「カティンの森」

「Katyn」 2007 ポーランド
a0051234_025395.jpg

アンナにマヤ·オスタシェフスカ。
アンナの夫アンジェイにアルトゥル·ジミイェフスキ。
アンジェイの母にマヤ·コモロフスカ。
アンジェイの父ヤン教授にヴワディスワフ·コヴァルスキ。
アンジェイの友人イェジにアンジェイ·ヒラ。
将軍夫人ルジャにダヌタ·ステンカ。
将軍にヤン·エングレルト。
ピョトルにパヴェウ・マワシンスキ。
ピョトルの妹アグニェシュカにマグダレナ・チェレツカ。
アンナを匿うソ連の少佐役で「12人の怒れる男/」で陪審員no.3(モスクワのタクシー・ドライバー)を演じたセルゲイ·ガルマッシュが出演している。
監督、脚本に「地下水道 /1956」「灰とダイヤモンド/1957」のアンジェイ·ワイダ。
原作はアンジェイ・ムラルチクの「カティンの森」。
a0051234_0221344.jpg

a0051234_0251772.jpg

1939年9月、ナチス・ドイツとソ連の密約により分割占領されたポーランド。将校であるアンナの夫アンジェイはソ連側の捕虜となり収容所へと送られる。その中にはアンジェイの友人イェジの姿もあった。1940年、ソ連側に取り残されたアンナは娘と共に国境を越え、クラクフのアンジェイの両親の家に辿り着く。しかしそこにアンジェイの父親はいなかった。大学教授のヤンはドイツ軍に捕らえられ収容所に送られていた。やがてヤンが収容所で亡くなった知らせが届く。アンナはひたすら娘と義母の3人でアンジェイの帰りを待つが、ある日、義母の屋敷に現れたのはアンジェイの友人イェジだった...

