カテゴリ:MINI THEATER( 225 )

「ハッピーエンドが書けるまで」

Stuck in Love」2012 USA
a0051234_19572321.jpg

美しい海辺の町で高校生の息子と暮らす小説家のビルは離婚した妻エリカが忘れられず、彼女が新しい夫と暮らす家を覗き見するのやめることができない。一方で隣人のトリシアとはsexフレンドだが、それ以上でも以下でもない関係。娘サマンサは作家志望の大学生で、時々父親の家にやって来る…

ビルに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」「グリーン・ゾーン/2010」「ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)/2011」のグレッグ・キニア。
エリカに「リトル・チルドレン/2006」「ブラッド・ダイヤモンド/2006」「帰らない日々/2007」「そんな彼なら捨てちゃえば?/2009」「ニューヨーク 冬物語/2014」のジェニファー・コネリー。
サマンサに「しあわせの隠れ場所/2009」「白雪姫と鏡の女王/2012」「シャドウハンター/2013」「あと1センチの恋/2014」のリリー・コリンズ。
ルイスに「幸せのセラピー/2007」「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船/2011」「ウォールフラワー/2012」「ノア 約束の舟/2014」のローガン・ラーマン。
ラスティに「きっと、星のせいじゃない/2014」のナット・ウルフ。
ケイトに「陰謀のスプレマシー/2012」のリアナ・リベラト。
トリシアに「だれもがクジラを愛してる。/2012」のクリステン・ベル。
監督は「きっと、星のせいじゃない/2014」ジョシュ・ブーン。

両親の離婚で愛が信じられないサマンサは深い関係に陥らないようsexだけを楽しんでいる。そんな彼女が大学でチャーミングな青年ルイスと出会う。しかし彼に猛烈にアプローチをかけられ戸惑いまくる。
奥手なラスティはガールフィレンドもいないオタク。父親にけしかけられ、あるパーティで密かに想いを寄せていたケイトと遭遇する。
再婚したエリカの夫婦関係は決して上手くいっているとは言えない状態。
ビルとエリカ、サマンサとルイス、そしてラスティとケイトのLoveの行方は??

一時は売れた小説家のビルは子供たちにも良い作品を書いて欲しいと願っている。
サマンサが処女作を出版する一方で、彼女が内緒で投稿したラスティの作品がスティーヴン・キングに認められたりと、ラストはハッピー!ハッピー!で邦題そのもの。で、少々出来過ぎ?

全く見るつもりはないながら新宿で上映していたのでシアターに行ってしまった。グレッグ・キニアもちょっと好きなハリウッド俳優だし…。
ジョシュ・ブーンの「きっと、星のせいじゃない」の大ヒットと、同じく大ヒットした「あと1センチの恋」のリリー・コリンズの出演にDVDスルーにならずに公開されたのかも知れない。
あのスティーヴン・キングが電話で声だけ出演している。
ロケされたノースカロライナのビーチが美しい。

新宿シネマカリテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-07-25 20:11 | MINI THEATER | Trackback(1) | Comments(4)

「靴職人と魔法のミシン」

「The Cobbler」 2014 USA
a0051234_09325.jpg

ニューヨークの下町。ユダヤ人街で育ったマックは恋人もいない冴えない中年男で今だ母親と同居している。彼の仕事は代々受け継がれてきた靴修理。日々繰り返されるつまらない仕事にうんざりしつつ今日も愛用のミシンを踏む…

マックに「ウェディング・シンガー/1998」「50回目のファースト・キス/2004」「ベッドタイム・ストーリー/2008」のアダム・サンドラー。
レオンにクリフ・“メソッド・マン”・スミス。
ジミーに「ファーゴ/1996」「パリ、ジュテーム/2006」のスティーヴ・ブシェミ。
エミリアーノに「誘拐の掟/2014」のダン・スティーヴンス。
エミリアーノの恋人タリンにキム・クルーチェ。
カーメンに「僕らのミライへ逆回転/2008」「フルートベール駅で /2013」のメロニー・ディアス。
エレーンに「シー・オブ・ラブ/1989」「オーシャンズ13/2007」のエレン・バーキン。
母親サラに「ミュンヘン/2005」「いとしい人/2007」「ハンガー・ゲーム2/2013」のリン・コーエン。
父親アブラハムに「主人公は僕だった/2006」「新しい人生のはじめかた/2006」「シェフ 三ツ星フードトラック始めました/2014」のダスティン・ホフマン。
監督は「扉をたたく人/2007:監督、脚本」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~/2009:出演」のトーマス・マッカーシー。

ある時、マックが修理した客の10.5(The and Half)サイズの靴を履くと、靴の持ち主に変身してしまったのだ。慌てふためきつつ他の靴も試してみると、それは壊れた電動ミシンの代わりに使った、先祖代々の旧式ミシンのせいであることが判明する。つまりそれによって魔法がかけられたのだ。
他人の生活を疑似体験できることを知ったマックはイケメンのエミリアーノに変身してバーへ行った所、案の定の女性に誘われてしまう。ある時、レオンに変身してみたら、なんとまぁこの男がとんでもないワルでとんでもないトラブルに巻き込まれてしまうのだ。

