「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「裏切りの闇で眠れ」

a0051234_049108.jpg「Truands」...aka「Crime Insiders」2007 フランス
現代のパリを舞台に、一匹狼の殺し屋の生き様を描いたヴァイオレンス・アクション。
主演の“やくざ”フランキーに「王は踊る/2000」「ピアニスト/2001」のブノワ・マジメル。
暗黒街のボス、クロードにフィリップ・コベール。
「あるいは裏切りという名の犬/2004」の監督であり、脚本を書いたオリヴィエ・マルシャルがフランキーの仲間ジャン・ギィ役で出演している。
監督、脚本は「スパイ・バウンド/2004」のフレデリック・シェンデルフェール。
原題は“やくざ”の意味。
2007年フランス映画祭で上映された。
a0051234_0493098.jpg

フランキー(マジメル)はパリの暗黒街で生きる“やくざ”な殺し屋。
ある日、暗黒街に君臨するクロード(コベール)が何者かの裏切りで逮捕され、刑務所に収監される。
フランキーはクロードに実の息子のように信頼されていた。しかしあるじクロードを失ったパリの暗黒街は裏切りが、裏切りを誘い混沌の世界へと化して行くのだった...
a0051234_0495029.jpg

ブノワ・マジメルって若い頃のロバート・デニーロに似てるなぁと思う。なのでかどうなのか解らないが“やくざ”役が似合う、似合う。
パリが舞台、主演がブノワ・マジメル...で、なんとなく新宿に行った際観てしまった映画。
フィルム・ノワールってことでオートゥイユ&ドパルデューの「あるいは裏切りという名の犬」をもじった邦題を付けたようだが、比較したくない作品である。
フランス人てアンリやルイ(16世紀〜18世紀)の時代から残虐&sexがお好きな人民らしい。フランスは好きだが、どうも彼らの残虐性とsexには付いて行けないものがある。
かつての(60〜70年代)フィルム・ノワールものの方が趣があって“トレヴィアン!”なのだが...これは??である...
新宿武蔵野館(ここでしか上映してないって...全国展開はあるだろうか??)にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-02-29 00:57 | フランス | Trackback(1) | Comments(2)

「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

a0051234_23195794.jpg「Elizabeth: The Golden Age」2007 UK/フランス/ドイツ
エリザベス1世に「エリザベス/1998」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「バベル/2006」のケイト・ブランシェット。
「エリザベス」でもエリザベスの側近フランシス・ウォルシンガムを演じた「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」のジェフリー・ラッシュが老境に達したウォルシンガムを演じている。
後にエリザベスから“Sir”の称号をもらう航海士ウォルター・ローリーに「インサイドマン/2006」のクライヴ・オーエン。
エリザベスのお気に入り侍女ベスに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「キャンディ」のアビー・コーニッシュ。
スコットランド女王メアリーに「Jの悲劇/2004」のサマンサ・モートン。
数シーンにしか出て来ないが、やはり「Jの悲劇」のリス・エヴァンスが出演している。
監督は「エリザベス/1998」のシェカール・カプール。
a0051234_2321638.jpg

1585年、この時代世界最強の国はスペインであった。スペインはカトリック国。プロテスタント国イングランドをも手中に納めようと考えるスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)と、正統な王位継承権は自分にあると主張する従姉にあたる幽閉中のスコットランド女王メアリー(モートン)。エリザベス(ブランシェット)にとって二人の存在は日々脅威であった。
ある日、エリザベスのもとにニュー・ワールド(アメリカ大陸)から戻ってきた航海士ローリー(オーエン)が現れる。彼に惹かれ始めるエリザベス。しかしローリーはエリザベスのお気に入りの侍女ベス(コーニッシュ)と愛し合うのだった...
a0051234_23204495.jpg

ケイト・ブランシェットを初めとして、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーエン、アビー・コーニッシュ、そしてサマンサ・モートン。彼らはそれぞれに適役で、演技も素晴らしいのだが、どうもこのストーリー中途半端じゃなかろうか??
エリザベスの側近中の側近フランシス・ウォルシンガムの存在はあったが、それ以外のエリザベスにまつわる人物は出て来ない。
「クイーン/2006」でエリザベスを演じ、オスカーもゲットしたヘレン・ミレンのUSA/UK TVドラマ「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」の方がストーリー的には良かった。エリザベス1世の姿がしっかりと描かれていたし...
まぁでも114分で、国民の女王としてのエリザベスと、一人の恋する女としてのエリザベスを描くには無理があったかとも思える...残念。
史実に基づくと“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたのは、ただ結婚しなかった(夫がいなかった)だけで、生涯寵愛した男は多々いた模様。その辺ももうちょっと突っ込んで描いて欲しかったが、114分でエリザベスの政治と恋を描くには無理があったのかも知れない。
エリザベスの着るドレスやウィッグは見応えあるし、全編UKで撮影されたシーンも美しく、もうちょっとインパクトのあるストーリーにして欲しかった気がする...ひつこいかも...
しっかし、C・ブランシェットってオーラのある女優だなぁとしみじみ感じる。
エリザベスのお気に入り侍女ベス役のアビー・コーニッシュは「キャンディ」の役とは打って変わった時代物役だが、とても素敵なアビー。コレからの彼女にますます期待したい。色んな作品で華を咲かせて欲しい女優である。
クライヴ・オーエンはいつもゴージャスで大好きな俳優。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_23202367.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-02-18 00:06 | UK | Trackback(37) | Comments(8)

