カテゴリ:フランス( 274 )

「女神の見えざる手」

Miss Sloane2016 フランス/USA

a0051234_21044696.jpg
a0051234_21043722.jpg
アメリカ合衆国、ワシントン。エリザベス・スローンは大手ロビー会社コール=クラヴィッツ&Wで働く超やり手の剛腕ロビイストで、目的のためなら手段も厭わない強者。ある日、銃擁護派団体から“君の力で女性を銃賛成派に変えろ”と頼まれるが、それを一笑に付してしまう。やがてエリザベスの態度に怒りを爆発させた上司は彼女に即刻首を言い渡す。一方で小さな新興ロビー会社のCEO、シュミットがエリザベスに目を付け接近して来る…

エリザベス・スローンに「スノーホワイト/氷の王国/2016」ジェシカ・チャスティン。

ロドルフォ・シュミットに「キングスマン/2014」マーク・ストロング。

エズメ・マヌチャリアンに「砂上の法廷/2016」「美女と野獣/2017」ググ・ンバータ=ロー。

ジェーン・モロイに「ローマでアモーレ/2012」アリソン・ピル。

パット・コナーズに「メッセージ/2016」マイケル・スタールバーグ。

フォードに「キャロル/2015」「ワタシが私を見つけるまで/2016」のジェイク・レイシー。

ジョージ・デュポンに「華麗なるギャツビー/1974」のサム・ウォーターストン。

スパーリング上院議員に「ドリームガールズ/2006」「人生は小説よりも奇なり/2014」のジョン・リスゴー。

監督は「恋におちたシェイクスピア/1998」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう/2011」「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015」ジョン・マッデン。


ドラマはエリザベス・スローンが上院議員の聴聞会に召還される所から始まる。大手ロビー会社にいた時手がけた仕事に不正があったと見なされ、その真意が問われていた。そして物語は3ヶ月前に戻る。


エリザベスには家族も友人もいない。食事はいつも同じ中華屋で食べ(食べる時間短縮のため錠剤ですませても良い...なんて言っていたけど、ビールがぶ飲みしていた感じ)、性的欲求はホテルに出向きエスコートサービスですませる。

眠ることもカットして仕事一筋に生きるなんて、なんと言う味気ない生活なのだろう!と唖然となる。まぁドラマはフィクションだから、このような生活をしていたらきっと頭が変になるに違いない。


何処かにジェシカ・チャスティン怪演…なんて記事もあったけど、この俳優すっごい迫力ある!

常にドレスアップして、真っ赤なルージュにピンヒールが決まっているエリザベスのファッションが眩しいほど素敵だ。

エスコートサービスのフォードが善い人でほっとした。


公開されて4週目に見たが上映館はかなり混んでいて、本作巷で評判になってるのかと思った。132分と長いながらも、立て続けに盛り上がりを見せるドラマはとても見応えがあった。それにしてもあの膨大な台詞を喋るジェシカ・チャスティンは尊敬に値する。

原タイトルは「ミス・スローン」なのに邦題は実に凝っている。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-11-14 21:24 | フランス | Trackback(2) | Comments(4)

「婚約者の友人」

Frantz」2016 フランス/ドイツ

a0051234_21105890.jpg
a0051234_21110948.jpg

第一次世界大戦(1914年~1918年)が終結したドイツのとある街。ある日、戦争で婚約者フランツを亡くしたアンナは墓の前で花を手向け泣いている男性を目の当たりにする。その後アドリアンと名のる男性がフランツの家族を訪ねて来る。アンナは墓地にいた人だと認め驚きを隠せない。最初フランツの父親ハンスはフランス人のアドリアンを拒否するが、彼の妻のマグダはフランツと友人だったと話すアドリアンに好意を抱き始める...


