に言えば、ナタリー・ポートマンはどの作品でも今一なのはなぜ?
恵比寿ガーデン・シネマにて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-10 21:42 | MINI THEATER | Trackback(4) | Comments(0)

「パリ20区、僕たちのクラス」

「The Class」 2008 フランス

主演、原作(“教室へ”)、脚本にフランソワ・ベゴドー。
監督、脚本にローラン・カンテ。
a0051234_2135339.jpg
a0051234_2133968.jpg

2008年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞。
フランソワ・ベゴドーは元教師であり、子供たちを演じるのはフランソワーズ・ドルト中学の生徒たち。
フランス映画祭2010上映作品で、まるでドキュメンタリーのようなフィクション映画。
パリ、20区のとある中学校の教室は多くの移民を抱えるフランスならではの授業風景。そこではアフリカ諸国やアジアからやって来た両親の間に生まれた子供たちが、フランス人の子供たちと一緒に国語(フランス語)を学んでいる。フランス人と一緒にフランス語を学ぶ外国人の子供たちってとてもハンディキャップがあるんじゃないかと想像する。教師フランソワは生徒たちが分らないと質問する難しい言葉を黒板に書き上げて行く。書き上げられた言葉の中にはかなり難しいものもある。フランス語を母国語としない彼らにとっては相当キツいに違いない。この日の授業でフランソワは彼らに正しく美しいフランス語を教えようとしているのだ。しかしフランソワの言葉に揚げ足を取ったり、反発をむき出しにする者、生徒同士で反感を持つ者がいたりで授業はしばし中断する。でもフランソワは憎らしいほど一生懸命子供たちを導こうと日々努力している。こんな教師って本当にいるかな?と思うほど…やはりそこいらあたりはフィクションのドラマ。

観る前教師役のフランソワ・ベゴドーはてっきり俳優だと思っていた。まぁ元教師ということもあるが、情熱をこめ奮闘する熱血教師フランソワを素晴らしく演じている。子供たちがスゴく良かったな。
神保町 岩波ホールにて(6/12~8/6まで上映)。
[PR]
by margot2005 | 2010-07-06 22:13 | フランス | Trackback(11) | Comments(2)

「ローラーガールズ・ダイアリー」

「Whip It」2009 USA
a0051234_22243031.jpg

ブリスに「JUNO/ジュノ2007」のエレン・ペイジ。
ブリスの母ブルックに「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」のマーシャ・ゲイ・ハーデン。
ブリスの父に「シティ・スリッカーズ2/黄金伝説を追え/1994」のダニエル・スターン。
アイアン・メイビンに「カリフォルニア/1993」「カーラの結婚宣言/1999」のジュリエット・ルイス。
監督、製作、出演(スマッシュリー・シンプソン)に「ラッキー・ユー/2007」「ラヴソングができるまで/2007」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」のドリュー・バリモア。
a0051234_22244093.jpg

テキサスの小さな田舎町に暮す高校生ブリスは17歳。娘をミスコンに出場させ優勝するのが母の生き甲斐。ミスコンなどまっぴらだが母の顔を立てて言われるままに会場へ向かう日々。そんなある日、友だちとオースティンへ出かけたブリスは、そこで“ローラーゲーム”の世界を知り魅了される...

公開直後に観た映画。先週末、日比谷に行ったら既に上映していなかった。なんか短い公開期間だった。でも今後全国展開される模様。
アメリカの田舎町、“ローラーゲーム”全盛期の60~70年代が舞台だろうか?
ブリスの母親は娘が美人コンテストで優勝することが彼女の幸せにつながると信じている。母親は自身がなし得なかったことを娘に託そうとしているが、娘はちっともその気ではない。とりあえず母の顔を立ててミスコンにトライする日々。この時代の女の子って親に逆らわなかったのか?なんて感じながら…でも結局ブリスは自ら選んだ道を進んで行く。そこには両親の愛と理解があり微笑ましい。
映画の題材は古くて(ローラーゲームは過去の遺物だし、ミスコンなんて今時女性蔑視?)興味もなかったがストーリーは以外に良くて、ドリュー・バリモアのセンスは光る。
ガールズ青春ストーリーにぴったりの配役エレン・ペイジと、そのママ役にばっちりのマーシャ・ゲイ・ハーデン。そしてなんと懐かしきジュリエット・ルイス。彼女はブラッド・ピットの元恋人としての存在が有名な女優ながら、とても個性的で好きだ。こういった役柄は文句なしに似合う。
小柄でキュートなエレン・ペイジ(今年23歳)は17歳の高校生に見えてしまうのがスゴい。
エレン・ペイジを始めとして特訓したらしいローラー・スケート。皆上手くって驚く。
日比谷 TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2010-07-01 00:33 | MINI THEATER | Trackback(11) | Comments(0)