「グラン・トリノ」

「Gran Torino」 2008 USA/オーストラリア

ウォルト・コワルスキーにクリント・イーストウッド。
タオにビー・ヴァン。
スーにアーニー・ハー。
ヤノビッチ神父にクリストファー・カーリー。
監督、製作に「チェンジリング/2008」のクリント・イーストウッド。
音楽はクリントの息子カイル・イーストウッドとマイケル・スティーヴンス。
a0051234_23305493.jpg

愛妻に先立たれた偏屈で頑固おやじのウォルト・コワルスキー。彼は元軍人で、かつてフォード社の自動車工だった。妻の葬儀が終わり神父が尋ねて来る。彼はウォルトに、生前奥さんから“懺悔に来るよう勧めて欲しい”と頼まれていたと言う。しかし“若造に何が出来る?妻をたぶらかしたのか?”と神父をののしり追い返す始末。
年老いた愛犬デイジーと日がな一日ポーチに座り、ビールを飲んではタバコをくゆらすウォルト。二人いる息子たちともそりが合わず、大事に、大事にする愛車グラン・トリノが心の友。そんなある日、グラン・トリノを盗もうとした不良少年たちに銃を向け、彼らともみ合っていたタオを助ける。タオは隣に住むモン族(東南アジアに住む民族の一つ)の気弱な少年。次の日、タオを救ったことに感謝した彼の母親と姉がウォルトを訪ねて来る...

公開されたら直ぐに観に行こうと思っていながら、中々行けずでやっと観ることが出来た。
偏見の固まりの頑固爺さんが、マイノリティである東南アジア移民の家族と友情を育むという心温まる物語。これには久方ぶりに感動した。席を立つのも忘れるくらい...ぼぅ〜としてしまった。
クリント爺さん最後の映画出演だそうだが、まぁ映画に出るのはこれっきりで良いかと思う。彼はそろそろ80歳だが、コレからもひたすら映画を作っていただきたい。確かに見かけは爺さんだけど、感性が素晴らしく、きっと青年のような心を持った方なのだろう。
イーストウッド以下マイナーな俳優人ばかりの出演ながら、心に染みるとても素晴らしい作品だった。
ラストに流れるテーマ・ソング“グラン・トリノ”これがまた素晴らしく胸を打つ。
映画ではビーフ・ジャーキーにビールがぶ飲み、おまけにタバコ(噛みタバコも)スパスパ。実際は違うんだろうな?お腹出てないしねクリント爺さん。
イーストウッドと言えば“ダーティ・ハリー”。この映画でも銃を構えるポーズが出て来る。眉間にシワを寄せ、まぶしそうな目で相手を見、銃を構える仕草はダーティ・ハリーを彷彿とさせる。
ポーランド系のウォルトがイタリア系の床屋にタオを連れて行く。あのシーンはとても良かった。
ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋にて...
[PR]
by margot2005 | 2009-05-19 23:49 | USA | Trackback(20) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8296619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Mani_Mani at 2009-05-20 04:48
タイトル : 「グラン・トリノ」クリント・イーストウッド
グラン・トリノGRAN TORINO 2008アメリカ 監督:クリント・イーストウッド 原案:デヴィッド・ジョハンソン、ニック・シェンク 脚本:ニック・シェンク 出演:クリント・イーストウッド(ウォルト・コワルスキー)ビー・ヴァン(タオ・ロー)アーニー・ハー(スー・ロー)クリストファー・カーリー(ヤノビッチ神父) やられた! 完全にやられた! この映画にはまいった! I was knocked out conpletely by the movie! ・・といいかげんな英語を思わず吐いてしま...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-05-20 07:40
タイトル : グラン・トリノ
 『今、 大人が迷う時代。 でも、この男がいる。』  コチラの「グラン・トリノ」は、もうすぐ79歳を迎えるクリント・イーストウッドが主演&監督を務め、アメリカでは彼のキャリア史上最高となる興行収入をあげた4/25公開のヒューマン・サスペンスなのですが、試写会....... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-05-20 17:20
タイトル : 巨匠の遺言〜『グラン・トリノ』
 GRAN TORINO  妻を亡くしたウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は、偏屈で差別 主義的な悪態をつく「頑固ジジィ」。移民ばかりになった町を嘆く彼の隣家には、 モン族の一家が暮...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-05-22 09:14
タイトル : GRAN TORINO☆クリンスト・イーストウッド俳優と..
