「誰がため」

「Flammen & Citronen」 ...aka「Tage des Zorns」2008 デンマーク/チェコ・リパブリック/ドイツ
a0051234_2343254.jpg

フラメンに「青い棘/2004」「天使と悪魔/2009」のトゥーレ·リントハート。
シトロンに「しあわせな孤独/2002」「キング・アーサー/2004」「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「アフター・ウエディング/2006」のマッツ·ミケルセン。
ゲシュタポのトップであるホフマンに「フライト・プラン/2005」「ワルキューレ/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」のクリスチャン·ベルケル。
二重スパイ ケティにスティーネ·スティーンゲーゼ。
ドイツ軍大佐ギルバートに「リプリーズ・ゲーム/2002」「ミュンヘン/2005」「ヒルデ ー ある女優の光と影/2009」のハンス·ツィッシュラー。
シトロンの妻ボーディルにミレ·ホフマイーヤ·リーフェルト。
フラメンとシトロンの上司ヴィンターにピーター·ミュウギン。 
監督、共同脚本にオーレ·クリスチャン·マセン。
a0051234_23435089.jpg
a0051234_2344959.jpg

1944年、デンマーク。首都コペンハーゲンはナチス・ドイツの占領下に置かれていた。そんな折、怯える市民たちの中に、打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織の一員として行動する男がいた。それは23歳のフラメンと33歳のシトロン。彼らは上層部からの指令でナチスに協力する売国奴を暗殺していた。若さからか殺しに抵抗のないフラメンに対し、シトロンは殺す事に抵抗を抱いていた。やがて二人は指令により暗殺リストに上がる人物が本当に裏切りものなのか確信が持てなくなって行く...
a0051234_23443266.jpg
a0051234_23445624.jpg

