「幸せのセラピー」

「Bill 」...aka「Meet Bill」 2007 USA

中年の冴えない逆玉男が人生再生に挑戦するコメディ・ドラマ。

ビルに 「抱擁/2002」「カンバセイションズ/2005」「ブラック・ダリア/2006」「サンキュー・スモーキング/2006」「幸せのレシピ/2007」「ダークナイト/2008」のアーロン・エッカート。
ジェスに「ブッシュ/2008」のエリザベス・バンクス。
ルーシーに「イン・トゥ・ザ・ブルー/2005」のジェシカ・アルバ。
チップに「ガール・ネクスト・ドア/2004」「ダイ・ハード4.0/2007」「ヒットマン/2007」のティモシー・オリファント。
高校生に「ナンバー23/2007」のローガン・ラーマン。
監督、脚本にメリッサ・ウォーラック&バーニー・ゴールドマン。
a0051234_035495.jpg

地方銀銀行の名門ジャコビー家の女婿ビル。彼は妻ジェスにも、頭取である義父にも頭が上がらない中年ダメ男。ある日いけすかないTVリポーター、チップと妻の浮気現場を目撃したビルは、反撃を始める...

味な俳優アーロン・エッカート主演でこんなに裏切られた映画って初めて。
今年の“お金返して!”映画N.O.1に選びたい。
JR新宿駅前(東口、ルミネエスト側)、対面にアーロン&ジェシカのツー・ショットのデカい看板が掲げてあり、若くてチャーミングでSexyなジェシカとデキちゃう中年男アーロン...みたいな宣伝の仕方(ポスター)にも偽りあり!
今頃(2007年作)よくぞ公開されたとビックリもしたがこれはDVDで十分。
邦題も「幸せのレシピ」をもじったのかどうか?配給会社が大好きな“幸せ”が付いていて、適当に付けたタイトルとしか考えられない。映画には“セラピー”なんてどこにも登場しないし、高校生とルーシーをダシになんとか描き上げたつまんないコメディ。
本当に贅肉つけたのだろうか?CGで処理したのだろうか?アーロンのデブぶりに驚き!
ジェシカ狙いのoyajiが多かったウイークディの昼下がり。近い席に70代後半くらいかと思える老夫人が一人で観に来ていた。つまんないのか?彼女途中で帰っちゃったけど...アーロン、ファンのおばあちゃまかと想像した。私的にあんな年になってもシアターで映画観たいなぁとしみじみ思った。
新宿武蔵野館にて...
[PR]
by margot2005 | 2009-06-16 00:22 | MINI THEATER | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8413547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 気になるキーワードでブロ.. at 2009-06-19 14:12
タイトル : 【イントゥ・ザ・ブルー】についてサーチエンジンで検索して..
イントゥ・ザ・ブルー に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし…... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-07-12 15:58
タイトル : 幸せのセラピー
 『不器用男の生態系、 ちょっと変えてみませんか?』  コチラの「幸せのセラピー」は、アーロン・エッカート主演で2007年に製作された6/6公開のヒューマン・コメディなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪ちょっとあやしげな邦題がつけられちゃってるけど、なかなか面...... more
Tracked from Blossom at 2010-08-21 21:47
タイトル : 幸せのセラピー
幸せのセラピー MEET BILL 監督 メリッサ・ウォーラック バーニー・ゴールドマン 出演 ジェシカ・アルバ アーロン・エッカート     エリザベス・バンクス ティモシー・オリファント      ギ..... more
Commented by あすか at 2009-06-16 02:35 x
あはは、お金返して!ですか。
でも確かに映画館で観たい映画ではないですね。
お金もったいないもん(笑)

私もアーロンのお腹にびっくりしました。
かなりのメタボ!あれ、本当についてたらびっくりですよね。
Commented by margot2005 at 2009-06-16 22:35
あすか さん、コレほんとお金払いたくなかったですわ。
武蔵野館はとても小さなシアターなので以外や人で埋まってまして驚きでしたが、場所的に時間つぶしの人もいたでしょうね?
アーロンのメタボは本当でしょうか?
スイミングのシーンと服を着たシーンとではお腹の出っ張りが全然違っていて可笑しかったです。
<< 「レスラー」 「サガン−悲しみよこんにちは−」 >>