シアターで何度も予告を観て少々気になっていた一作。TOHOシネマズのポイントがたまってたので観ることにした。wowowでたくさんの映画を見たが、おそらくアダム・サンドラーの映画はシアター初めてだと思う。サンドラー映画はかなりくだらないものが多いが、意外にもファンタジーっぽい作品が多いことに気づく。本作はちょっと素敵なファンタジー・ヒューマン・コメディ。
アダム・サンドラーってホント冴えない役が似合う俳優。
スティーヴ・ブシェミは「ファーゴ」以来の気になるハリウッド俳優で、たくさんの映画に出演する名脇役。本作でもひと味違ったブシェミの魅力が発揮されている。
エレン・バーキン、ダスティン・ホフマンも貫禄の出演。
少しのシーンしか登場しないがダン・スティーヴンスがゴージャス。マシューのイメージのブロンド・ヘアーに優しいまなざしが実に似合う。
ヒップホップ・アーティストのクリフ・“メソッド・マン”・スミスが、レオン本人とマックが変身するレオンで顔は同じながら(当たり前)内面が全く違う人を上手く演じていて関心する。
「扉をたたく人」とは全く異なった趣のファンタジー・ヒューマン・コメディを作ったトーマス・マッカーシーは中々素敵だ。
a0051234_0223113.jpg

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-06-26 00:08 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(4)

「Mommy/マミー」

「Mommy」2014 カナダ
a0051234_19335480.jpg
a0051234_19334814.jpg
a0051234_19333676.jpg
a0051234_1933286.jpg
a0051234_19331984.jpg
a0051234_19331162.jpg

2015年、カナダのとある町(仮想の国でもある)。ある日、シングルマザーのダイアンは矯正施設から15歳の息子スティーヴを連れ出す。多動性障害であるスティーヴは情緒不安定なため、自分をコントロールできず怒りを覚えると暴れまくり、施設に放火していたのだ。まもなく二人のぎこちない生活が始まるが、母親は失業中の上、息子は問題を起こしてばかり。そんな折、二人は真向かいの家に住む女性カイラと出会う。元教師のカイラは神経を病み吃音に苦しんでいた。やがてカイラの存在が二人に良い影響を与え平和な日常が始まろうとしていた…

ダイアン・デュプレに「マイ・マザー/2009」のアンヌ・ドルヴァル。
カイラに「わたしはロランス/2012」のスザンヌ・クレマン。
スティーヴ・デュプレにアントワーヌ・オリヴィエ・ピロン。
弁護士のポールに「人生、ブラボー!/2011」のパトリック・ユアール。
監督、脚本、製作、編集、衣装デザイン、出演(クレジットなし)に「マイ・マザー/2009」「わたしはロランス/2012」「トム・アット・ザ・ファーム/2013」のグザヴィエ・ドラン。

残念なことに3人で築く平和な日々も長くは続かなかった。車の中でのダイアンの白昼夢が哀れでいたたまれない気持ちになる。
やっかいな自分をマミーはいつかきっと愛さないと思いこむ息子に“母親の愛は永遠よ!”と答えるダイアン。そして“母親の愛は永遠だけど、あなた(息子)は別の愛を見つけるのよ!”とも言う台詞に“図星だな。”とうなった。そう何れ息子は新しい愛を見つけるのだから...。

グザヴィエ・ドラン映画は非常に顔アップが多いように思える。本作のスクリーンは真四角。一部、フルスクリーンにもなるが、全編を通してほぼ全て真四角のスクリーン。なのでアップがますます強調され、ダイアンとスティーヴの緊張が猛烈に伝わってくる。神経を患っているカイラの表情もアップにされて緊張感が増す。
そしてもう一つ彼の映画は毎回Musicが多彩。本作もカナダの歌姫セリーヌ・ディオン、BECK、サラ・マクラクラン、オアシス、そしてヴィヴァルディのクラシックも…。
ポールと母親の3人でいったKARAOKEでスティーヴがマミーに捧げるアンドレ・ボチェッリの“Viv Per Lei/彼女のために生きる”がナイス!場違いな曲でひんしゅく買ったけど…。

グザヴィエ・ドランは衣装デザインも担当している。「わたしはロランス」でやはり衣装を担当していて、ロランスの纏う衣装…特に色がスゴく印象的だった。本作では衣装デザインも担当しているので、ダイアンの歳に似合わないド派手な衣服とチープなアクセサリーが目にも鮮やか。

独特の世界観を持つグザヴィエ・ドランの作品はとても興味深くて、突飛ながら惹き付けられる。いや突飛だから惹き付けられるのかも知れない。
見終わって母親と息子の深い愛に心揺さぶられた。

