「ほっ」と。キャンペーン

2017年 02月 14日 ( 1 )

「未来を花束にして」

Suffragette2015 UK

a0051234_22172505.jpg

1912年、ロンドン。洗濯工場で働くモードは同じ職場の夫サニーと幼い息子の三人で暮らし日々の生活は貧しく、職場は男尊女卑がまかり通る劣悪な環境にある。ある日、街中でショーウインドウのガラスに石が投げ込まれる現場に遭遇する。それは女性参政権運動を展開するWSPU(女性社会政治同盟)の過激な抗議活動だった。そして職場で抗議活動をしていた女性バイオレットに自己紹介され、モードは活動に参加するようになる


モード・ワッツに「プライドと偏見/2005」「17歳の肖像/2009」「わたしを離さないで/2010」「SHAME -シェイム-/2011」「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌/2013」のキャリー・マリガン。

イーディス・エリンに「カンバセーションズ/2005」「英国王のスピーチ/2010」「レ・ミゼラブル/2012」「天才スピヴェット/2013」「シンデレラ/2015」のヘレナ・ボナム・カーター。

バイオレット・ミラーに「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ/2009」「リピーテッド/2014」のアンヌ・マリー・ダフ。

アリス・ホートンに「タロット・カード殺人事件/2006」「エンジェル/2007」「つぐない/2007」「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」ロモーラ・ガライ。

サニー・ワッツに「追憶と、踊りながら/2014」「ロブスター/2015」「リリーのすべて/2015」ベン・ウィショー。

アーサー・スティード警部に「イン・マイ・カントリー/2004」「プルートで朝食を/2005」「グリーン・ゾーン/2010」「アルバート氏の人生/2011」「推理作家ポー 最期の5日間/2012」「ある神父の希望と絶望の7日間/2014」のブレンダン・グリーソン。

エメリン・パンクハーストに「マダム・フローレンス! 夢見るふたり/2016」のメリル・ストリープ。

監督はセーラ・ガヴロン。


モードが活動にのめり込んでいったのは夫とのやり取りから...“この子が娘ならどんな人生?と聞くモードに君と同じ工場勤めと答えるサリー。モードはもし娘が生まれたら自分と同じ運命になることを案じ、許せなかったに違いない。


たび重なる妻の投獄に怒りを覚えたサリーはモードを家から追い出してしまう。追い出されたモードは息子にも会わせてもらえない。やがて一人で子育てすることが無理だと判断したサリーは、息子を養子に出してしまう。それを知ったモードはサリーを罵るが、自分ではどうすることもできない。この時代女性(妻)には親権がなかったのだ。モードが別れ間際に私を探しに来てね!と幼い息子に懇願する。あのシーンは哀し過ぎる。


主演のキャリー・マリガンを始めとして、いずれの女優もスッピンで頑張っている。

2シーンくらいしか出演しないものの、メリル・ストリープ案の定圧倒的な貫禄を見せつけていてさすが。


映画のエンディングに世界の女性が参政権を得た年が記される。ドラマの舞台となった英国は1928年。アメリカ合衆国はそれ以前の1920年。日本は1945年(第二次世界大戦終結の年)で、フランスとイタリアも日本と同じ年で遅いなぁと驚く。サウジアラビアはなんと2015年にやっと獲得が認められた。それはニュースで見た覚えがある。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-02-14 23:11 | UK | Trackback | Comments(4)