アドリアンに「キリマンジャロの雪/2011」「イヴ・サンローラン/2015」パーフェクトマン 完全犯罪/2015」ピエール・ニネ。

アンナに「ルートヴィヒ/2012」パウラ・ベーア。

ハンスに「クリムト/2006」のエルンスト・シュトッツナー。

マグダにマリー・グルーバー。

クロイツに「顔のないヒトラーたち/2014」「ヒトラー暗殺、13分の誤算/2015」ヨハン・フォン・ビューロー。

フランツにアントン・フォン・ルケ。

アドリアンの母に「三重スパイ/2003」シリエル・クレール。

ファニーに「夏時間の庭/2008」「あの夏の子供たち/2009」「ショコラ~君がいて、僕がいる~/2015」アリス・ドゥ・ランクザン。

監督、脚本は「彼は秘密の女ともだち/2014」フランソワ・オゾン。


原タイトルは「フランツ」。

映画はモノクロ。でも時々カラーになる。それはフランツが登場する時と、アドリアンがフランツを思う時の様に映る。どのような展開になるのか?全く予測のつかないドラマだった。

アドリアンはいつまでも偽り続けることが出来ずに思い悩み、アンナにだけ真相を打ち明ける。そう彼はフランツの家族に嘘を語っていたのだ。


ロケされたドイツの街(旧市街)の石畳が美しい。ドラマにはパリのルーヴル美術館も登場する。そこに飾られたマネの自殺という絵画。この絵画は初めて見た。ちょっと調べてみたらスイスのチューリッヒにある印象派の美術館ビュールレ・コレクションにあるそう。ドラマの背景となる時代にはルーヴル美術館に飾られていたことを知った。そしてこの時代オルセー(1986年開館)はまだ存在していなくて、今現在オルセーに飾られているマネの草上の昼食はルーヴルに展示されていた様子。その絵画がドラマの中に自殺と一緒に映るがひょっとしてフェイク?

ラスト、マネの自殺が大きな役割を果たしている。


オゾン映画は色々と見ているが、サスペンス仕立てもないし、ウイットに富んだ会話が交わされるわけでもなしで、純粋の悲恋映画のノリ...全くオゾンらしくないなぁと感じた。


アドリアンを演じるピエール・ニネは「イヴ・サンローラン」でとても本人に似せて演技していて感心した。彼は顔が暗いのか?悲しい表情がとても似合う俳優。本作の彼も常に暗い表情を見せている。

wowowで見た「パーフェクトマン 完全犯罪2011」の彼も悲しい表情満載だった。それはちょっと気になる映画だったのでレビューを書きたいと思っている。


シネスイッチ銀座



[PR]
by margot2005 | 2017-11-07 21:54 | フランス | Trackback | Comments(0)

「愛を綴る女」

Mal de piers…akaFrom the Land of the Moon

a0051234_21531238.jpg

1950年代の南フランス、プロヴァンス。両親、妹と暮すガブリエルは美しい娘で情熱的な愛を求めている。ある時、地元の教師に恋心を抱き告白するが悲恋に終わってしまう。精神が不安定なガブリエルの行動は異常で、心配した母親は彼女をリヨンの病院へ入れようと考える。しかしガブリエルはこれを拒否。そこで母親は病院へ入るか?結婚するか?の選択肢をガブリエルに宣告する...


ガブリエルに「アサシン クリード/2016」マリオン・コティヤール。

アンドレ・ソヴァージュに「サンローラン/2014」ルイ・ガレル。

ジョゼに「ローマ法王になる日まで/2015」「しあわせな人生の選択/2015」アレックス・ブレンデミュール。

ガブリエルの母親アデルにブリジット・ルアン。

ガブリエルの妹ジャニーヌに「シャトーブリアンからの手紙/2011」ヴィクトワール・デュボワ。

監督、脚本は「ヴァンドーム広場/1998」「Mの物語/2003:出演」「海の上のバルコニー/2010」のニコール・ガルシア。

原作はミレーナ・アグスの「祖母の手帖」。


母親が選び出したガブリエルの結婚相手はスペインから来た季節労働者のジョゼ。ガブリエルにとって不本意な相手だったが受け入れるしかない。ジョゼと結婚したガブリエルはあなたを決して愛さない。と宣言するが、ジョゼも俺も愛していない。と答える。しかし時がたち、意外なことに二人のsexは官能的なものになって行く。やがてガブリエルは妊娠するが結石が原因で流産し、結石治療のためアルプスの療養所に滞在することになる。そこで彼女はインドシナ戦争で負傷した帰還兵アンドレ・ソヴァージュと運命的に出逢うのだった。


