<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」

a0051234_20431219.jpg「Pirates of the Caribbean: Dead Man's Chest」2006 USA
監督はゴア・ヴァービンスキー。主演はジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレーの3人。ディヴィー・ジョーンズ役のビル・ナイは素顔が見えなく残念であった。
a0051234_20432628.jpg

全くもって観に行くなんて考えてもいなかったのだが、一人で映画に行けない夫につき合わされて...いやマジ途中で帰ろうと思ったが、バハマ&ドミニカで撮影されたビーチが美しくエンディングまで観てしまった。
a0051234_20433966.jpg

前作も何となく観に行ってしまった...
前作はもう少しストーリーに満足感があったように記憶している。しかし今回のドタバタお子ちゃま映画には参った。
a0051234_20435548.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-27 21:10 | USA | Trackback(22) | Comments(4)

二つの大聖堂(ドゥオーモ)/ミラノ&フィレンツェ...そしてピサの斜塔

ミラノのシンボルと讃えられるイタリアン、ゴシックの最高傑作ミラノの大聖堂(ドゥオーモ)は修復中で...
ヨーロッパの重要なる建物(世界遺産の類い)は常に何れかが修復中であり...
フランスでは今、ヴェルサイユ宮殿(鏡の間)&モン・サン・ミッシェルが大々的に修復中である...てなことで、多分イタリアでも修復が凄まじいだろうな??と案じたごとく...やはりであった。
a0051234_020439.jpg
a0051234_0201753.jpg
下は十字形アーケードのガッレリーア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世。ここはブランド横町でもある。ブランド以外に素敵な銀製品(スプーンやオーナメントetc.)のお店やコテコテの土産物屋とか...とりあえず買い物streetである。
a0051234_0203252.jpg
ミケランジェロ広場〜の眺望...
a0051234_0211100.jpg
フィレンツェのドゥオーモ、サンタ・マリア・デル・フィオーレ。15世紀に完成したと言うこの大聖堂も素晴らしい建造物である。しかしTopはやはり修復中であった。
a0051234_1361260.jpg
a0051234_0213276.jpg
a0051234_0214890.jpg
下傾いたピサの斜塔...アバウトなイタリア人が作ったのだから...
a0051234_022197.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-26 00:56 | TRIP | Trackback | Comments(4)

「トランスアメリカ」

a0051234_144212.jpg「Transamerica」2005 USA
性同一性障害に悩む男と、その息子が織りなすロード・ムーヴィー。
主演はフェリシテイ・ハフマン。監督、脚本ダン・タッカー。ハフマンは第78回アカデミー賞(2005)主演女優賞にノミネートされたが、惜しくもゲットしたのはリース・ウイザースプーン。リースの「ウオーク・ザ・ライン/2005」はDVDになってから観たが...いや断然フェリシテイ・ハフマンが良かった!!メイクのせいもあるが、男顔のハフマンは、男だと言っても誰も疑わないくらいゲイっぽい雰囲気で...いやさすがハリウッド女優!!
下は素顔のフェリシテイ・ハフマン。
a0051234_1375067.jpg

息子トビー役にケヴィン・ゼガーズ。他にブリーの父親役でバート・ヤング。ヒロイン、ブリーと出会うネイティヴ・アメリカン、カルヴィン役にグレアム・グリーン。
a0051234_1495866.jpg

トランスセクシュアルに悩むブリー(ハフマン)は、ある日ニューヨークの警察からかかった1本の電話に動揺する。悩んだ末ニューヨークの警察へと向かう。そこで面会した17才の少年トビー(ゼガーズ)は、ブリーが男“スタンリー”だった頃、たった一度女性と関係して出来てしまった子供であった。トビーの父親であると言う現実を受け入れたくないブリーだったが、とりあえずトビーの身元引受人となり、トビーと共に、彼の故郷へと車を走らせる。
a0051234_1463461.jpg

主演のハフマンがアカデミー主演女優賞に、ドリー・パートンが歌う主題歌「Travelin thru」が主題歌賞にノミネートされた作品であるが、日本では単館系公開で残念である。まあテーマが、テーマで万人受けはしないとは思うが、ヒロイン、ハフマンの演技が光る!!素晴らしい作品である。トビー役のゼガーズもとってもキュート。
a0051234_138432.jpg
a0051234_1381767.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-24 02:00 | MINI THEATER | Trackback(47) | Comments(16)