2009年のブログ始めはハンガリー映画。今年はデンマーク映画から...勿論年末に観た映画。都内のミニシアター、火曜サービス・デーにあたりシアターは混雑していた。

ヨーロッパ舞台の第二次世界大戦映画を観ると、アドルフ・ヒトラーはヨーロッパを全て自分のものにしようと考えたとんでもない男だったことを改めて知らされる事になる。デンマークも然り。
「青い棘」でアウグスト・ディール演じるギュンターのかつての恋人ハンスを演じたトゥーレ·リントハートがレジスタンス活動に身を投じ、暗殺者となり、自殺に至るまでの凄まじい姿を好演している。「青い棘」から6年が経過したが、ベィビー・フェイスは健在。
妻子がありながら暗殺者となったシトロン。レジタンス活動のため家族を顧みない夫を捨て新しい男と生活を始める妻ボーディル。愛する妻と幼い娘に去られたシトロンを襲う寂しさと哀しみ。マッツ感情表現上手い!1月公開予定の「シャネル&ストラヴィンスキー/2009」早く観たい!
ラスト近くホフマン率いるゲシュタポの兵士たちに襲撃されるシトロン。彼は負傷した身体を休めるため隠れ家でパジャマ姿。執拗なる襲撃にパジャマ姿で応戦するシトロンの姿が哀れに映る。
二重スパイだったケティを、疑いながらも信じ続けたフラメンも気の毒だが、終始疑われながらも愛するフラメンを最後まで騙したケティも哀れである。
ゲシュタポのリーダー、ホフマンを演じるクリスチャン・ベルケルはW.W.2映画には欠かせない存在。
デンマーク、アカデミー賞に輝き、デンマーク映画史上最高の製作費をかけたというこの作品。デンマーク、コペンハーゲンは勿論、チェコ・リパブリックのプラハやドイツ、ベルリンでのロケーションや、1940年代の街の再現も素晴らしい。
渋谷 シネマライズにて
[PR]
by margot2005 | 2010-01-02 23:56 | ヨーロッパ | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/9557867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Cartouche at 2010-01-03 22:17
タイトル : *誰がため*
{{{   ***STORY***        2009年 デンマーク=チェコ=ドイツ 1944年のデンマーク。ナチス・ドイツの占領下で、地下抵抗組織に所属する通称フラメンと相棒のシトロンは、ゲシュタポとナチスに協力する売国奴の暗殺を任されていた。自由を取り戻すため次々にターゲットを射止めてゆく大胆不敵なフラメンにはゲシュタポから莫大な懸賞金がかけられ、一方、温厚な家庭人のシトロンは人を殺すことに苦悩していた。やがて、ある暗殺指令によって2人は組織への疑念を抱き始める。          ...... more
Tracked from 象のロケット at 2010-01-06 12:45
タイトル : 誰がため
1944年、第二次世界大戦末期のナチス・ドイツ占領下におかれたデンマーク。 地下抵抗組織に所属し、次々とナチス協力者を暗殺をしている23歳のベント(コードネーム:フラメン)と、33歳のヨーン(コードネーム:シトロン)には、ナチスの秘密警察ゲシュタポから莫大な懸賞金がかけられていた。 しかしフラメンは次第に組織の命令に疑問を抱くようになる…。 戦争ドラマ。 PG-12... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2010-01-15 23:08
タイトル : 誰がため
ナチスドイツ占領下のデンマークを舞台にレジスタンスの一員としてナチス 関係者の暗殺を行ったフラメンとシトロンの実話を描いた実録ドラマ。 本国デンマークで大ヒットし、デンマークアカデミー賞で5部門を受賞。第二次世界大戦末期。ナチスドイツの占領下にあるデンマ..... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2010-01-21 00:38
タイトル : 『誰がため』 Flammen & Citronen
映画のクールさにしびれ、フラメン役のトゥーレ・リントハートのカッコよさにもウットリ。 1944年、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク・コペンハーゲン。打倒ナチスを掲げる地下組織ホルガ・ダンスケに属する23歳のベント・ファウアスコウ=ヴィーズ、通称フラメンと33歳のヨーン・ホーウン・スミズ、通称シトロンの任務はナチスに協力する売国奴の暗殺だった。今年も多くのナチス絡みの映画を観たけれど、デンマークが舞台となっているものを鑑賞するのはたぶん史上初。結局のところ、ナチスが登場する映画をくさるほど観ている...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2010-01-25 00:58
タイトル : 誰がため
第二次世界大戦末期、ナチス占領下のデンマーク・コペンハーゲン。 地下抵抗組織ホルガ・ダンスケの一員、フラメン(トゥーレ・リントハート)とシトロン(マッツ・ミケルセン)の任務は、ゲシュタポとナチスぎ..... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-01-29 19:16
タイトル : 誰がため FLAMMEN & CITRONEN
 FLAME & CITRON(英語) 京都シネマにて鑑賞。デンマーク史上最大級の製作費をかけた作品!国民の8分の1を動員した驚異的大ヒット作らしい。 ひたすら暗い、重い。。。。。デンマーク映画ってあまり馴染みがありませんね。原題は主人公2人の名前です。23歳の若者のコードネームは、フラメン。これはデンマーク語で炎という意味。そして相棒の男は33歳で妻子持ち、コードネームはシトロン。同じくデンマーク語でレモンという意味です。それぞれの本名はもちろんあります。 NATISUドイツが、デンマ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-01-30 06:24
タイトル : 誰がため
 『誰がため』を渋谷のシネマライズで見てきました。  予告編で見てこれはいい映画に違いないと思い、またこれまで見たことがないデンマーク映画でもあるので、見に行ったところです。  ヨーロッパの映画と言えば、日本では従来、イギリス映画、フランス映画、イタリア映画といったところが中心でしたが、このところ、ベルギー映画とか、前々回取り上げたハンガリー映画なども日本でも見ることができるようになりました。といっても、ポツンポツンと単発的に紹介されるだけでは、その国の映画がどのような傾向にあるのかまで知ることは難...... more
Tracked from NiceOne!! at 2010-02-04 07:51
タイトル : 『誰がため』(2008)/デンマーク・チェコ・ドイツ
原題:FLAMMEN&CITRONEN/FLAME&CITRON監督:オーレ・クリスチャン・マセン出演:トゥーレ・リントハート、マッツ・ミケルセン、スティーネ・スティーンゲーゼ、ピーター・ミュウギン、クリスチャン・ベルケル、ハンス・ツィッシュラー観賞劇場 : シネマライズ公式サイ...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2010-02-15 01:40
タイトル : 誰がため■戦争は人を壊す
ナチス占領下のデンマークのレジスタンスの物語であるが、主人公たちの敵はナチスだけではない。二重スパイがいたり、本来は味方であるはずの人間が実はナチスに通じているのではないかとの疑心暗鬼があり、そういう中で敵を倒すという殺人行為は当然の状況。そのような中...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2010-03-10 00:12
タイトル : 誰がため■この悲劇は現代の日本にも起きている
この映画を見る上での大きなポイントは第二次大戦中のデンマークの状況である。ナチス・ドイツに占領されながらも政府はそのまま存続するという保護占領というあいまいな状況がレジスタンスの熱気と活動を阻害したことは否めない。そのことは本来は徹底した悪役として描か...... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2010-07-04 14:10
タイトル : 誰がため
ただ「生きる」ためなら降伏を。だが「存在する」ためなら戦いを。マッツ祭り第二弾は,デンマーク映画のこの作品。第二次世界大戦中の,ナチス・ドイツ占領下のデンマークで,その勢力に敢然と立ち向かった二人のレジスタンスの生きざまを描いた物語。実在した彼らのコードネームは,フラメンとシトロン。その任務は,レジ... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2010-12-26 23:18
タイトル : 映画『誰がため』を観て
10-1.誰がため■原題:FlammenOgCitronen■製作年・国:2008年、デンマーク・チェコ・ドイツ■上映時間:136分■鑑賞日:1月9日、シネマライズ(渋谷)■料金:1,800円スタ...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2011-02-08 21:37
タイトル : 「誰がため」(デンマーク/チェコ/ドイツ 2008年)
第二次大戦末期、ナチス・ドイツ占領下のデンマーク。 ふたりのレジスタンス。... more
Tracked from いやいやえん at 2015-09-17 08:06
タイトル : 誰がため
【概略】 第二次世界大戦末期、打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織の一員であるコードネーム、フラメンとシトロンの任務はゲシュタポとナチに寝返った売国奴の暗殺だった。確固たる信念のもと、任務をこなしていく2人だが…。 ドラマ マッツ・ミケルセンがみたくて借りました。 ただ、「生きる」ためなら降伏を、だが、「存在する」ためなら戦いを―。 1944年。ナチス占領下のデンマーク。ナチス・ドイツに対するレジスタンスの一員であるフラメンとシトロンは、上層部からの命令にしたがって、ナチスになびいた売...... more
Commented by D at 2010-01-03 01:14 x
あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします♪