アンドレとの出逢いと別れガブリエルの妄想か?と思われるシーンがあり少々戸惑ったが、後に説明が入って、上手く描いたなと感心した。俺も愛していない。と答えたはずのジョゼの愛情を感じる素敵なシーン。

全体的に超暗いドラマながらエンディングは晴れやかで何より。


マリオン・コティヤールの日本公開映画は今年何と4本(2016年製作)!もちろん全てシアターで見ている。40歳を過ぎたマリオンが少女のようなドレスを着て未婚の若い女性を演じているが違和感はない。とても若くて美しくて驚く。そして監督ニコール・ガルシアはマリオンのスケジュールが空くまで5年待ち続けたという。


ロケ地はフランス、ヴァロンソルとリヨン。スイス、グラウビュンデンのダボス、スペインのアンダルシアなどなど素晴らしい景色が楽しめる。

ガブリエルの実家が経営するラヴェンダー畑の舞台となるヴァロンソルは素晴らしく美しい!

グラウビュンデンのダボスはガブリエルの静養先の療養所として使われている。

10年以上前に南フランスのラヴェンダー畑を見に行こうと計画したけど、満開のシーズンに出かけるのが難しくて叶わなかったのを思い出した。


カトリーヌ・ドヌーヴの「ヴァンドーム広場」はシアターで鑑賞。エマニュエル・ベアールの「Mの物語」と、ジャン・デュジャルダンの「海の上のバルコニー」はwowowで鑑賞した。「海の上のバルコニー」は素敵な映画だった。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-10-29 22:05 | フランス | Trackback | Comments(0)

「エタニティ 永遠の花たちへ」

「Éternité」…aka「Eternity」2016 フランス/ベルギー

a0051234_16452136.jpg
a0051234_16443872.jpg
a0051234_16444702.jpg
a0051234_16451119.jpg
a0051234_16432443.jpg
a0051234_16442781.jpg
a0051234_16440213.jpg

19世紀末のフランス。広大な敷地に建つ瀟洒な家で両親の深い愛に包まれて育ったヴァランティーヌは17歳になる。誠実な男性ジュールから結婚を申しこまれるが決心がつかない。しかしジュールの純粋さに惹かれた彼女は結婚を決める。やがて6人の子供に恵まれたヴァランティーヌは幸せな人生を送っていたが、生まれて間もない子供が亡くなった後、20年連れ添った夫ジュールが急逝する。幸せ一杯だった彼女はうちひしがれるが、子供たちの中に宿るジュールの存在に癒されて行く...


ヴァランティーヌに「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)/2013」オドレイ・トトゥ。

マチルドに「白い帽子の女/2015」メラニー・ロラン。

ガブリエルに「甘き人生/2016」ベレニス・ベジョ。

マチルドの夫アンリに「午後8時の訪問者/2016」ジェレミー・レニエ。

ガブリエルの夫シャルルにピエール・ドゥラドンシャン。

ガブリエルの母親に「ふたりのベロニカ/1991」「トリコロール/赤の愛/1994」のイレーヌ・ジャコブ。

マチルドの母親にヴァレリー・ストロー。

ヴァランティーヌの夫ジュールに「フレンチ・ラン/2016」アリエ・ワルトアルテ。

監督、脚本は「青いパパイヤの香り/1993」「夏至/2000」「ノルウェイの森/2010」のトラン・アン・ユン。

ナレーションは「青いパパイヤの香り」のトラン・ヌー・イェン・ケー。


映画が始まり現れた瀟洒な館。そこに咲き乱れる美しい草花は正に耽美の世界!時がたち屋敷の庭で戯れる一家。生活の匂いがいっさい感じられないブルジョワ一族の日常はスーパー級にゴージャス!そして19世紀末の女性たちのドレスやインテリアも素晴らしく美しい!