新宿武蔵野館にて
[PR]
by margot2005 | 2015-05-24 00:22 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(0)

「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~」

「The Good Lie」2014 ケニア/インド/USA
a0051234_21495249.jpg
a0051234_21493063.jpg
a0051234_21491944.jpg
a0051234_21491145.jpg

“誰かのやさしい嘘で、今日も世界は救われる。”

キャリーに「恋人たちのパレード/2011」「デビルズ・ノット/2013」のリース・ウィザースプーン。
マメールにアーノルド・オーチェン。
ジェレマイアにゲール・ドゥエイニー。
ポールにエマニュエル・ジャル。
アビタルにクース・ウィール。
キャリーの友人ジャックに「ミッドナイト・イン・パリ/2011」「ボーン・レガシー/2012」のコリー・ストール。
監督は「ぼくたちのムッシュ・ラザール/2011」のフィリップ・ファラルドー。

ドラマは1983年に始まったスーダンの内戦で親を殺され、家を奪われた後生き残った子供たちが、ケニアの難民キャンプをめざす過酷な旅で始まる。そしてとうとう2000年にアメリカとスーダンが協力し抽選で選ばれた者がアメリカ移民を獲得する。彼らは“ロストボーイズ”と呼ばれた。

キャリーはロストボーイズのマメール、ジェレマイア、ポールに仕事を斡旋するカンザスシティの職員。突然面倒をみるハメになったキャリー...言葉は理解出来るが、電話を見るのも初めての彼らに唖然とし、いらつきながらも次第に心を通わせて行く。

就職先も決まり3人の生活も落ち着いたかに見えたが、いくら働いても誰にも相手にされない不満からポールはヤケになる。おまけにアメリカ入国の際、家族でありながら、異性とは一緒に住めないとのルールでアビタルと引き離された3人は彼女が気がかりでならない。やがてそのような彼らの心情を汲み取ったキャリーは行動を起こす。
人に無関心で生きてきたキャリーは、互いを思いやって生きるロストボーイズの姿に心を揺さぶられたのだろうか?

ゲール・ドゥエイニーとエマニュエル・ジャルは実際にスーダン難民。
スーダン難民キャンプはフランス他合作映画の「約束の旅路/2005」でも描かれていたのを思い出す。

2001年に起こったアメリカ同時多発テロによりケニアの難民キャンプからアメリカへの移民は中止となった。少年時代の10数年間を難民キャンプで過ごし、アメリカへの移民で未来が開けたマメールたち…ドラマはフィクションのようだけど、彼らはとてもラッキーだったに違いない。
ラスト近く、マメールは祖国で生き別れとなった兄テオが気がかりでケニアのナイロビ行きを決心する。そして難民キャンプでテオと再会する。その後マメールの取った行動はとても感動的だった。

異国の文化に戸惑うロストボーイズと、これぞアメリカ人女性といった感じのキャリーとのギャップが実に面白く、ちょっと感動する佳作。
リース・ウィザースプーンを念頭に置いて脚本が書かれた様子。確かにキャリー役がとても似合っている。
スーパーの棚のドッグ・フードを見て“犬用の食べ物!?”と驚き、牧場で“ライオンはいるの?”と質問するロストボーイズがカルチャー・ギャップで笑わせてくれる。

TOHOシネマズ・シャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-04-30 22:56 | MINI THEATER | Trackback(5) | Comments(2)

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」

「Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)」2015 USA
a0051234_23121740.jpg
a0051234_2312994.jpg

かつて一世を風靡したスーパーヒーロー映画“バードマン”の主人公を演じたリーガンは、いつまでたってもそのイメージが拭えず、その後もぱっとせず今や落ち目の中年俳優。妻シルヴィアとは離婚し、一人娘のサムはドラッグ依存症で退院したばかり。人生最悪状態のリーガンは一旗揚げようと舞台に取り組む…

リーガンに「ビートルジュース/1988」「バットマン/1989」「バットマン リターンズ/1992」のマイケル・キートン。
サムに「マジック・イン・ムーンライト/2014」のエマ・ストーン。
マイクに「幻影師アイゼンハイム/2006」「インクレディブル・ハルク/2008」「ボーン・レガシー/2012」「グランド・ブタペスト・ホテル/2013」のエドワード・ノートン。
ジェイクに「ハングオーバー!! シリーズ/2009~2013」のザック・ガリフィナーキス。
ローラに「わたしを離さないで/2010」「ウォリスとエドワード 王冠をかけた恋/2011」「シャドー・ダンサー/2011」「ビトレイヤー/2013」のアンドレア・ライズブロー。
レズリーに「美しい絵の崩壊/2013」のナオミ・ワッツ。
シルヴィアに「あなたとのキスまでの距離/2013」のエイミー・ライアン。
タビサに「アバウト・タイム ~愛おしい時間について~/2013」「ウイークエンドはパリで/2013」のリンゼイ・ダンカン。
監督、製作、脚本は「バベル/2006」「BIUTIFUL ビューティフル/2010」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。