「潜水服は蝶の夢を見る」

a0051234_0235717.jpg「Le Scaphandre et le papillon」...aka「The Diving Bell and the Butterfly」 2007 フランス/USA
原作者であり、主人公のジャン・ドミニクに「キングス&クイーン/2004」「ミュンヘン/2005」のマチュー・アマルリック。
彼の3人の子供たちの母親セリーヌに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」のエマニュエル・セリエ。
言語療法士アンリエットに「みなさん、さようなら/2003」のマリ・ジョゼ・クローズ。
ジャン・ドミニクの自伝をサポートするクロードに「愛されるために、ここにいる/2005」のアンヌ・コンシニ。
担当医ルパージュに「愛されるために、ここにいる/2005」のパトリック・シェネ。
ジャン・ドミニクの父親役にスェーデン出身の名優マックス・フォン・シドー。
監督はアメリカ人のジュリアン・シュナーベル。
プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグ作品を多々製作しているキャスリーン・ケネディ。
a0051234_0173355.jpg

ある日、「ELLE」の編集長ジャン・ドミニク・ボビーが脳梗塞に倒れた後昏睡から目覚める。
何が何だか解らないジャン・ドミニク(アマルリック)は、自分が病院にいて、医者たちが話す言葉は聞こえるが、自身は話せない事を知る。やがて彼は身体も動かない事実を知るのだった。しかし動かない身体の中で唯一左の目だけ動かす事が出来た。やがて、病院の言語療法士アンリエット(クローズ)の発案でいやいやながら文章を綴り始めるジャン・ドミニクだった...
a0051234_0165144.jpg

エンド・クレジットが始まり、ラストまで観ないで席を立つ事が多い最近(最終回に観るため...)だが、これは映画に圧倒されてしまって、しばし席を立つ事が出来なかった。
脳梗塞で左目しか動かせないジャン・ドミニクの、左目から見える視野だけを追ってカメラが回る。身体は全く動かないが、彼の脳は完璧に作動していて、想像する事も、過去の出来事を思い返す事も出来る。
中盤前位から、ジャン・ドミニクが想像の世界に思いを馳せるシーンと、彼の過去の映像が描かれ始める。これはもう素晴らしい!!の一言。
この美しいシーンの数々は今年度MY BESTに入れたい作品に値する。
とんでもない難病に侵されたジャン・ドミニク(病院で横たわる&車椅子の姿)。でも、なぜかそれほど暗くもなく、ユーモアを織り交ぜながら、ウイットに富んだフランス映画で素晴らしい!!
“海底2万マイル”風の潜水服に閉じ込められて、身動きが取れないジャン・ドミニクが、一度想像の世界に入ると、そこは花が咲き乱れ蝶が飛ぶ世界...この描き方がとても美しくCool!!
氷山が崩れ落ちて行くスローモーションのショット。後に、同じショットでスローモーションが逆戻りする...あのシーンは主人公の心理を暗示しているのかも知れない。
病院のベッドに横たわる植物人間のジャン・ドミニク。彼をサポートする女性たちの上半身をまるでなめ回すように映される映像は、彼が見つめている映像なのだ。
やはりと言うかさすがと言うのか?植物人間になっても女好きのフランス人(この編集長、父親譲りの女好き)はスゴ過ぎ!
瞬きで文章を綴ったジャン・ドミニクも凄いけど、“E、A、S、R〜”で始まるアルファベットをひたすら発し、書き取った女性たちにも大拍手を送りたい!!
左目だけで演技していたマチューにオスカーあげたい!監督にも!
ちょっと離れた隣にいた男性がエンド・クレジットでウルウル来ていたような気が...これって男性が観ると、自身に置き換えて感動するかも知れない...
シネカノン有楽町2丁目にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-02-13 00:57 | フランス | Trackback(44) | Comments(17)