ドラマはヴァランティーヌと、彼女の息子の妻マチルド、そしてマチルドの従姉妹のガブリエルの三人の女性を軸に展開され、生と死が描かれる。


ヴァランティーヌの夫が亡くなった後、第一次世界大戦で双子の長男と次男が亡くなる。その後愛してやまなかった娘エリザベットが病死し、もう一人の娘マルゴはシスターになりヴァランティーヌから去って行く。深い悲しみが続くヴァランティーヌだったが、ある日、成長した息子アンリから幼なじみのマチルドと結婚するという嬉しい知らせが入る。


映画が始まっても台詞は一切ない。エリザベットとマルゴが美しい少女に成長するまで台詞はなし。静かなピアノ曲と共にトラン・ヌー・イェン・ケーのナレーションが流れる。静かなピアノ曲と書いたが、エンドクレジットにドビッシー、バッハ、リストetc.のピアノ曲が羅列されていた。


見終わってフランス映画だなぁとしみじみ感じた。そして全く違ったジャンルのエリック・ロメールが描くローマ時代の純愛物語「我が至上の愛 〜アストレとセラドン〜/2007」を思い出したのは同じく耽美の世界だから?

大ラスは現代のパリ。ヴァランティーヌの子孫たちが集まったのは、エッフェルとアンバリッドが望めるアレクサンドル3世橋。あの橋はやはり絵になる。

a0051234_20334809.jpg
a0051234_20335562.jpg
a0051234_20340634.jpg
(上3枚は2013年パリ旅行<プティ・パレ/パリ市立美術館>の際に撮った写真)


トラン・アン・ユンの「夏至」はシアターで鑑賞。「青いパパイヤの香り」はwowowで見た可能性があるが良く覚えていない。「ノルウェイの森」は未見。映画を見終わって「夏至」の監督だなぁと実感!ヴェトナムを舞台にした「夏至」は本作同様映像が素晴らしく美しかったから


こんな優雅な雰囲気のオドレイ・トトゥを見たのは初めてで、おまけにとても美しい。メラニー・ロランもベレニス・ベジョも耽美の世界が似合う。ジェレミー・レニエのこのような役柄も初めて。

「アメリ/2001」のオドレイ・トトゥはしっかりと大人の女性になって素敵だ(現在39歳)。少し前にwowowで放送されていた「テレーズの罪/2011」を見た(フランス映画祭2013で上映)。こちらもレビューを書いてみたいと思う。

そしてイレーヌ・ジャコブが懐かしい。彼女の久々の主演作「エレニの帰郷/2008」は残念なことに見ていない。機会があれば是非見てみたい。


シネスイッチ銀座にて



[PR]
by margot2005 | 2017-10-28 20:45 | フランス | Trackback | Comments(0)

「少女ファニーと運命の旅」

Le voyage de Fanny…akaFanny's Journey2016 フランス/ベルギー

a0051234_22260401.jpg

1943年、フランスはナチスドイツの支配下にあった。市民からなる支援組織が秘かに運営する児童施設はユダヤ人の子どもたちを匿っていた。ある日、13歳の少女ファニーは二人の妹と共に施設にやって来る。そしてファニーの母親は迎えに来ると言い残し去って行く...


ファニーにレオニー・スーショー。

マダム・フォーマンに「メビウス/2013」セシル・ドゥ・フランス。

農夫ジャンにステファン・ドゥ・グルート。

エリカにファンティーヌ・アルデュアン。

ジョルジェットにジュリアンヌ・ルプロー。

ヴィクトールにライアン・ブロディ。

ディアヌにアナイス・マイリンガー。

ラシェルにルー・ランブレヒト。

モーリスにイゴール・ファン・デッセル。

マリーにマロン・レヴァナ。

ジャックにルシアン・クーリー。

料理番エリーにヴィクトール・ムーテレ。

監督、脚本はローラ・ドワイヨン


ファニーがいた施設は密告者によって閉鎖を余儀なくされ、子供たちは新しい施設に移り住むことになる。しかしここにもナチスが迫って来ており、責任者のマダム・フォーマンは子供たちをスイスに逃がそうと考える。

列車の乗り継ぎで大人たちと行き違いになってしまったファニーたち。そしてマダム・フォーマンは約束の待ち合わせ場所に現れない。結局ファニーがリーダーとなってスイスを目指す過酷な旅が始まる。