本作は2015年度のアカデミー作品、監督、脚本、撮影賞を受賞した。マイケル・キートン、主演男優賞は敵わなかったが素晴らしいパフォーマンスで、他の俳優たちも大熱演。

マイケル・キートンの「バットマン」はもちろん観ている。彼は映画版の初代バットマン。「ビートルジュース」も「バットマン」同様ティム・バートン作品で、20数年ぶりにシアターでマイケル・キートンを観た。少し前wowowでミシェル・モナハン主演のサスペンス「ブラインド・フィアー」を観てマイケル・キートンが懐かしかったのを思い出す。冴えない役だったけど…。で、これでマイケル・キートン復活となれば嬉しいな。

アカデミー作品賞に選ばれ、イニャリトゥ始めスタッフ、キャストが登壇。キートンはコメントを求められ“ここに立つだけで十分。”と謙虚に答えていた。主演男優賞はエディ・レッドメインに持っていかれたけど、映画の中にオスカーに値する素晴らしいパフォーマンスのキートンがいる。
エドワード・ノートンはお気に入りハリウッド俳優の一人。しかしわたし自身が惹かれる映画に中々出演してくれない。「グランド・ブタペスト・ホテル」は群像劇だったし、ジェレミー・レナー主演の「ボーン・レガシー」はつまらない作品だった。「幻影師アイゼンハイム」のノートンはスゴく素敵だった。あれからかれこれ10年。彼もおじさんの部類に入ってしまったわけだ。
「ハングオーバー!! シリーズ」でうるさくてウザいキャラを演じたザック・ガリフィナーキスが静かで唖然。俳優が演じるキャラって、その人そのものになってしまってコワい。
ローラ役のアンドレア・ライズブローはオーラのある女優で好き。
エマ・ストーンは「マジック・イン・ムーンライト」よりこちらのキャラが良いな。

リーガンが自ら脚色/演出/主演で手がける舞台劇“愛について語るときに我々の語ること”の配役…リーガンの若い恋人ローラと、レズリーの相手役に抜擢された俳優マイクが実生活で彼女の恋人と言う設定。ローラはリーガンの子供を妊娠中と言うおまけまで付いていて、スキャンダラスな俳優たちの実情が面白い。

映画は舞台劇も含め全編現実と妄想がないまぜになった展開がスゴく斬新。
怪我で降板した俳優の代わりにウディ・ハレルソン、マイケル・ファスベンダー、ジェレミー・レナーなどどうか?とモロ実名で登場したり、ロバート・ダウニーJr.の“アイアンマン”がくだらない!と言う台詞もありかなり手厳しい。メグ・ライアンの整形なんて話もあったけど...。

以下少々ネタバレ...

気になったのはラスト…舞台劇のリーガンは自らを本物の銃で撃って自殺を図り死んでしまう。観客は舞台のパフォーマンスにスタンディングオベーションで答え、辛辣な批評家タビサは舞台劇を絶賛する記事を新聞に掲載する。そしてリーガンが病院で目覚める。銃は鼻をかすっただけだった。元妻が病室でリーガンを見舞っている。その後サムがリーガンのお気に入りの花を持ってやって来る。サムが花瓶を探しに部屋を出た後リーガンは窓から飛び降りてしまう。やがて窓から身を乗り出して父親を見上げるサムの目のアップ...しかし観客の目にリーガンの姿は映らない。
病院のシーンは妄想?リーガン本当は死んでいた?どう解釈すれば良いものかと、頭が???マークになった。
暗いイメージの映画が多いイニャリトゥ作品。少々奇想天外ながら楽しいイニャリトゥ映画は実にナイス。
全編に流れるBack Musicは90%ドラムスで構成されていてとてもドラマにマッチしている。

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-04-22 00:15 | MINI THEATER | Trackback(20) | Comments(2)

「マジック・イン・ムーンライト」

「Magic in the Moonlight」2014 USA/UK
a0051234_23295878.jpg
a0051234_23295068.jpg
a0051234_23294157.jpg

1928年のドイツ、ベルリン。スタンリーは中国人の扮装をし華麗なるイリュージョンを披露する英国人の天才マジシャン。ある日、友人ハワードがやって来て、コート・ダジュールに住む大富豪が夢中になっているアメリカ人占い師ソフィーの占いが本物か、それとも偽物か見極めて欲しいと依頼する…