「ガスパール/君と過ごした季節(とき)」

「Gaspard et Robinson 」1990 フランス     
a0051234_1834467.jpg

フランス南東部に位置するローヌ県、ブーシェの海辺を舞台に描く、ほのぼのとしたハートフル・コメデイ。
ガスパールに「マリア・カラス 最後の恋/2005」のジェラール・ダルモン。
ロバンソンに「女はみんな生きている/2001」のヴァンサン・ランドン。
老婆にシュザンヌ・フロン。1918年生まれのフロンは既に亡くなっているが、ロジェ・ヴァディムが監督した「スエーデンの城/1962」や、アラン・ドロン映画「ブーメランのように/1976」「パリの灯は遠く/1976」、そして21世紀になってからは「戦場のアリア/2005」にも出演している。しかし何れの作品もフロンの記憶はなし...
監督、脚本はトニー・ガトリフ。
音楽はミシェル・ルグラン。

ある日、ブーシェの海辺でレストラン開業を夢見るロバンソン(ランドン)は、家族に捨てられた一人の老婆(フロン)と出会う。幼い頃母親に捨てられたロバンソンは哀れみ深い人間であった。連れ帰った老婆に出会った同居人のガスパール(ダルモン)は、“婆さんをすぐに追い出せ!”とロバンソンに迫る。が、やがて、3人同居の奇妙な生活が始まる。
3人の生活にも慣れたある日、ロバンソンは生活に困った子連れ未亡人に出会う。またまた哀れみに誘われた彼は未亡人に一目惚れしてしまうのだった...

こんなにハート・ウォーミングな映画をフランス人が作るって??ちょっと以外。
フランス人て自分の事しか考えていない自己中心人間のイメージがあるので...
「マリア・カラス 最後の恋」で、ちょっとミスキャスト気味のオナシスを演じたジェラール・ダルモン。コレでは妻に去られた哀れなフランス男を演じて似合っている。
ヴァンサン・ランドンも、少々脳天気気味の良い人を演じていてナイス!
でも何といっても婆ちゃんを演じたシュザンヌ・フロンがキュート。若い頃はきっと美しかったであろう。
ビーチにレコード・プレーヤー(過去の遺物)を持ち込んでダンシングのシーンはお洒落。
南フランスの海沿い(ローヌ川も流れている)のシーンがとても美しく、このハートフルな作品にとてもマッチしている。
1996年に公開されていて、現在DVDになっている。
[PR]
by margot2005 | 2008-02-10 18:39 | フランス | Trackback(1) | Comments(2)

「アメリカン・ギャングスター」

a0051234_04133.jpg「American Gangster」2007 USA
実話を元に、ブラック系(アフリカン・アメリカン)のギャングスターとユダヤ系の刑事が対決する犯罪サスペンス・ドラマ。
主演の二人は「インサイドマン/2006」「デジャヴ/2006」
のデンゼル・ワシントン&「プロヴァンスの贈りもの/2006」のラッセル・クロウ。
デンゼル演じるフランクの弟ヒューイに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン」のキウェテル・イジョフォー。
他、キューバ・グッディング・Jr、を始めとして、ジョシュ・ブローリン、アーマンド・アサンテと豪華俳優が出演している。
監督は「グラディエーター」「プロヴァンスの贈り物」のリドリー・スコット。
デンゼル&ラッセルは「バーチュオシティ/1995」以来の競演。
a0051234_0511100.jpg

a0051234_053331.jpg

1968年ニューヨーク。黒人であるギャングのボス バンピーが亡くなる。彼を慕い、彼の片腕だったフランク(ワシントン)は、ボスの後を引き継ぎ自ら巨大な組織を作りあげようと誓う。やがてフランクは高密度のヘロインを仕入れるため、ベトナムに駐留する従兄弟を訪ねる。そして彼は秘密裏にそれらを持ち帰るルートを考えだす。
アメリカにやって来たヘロインはフランクによって“ブルー・マジック”と命名され市場で売りさばかれるようになる。
一方で、ニュージャージーの警察に所属する刑事リッチー(クロウ)は妻と離婚寸前。熱血漢のリッチーは汚職警官が多々いるこの時代、クリーンな刑事を貫いていた。そのため孤立した存在でもあった。そんな彼はニューアーク (ニュージャージー州)麻薬捜査班のチーフに抜擢される。そして巷に蔓延する“ブルー・マジック”の捜査を初めていくのだった...
a0051234_04276.jpg