原タイトルはいたってシンプル。このタイトルだとまるでファニーが楽しい旅にでるようなニュアンスで、意外ながらナイスだなと思った。

実話が元なのでファニーたちが生き延びるのはわかっている。しかしラストを迎えるまで結構ハラハラした。

オーディションで選ばれ、演技初というファニー役のレオニー・スーショーが素晴らしい。他の子供たちも然り。

久しぶりのセシル・ドゥ・フランスがBodyと共に貫禄たっぷり。


同じフランス人なのにユダヤ人を助ける者もいればナチスに密告する者もいる。しかしそれは全て戦争のせい。ファニーたちを追いつめる警察官の姿は「黄色い星の子供たち/2010」でも描かれていた。

ファニーとヴィクトールが森の中で見つけた死体。ドイツ人かフランス人か?と確かめるシーンは子供ながらスゴい!と思った。お金を払ってスイスへの道案内人を雇う様も大人顔負け?


エンディングにイスラエルに暮すファニー・ベン=アミが登場。

ポーランドのワルシャワのゲットーから逃げ生き延びたユダヤ人少年の物語を描いた「ふたつの名前を持つ少年/2013」思い起こした。


TOHOシネマズ・シャンテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-08-16 22:39 | フランス | Trackback(1) | Comments(2)

「夜明けの祈り」

Les innocentes」…aka「Agnus Dei」2016 フランス/ポーランド

a0051234_22182285.jpg

a0051234_22183393.jpg

1945年、12月のポーランド。フランス人のマチルドは赤十字の活動で医師として従事する日々。ある時、見知らぬシスターから助けを求められ、遠く離れた修道院へ駆けつける。そこでマチルドは戦争末期にソ連兵によって暴行され身ごもった修道女の姿を目の当たりにする...


マチルドに「世界にひとつの金メダル/2013」ルー・ドゥ・ラージュ。

シスター・マリアに「ハミングバード/2013「イレブン・ミニッツ/2015」のアガタ・ブゼク。

修道院長に「イーダ/2013」のアガタ・クレシャ。

イレーナに「あの日 あの時 愛の記憶/2011」「ジュリエット・ビノシュ in ラヴァーズ・ダイアリー/2011」のヨアンナ・クーリグ。

サミュエルに「やさしい人/2013」「メニルモンタン 2つの秋と3つの冬/2013」ヴァンサン・マケーニュ。

監督、脚本は「恍惚/2003」「ココ・アヴァン・シャネル/2009」「美しい絵の崩壊/2013」「ボヴァリー夫人とパン屋/2014」アンヌ・フォンテーヌ。


臨月を迎えた修道女は7人。修道院の閉鎖を恐れる修道院長は、外部に修道女たちの妊娠が漏れないようひた隠しにしておりマチルドの助けを拒む。しかしシスター・マリアに懇願されマチルドは修道女たちを守る決意をする。


医師マチルドは実在の人物で映画は実話を元に描いている。

イエス・キリストに身を捧げた修道女たちが妊娠なんてあり得ないことながら、戦争のせいで最悪の事態が起こったのだ。ソ連兵にレイプされ妊娠してしまった修道女たちには何の罪もなく完璧に被害者ながら、訴えることもせずひたすら事実を隠すばかり。この辺りの事情は全く理解できないが舞台が修道院と言うことで納得せざるを得ない。


原タイトルは“アニュス・デイ/神の子羊”。それはイエス・キリストを象徴する表現の言葉の一つだそう。

ラスト、生まれた子供を抱いてカメラの前に集合する修道女たちの姿がとても違和感ありながら素晴らしかった。


イメージが違っていて最初わからなかったが、「世界にひとつの金メダル」でラファエル役だったルー・ドゥ・ラージュがヒロインのマチルドを演じている。彼女は今注目される若手女優の一人。

アガタ・ブゼクはジェイソン・ステイサムの「ハミングバード」でもシスターを演じていて修道女のコスチュームがとても似合う。そしてウマ・サーマンに似ている!