スタンリーに「デビルズ・ノット/2013」のコリン・ファース。
ソフィに「ラブ・アゲイン/2011」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~/2011」「アメイジング・スパイダーマン/2012&2014」のエマ・ストーン。
おばヴァネッサに「いつか眠りにつく前に/2007」「新しい人生のはじめかた/2008」「ロビン・フッド/2010」のアイリーン・アトキンス。
ソフィの母ベイカー夫人に「イントゥ・ザ・ワイルド/2007」「ローラーガールズ・ダイアリー/2009」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/2015」のマーシャ・ゲイ・ハーデン。
ブライスに「42 ~世界を変えた男~/2013」のハミッシュ・リンクレイター。
ブライスの母グ レースに「アニマル・キングダム/2010」「世界にひとつのプレイブック/2012」「イノセント・ガーデン/2013」のジャッキー・ウィーヴァー。
スタンリーの友人ハワード・バーカンに「ワールド・オブ・ライズ/2008」「ある公爵夫人の生涯/2008」「ジェーン・エア/2011」「裏切りのサーカス/2011」「博士と彼女のセオリー/2014」のサイモン・マクバーニー。
スタンリーの恋人オリヴィアに「娼婦ベロニカ/1998」「スパイ・ゲーム/2001」「28週後…/2007」のキャサリン・マコーマック。
監督、脚本は「ブルージャスミン/2013」「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」のウディ・アレン。

南フランス、コート・ダジュールに乗り込んだ皮肉屋で頑固ものの英国人スタンリーは若くて美しい占い師ソフィーを紹介される。自分が披露するマジックには必ず仕掛けがあり、スタンリーは、いわゆる魔法や、超能力などこの世に決して実在しないと信じている。しかし“あなたには東洋のイメージが浮かぶ”など次々と透視能力を発揮するソフィーに度肝を抜き、彼女の笑顔に魅せられてしまう。
死んだ人間を呼び出し死者と会話するシーン…あのシーンは他の映画でも見たことがある。一番記憶にあるのはデミ・ムーア主演でスゴくヒットした「ゴースト/ニューヨークの幻/1990」。
本作のテーマは霊を呼び出すオカルトのせい?それとも1920年代のせい?で、今回のロマンティック・コメディは今一つだった。
タイトル「Magic in the Moonlight」は二人が雨宿りする天文台からきていると思うが、あのシーンもそれほどロマンティックかなぁ?といった趣き。前作「ブルー・ジャスミン」はとても良かったのに…。そしてロマンティックと言えば「ミッドナイト・イン・パリ/2011」が一番。パリが舞台だけでロマンティックになってしまうのかも?
でも思い起こせばアレン映画にはオカルトが良く登場する。本作ロマンティック・コメディと言う分野では今一つなのかも知れない。

ヴァネッサを演じるアイリーン・アトキンスが貫禄たっぷり。この女優が一番1920年代にマッチしていて素晴らしい。スゴく久しぶりでお目にかかったキャサリン・マコーマックながら出番は少しで残念。
そして20年代の衣装や調度品が美しい。あの豪邸はもちろんのこと。コート・ダジュールの景色もナイス。

一風変わった趣向ではあるが、ロマンティック・コメディを作り続けるウディ・アレンは今年80歳。そして50代半ばの歳で恋する男を演じ、違和感ないのはコリンとリチャード・ギアくらいのもの。と言うことはこの二人に共通するものがある。それは両者共に家庭的な雰囲気が感じられないのかも知れない?何れにしても二人の大ファン。
コリン・ファースの大ファンなので楽しみにしていた本作ながら少々マンネリズム感が漂っていて…エマ・ストーンもとてもキュートなんだけど…コリン&エマのファンじゃなければおすすめではない。
初日に観に行って、同じシアターで上映していた「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は満席ながら、こちらは半分くらいの入り。偶然ながらどちらの作品にもエマ・ストーンが出演している。
次のウディ・アレン作品に期待したい。次は(2015製作)再びエマ・ストーンが出演のサスペンス?

シネ・リーブル池袋にて
[PR]
by margot2005 | 2015-04-17 23:35 | MINI THEATER | Trackback(12) | Comments(2)

「ブルックリンの恋人たち」

「Song One」 2014 USA
a0051234_19164092.jpg

人類学博士号取得の研究を続けるフラニーはモロッコで遊牧民の文化を研究中。ある日、ニューヨークに住む母親カレンから一本の電話が入り、弟ヘンリーが交通事故に遭い昏睡状態にあるという。ヘンリーとはある事が原因で喧嘩の後疎遠だったが、フラニーは取り急ぎニューヨークへ戻る決心をする…

フラニー・エリスに「レ・ミゼラブル/2012」のアン・ハサウェイ。
ジェイムズ・フォレスターにジョニー・フリン。
ヘンリー・エリスにベン・ローゼンフィールド。
カレン・エリスに「あなたは私の婿になる/2009」「噂のモーガン夫妻/2009」「ブレイブ・ワン/2007」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~/2011」のメアリー・スティーンバージェン。
監督、脚本はケイト・バーカー・フロイランド。

映画を上映しているのは知っていたけど、かなり地味っぽい作品だし、主演のアン・ハサウェイはあまり好きな女優じゃないしで少々迷っていた。でもなんとなく気になり観に行ったところ中々の感動作でシアターも思ったより入っていた。
ミュージシャン、ジェイムズ・フォレスターを演じるジョニー・フリンは英国の詩人でありミュージシャンで俳優だそう。弾き語りが上手いはずだ。とにかくmusicが素晴らしい!