マッツ!思わず写真を見て叫んでしまいました(汗)
そして記事を読んで、観たい!!と思いました
探せるといいな・・・♪

Commented by margot2005 at 2010-01-03 23:37
Dさん、明けましておめでとうございます!
こちらこそ今年も宜しくでございます。

マッツ!と叫ばれましたか...マッツは味な俳優ですね。今年は彼の映画がもう1本公開されるのでとても嬉しいです。
機会があれば是非ご覧になってくださいまし。
Commented by なな at 2010-07-04 14:09 x
これは素晴らしい作品ですね
続けて2度見てしまいました。

マッツの演技力にも唸りましたが
「青い棘」では役柄のせいかそんなに魅力を感じなかったトゥーレが
美しいし素敵です!
いやしかし,マッツもトゥーレも
背が高いですね~。デンマークの殿方はみなさん大柄だと
どこかで読んだことがありますが。
こういう「知られざるナチスもの」これからもどんどん製作してほしいです。
マッツもトゥーレも、もっともっと知名度上がってほしいし。
Commented by margot2005 at 2010-07-11 23:54
ななさん、こんばんは。
レスが遅くてごめんなさい。
マッツはヒューマン・ドラマが似合って素敵ですね。
そうトゥーレもスゴく良かったです。彼は「天使と悪魔」でもナイスでしたしね。
デンマーク人でサッカー選手なんかもデカイ気がしますわ。
ホロコーストものは見たくないですが、ナチス、ヒトラーはヨーロッパ諸国を我が者しようと思っていた感じなので、まだまだ出て来るかも知れません。
<< 「ずっとあなたを愛してる」 HAPPY NEW YEAR! >>