「パイレーツ・ロック」

「The Boat That Rocked」2009 UK/ドイツ/USA/フランス
a0051234_0265368.jpg

ザ・カウント/伯爵に「カポーティ/2005」「M:i:III/2006」「その土曜日、7時58分/2007」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「ダウト 〜あるカトリック学校で〜/2008」のフィリップ・シーモア・ホフマン。
クエンティンに「Jの悲劇/2004」「ナイロビの蜂/2005」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「ワルキューレ/2008」のビル・ナイ。
カールに「華麗なる恋の舞台で/2004」のトム・スターリッジ。
ギャヴィンに「Jの悲劇」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」のリス・アイファンズ。
デイヴに「キンキー・ブーツ/2005」「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!/2007」のニック・フロスト。
マークに「300/2007」のトム・ウィズダム。
大臣ドルマンディに「魔笛/2006 」「スルース/2008」「ワルキューレ」の ケネス・ブラナー。
ドルマンディの部下トゥワットに「クロコダイルの涙/1998」「リプリー/1999」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」のジャック・ダヴェンポート。
カールのママ、シャーロットに「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/2005」「主人公は僕だった/2006」のエマ・トンプソン。
他に「007/慰めの報酬/2008」「ロックンローラ/2008」のジェマ・アータートンetc.UK俳優多数出演。
監督、脚本は「ラブ・アクチュアリー/2003」のリチャード・カーティス。

1966年、高校を退学になったカールは母親シャーロットの望みで、彼女の旧友であり、カールのゴッド・ファーザーであるクエンティンの元へ送られる。クエンティンは24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”のオーナーで、船は英国の法律が及ばない北海に浮かんでいる。問題を起こしたカールの更正のため送り込んだ場所だったが、そこには不道徳極まりないDJたちが多数存在。次第にカールは彼らに洗脳されて行く。一方で大臣ドルマンディは海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”を取り締まるため立ち上がる...
a0051234_02635100.jpg

a0051234_02713100.jpg

世界中でブリティッシュ・ロックが人気を得ていた1966年。当時民放ラジオが存在しなかった英国では国営放送であるBBCがポップ・ミュージックを流す時間を制限していた。それも一日たった45分。全く知らなかった。このような現実があったなんてスゴい驚き。その頃日本のラジオ局の方が断然進んでいた模様。
アメリカからやって来たDJザ・カウントと、アメリカから戻って来た人気DJギャヴィンを中心に135分ブリティッシュ・ポップス(アメリカン・ポップスもあり)流れまくりで、長い上映時間にも関わらずあっと言う間の2時間15分だった。

登場するDJが多いので、最初彼らの名前と顔がごっちゃになって困った。まぁ別段顔と名前が一致しなくとも観ていて困りはしなかったが...。
イケメンDJマークは常にモテモテなのは理解出来るが、なぜか?女性にもてるデブのデイヴが摩訶不思議。
自由奔放に生きて来た雰囲気のカールのママが乗船して来たり、誰だか分らなかったカールの実の父親は×××だったとか...騒動も織り交ぜて実に楽しく、可笑しく描いている。
ビル・ナイは60年代のファッションもバッチリ似合って、この方ホント素敵なUK俳優で大好き!
大臣ドルマンディ&トゥワット コンビがコレまた良いのだ。ジャック・ダヴェンポートのコメディぽい役は初めて観た気がするが、結構イケてる。

ブリティッシュ・サウンド大好き人間にはたまらない映画だった。60年代のサウンドは古いけど今聞いてもナイス!
予告は何度か観ていたが、ビル・ナイとP.S.ホフマン以外、誰が出演しているのかあまり気にしてなかったので、ビル・ナイは勿論の事、リス・アイファンズ、トム・ウィズダム、そしてジャック・ダヴェンポートとお気に入りUK俳優が出演しているのに嬉しい悲鳴。
エマ・トンプソンと、絡みはないが、彼女の元夫ケネス・ブラナーがそれぞれの役柄実にgood。