“これぞ男の美学!!”の世界。
ギャング フランクの場面と刑事リッチーの場面が交互に描かれ、ラスト、ミサが終わった教会から姿を現したフランクとリッチーが初めて出会う。その後二人の対決が上手く描かれていて滅茶ナイスであった。
デンゼルもラッセルも大好きな俳優だが、やはりコレではデンゼルが滅茶かっこ良くてラッセルは霞んでしまう。役柄としてデンゼルの方が美味しい役なので致し方ないが...
アフリカン・アメリカンの人々って皆さん若く見えるのだが、デンゼルはピカ一かも?50才過ぎているというのに、花婿役が似合う(まぁ年に関係なく花婿にはなれるのだが...)若い花嫁の側に立っても遜色なし。
映画の中で元プエルトリコのビューティ・クイーンだったと言うフランクの妻エヴァ役のライマリー・ナダルは実際にプエルトリコ出身で、デンゼルとは親子ほどに年が違うが夫婦役に見える。それほどデンゼルって若く見える。
デンゼルの弟ヒューイ役のキウェテル・イジョフォーも大好きな俳優で、ストーリーが素晴らしい上、出演者たちもナイスで、今年初の私的大ヒット ハリウッド大作にしたい。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_044816.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-02-04 00:41 | USA | Trackback(37) | Comments(9)

「ラスト、コーション」

a0051234_129214.jpg「Lust, Caution」...aka「Se jie」「色・戒」2007 中国/台湾/香港/USA
女工作員と、彼女のターゲットとなる重要なる人物の男。二人が織りなす官能サスペンス・ドラマ。
主演の女工作員ワン・チアチー(マイ夫人)にタン・ウェイ。
ミスター・イーに「花様年華/2000」「インファナル・アフェアー/2002」のトニー・レオン。クァン・ユイミンにワン・リーホン。ミセス・イーに「ツイン・ピークス/TVドラマ」のジョアン・チェン。
監督は「ブロークバック・マウンテン/2006」でオスカーに輝いたアン・リー。
a0051234_1491411.jpg

1942年の上海。マイ夫人(ウェイ)は、ミスター・イー(レオン)の家で、ミセス・イー(チェン)たちと麻雀に興じている。急用で席を外したいと言うマイ夫人...そして物語は4年前へ戻る。
ある日、大学生のチアチー(ウェイ)は、クァン(リーホン)に誘われるまま“抗日運動”に身を投じ、やがて、日本軍に加担するミスター・イー暗殺に加わることになる。しかしイー暗殺には至らなかった。
3年の歳月が流れ、日本軍占領下の上海で、チアチーは工作員としてイー暗殺の任務を命じられる。
イーと再会したチアチーは、再びマイ夫人となってイーを誘惑し始めるのだった...
a0051234_146985.jpg

a0051234_1455068.jpg

これはもうアン・リー監督の描く素晴らしい作品!!
女スパイの誘惑に負けてしまう男って世界中に多々いたのか?なんて知りたくなる。
最後の最後でちょっとどんでん返しがあって..やはり愛は何ものにも勝つのか?なんて...
アン・リーって中国人(偏見ではありません)なのに、英国の文芸小説家ジェーン・オースティンの「いつか晴れた日に/1995」を監督したかと思えば、ハリウッドのSF大作「ハルク/2003」を作ったりする。この方ってスゴイ監督だと思う。その間に「グリーン・ディストニー/2000」も観てるし...
158分スクリーンに釘付け状態で、難を言えばラストはちょっとあっけなかったかも?
ヴェネチア映画祭でグランプリを取った作品だが、ヨーロッパ人(一般的)に受けそうな映画だなぁとジャパニーズの私は感じる。しかし、映画では日本人を侮辱しているシーンあり。
イーとマイ夫人のLove scene...互いに愛し合ってる訳ではなく、探り合ってる感じなので、“おれを、わたしを信じているの??”と言わんばかりに、sexを通して互いに語り合っているように見える。これらのLove sceneは作品には無くてはならない“鍵”でもある。
a0051234_1452652.jpg
a0051234_145738.jpg

タン・ウェイは1979年生まれでそろそろ30才。キュートな顔立ちなので、スッピンの大学生役も違和感ないが、メイクアップして、チャイナ・ドレスを着ると妖艶な人妻に変身する。やはりそれなりのお年(妖艶なる)なのだろう。
トニー・レオンは40代のoyajiだがオール・ヌードで頑張っている。“ボディ・ダブル”じゃないと思うが...
ちなみにワン・リーホンはかなりイケメン。
原タイトルを中国語で表現すると“色・戒”...やはり“書”だなぁの中国語。
アジア映画の中で、日本と韓国映画は基本的に観ない(好みの映画がないだけ...)。しかし中国映画は観る。
ブログを初めて以来、初めて中国映画(アジア)レビューを書いた記念すべき作品かも知れない。
“ぴあ”の腕章巻いたお兄さんたちが、シアター前でボード片手にアンケートを取っていた。寒いので知らんぷりしたが...やはりこの映画ただものではないのかも知れない...
初日の日比谷シャンテは満席だった。
a0051234_1444853.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-02-03 01:57 | アジア | Trackback(47) | Comments(12)