シエナ、アッシジ...トスカーナ地方

シエナもとても楽しみにしていた。マギー・スミス主演の「美しき家、わたしのイタリア/2003」にも登場したシエナの街のカンポ広場。ガイドブックによると世界中の人に愛されていると書いてあるので、世界中から観光客がやって来るのだろう。確かに一杯いたgaijin...ゴシック建築を代表するドゥオーモはちょうど改築中で残念だった。
街並のどの景色も即ポスト・カードになりそう...
a0051234_23252778.jpg
a0051234_015531.jpg
a0051234_23254055.jpg
聖地アッシジのサン・フランシスコ大聖堂には素晴らしいフレスコ画があり、見る事が出来て満足であった。ダイアン・レインの「トスカーナの休日」の舞台となった広大なトスカーナの風景はとにかく素晴らしい!
a0051234_23261487.jpg
大聖堂を見た帰り、丘の途中にあったシャレたお土産もの屋...素敵なレストランを横目で見ながら...今度ゆっくりと来たいシエナ&アッシジであった。
a0051234_2326120.jpg
a0051234_23263430.jpg
a0051234_23301793.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-19 00:06 | TRIP | Trackback | Comments(4)

「カサノバ」の舞台となったヴェネチア

ヴェネチアは憧れの地であった...かなり期待して行った...しかし雨のせいでヴェネチアのイメージはダウンしてしまった...雨の中ゴンドラに揺られるなんて...
a0051234_2331575.jpg

サンマルコ広場は世界中の人々で埋まり、以外なことに、既にヴァカンスに入ったアメリカン&ヨーロピアンの学生たちの多さには驚いた。
いやとにかくイタリアは今、旬の観光地のようである(旅行会社の陰謀...ヨーロッパ・デビューはイタリアがおすすめ!!...もあるが...ダン・ブラウンも災いしてるかも??...)

広場にある1720年に出来たカフェ・フローリアンで、優雅に白ワインを飲んだのは素晴らしい思い出となった。テーブル・チャージとチップで滅茶高い白ワインであったが...回りには同行の友人以外、日本人がいなくってエトランゼに浸れた一時であった。
a0051234_23314384.jpg

しかし難を言えばベネチアに林立するホテルの壁は、雨、風に打たれて何度も塗り直している感じで安っぽく...なんか浦安のディズニー・シーを思い出してしまって困った。
a0051234_23305286.jpg
a0051234_045668.jpg
a0051234_051462.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-18 00:05 | TRIP | Trackback | Comments(0)

ミラノ/サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会/最期の晩餐

ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」のせいで...罪な人ダン...世界中から、このフレスコ画を見に人々が集まっているようだ。個人では何時間も待たないと入れない、団体優先のようで、これに関しては今回はツアーなので大正解であった!何時間も待ってやっと入場出来たアメリカンの学生がガッツ・ポーズした際、なんでや??回りの人々は拍手を...
a0051234_2117686.jpg
上は教会脇の道路。高級アパートが並んでいる。下はフレスコ画が飾ってある食堂への入り口。
a0051234_21172013.jpg
a0051234_21173578.jpg
フレスコ画は写真撮れない...当たり前...でポストカードをスキャンしたもの。初めミラノに行く予定はなかったのだが、罪な人ダン・ブラウンのせいでフレスコ画も見たいモードになりミラノも含まれたツアーにした。しかしあまりにも、あまりにも期待していた“ダ・ヴィンチの最期の晩餐”は、もうすっばらしく!!感動した!!
a0051234_21175037.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-17 00:37 | TRIP | Trackback | Comments(0)

カプリ

“青の洞窟”は過去に挑戦した私の友人たち全てが入れなかったという難所...でも今回のわたしの旅ではOK...イタリア人の現地ツアー・ガイドが“ユー・アー・ラッキー!!”と言っていたが、マジでラッキーなんだと再納得!!
いやここに入るにはスゴく天候に左右されるようで、一番上写真“青の洞窟”のフロント...ここで待つのだが、確かに中に入るには相当波(天候)に左右されるだろうなと関心しきり...
ラッキーな事に入れた“青の洞窟”は想像以上に素晴らしかった!
a0051234_0443526.jpg