ニューヨークでストリート・ミュージシャンをするヘンリーは交通事故に倒れる。モロッコから戻った姉のフラニーは実家に戻り母親カレンに言われるままヘンリーの部屋で寝起きするようになる。大学を中退してミュージシャンになると宣言したヘンリーとは喧嘩して以来疎遠になっていた。部屋を見回すと壁にヘンリーが憧れるインディーズ・ミュージシャン、ジェイムズ・フォレスターのポスターが貼ってある。そして彼のギターの中からノートが見つかり、その中にジェイムズ・フォレスターのライヴのチケットが挿んであった。ヘンリーの代わりにライブに行ったフラニーはジェイムズの歌に感動する。ライヴの後ジェイムズと会い、弟ヘンリーはあなたの大ファンながら、今は入院中で今日は来る事ができなかったと伝える。すると翌日、忙しい合間をぬってジェイムズが病院へ見舞いにやって来る。

当然ヘンリーは目覚めるだろうなと思っていたが、やはりで…彼が目覚めるきっかけになったのはきっと音楽に違いない。少々事例は異なるが、以前TVで認知症の人にその人が好きだった音楽を聞かせると記憶が戻るようなことを実験していたのを思い出す。
フラニーは病室に蓄音機(カセットではない)やキーボードを持ち込んでヘンリーに音楽を聴かせる。ニューヨークの街で採取した騒音まで聞かせるのだ。おまけにヘンリーが大好きなマーブル・チョコレートやパンケーキを持ち込んで食べられない彼に匂いを嗅がせる。あのような行為ってとても効果があるのだろうなと思った。
音楽を通して結ばれるフラニーとジェイムズ。あの後二人の未来は?その後の展開を見ているものに委ねるラストが素敵だ。
映画のオフィシャルHPに...“これは偶然にも出会った男女の甘く切ない期間限定のプレミアムな恋。”とあり。

新宿武蔵野館にて(4月中旬まで上映予定)
[PR]
by margot2005 | 2015-04-07 23:13 | MINI THEATER | Trackback(7) | Comments(2)

「あなたとのキスまでの距離」

「Breathe In」2013 USA
a0051234_22594963.jpg
a0051234_22594092.jpg

キースはN.Y.郊外ウエスチェスターで妻子と暮らす高校の音楽教師。ある日、一家は英国からの留学生ソフィーをホームスティさせることになる…

キース・レイノルズに「ハート・ロッカー/2008」「ザ・ロード/2009」「英国王のスピーチ/2010」「アニマル・キングダム/2010」「プロメテウス/2012」のガイ・ピアース。
ソフィーに「わたしの可愛い人-シェリ/2009」「テンペスト/2010」「博士と彼女のセオリー/2014」のフェリシティ・ジョーンズ。
メーガン・レイノルズに「カポーティ/2005」「その土曜日、7時58分/2007」「チェンジリング/2008」「グリーン・ゾーン/2010」「デビルズ・ノット/2013」のエイミー・ライアン。
ローレン・レイノルズに「もしも君に恋したら/2013」のマッケンジー・デイヴィス。
監督、脚本は「今日、キミに会えたら/2011」のドレイク・ドレマス。

ドラマのオープニングと、エンディングはキース、妻メーガン、娘ローレンの3人でデジカメに収まるという全く同じシーン。仲睦まじい家族の写真が始めと終わりに登場する。なんとなくラストのショットはキースがぎこちない…いや記憶は定かではない。今一度見てみたい。

本当はチェリストになりたかったキース。しかしメーガンと結婚し娘ローレンが生まれる。彼は生活ため高校の音楽教師の職を受け入れるしか方法はなかった。月日がたち娘も高校生に成長。キースは自分の夢を叶えようとチェロのレッスンに精を出す。そんな折、英国からソフィーがやってくる。類いまれなるピアノの才能に恵まれたソフィーながらなぜかピアノ演奏を固くなに拒んでいる。

原タイトル“Breathe In/息を吸う/熱心に聞き入る”はドラマの中に何度か登場する。近いうちにニューヨークでオーケストラのオーディションを受けるキースは日々落ち着かない。そんなキースの緊張を解きほぐすため、ソフィーは“Breathe In”を薦める。妻のメーガンは夫キースの話に耳を傾けようともしないから…。
二人は音楽が大好きってこともあるし、少々変わり者で孤独な留学生ソフィーと、自分の家なのになんとなく居心地が悪いキースは次第に惹かれ合って行く。