クリント・イーストウッドが“人生”を賭けた作品 遠くの家族より、近くの他人。昔の人はいいこと言いました。まさにこのことわざどおりだ。 クリント・イーストウッドが、この作品以降、俳優業から、監督業中心とする活動を意向したそうです。残念ですね。でも素晴らしい作品をこれからも届けてくれるでしょう。4月27日、MOVX京都にて鑑賞。 エンディング。グランド・トリノが走り去る光景を観ながらあのメロディーとともに。ただただ涙しました。結末に対しての驚きや悲しみより、クリント・イーストウッドが伝えたかった...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2009-05-22 12:39
タイトル : 『グラン・トリノ』
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ジョン・キャロル・リンチ■鑑賞日 4月29日(水)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 人生は肩の力を抜いたところから始まるような、そんな...... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-05-22 23:54
タイトル : 『グラン・トリノ』 (2008)/アメリカ
原題:GRANTORINO監督:クリント・イーストウッド出演:クリント・イーストウッド、コリー・ハードリクト、ブライアン・ヘイリー、ブライアン・ホウ、ジェラルディン・ヒューズ、ドリーマ・ウォーカー、ビー・ヴァン試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Stor...... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2009-05-23 01:20
タイトル : グラン・トリノ
『硫黄島からの手紙』や『チェンジリング』のクリント・イーストウッド 監督が『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年振りに監督・主演を努めた 人間ドラマ。 妻に先立たれた孤独で人種差別の偏見を持つ老人が、愛車グラン・トリノの 盗難未遂事件をきっかけに、隣に住む..... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2009-05-25 13:37
タイトル : 『グラン・トリノ』 2009-No15
“復讐”の場に“友人”であるその少年を 連れて行くはずは無いと分かっていた。 ・・・分かっていたのに、 地下にある部屋に誘ったその時に涙が出てきちゃった。 戦争での辛い過去を償うかのよぎ..... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-05-25 14:37
タイトル : グラン・トリノ
俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。 少年は知らなかった、人生の始め方を。 ... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-05-26 06:08
タイトル : グラン・トリノ
予告もチラシも見ずに、予備知識なしで鑑賞―で、、、≪グラン・トリノ≫って車のことだったのね〜【story】朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工の仕事を引退したウォルト(クリント・イーストウッド)は、妻に先立たれ、息子たちとも疎遠で単調な生活を送っていた。そんなある日、愛車グラン・トリノが盗まれそうになったことをきっかけに、アジア系移民の少年タオ(ビー・ヴァン)とその姉スー(アーニー・ハー)と知り合う。やがてウォルトとタオの間に友情が芽生えていくが―     監督 : クリント・イーストウッド 『チェンジリン...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-05-30 08:15
タイトル : 「グラン・トリノ」 信念を託す
人は長い間生きてくると、その人にとって生き方の信念を持ってくるようになります。 ... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2009-06-03 22:53
タイトル : グラン・トリノ
朝鮮戦争帰還兵であるウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)は 愛する妻を亡くし1人暮らし。 古い一軒家に愛犬と自慢の車グラン・トリノとともに暮らしているが 頑固な彼は隣人とのつきあいもない。 そんなある日隣りに住むアジア系移民一家の息子タオ(ビー・バン)が 従兄弟たちにそそのかされグラン・トリノを盗みに忍び込んでくる。 そんな彼らに銃を向けるウォルト。 これがウォルトとタオの出会いだった・・・。 人間というのはいくつからでも変わることができるし どれだけ世代が離れ...... more
Tracked from よしなしごと at 2009-06-16 08:06
タイトル : 映画:グラン・トリノ
 相変わらず映画を観ても記事にする時間がありません。この映画も観てから記事にするまでに2週間以上がたってしまいました。以前は会社帰りに映画を観たら翌日仕事が終わってから記事にしていたのですが、最近は会社から帰ると犬の散歩をしてそこで力尽きてしまいます。。。と言うわけで、今回の記事はもうすぐ上映終了してしまいそうですがグラン・トリノです。... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2009-09-03 23:45
タイトル : グラン・トリノ
こういう映画を観てしまうと、好きな「八月のクリスマス」(引き合いに出したのはちょっとした意味があるが説明は省きます)がとっても生温く感じてしまうほどの、そう、流石はクリント・イーストウッドなのである。いかつい堅物じじいも、理解さえすれば偏見は消え、友情は生まれる。彼の心情や心根に会えば、血縁家族であっても遠くに感じてしまう子・孫より、偏見の固まりで見ていたアジア系民族が近く思え、くそったれと思っていた教会の懺悔も、消えなかった戦争での自ずからの行いも、全てまとめて引き受けてくれる、銃と魂の選択の中での...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-10-03 13:14
タイトル : 「グラン・トリノ」
ずっと前に亡くなった私の祖父を思い出しちゃいました... more
Tracked from サーカスな日々 at 2009-10-04 16:39
タイトル : mini review 09400「グラン・トリノ」★★..
