「扉をたたく人」

「The Visitor」2007 USA
a0051234_0473676.jpg

ウォルター・ヴェイルに「ブロークン/2008」「バーン・アフター・リーディング/2008」のリチャード・ジェンキンス。
タレクにハーズ・スレイマン。
タレクの母モーナに「シリアの花嫁/2004」「マリア/2006」「画家と庭師とカンパーニュ/2007」のヒアム・アッバス。 
タレクのガールフレンド、ゼイナブにダナイ・グリラ。
監督、脚本に「ミート・ザ・ペアレンツ/2000」「デュプリシティ 〜スパイは、スパイに嘘をつく〜/2009」の俳優トーマス・マッカーシー。

コネティカット州の大学で教鞭をとる62歳のウオルターは、妻を亡くして以来心を閉ざして生きている。ある日、学会へ出席のためニューヨークに滞在する事になった彼は別宅である自身のアパートを訪ねる。しかしそこには若いカップルが住んでいて、ウオルターは泥棒扱いされるが、彼らこそが不法侵入者だった。シリアからやって来たタレクとセネガルからやって来たゼイナブのカップル。二人はウオルターのアパートを紹介された事が詐欺だったと認め出て行く。しかし行き場のない彼らを哀れに思ったウオルターは新しい家が見つかる迄二人を住まわせる事に決める。やがてウオルターはタレクの演奏するジャンベに魅せられ、少しずつ心を開いて行くのだった...
a0051234_0524797.jpg