一風変わったキャラが似合うヴァンサン・マケーニュが医師サミュエル役でちょっと驚き。


新宿武蔵野館にて



[PR]
by margot2005 | 2017-08-11 22:30 | フランス | Trackback(1) | Comments(2)

「ザ・ダンサー」

La danseuse…aka「The Dancer2016 フランス/ベルギー/チェコ

a0051234_17415531.jpg

19世紀末のフランス。パリが繁栄した華やかなベル・エポック(良き時代)を舞台に、“モダン・ダンスの祖”と呼ばれ一世を風靡した伝説的ダンサー、ロイ・フラーの実話を元にしたヒューマン・ドラマ。


マリー・ルイーズ・フラー/ロイ・フラーに「博士と私の危険な関係/2012」「嫉妬/2012」のソコ。

ルイ・ドルセー伯爵に「パリ、ジュテーム/2006」「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語/2009」「サンローラン/2014」「たかが世界の終わり/2016」ギャスパー・ウリエル。

ガブリエルに「海の上のピアニスト/1999」「ラルゴ・ウィンチ/2008」のメラニー・ティエリー。

イサドラ・ダンカンにリリー=ローズ・デップ。

フォリー・ベルジェールの支配人に「プチ・ニコラ/2009」「ハートブレイカー/2010」「タンゴ・リブレ 君を想う/2012」「エール!/2014」「神様メール/2015」フランソワ・ダミアン。

オペラ座の支配人に「あの夏の子供たち/2009」「めぐりあう日/2015」「フランコフォニア ルーヴルの記憶/2015」ルイ=ド・ドゥ・ランクザン

監督、脚本はステファニー・ディ・ジュースト。


フランス人の父とアメリカ人の母の間に生まれたマリー・ルイーズは、愛する父が亡くなり母の住むニューヨークの修道院に身を寄せる。そして女優志望の彼女は舞台デビューするがほんの端役だった。そんな折、幕間に披露したマリー・ルイーズの独創的なダンスが拍手喝采を浴びる。その中には彼女のダンスに魅せられ拍手を贈るルイ・ドルセー伯爵がいた。


ルイ・ドルセー伯爵はアメリカ人の富豪女性と結婚したフランス人貴族。マリー・ルイーズはルイ・ドルセー伯爵の支援を得てフランスに渡り、パリのミュージック・ホール、フォリー・ベルジェールの門をたたく。支配人は今まで見たこともないダンスに興味を持たなかったが、ダンサーたちの世話をするガブリエルはマリー・ルイーズの才能を認めフォローすることを決意する。やがてロイ・フラーと名のる様になったマリー・ルイーズのダンスは観客を虜にするのだった。そしてとうとうオペラ座の支配人がやって来て出演が決まる。


ロイ・フラーと同じくアメリカ人のイサドラ・ダンカンはモダン・ダンサーとしてとても有名。彼女も又“モダン・ダンスの祖”と呼ばれている。ドラマには共演者として選ばれた若くて美しいダンサー、イサドラ・ダンカンに嫉妬するロイ・フラーのエピソードも織り込まれている。


ヒロインを演じるソコは独特の魅力を放つフランス人の女優でシンガーソング・ライターでもある。上に書いた2本の映画はどちらもwowowで見たが、男子のようにも見える風貌ながらとてもエロティックな雰囲気を醸し出す希有な女優。本作ではダンスパフォーマンスのシーンを熱演している。

そしてイサドラ・ダンカンを演じるリリー=ローズ・デップがとても蟲惑的で美しい。ヴァネッサ&ジョニーの良い所取りしたリリーがマジでチャーミング。

ギャスパー・ウリエルにはデカダンスな世界が似合う。


シネスイッチ銀座にて



[PR]
by margot2005 | 2017-06-25 20:48 | フランス | Trackback | Comments(0)

「おとなの恋の測り方」

Un homme à la hauteur…akaUp for Love2016 フランス

a0051234_23085489.jpg
a0051234_23084427.jpg

フランス、マルセイユ。敏腕弁護士のディアーヌはブルーノと離婚して3年になるが仕事のパートナーゆえ職場は同じで、顔を合わせるたび喧嘩する毎日にうんざりしている。そんなある夜、レストランに忘れた携帯を拾ったという男性アレクサンドルから連絡が入る...