映画の主人公はアンナ。アンナの目を通して物語は進んで行く。イェジが戻った事でアンジェイの死が明らかになる。その後、物語の中でも第二次世界大戦が終結する。アンジェイ同様虐殺された将軍とピョトル中尉、それぞれの妻と妹の姿が描かれ、ラスト“カティンの森”での大虐殺シーンでエンディングを迎える。
ラストの大虐殺シーンはあまりに惨くスクリーンを正視出来なかった。シーン後スクリーンはしばらく暗くなり(全く映像なし)no musicでエンド・クレジットが始まる。そしてほぼ満席(平日最終回)の岩波ホール...久々に終了後席から立てなかった。
ソ連は1万数千名ものポーランド将校を捕虜にし虐殺。この事を告発する人々は捕らえられ、語ることはタブーとされていた事実も醜く過ぎる。
凛とした態度でドイツ軍に屈服しなかった将軍夫人ルジャや、兄ピョトルの墓碑をめぐりソ連軍に逮捕されるアグニェシュカら、女性たちの勇気ある行動に心打たれる。
捕虜として捕らえられた夫アンジェイをやっと見つけた妻アンナ。“行かないで!”と夫に懇願する妻。アンジェイは軍人としての任務を全うするため後ろ髪をひかれながら旅だって行く。ポーランドの将校たちを乗せた列車が走って行く。父の乗った列車を追いかける娘...戦争映画を観るたび感じる事...戦争で戦う男たちも辛いが、残された女たちも辛く哀しい。
巨匠アンジェイ·ワイダの映画は殆ど観ていない。今週よりBSでアンジェイ·ワイダ映画を放映しているので時間があれば見てみたい。
今年も何本か岩波ホールで映画を観たが、一番心打つ素晴らしい!作品だった。
[PR]
by margot2005 | 2009-12-11 00:41 | スペイン | Trackback(15) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/9403164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2009-12-30 22:02
タイトル : 「カティンの森」:三ノ輪駅前バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}あそこに見えるマンションの1階に図書館が入ってるのよ。 {/kaeru_en4/}よし、行こう、行こう。 {/hiyo_en2/}何を調べるの? {/kaeru_en4/}「カティンの森」の真相に決まってるだろ。 {/hiyo_en2/}あなたって、ほんと、映画に影響されやすいのね。 {/kaeru_en4/}だって、巨匠アンジェイ・ワイダが、70年前、自分の父親が惨殺されたカティンの森事件について、ようやく映画化できたんだぜ。俺たちも、襟を正して真実を知る努力をするしかない...... more
Tracked from Mani_Mani at 2009-12-31 06:03
タイトル : 「カティンの森」アンジェイ・ワイダ
カティンの森KATYN 2007ポーランド 監督:アンジェイ・ワイダ 原作:アンジェイ・ムラルチク 脚本:アンジェイ・ワイダ、ヴワディスワフ・パシコフスキ、プシェムィスワフ・ノヴァコフスキ 音楽:クシシュトフ・ペンデレツキ 出演:マヤ・オスタシェフスカ、アルトゥル・ジミイェフスキ 他 空間と時間と言葉と音響のあしらいようによって希に創起される映画的な感動を求めて日頃映画を観ているのだけれど、時としてそういう利己的な感動などほんの些細なことに思えてしまう映画にも出会うことがあり、『カティンの森』はそ...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2010-01-09 23:07
タイトル : カティンの森
第二次世界大戦下、ナチスドイツとソ連両国から侵攻され、両国に分割統治 されることになったポーランド。ソ連側の捕虜となったポーランド軍将校の 多くがソ連によって虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠 アンジェイ・ワイダ監督によって映画化。 長らく真..... more
Tracked from ★試写会中毒★ at 2010-02-20 20:45
タイトル : カティンの森
満 足 度:★★★★★★★★☆☆    (★×10=満点)      岩波ホール にて鑑賞    監  督:アンジェイ・ワイダ キャスト:マヤ・オスタシェフスカ       アルトゥル・ジミイェフスキ       マヤ・コモロフスカ       ヴワディスワフ... more
Tracked from Diarydiary! at 2010-02-23 20:13
タイトル : カティンの森
《カティンの森》 2007年 ポーランド映画 -原題 - KATYN 西からドイ... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2010-03-03 17:25
タイトル : カティンの森
1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻され、ポーランド軍将校たちはソ連の捕虜となった。 アンジェイ大尉(アルトゥール・ジミエウスキー)の妻アンナ(マヤ・オスタシャースカ)と娘は、彼の帰りを待ぎ..... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2010-03-13 19:36
タイトル : カティンの森
犠牲者への鎮魂歌。... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2010-04-26 22:28
タイトル : 普天間問題県民大会の日に映画「カティンの...
アンジェイ・ワイダの渾身の作品である。アンジェイ・ワイダ自身、カティンの森事件では父親が犠牲者の一人であり、母親も失意の中で亡くなっている。この事件の映画化はワイダ監督...... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2010-05-12 19:28