『ミリオンダラー・ベイビー』以来、4年ぶりにクリント・イーストウッドが監督・主演を務めた人間ドラマ。朝鮮戦争従軍経験を持つ気難しい主人公が、近所に引っ越してきたアジア系移民一家との交流を通して、自身の偏見に直面し葛藤(かっとう)する姿を描く。イーストウッド演じる主人公と友情を育む少年タオにふんしたビー・ヴァン、彼の姉役のアニー・ハーなどほとんど無名の役者を起用。アメリカに暮らす少数民族を温かなまなざしで見つめた物語が胸を打つ。[もっと詳しく] イーストウッドが遺言のように、老いた肉体を通じて、造形...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-10-17 06:18
タイトル : 「グラン・トリノ」(GRAN TORINO)
米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮らしを送る朝鮮戦争の退役軍人である主人公が、隣家に引っ越してきたアジア系移民一家との心温まる交流や葛藤を描いていく。また、イーストウッドは本作をもって、最後の俳優業とし、今後、監督に専念する「俳優引退宣言」を打ち出している。まるで、本作はイース...... more
Tracked from 映画を感じて考える~大作.. at 2010-02-06 02:01
タイトル : グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD)
[繧ー繝ゥ繝ウ繝サ繝医Μ繝讃 繝悶Ο繧ー譚代く繝シ繝ッ繝シ繝峨げ繝ゥ繝ウ繝サ繝医Μ繝趣シ亥次鬘鯉シ哦ran Torino・峨く繝」繝・メ繧ウ繝斐・・壻ソコ縺ッ霑キ縺」縺ヲ縺・◆縲∽ココ逕溘・邱繧√¥縺上j譁ケ繧偵€ょー大ケエ縺ッ遏・繧峨↑縺九▲縺溘€∽ココ逕溘・蟋九a譁ケ繧偵€り」ス菴懷嵜・壹い繝。繝ェ・..... more
Tracked from まてぃの徒然映画+雑記 at 2010-02-23 23:46
タイトル : グラン・トリノ GRANTRINO
クリント・イーストウッド監督・主演作にして、俳優業の引退作。非常に周囲の評判がいいので、公開のときには観てなかったんだけど、チネチッタでの毎日映画コンクール受賞記念上映に当選したので観てきました。観たのはだいぶん前なんだけど、診断士の実務補習があって大...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2010-06-27 12:43
タイトル : 【映画】グラン・トリノ…俄かイーストウッドファン復活(半..
{/hiyoko_cloud/} 先週頭から喉を中心に体調不良{/cat_8/}だった私。 割と良くはなってきましたが…まだ完全健康体では無い感じですかね{/face_gaan/} で、昨日{/kaeru_fine/}までのお休みのほとんどは睡眠{/kaeru_night/}{/ase/} 寝るのが一番薬になるっていうのは多分ホントだと思われます{/face_nika/} 本調子じゃないのならば今日も早く寝ちゃえばいいのですが{/face_ase2/}、それでなくてもブログネタの数々が供給過剰...... more
Commented by 真紅 at 2009-05-20 17:29 x
margot2005さん、こんにちは。コメントとTBをありがとうございました!
私も、イーストウッドの出演はこれきりでいいと思います。
自らの葬儀まで演出したのですから。。見事な引き際ですね。
カメオなんかはあってもいいと思いますが、これからもビハインドカメラで活躍して欲しいですね。
ではでは~。
Commented by あすか at 2009-05-22 02:51 x
margotさん、こんにちは。
ごらんになったんですね。
私もこれは見終わったあとからもじわじわときて素敵な作品でした。
私もあの床屋でのシーンは笑っちゃいました。
あそこまでけなしあわなくても…(笑)
本当にイーストウッド監督にはこれからもいい作品を生んでいってもらいたいものです。
Commented by margot2005 at 2009-05-23 00:36
真紅 さん、こんばんは!
こちらこそいつもTBありがとうごうざいます!
さて、さて今年N.O.1感動映画って雰囲気でしたね。
イーストウッドて俳優としては好きじゃないのですが、この作品はとっても良かったです。
ほんと見事な引き際でした。
オープニングもエンディングも葬儀の場面というのも、この映画にふさわしい演出かと感じましたね。
Commented by margot2005 at 2009-05-23 00:47
あすかさん、こんばんは!
やっと観てまいりました。
そうエンディングを迎えてジワジワと来ましたね。
床屋での会話は実に絶妙でありました。彼らの罵り合いは理解しあっているから出来ることなのでしょう。
あこまでぼろくそに言えたら気持ち良いでしょうね?
イーストウッドの次回作に大変に期待しちゃっております。
Commented by sabunori at 2009-06-03 22:59
margotさん、こんばんは。
やはりこの作品がイーストウッド最後の出演作になるのですか。
残念だけど監督業に専念して素敵な作品を送り出してくれるのは
嬉しい限りですね。
エンディングテーマ曲もまたしみじみステキでしたし、そのバックに流れる
街の景色もよかったですね。
Commented by margot2005 at 2009-06-04 23:03
sabunoriさん、こちらにもこんばんは!
イーストウッドはもう演じないと宣言したようですね。
私的に俳優としてのイーストウッドって好きじゃないんですが、監督としての彼は素晴らしいですね。
あのエンディングは感動ものでした。テーマと共に走るグラン・トリノ印象的でしたわ。
<< 「夏時間の庭」 「天使と悪魔」 >>