上映中の「博士と彼女のセオリー」に乗じて公開されたとしか思えないフェリシティ・ジョーンズがヒロインのラヴ・ロマンス。
本作のフェリシティは家庭を破壊するファム・ファタールを演じている(ラストで破壊は免れる)。ウエスチェスターの景色が美しく、哀愁を帯びた雰囲気に包まれドラマを盛り上げている。

ガイ・ピアースはラッセル・クロウと競演した「L.A.コンフィデンシャル/1997」の刑事役で初めてお目にかかったUK出身のオーストラリア人俳優。「英雄の条件/2000」「メメント/2000」「モンテ・クリスト伯/2002」「ファクトリー・ガール/2006」と幅広く演じる個性派俳優。
本作のようなキャラクターのガイ・ピアースは初めて見た。なにせ恋する男なのだから…それも娘と同世代の女の子に…。
フェリシティ・ジョーンズは1983年生まれなので撮影時は29歳くらい?でも18歳の高校生役違和感ない。「博士と彼女のセオリー」では大学生から母親までを上手く演じていたのを思い出す。
クレジットなしで「ツイン・ピークス/1989~1992」のカイル・マクラクランが出演しているのに驚き。
相変わらずのヒドい(陳腐な)邦題に呆れる。

wowowにて鑑賞
シネマカリテにてレイトショーで期間限定公開(本日迄)
[PR]
by margot2005 | 2015-03-27 23:21 | MINI THEATER | Trackback | Comments(0)

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

「Chef」 2014 USA
a0051234_182745.jpg
a0051234_18265541.jpg
a0051234_18264882.jpg
a0051234_18263879.jpg

カールはL.A. の星付き一流レストランのシェフ。ある日評論家マービンに酷評され怒り心頭。あげく、新たに生み出した斬新なメニューをオーナー、リバに却下された後クビを宣告される。再びやって来たマービンに文句を付けようと、レストランに乗り込んだカールはで諍いを起こす。その一部始終をレストランの客がYou Tubeに公開したため、カールとマービンンの諍いはweb上で大拡散してしまったのだ。結局カールは新たな仕事先までも失ってしまうハメに…

出演(カール・キャスパー)、製作、監督、脚本に「ハニーVSダーリン 二年目の駆け引き/2006」「アイアンマン・シリーズ/2008~2013」「カウボーイ&エイリアン/2011」のジョン・ファヴロー。
イネスに「ジゴロ・イン・ニューヨーク/2013」のソフィア・ベルガラ。
マーティンに「コレラの時代の愛/2007」「セントアンナの奇跡/2008」「悪の法則/2013」のジョン・レグイザモ。
パーシーにエムジェイ・アンソニー。
モリーに「ヒッチコック/2012」のスカーレット・ヨハンソン。
トニーに「ブルージャスミン/2013」「PARKER/パーカー/2013」のボビー・カナヴェイル。
ラムジーに「カサノバ/2005」「フロスト×ニクソン/2008」
「2012/2009」
「ジンジャーの朝 さよなら、わたしが愛した世界/2012」のオリヴァー・プラット。
リバに「主人公は僕だった/2006」「新しい人生のはじめかた/2006」のダスティン・ホフマン。
マービンに「ゾディアック/2006」「ラッキー・ユー/2007」「アイアンマン・シリーズ」「インクレディブル・ハルク/2008」「路上のソリスト/2009」のロバート・ダウニー・Jr。

カールには元妻イネスとの間に一人息子パーシーがいる。レストランをクビになり、新たな仕事にも就けないカールは息子に顔向けできない。そんなある時、イネスが、“マイアミで仕事があるんだけど一緒に行かない?”とカールに誘いをかけてくる。マイアミはイネスの父親が住む街でもあり、カール、イネス、そしてパーシーの三人でマイアミを訪れることになる。そしてカールは地元のキューバサンドの美味しさに感動してしまう。イネスの薦めと、イネスの元々夫マービンの助けも借りフードトラックに挑戦しようと考える。

元妻の元夫の助けを借りるところがなんとも面白いし、マービン役のロバート・ダウニー・Jr.が貫禄たっぷり。
レストランのオーナー、リバ役のダスティン・ホフマンを始めとして、モリー役のスカーレット・ヨハンソンや、評論家ラムジーを演じるオリヴァー・プラットなどの存在もドラマに味を添える。
パーシー役のエムジェイ・アンソニーが抱きしめたいくらいキュート。

wowowで見たハリウッド・コメディ「ハニーVSダーリン 二年目の駆け引き」や、「泥棒は幸せのはじまり/2013」なぞ猛烈にくだらない駄作。そんなのにも出演するジョン・ファヴロー...本作では別人ってイメージで、頑張るお父さん役がスゴくいい。
あまり期待しないで観に行ったので、美食と共にドラマの主軸でもある、父子愛がとても素敵だった。元妻イネスとヨリを戻しそうな雰囲気もナイス。

ドラマに登場する目にも鮮やかで美味しいそうな料理の数々。サンドイッチ大好き人間なのでオフィシャル・サイト覗いた所キューバサンドのレシピあり。エンディングのクロックムッシュの作り方シーンに目が点。料理人って外科医のような手さばきも必要なのかも知れない。