移民青年と初老の大学教授。二人がジャンベを通じて心を通わせて行く過程が感動を呼ぶ。
モーナが息子のガールフレンドに初めて会った時に“So Black!”と何度も言ったのが印象的。
9.11以来アメリカの移民政策が厳しくなった事を背景に描かれ、ある日突然出会った不法移民青年との間に友情が生まれ、やがて青年の母親にもほのかな愛情を抱き始める過程が胸を打つ。ウオルターとモーナの空港での別れのシーンは哀しい。
ニューヨークの地下鉄構内で無心にジャンベをたたくウオルターのラストはとても感動的。
パレスチナ人のヒアム・アッバス、レバノン出身のハーズ・スレイマン、そしてジンバブエ人のダナイ・グリラとInternationalな俳優たち。
色んな映画に出演しているおなじみの名脇役リチャード・ジェンキンスは今回初めての主演。
妻を亡くした寂しさから、無気力になってしまった初老の大学教授役がぴったり決まっている。オスカー候補になったのも頷ける。
こちらも今年のマイベストに是非入れたい。
恵比寿ガーデン・シネマにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-07-07 01:10 | MINI THEATER | Trackback(14) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8578198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-07-19 01:30
タイトル : 扉をたたく人
大学教授ウォルター・ヴェイル(リチャード・ジェンキンス)は、妻に先立たれて以来、心を閉ざして生きてきた。 学会に出席するため久しぶりにニューヨークの自宅アパートに戻ると、 そこにはシリア出身の移脈..... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-07-20 18:17
タイトル : 扉をたたく人
 『扉を閉ざしたニューヨーク─ 移民の青年との出会いと“ジャンベ”の響きが 孤独な大学教授の心の扉を開く。』  コチラの「扉をたたく人」は、「サンシャイン・クリーニング」同様たった4館での上映から、口コミで広がり6週目にして全米興行収入トップ10に入り、6か...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-07-21 09:27
タイトル : 扉をたたく人
大学教授ウォルター・ヴェイル(リチャード・ジェンキンス)は、妻に先立たれて以来、心を閉ざして生きてきた。 学会に出席するため久しぶりにニューヨークの自宅アパートに戻ると、 そこにはシリア出身の移脈..... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-08-17 22:51
タイトル : 移民の街、非寛容な国〜『扉をたたく人』
  THE VISITOR  コネティカットに住む大学教授のウォルター(リチャード・ジェンキンス)は、 所有するニューヨークのアパートに不法入居していたシリア人青年タレク (ハーズ・スレイマン)と出...... more
Tracked from Art- Mill at 2009-08-25 23:35
タイトル : 扉をたたく人
http://www.tobira-movie.jp/ 「扉をたたく人」(原題 the Visitor)を観ました。 「ジャンベのリズムが閉じた心をひらく」とコピーを作ってみました。 ジャンベのリズムと主演リチャード... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-08-25 23:52
タイトル : 扉をたたく人◇◆the Visitor
8月22日から、京都シネマにて公開されました! 最近こういうかたちでのヒットが多いですね。本国アメリカでの封切時の上映館はわずか4館だったそうです。鑑賞した人たちの感動が口コミで広がり、何と最終的に270館に拡大したという本作。観ないわけにはいきませんよね。ということで、早速観てきました。 主役を演じるのはこれまで脇役として多くの作品に出演してきたリチャード・ジェンキンス。そう言えば、最近観たコーエン兄弟監督作品「バーンアフターリーディング」ではリンダの上司テッド役で登場していた方。思いだしました...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2009-10-20 08:42
タイトル : 扉をたたく人■出会いを阻む国の仕組みの不健全さ
邦画・洋画の中から最も優れた日本語タイトルの作品に与えられる筑紫賞(故・筑紫哲也氏が創設され、その思いを受け継いで継続されている)、その第5回目に選ばれたのがこの「扉をたたく人」。この「扉をたたく人」という題名はは、作品のテーマにもつながっており、同時...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2009-10-22 12:17
タイトル : 「扉をたたく人」の星条旗から思い出されること
監督のトム・マッカーシーは俳優でもあり、俳優としては、クリント・イーストウッドの「父親たちの星条旗」に出演。あの物語の語り手という役柄であった。イーストウッド監督の現場でもしかしたら、イーストウッドの映画術を学んでいるのかも知れない。この「扉をたたく人...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2009-10-25 08:12
タイトル : 扉をたたく人■訪問者の条件
ウォルターにとってタレクとゼイナブは訪問者であった。そしてウォルターにはタレクの母親モナが訪問者となって現れる。シリア出身のタレクとセネガル出身のゼイナブはお互いに訪問者なのである。この映画の登場人物はすべてお互いにそれぞれの生活に入り込んだ訪問者とい...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-12-13 05:32
タイトル : 「扉をたたく人」(THE VISITOR)
コネティカット州の大学教授とシリアからの移民青年との音楽を通して心の交流や連帯を描いた感動のヒューマン・ドラマ「扉をたたく人」(原題=訪問者、2007年、米、104分、トム・マッカーシー監督・脚本)。この映画は、全米封切り当初は4館だけだったが、口コミで評判が広まり、270館に拡大公開され、6カ月間のロングラン上映になったという。また、これまで20年以上、脇役を務めたリチャード・ジェンキンスが教授役を初主演し、第81回オスカーの主演男優賞にノミネートされた。... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-03-17 13:54
タイトル : 『扉をたたく人』
knock-knock-knock. 硬く閉ざした心の扉をたたいてくれた人がいた。 knock-knock-knock. <寛容>だったはずの国の扉に<不寛容>という錠がかけられた現実があった。 knock-knock-knock.その心、開くまで。 『扉をたたく人』 The Visitor 2007年/アメリカ/104min... more
Tracked from みはいる・BのB at 2010-03-19 20:23
タイトル : 『扉をたたく人』 ('10初鑑賞36・WOWOW)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 3月14日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-05-28 22:40
タイトル : 『扉をたたく人』'07・米
あらすじ愛する妻に先立たれ、全てに心を閉ざし、無気力な毎日を送っている大学教授のウォルター(R・ジェンキンス)。ある日、ニューヨークで移民青年タレクと予期せぬ出会いを果たす...... more
Tracked from 黄昏のシネマハウス at 2014-07-16 17:11
タイトル : 扉をたたく人 (2010/1/2)
2001年9月11日に起きたテロ以降、アメリカでは移民希望者や不法滞在者への対応が厳しくなった。 疑い深く門戸をせばめ、かたく扉を閉ざしてしまったように見える。 映画「扉をたたく人」は、妻に先立たれ生きる意味も見失い心を深く閉ざしてしまった主人公の大学教授が、人種も文化も年齢も異なる人たちと出会い、とまどいながらも心を開き、眠っていた人間らしさを取り戻し再び生きる意味を見出すまでを追いかけた作品だ。 クリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」も、頑固な老人がアジア系の青年と心を通いあわ...... more
<< 「サンシャイン・クリーニング」 「それでも恋するバルセロナ」 >>