アレクサンドルに「アーティスト/2011」「プレイヤー/2012」「ミケランジェロ・プロジェクト/2013」「メビウス/2013」「アンナとアントワーヌ 愛の前奏曲(プレリュード)/2015」ジャン・デュジャルダン。

ディアーヌに「ターニング・タイド 希望の海/2013」ヴィルジニー・エフィラ。

ブルーノに「チャーリーとパパの飛行機/2005:監督」「よりよき人生/2011:監督」のセドリック・カーン。

弁護士事務所の秘書コラリーにステファニー・パパニヤン。

アレクサンドルの息子ベンジーにセザール・ドンボワ。

監督、脚本は「モリエール 恋こそ喜劇/2007」「プチ・ニコラ/2009」ローラン・ティラール。


アレクサンドルの知的な話ぶりに好意を抱いたディアーヌは携帯を受け取るため会う約束をする。少々期待を込めて出かけたディアーヌが翌日約束したカフェで目にした男性は子供か?と疑うくらい身長の低い人物だった。

女性にとって男性の声ってかなり重要な魅力の一つ。アレクサンドルのユーモアがあって知的な声が気に入ったディアーヌは本人と会ってがっくり来てしまう。そう、そして女性にとって自分より背が低い男性はダメ?

アレクサンドルはジェントルマンで優秀な建築家でおまけにリッチ。ディアーヌは仕事ができて美人。アレクサンドルの身長が並だったらパーフェクト・カップルなのに…。


1メートル36センチって小学生の身長。街を歩けば皆が振り向き、レストランで食事をしていても露骨に見つめてくる人がいる。

本作は身長差ありのカップルが織りなすラヴ・コメディ。ドラマの結末がハッピー・エンディングになることを誰しもわかっている。しかしアレクサンドルとの恋に悩むディアーヌが彼の肉体的欠陥をどのように受け入れるのか?と、見ている間とても気になっていた。

ラスト、ディアーヌがアレクサンドルに、“あなたは首が痛くなり、私は背中が痛くなるけど、愛しているわ”と言う台詞がtrès bien!だった。

原タイトルはずばり“男性の背丈”。でも男性の価値は背丈ではないということを知った女性の物語でもある。


ヒューマントラストシネマ有楽町にて



[PR]
by margot2005 | 2017-06-23 23:18 | フランス | Trackback | Comments(2)

「世界にひとつの金メダル」

Jappeloup2013 フランス/カナダ

a0051234_19495501.jpg

1980年代始めのフランス、ドルドーニュ地方。少年の頃から父セルジュの指導のもと、馬術の障害飛越競技に打ち込んできたピエールは大学卒業後馬術から離れ弁護士になる。仕事にも恵まれ充実した日々だったが、何か物足りなさを感じていた。やがてピエールは再び障害飛越競技を始める決心をする…


出演(ピエール・デュラン)、脚本に「ターニング・タイド 希望の海/2013」「疑惑のチャンピオン/2015」のギョーム・カネ

ナディアに「潜水服は蝶の夢を見る/2007」「隠された日記 母たち、娘たち/2009」マリナ・ハンズ。

セルジュ・デュランに「マルセイユの決着/2007」「殺意は薔薇の香り/2013」のダニエル・オートゥイユ。

アルレット・デュランに「コーラス/2004」「ルパン/2004」「サン・ジャックへの道/2005」「引き裂かれた女/2007」「刑事ベラミー/2009」マリー・ビュネル。

ラファエルにルー・ドゥ・ラージュ。

コーチのマルセルに「三銃士 妖婦ミレディの陰謀/2005」「星の旅人たち/2010」「そして友よ、静かに死ね/2011」「ベル&セバスチャン/2013」チェッキー・カリョ。

アメリカ人の馬主ジョンに「プライドと偏見/2005」「鑑定士と顔のない依頼人/2013」ドナルド・サザーランド。

監督は「ココ・シャネル/2008」「ベル&セバスチャン 新たな旅立ち/2015」のクリスチャン・デュゲイ。


弁護士のキャリアを捨て馬術を選んだピエールは若くて気性が激しい馬ジャップルーを手に入れ、オリンピック目指して過酷なトレーニングを始める。

ピエールはライダー(選手)として優秀ではないが、彼の馬ジャップルーは素晴らしい才能を持っていた。

ヨーロッパ選手権で活躍したピエールは1984年のロサンゼルスオリンピックに出場するが敗北。その後ジャップルーを乗りこなすことに成功したピエールは1988年ソウル・オリンピックで念願の金メダルを獲得する。