TOHOシネマズシャンテにて
[PR]
by margot2005 | 2015-03-21 23:15 | MINI THEATER | Trackback(8) | Comments(2)

「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」

「The Imitation Game」2014 USA/UK
a0051234_21423311.jpg
a0051234_2142235.jpg
a0051234_21425313.jpg

1939年、英国はヒトラー率いるドイツに宣戦布告し第二次世界大戦が始まる。ドイツと戦うには敵の暗号機“エニグ マ”の解読以外に勝利は望めない。ある時、MI6の元にチェスの英国チャンピオンを始めとした天才的な頭脳を持つエリートが集められる。その中の一人がケンブリッジ大学キングス・カレッジで学んだ数学者アラン・チューリング。自信家で協調性に欠ける彼は一人で電子操作の解読マシーンを作り始める。子供の頃から孤独だったチューリングは、マシーンにかつてたった一人の友人だったクリストファーの名前をつけ、暗号を解き始める。そんな折、チューリングの発案でクロスワード・パズルが得意なジョーンがチームに加わる。社交的なジョーンが加わりチューリングは仲間との絆を深めて行く...

アラン・チューリングに「それでも夜は明ける/2013」のベネディクト・カンバーバッチ。
ジョー ン・クラークに「はじまりのうた/2013」のキーラ・ナイトレイ。
ヒュー・ アレグザンダーに「マッチポイント/2005」「敬愛なるベートーヴェン/2006」「ウォッチメン/2009」「シングルマン/2009」「イノセント・ガーデン/2013」のマシュー・グード。
ジョ ン・ケアンクロスに「ダウントンアビー/2010~204」「グランドピアノ 狙われた黒鍵/2013」のアレン・リーチ。
ピーター・ヒルトンに「17歳の肖像/2009」「ミスター・スキャンダル/2013」のマシュー・ビアード。
デニストン中佐に「ラヴェンダーの咲く庭で/2004(監督、脚本)」「タロット・カード殺人事件/2006」「ドラキュラzero/2014」のチャールズ・ダンス。
スチュアート・ミンギスに「ビトレイヤー/12013」のマーク・ストロング。
ロバート・ノック刑事に「007/慰めの報酬/2008」「007 スカイフォール/2012」「ブロークン/2012」のロリー・キニア。
監督は「ヘッドハンター/2011」のモルテン・ティルドゥム。

「ヘッドハンター」の監督とベネディクト・カンバーバッチ主演のドラマはとても見応えがあった。機械には機械で対抗するよりないと考えたアラン・チューリングが作ったコンピューターは当然のことながらバカでかい!何せ時代は1939年なのだから…。そしてチューリングはコンピューターの原型となるモデルを考案した一人であるそう。
ドラマはチューリングの戦争中と戦後の姿、そして学生時代を交差しながら描かれる。交差が少々頻繁な気もするが、ストーリーが分らなくなることはない。
チューリングには人には言えない重大な秘密があったようで...あの時代では罪とされていた彼の性癖。戦後、ジョーンがチューリングを救い出そうとするが、自殺してしまったという彼の最期が実にお気の毒。

オスカー主演男優賞にノミネートされたベネディクト・カンバーバッチ。受賞は叶わなかったけど、本作での演技は素晴らしかった。映画は初日に鑑賞。カンバーバッチ、ファンが多くいた多分...。
ベネディクト・カンバーバッチを初めて見たのは「アメイジング・グレイス/2006」。英国の政治家で元首相のウイリアム・ピット役が似合っていた。その後、「つぐない/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」と続き、初めての主演映画「僕が星になるまえに/2010」「ミスティック・アイズ/2010」に到達。TVドラマ「SHERLOCK(シャーロック)/2010~」は見逃がしてしまったが「パレーズ・エンド/2012」はしっかりと見た。彼は時代ものが似合う俳優だ。2010年に作られたドキュメンタリー「Van Gogh: Painted with Words」もBSで見ている。
カンバーバッチの魅力は何と言ってもあのsexyなバリトン・ボイスに尽きる。

ヒュー・ アレグザンダーを演じるマシュー・グードは「チェイシング・リバティー/2004」以来の大ファン。マシュー・グードよりカンバーバッチの方が年上だったとは知らなかった。
M16のスチュアート・ミンギス役のマーク・ストロングの出演も嬉しい。
始め誰か分らなくて困ったが、見ている間に思い出した彼...「ダウントン・アビー」の運転手ブランソン役のアレン・リーチ初のシアターだった。
ダグレイ・スコット&ケイト・ウィンスレットの「エニグマ/2001」と言う映画があり、観ているが登場人物は全く別人。

日比谷みゆき座にて
[PR]
by margot2005 | 2015-03-19 22:32 | MINI THEATER | Trackback(24) | Comments(4)