“When I said, I needed you You said you would always stay It wasn't me who changed, but you And know you've gone away〜♪”で始まるダスティ・スプリングフィールドの名曲“You Don't Have To Say You Love Me/この胸のときめきを”はホント名曲。DJが最高の白人ソウル・シンガーって言っていたけどその通り。
サウンド・トラックが欲しい!
平日の夜のシアターは若い人〜中高年まで結構入っていた。
日比谷 みゆき座にて
[PR]
by margot2005 | 2009-11-09 00:40 | UK | Trackback(21) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/9218159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-11-09 06:15
タイトル : パイレーツ・ロック
 『スウィッチを入れたら 君はもうひとりじゃない。』  コチラの「パイレーツ・ロック」は、「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、実在した海賊ラジオ局と監督自身の幼少の頃の思い出からインスパイアされた10/24公開のPG12指定の音楽コメディなの...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-11-10 18:45
タイトル : レッツダンス、ロックンローーール!!〜『パイレーツ・ロック』
 THE BOAT THAT ROCKED  1966年、イングランド。世はブリティッシュ・ロック全盛期、しかしBBCラジ オはロック&ポップを一日45分間のオンエアに制限していた。そこに、公海 上に停泊した船から音...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-11-12 23:08
タイトル : パイレーツ・ロック
60年代のイギリスを舞台に24時間ロックとポップスを流し続ける海賊ラジオ局 とロックを規制しようとする政府当局の攻防を実在した海賊ラジオ局をモデル に映画化。1966年のイギリス。国営のBBCラジオはロックやポップスを1日で流す時間 を制限していた。若者をはじめ多..... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-11-13 13:10
タイトル : パイレーツ・ロック
1966年、高校を退学になったカール(トム・スターリッジ)は、母の提案で北海に浮かぶ海賊ラジオ局船のクエンティン(ビル・ナイ)に預けられる。 クールなDJたちが24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局は、汐..... more
Tracked from Andre's Review at 2009-11-14 13:55
タイトル : 映画「パイレーツ・ロック」
the boat that rocked イギリス 2009 2009年10月公開 劇場鑑賞 イギリス映画が大好きな自分ですが、その中でもとりわけ好きな『ラブ・アクチュアリー』と同じリチャード・カーティス監督・脚本作品(この人は、これまた大好きな『Mr.ビーン』も手がけてるんですよね~)。さらに、自分は好きな音楽はと聞かれれば「UKっぽいの」と答え、日本のチャートよりもUKチャートのほうをチェックしてしまう感じなので、この映画は何が何でも絶対に見たかった1本。 キャスティングも個人的には豪華すぎ... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-11-15 20:17
タイトル : 『パイレーツ・ロック』(2009)/イギリス
原題:THEBOATTHATROCKED監督・脚本:リチャード・カーティス出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス、ニック・フロスト、ケネス・ブラナー、トム・スターリッジ試写会場 : 東宝東和試写室公式サイトはこちら。<Story>1966年、北...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2009-11-19 19:33
タイトル : パイレーツ・ロック
1966年のイギリス。 当時国営BBCラジオではロックを流す時間は1日にわずか45分間だけだった。 (レコードを流してしまうと演奏家達の仕事が減るというのがその理由らしい) そんな中、北海に浮かぶ海賊船から24時間ロックを流すラジオ局があった。 若者たちはこぞってこの海賊ラジオを聴き、ロックを楽しんでいた。 この海賊船ではDJたちが生活をしながら番組を放送していたが、 ここへ高校を退学になった1人の若者カール(トム・スターリッジ)がやってくる。 シングルマザーである彼の母が名付け親で...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-11-21 11:22
タイトル : パイレーツ・ロック(2009)☆THE BOAT THA..