世界中の人々が順番待ちの“青の洞窟”に、ほんの15分ほど待っただけで入れたので、その後カプリ島一周モーター・ボート・ツアーに突入!これが素晴らしかった!!
a0051234_044505.jpg
a0051234_045335.jpg

リッチ・ピープルの別荘が島に点在している。フェラーリのオーナーとか、鉄鋼業で成功したイタリアンの別荘があるとか、イタリアンのガイドが説明してくれた。なにせ映画好きなわたしは“フェイマス・ムーヴィー・スターの家はあるか??”なんて聞いたら、滅茶古いスターの名前が返ってきたのには少々困った。
a0051234_194718.jpg
a0051234_110115.jpg
a0051234_1101418.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-16 01:14 | TRIP | Trackback | Comments(6)

ダン・ブラウン スポット &テヴェレ川

ダン・ブラウンの小説「天使と悪魔」の舞台となったヴァチカンのサン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ大聖堂、ヴァチカン博物館はかなり期待して望んだが期待どうりで幸せであった。
a0051234_22151450.jpg
a0051234_2215284.jpg
下「天使と悪魔」でヒロインのヴィットリアが“まるでパジャマみたい...”と評した、ユニフォームのスイス衛兵隊。彼らはスッゴイ倍率で選ばれたエリート中のエリートお兄さんたち(10〜20代のみ)。カメラを向ける私たちを完全に無視して、手で“Go!”とせかしていた。そういや、彼らを熱心に撮影しているゲイの方たちの姿が実に印象的だったな。
a0051234_0381855.jpg
a0051234_191319.jpg
上は2005年4月に亡くなったヨハネ・パウロ2世の墓。こちらも撮影はOK(one tiime!と注文付きだったが...)。サンピエトロ寺院は全て撮影OKで、やはりカトリックの総本山なのかと納得した。

15世紀にはヴァチカン宮殿と繋がっており、教皇の非難場所だったというサンタンジェロ城も見る事が出来て良かった。サンタンジェロ城は時間がなくて中に入れなかったのが非常に残念であったが...
a0051234_22154358.jpg

トム・クルーズが「M:i:III」でテヴェレ川をモーター・ボートで走るシーン...あの川沿いをてくてくスペイン広場まで歩いたので、川に架かる橋の写真を撮った。いや暑いのなんの...歩きながら飲んだ冷たいコカコーラ、目的地に着く前にホット、コカコーラになっていた。
全く同じ時期にフランス旅行したが、こんな熱さではなかった。イタリアは南ヨーロッパであることを再納得した。
a0051234_22155958.jpg
a0051234_22161315.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-15 22:25 | TRIP | Trackback | Comments(2)

イタリア優勝!

凱旋中のイタリア代表選手たちの記事がトップ・ニュースのローマの朝刊でした!
まさか?イタリアが優勝するなんて思ってもみなかったのですが...
a0051234_0181648.jpg

イタリアを訪れるのは今回初めて...
ツアーなので、行きたい場所、食べたい食事が叶わなく、少々不満の残った旅でありましたが...
いやイタリアはスゴイ人気!!どこへ行っても団体の日本人だらけ...
ヨーロッパやアメリカからのツアーもいっぱいいたし...ダン・ブラウン ノーベル賞かも???
そのうち、ゆっくりと行ってみたいなと切に感じたイタリアでありました。
ワールド・カップにキスする大好きなデル・ピエーロさま...
a0051234_0392938.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-07-15 00:46 | TRIP | Trackback | Comments(4)

ちょっとイタリアへ...ダン・ブラウンの二冊の小説...

「ダ・ヴィンチ・コード」&「天使と悪魔」に登場する...
a0051234_133275.jpg
a0051234_1334064.jpg
だけは確と見てきたいと思ってますぅ!
[PR]
by margot2005 | 2006-07-04 01:36 | TRIP | Trackback | Comments(2)