一度は気性が激しいジャップルーに乗ることを諦め、アメリカ人の馬主ジョンに馬を売ることまで考えたピエール。しかし馬術を理解している父と妻ナディア、ジャップルーのトレーナー、ラファエルの大きな支えに励まされオリンピックで金メダルを取ることができた。

ワイン作りをやめ農地で馬術学校を開いていたセルジュ。一方でナディアも馬術が大好きな女性。このような環境があったからこそピエールは偉業を成し遂げることができたのだなと思った。


原タイトルの“Jappeloupジャップルーは馬の名前。馬は小さな体ながら1991年迄活躍したそう。

ギョーム・カネは1973年生まれなので撮影時はぎりぎり30代。20代始めの役はちょっと無理があるが、この方童顔なのか若いキャラに意外にも違和感はない。

フランスの田園地帯がとても美しいと思いながら見ていたがロケーションはスペイン。ドルドーニュ地方はワインで有名なボルドーの東隣にあり、ピエール・デュランの弁護士時代の職場はボルドー。

とにもかくにも乗馬のシーンはギョーム・カネ自身が演じたというからスゴい!そして実話なのでラストに感動する。

邦題が悲しいくらい陳腐。


シネマート新宿にて


[PR]
by margot2005 | 2017-06-21 20:14 | フランス | Trackback | Comments(0)

「若き人妻の秘密」

Le roman de ma femmeMy Wife's Romance2011フランス

a0051234_23351700.jpg

ある日、弁護士の夫ポールが多額の借金を残して失踪してしまう。警察に届けを出し家に戻ると借金取り立て人が待ち構えていた。結婚6年目の美しい妻エーヴは途方にくれ倒れてしまう。そんなエーヴの前にかつてポールの恩師だった弁護士ショレーが現れ援助したいと申し出る


エーヴに「たかが世界の終わり/2016」レア・セドゥ

ショレーに「午後8時の訪問者/2016」オリヴィエ・グルメ。

インスペクターに「92歳のパリジェンヌ/2015」ジル・コーエン。

アレクサンドルにティボー・ヴァンソン。

ショレーが弁護するロシア人の妻に「題名のない子守唄/2006」「重なりあう時/2009」クセニア・ラパポルト。

監督、脚本は「あの夏の子供たち:出演/2009」ジャムシェド・ウスマノフ。


ショレーは若くて美しいエーヴに夢中になるが、自分は心臓が悪いから長生きはできないと確信している。やがて自分が亡くなった時エーヴに財産を譲れるよう遺言をしたためる。


ショレーはポールが贅沢好きで借金を抱えていることを知っていた。ある日、インスペクターがエーヴに警告する。ショレーはあなたを手に入れるためポールを始末したのかも知れない。しかしショレーを疑うインスペクターにエーヴは怒りを募らせる。


ドラマの中でポールは一切姿を見せない。これはエーヴの狂言か?などと思ったりもする。夫のポールは出てこないがエーヴの若い頃の恋人アレクサンドルが姿を見せる。サスペンス仕立てのドラマにアレクサンドルも関わってくるのだろうか?と想像したがラストのどんでん返しは斬新。


普通のドラマながらヒロインがレア・セドゥなのでドラマ/エロスという紹介記事もあって、宣伝するために書いたなと思った。実際のドラマにエロスは殆どない。

レアは不機嫌な顔が実に似合う。笑うと可愛いのに…”とショレーに言われ一瞬笑顔を見せるが、又不機嫌な顔に戻ってしまう。レアの不機嫌な顔がドラマの内容にマッチして、大ラスの川のシーン不機嫌極まりない彼女は最高。ミステリアスなフランス映画は中々素敵だった。

ロシア出身女優のクセニア・ラパポルトが懐かしい。

原タイトル“私の妻のロマンス”はどう解釈すれば良いのやら??邦題の方がしっくりくるかも知れない。


wowowにて(7月にDVD発売予定)



[PR]
by margot2005 | 2017-06-08 00:02 | フランス | Trackback | Comments(0)