タイトル : カティンの森
2007年製作のポーランド映画。「灰とダイヤモンド」のアンジェイ・ワイダ監督が,第二次世界大戦下に実際に起きた,「カティンの森事件」を題材に撮った作品であり,2008年度アカデミー賞では,外国語映画賞にノミネートされている。日本公開は2009年。 カティンの森事件;第二次世界大戦中に,ソ連のグニェズ... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2010-05-27 03:43
タイトル : DVD:「カティンの森」 凄まじく「重い」 そこに価値が..
122分にわたって、巨匠アンジェイ・ワイダ(84才)が監督としての最後の戦い?を挑んだ力作。 (実際には新作Sweet Rushが待機中、たいしたものだ!) 演出は極めてスムース。 自然、街などの風景が美しい中、個々の登場人物たちも、それぞれとても魅力的。 が、内容が凄まじく「重い」。 タイトルのように、カティンの大虐殺そしてその後ポーランドが陥った苦境が全編通して描かれているからだ。 エンディング・ロールが出る前、鎮魂歌が流れるが、ここでその「重さ」がピークに達する。 劇場でこれを観たら溜ま...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-05-28 10:56
タイトル : 戦場・・・
「カティンの森」 「ディファイアンス」 「戦場でワルツを」 ... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2010-07-11 10:08
タイトル : 「カティンの森」(KATYN)
「灰とダイヤモンド」「地下水道」などの作品で知られるポーランドの巨匠、アンジェイ・ワイダ(1926年~)がメガホンを執った戦争ヒューマン・ドラマ「カティンの森」(2007年。ポーランド、122分、R-15指定)。この映画は第二次大戦中、ポーランドで、1万人以上の同国将校らがソ連軍により虐殺された「カティンの森事件」をリアルに描く。ワイダ監督の父親もこの事件の犠牲者の1人だったという。本作は2008年のベルリン国際映画祭でコンペ外上映され、また同年オスカーの外国語映画賞にノミネートされた。 ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-07-23 23:00
タイトル : mini review 10472「カティンの森」★★★..
第二次世界大戦中、ソ連の秘密警察によってポーランド軍将校が虐殺された「カティンの森事件」を、ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督が映画化した問題作。長い間明らかにされてこなかった同事件の真相を、ソ連の捕虜となった将校たちと、彼らの帰還を待ちわびる家族たちの姿を通して描く。父親を事件で殺された過去を持つワイダ監督が歴史の闇に迫った本作は、第80回アカデミー賞外国語映画賞ノミネートをはじめ、世界各地の映画祭で高く評価された。[もっと詳しく] 80歳のアンジェイ・ワイダ監督が、執着したこと。 まだ今...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2010-07-31 09:07
タイトル : カティンの森
 『明日を生きていく人のために そしてあの日 銃身にさらされた 愛する人のために』  コチラの「カティンの森」は、第二次世界大戦下、一万五千人の将校が忽然と行方不明となり、ポーランドの人々が半世紀にわたり沈黙をしいられた知られざる真実を描いたアンジェイ・....... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-10-06 21:05
タイトル : 『カティンの森』'04・仏
あらすじ1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻されすべてのポーランド軍将校はソ連の捕虜となった。アンジェイ大尉は、彼の行方を探していた妻アンナと娘の目前で、東部...... more
Commented by Bianca at 2009-12-12 08:46 x
margotさん、遂に「カティン」をご覧でしたか。やはり目を覆うシーンがありますか。老齢をものともしないワイダのエネルギーはすごいですね。初期の作品はもっと好きになるのでは。私も今週BSを見よう。
Commented by margot2005 at 2009-12-13 00:28
Biancaさん、こんばんは!
これはホントにスゴい戦争映画でしたね。
虐殺されるためカティンに連れて来られた将校たち。連れ込まれた部屋の壁にはスターリンの肖像画があり、それを見てひるむポーランド将軍の姿も惨かったです。
巨匠の映画は暗いものばかりですが、見てみたいですね。
Commented by なな at 2010-05-12 19:27 x
お久しぶりです。
ワイダ監督の作品は小学生ぐらいの時に
「灰とダイヤモンド」のTV放送を観た覚えがありますが
なにぶん幼くて何も記憶に残っていません。

この作品,そうそう,「12人の怒れる男」の陪審員のお一人が出ていましたね。
すぐに「あ,あの人だ!」と気がつきました。
カティン事件の真相を世界中の人に知ってもらうためにも
この作品は多くの人に観ていただきたいですね。
Commented by margot2005 at 2010-05-16 01:12
ななさん、こんばんは!
こちらこそご無沙汰でございます。
さてワイダの映画を、それも小学生の時にご覧になったとはスゴいです。
「灰とダイヤモンド」は私自身も過去に観ましたね。やはり記憶ありませんが...他の作品も途中挫折でまともに観たワイダ映画はこれだけの気がします。
カティン事件の真相は長く語られなかったようですが、これを機会に多くの人が知ることになれば良いことかと思います。
<< 「インフォーマント!」 ジェラール・フィリップ...「... >>