11月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。とうとうフリ―パスポートをゲットしました。1カ月間無料で何本も鑑賞出来ます。その1本目に選んだのがこの作品です。今週でお終いなので、滑り込みました。 べたべたのイギリス映画ですね。舞台は1966年、イギリスのポップ・ミュージックの人気が最高潮に達し、世界中を圧巻していた時代。この当時はイギリスのラジオ局は国営放送BBCのみだったそうです。しかもそのラジオ局では、一日に流すポップ・ミュージックは、法規則のためわずか45分だけだったので、リスナーにとっては、もっと...... more
Tracked from Movies 1-800 at 2009-11-24 22:35
タイトル : パイレーツ・ロック
The Boat That Rocked (2009年) 監督:リチャード・カーティス 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、トム・スターリッジ、ケネス・ブラナー 1966年、ポピュラー音楽のラジオ放送が制限されていたイギリスで、領海外の洋上に停泊した船から、24時間ロックを流し続けたラジオ局の物語。 素行不良の為、罰という名目で母親から船に送り込まれた少年を目を通して、一癖も二癖もあるDJたちが織り成す愉快なエピソードが、繰り広げられる。 法律には違反していない船上ラジオ局をいかにして...... more
Tracked from Mani_Mani at 2009-12-02 22:18
タイトル : 「パイレーツ・ロック」リチャード・カーティス
パイレーツ・ロックTHE BOAT THAT ROCKED 2009イギリス/ドイツ 監督:リチャード・カーティス 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、ビル・ナイ、リス・エヴァンス、ケネス・ブラナー他 前に観たんですけど寝てしまってね^^;で映画の日にリベンジ。 こういう海賊ラジオ局については何も知らなかったんですけれど、60年代前半のロック興隆を担ったのはそういうメディアだったのね〜 基本的に船上ラジオ局での個性豊かなDJたちがユルイ連帯感のなかで毒舌ユーモア撒き散らしながら騒ぎ、ディスク...... more
Tracked from フクロウと大理石 at 2009-12-08 21:27
タイトル : 映画 パイレーツロック
 新宿に出たチャンスに新宿武蔵野館でパイレーツロックを見た。もう神奈川での上映は終わっていたのでラッキーの一言。小さな劇場だったが意外なことに若い人たちでいっぱいだった。  1960年代英国のラジオ放送局はBBCのみ。そのBBCが一日に流すポップミュージックは45分に制限されていた。そして登場したのが領海外に停泊した船から放送するラジオ局。人気DJもたくさん生まれたそんな時代背景の映画。  話はドラッグと喫煙で高校を退学になったカールが更生のため母親の友人クエンティンに預けられたところから始...... more
Tracked from ここにあるもの at 2009-12-10 02:08
タイトル : パイレーツ・ロック
最近、外出が続いても仕事帰りの【寄り道映画館】はご無沙汰だった。 お財布の中にスタンバッていた前売券も出番待ちでくたびれ始め、 気付けば上映期間も終了間近!! ってことて、かな〜〜〜り久々に新宿武蔵野館まで遠征してきた。 そこまでしても、絶対観たかった....... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2009-12-15 06:04
タイトル : パイレーツ・ロック
 「パイレーツ・ロック」を日比谷のみゆき座で見ました。  予告編を見て、これはきっと面白い映画に違いないと思い、期待を込めて映画館に出向きました。  そして、実際のところも、予想にたがわず素晴らしい映画だと思いました。  1960年代の初めころ、イギリスにはラジオ局が国営放送の一つしかなく、ポピュラー音楽がラジオから流れるのは法の規制によってごくわずかな時間。そこで法律が適用されない公海上の船からの電波にロック音楽を乗せて流すことが行われたそうで、この映画は、そうした「海賊放送局」が置かれた船の中...... more
Tracked from フクロウと大理石 at 2009-12-15 21:15
タイトル : 映画 パイレーツロック
 新宿に出たチャンスに新宿武蔵野館でパイレーツロックを見た。もう神奈川での上映は終わっていたのでラッキーの一言。小さな劇場だったが意外なことに若い人たちでいっぱいだった。  1960年代英国のラジオ放送局はBBCのみ。そのBBCが一日に流すポップミュージックは45分に制限されていた。そして登場したのが領海外に停泊した船から放送するラジオ局。人気DJもたくさん生まれたそんな時代背景の映画。  話はドラッグと喫煙で高校を退学になったカールが更生のため母親の友人クエンティンに預けられたところから始...... more
Tracked from 映画のブログ at 2009-12-15 23:25
タイトル : 『パイレーツ・ロック』 ゴキゲンなもの、それは…
 こいつはゴキゲンな映画だ。  楽しいし、笑えるし、ハッピーになれて、ロックンロールに合わせて踊りたくなる。  ロックとポップス専門の海賊ラジオ局を描いた『パイレーツ・ロック』には、面白い映画の要閃..... more
Tracked from Diarydiary! at 2009-12-23 17:31
タイトル : パイレーツ・ロック
《パイレーツ・ロック》 2009年 イギリス/ドイツ映画 - 原題 - THE ... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2010-01-21 17:41
タイトル : 「パイレーツ・ロック」 THE BOAT THAT RO..
・ 舞台はブリティッシュポップが世界を席巻していた1966年のイギリス。 音楽的な隆盛と裏腹に唯一の放送局だったBBCでは当時1日45分のみといった具合にポピュラーミュージックの放送が制限されていたため「海賊ラジオ局」がイギリスの法律が及ばない領海外の北海からロック音楽を流して人気を集めていた・・・。 実在した海賊ラジオ局をモデルとして局側と政府の攻防を軸に、自由を求めて船に集う若者たちの青春模様を60年代後半を彩るポピュラー・ミュージックの名曲と共に綴った愛すべき60's ムービー。 ウヒョ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2010-04-08 12:35
タイトル : mini review 10450「パイレーツ・ロック」..
1966年のイギリスを舞台に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局と、ロックを規制しようとする政府の攻防を描いた痛快ストーリー。監督は『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス。『カポーティ』のフィリップ・シーモア・ホフマン、『ハンニバル・ライジング』のリス・エヴァンスらが海賊ラジオ局のクセ者DJにふんしている。ザ・ローリング・ストーンズ、ザ・キンクスなど、劇中に流れる1960年代ロックの名曲の数々にも注目。[もっと詳しく] 1966年、この年のビルボードランキングを肴にするだけで、幾晩も...... more
Tracked from Subterranean.. at 2010-06-21 12:15
タイトル : パイレーツ・ロック (The Boat That Roc..
監督 リチャード・カーティス 主演 フィリップ・シーモア・ホフマン 2009年 イギリス/ドイツ映画 135分 ドラマ 採点★★★★ 睡魔と闘いながら鶴光のオールナイトニッポンを聴くのが、ちょっとした大人の仲間入りの儀式のようであった中学時代。まぁ、概ね睡魔に負けてしま..... more
Tracked from Blossom at 2010-09-17 11:57
タイトル : パイレーツ・ロック
パイレーツ・ロック THE BOAT THAT ROCKED 監督 リチャード・カーティス 出演 フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ     ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル トム・ブルック  `..... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-10-20 00:00
タイトル : 『パイレーツ・ロック』'09・英
あらすじ1966年、イギリス。ラジオが流すポピュラー・ミュージックは1日45分。そんな中、海の上から24時間ロックをかけるゴキゲンな海賊ラジオ局が現れた・・・。感想下ネ...... more
Commented by 真紅 at 2009-11-10 18:47 x
margot2005さん、こんにちは~。
この映画最高でしたね♪ 私もビル・ナイ大好きです~。
サントラは即買いしてしまいました。。
毎日聴いてます♪ 2枚組で、お得感ありますよ~。
私は輸入盤をゲットしました!
Commented by margot2005 at 2009-11-13 00:25
真紅さん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
さてサントラ買われましたか。私も買わなきゃです。モチ輸入版ですね。
長い映画でしたがとても楽しめましたわ。
Commented by sabunori at 2009-11-19 19:58 x
margotさん、お久しぶりの交差点です♪
ご機嫌な作品でしたね!今年のベスト10入り決定です。
おデブのデイヴもなかなかキュートでしたよ。
とはいえ、あの中で選ぶかというとウ~ン・・・ですが。(笑)
ビル・ナイはステキでしたね。
私もサントラ買おうかしら。
Commented by margot2005 at 2009-11-20 23:54
sabunoriさん、こんばんは!
嬉しい交差点であります。
さてやはりベスト10ですか?
豪華なミュージック+豪華な出演陣が楽しめまて、二倍美味しい思いをしたって所ですね。
サントラ未だ買ってません。欲しいのですが...
<< ハリウッド、ヒット作3本...... 「THIS IS IT」 >>