「レイチェルの結婚」

「Rachel Getting Married 」2008 USA

ある家族の結婚式を中心に描かれる珠玉のヒューマン・ドラマ。

キムに「プラダを着た悪魔/2006」「パッセンジャーズ/2008」「ゲットスマート/2008」のアン・ハサウエイ。
キムの姉レイチェルに「シンデレラマン/2005」のローズマリー・デウィット。
父親ポールに「結婚記念日/1999」のビル・アーウィン。
レイチェルのフィアンセ シドニーにトゥンデ・アデビンペ。
シドニーの友人キーランにマーサー・ジッケル。
レイチェルの親友エマにアニサ・ジョージ。
ポールの妻キャロルに「アメリカン・プレジデント/1995」「レント/2005」のアンナ・ディーヴァー・スミス。
母親アビーに「愛と青春の旅だち/1982」「愛と追憶の日々/1983」「シェルタリング・スカイ/1990」のデブラ・ウィンガー。
監督、製作は「羊たちの沈黙 /1990」「フィラデルフィア /1993」のジャナサン・デミ。
脚本は「Q&A/1990」の女優ジェニー・ルメット。
a0051234_19281531.jpg

コネティカット州に住むバックマン家の長女レイチェルの結婚式が2日後に迫っていた。次女のキムはドラッグ依存症で施設にいる。キムは父親とキャロルの迎えを受け一時実家へ戻る。結婚式準備に大わらわのレイチェルと彼女の親友エマ。キムは“Made of Honor(花嫁の筆頭付添人)”にエマが選ばれている事にショックを受けるが、そこは姉妹のよしみで大役はキムのものとなる。はれものに触るようキムに気を配る父親ポール。やがて結婚式のリハーサルに両家の人々や友人が集合し、離婚した姉妹の母親アビーもやって来る...

オスカー・レースに関わったり、オスカーをゲットした映画がどんどん公開されている。
こちらもアン・ハサウェイが主演女優にノミネートされた作品。まぁオスカー主演ってほどではなかったが、ディズニー映画のキュートなヒロインから始まっていろんな役にチャレンジしている彼女は随分大人になったと感じる。
この作品もそうだけど、アンは「ブロークバック・マウンテン/2005」のような役柄より、「プリティ・プリンセス/2001」や「ゲット・スマート」のような軽いコメディ系が似合う。
今年の2月に香港へ行った時、ノースウエストで機内上映があり見たのだが、登場人物がやたら多く会話で成り立つドラマ。ヒロインのキムが冒頭から喋るわ、喋るわで、字幕もなく途中で断念した。なので是非、是非観たかった映画。単館系シアターでひっそりと公開されてる地味な作品ながら、中々味のある家族のドラマ。観ることが出来て良かった。
バックマン家の姉妹...精神科医で優等生の姉と、ドラッグ依存症で問題児の妹。ある事件によりぎくしゃくした家族が、結婚式に列席する形で集合する。
キムが施設に戻るシーンでエンディングを迎える。レイチェルの結婚披露宴の後、母アビーと話したくて彼女を探したキム。しかし母とは話は出来なかった。キムもアビーも互いに話したいことがあったはずだが、また今度ね!って雰囲気で去って行ったアビー。あの後再会したキムとアビーの会話はどのような展開になるのか気になった。
子供を捨てて家を出た母アビーは少々わがままなのではなかろうか??と感じたが、彼女が家を出たことに関しては一切語られていないので、家族に起きた事件が深く関わっているのかと想像した。
結婚して行く姉の幸せを願う妹と、妹の未来を案じる姉。姉妹の絆ってどんなに離れていても、決して切れない。母と娘の関係以上に深いものと感じる(私的な感覚だが...)。
キムとレイチェルの親友エマの、互いに牽制しあうバトルはシニカルで小気味良い。
登場人物の中で二人の娘を愛してやまない父親の姿が一番素敵だった。
ロザンナ・アークエットが作ったドキュメンタリー「デブラ・ウィンガーを探して/2002」」がまた観たくなった懐かしいデブラ。ちょっとお年召したけど、相変わらずチャーミング。
渋谷 Bunkamuraル・シネマにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-04-26 19:45 | MINI THEATER | Trackback(17) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8216848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-04-26 20:35
タイトル : レイチェルの結婚
 『家族の運命を変えたあの出来事。 人生最良の日に明かされた秘密とは─』  コチラの「レイチェルの結婚」は、主演のアン・ハサウェイが第81回アカデミー賞主演女優賞に初ノミネートされた4/18公開のヒューマン・ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪うんう....... more
Tracked from Akasaka high.. at 2009-04-27 22:38
タイトル : Rachel Getting Married / レイチ..
レイチェルよりもノミネートされたAnne Hathaway(アン・ハザウェイ)よりも面白そうな結婚式が一番印象に残ったのがRachel Getting Married(レイチェルの結婚)。幸せな姉の結婚式にリハビリ施設から駆け付けた父親の注目を浴びたい妹が主人公。 面倒ばかり起こす確かに脱プリンセスなアン・ハザウェイは私生活もいい経験になったのか注目の演技をしていたと思います。 しかし、姉夫婦と友人やパーティを盛り上げる面々が独特で、興味深い手作り結婚式の演出が面白く彼女の存在感も薄れ気味。 特に実の...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2009-04-29 12:14
タイトル : 『レイチェルの結婚』 Rachel Getting Ma..
不穏さと音楽と幸福感のあふれるレイチェルの結婚式へようこそ。 姉レイチェルの結婚式のため、バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりにコネティカット州の自宅に帰る。アン・ハサウェイの演技が評判をよんだ本作。てっきり彼女がタイトルロールのレイチェルなんだと思っていたら、そうじゃないんだ。『マーゴット・ウェディング』に同じく。レイチェルっていい名前だよね。私が英米人に生まれたら、レイチェルになりたい。そして、結婚する姉レイチェルの妹、わけあり問題児のキムがハサウェイの役どころなのね。式に出席する家族を中心に...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-05-01 10:09
タイトル : レイチェルの結婚◇RACHEL GETTING MARR..
 家族の運命を変えたあの出来事。人生最良の日に明かされた秘密とは──。 4月28日、京都シネマにて鑑賞。「プラダを着た悪魔」、「ゲットスマート」のアン・ハサウェイが何と薬の依存症の患者という役どころで登場。彼女はこの演技が認められて、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた。惜しくも賞はゲット出来なかったけど・・・・・。今までのアンのイメージとまったく違った。彼女がこんなクレイジーな演技に挑んだのも、結構興味深々だっただけに・・・。早速鑑賞。 「グラン・トリノ」の後ということで、何か涙腺が弱くなっ...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-05-02 19:00
タイトル : レイチェルの結婚
ドラッグ中毒更生施設の入退院を繰り返していたキム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席するため施設を一時退院する。 結婚式の準備でごった返す家の中、キムの速..... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-05-02 19:05
タイトル : 「レイチェルの結婚」 愛情と鬱陶しさと
家族っていうのは、近しいからこそ、なにかもどかしい存在であったりするものです。 ... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-05-05 20:36
タイトル : 『レイチェルの結婚』 (2008)/アメリカ
原題:RACHELGETTINGMARRIED監督:ジョナサン・デミ出演:アン・ハサウェイ、ローズマリー・デウィット、ビル・アーウィン、トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、アンナ・ディーヴァー・スミス、アニサ・ジョージ鑑賞劇場 : CINECITTA'公式サイトはこちら。<S...... more
Tracked from .. at 2009-05-08 21:42
タイトル : レイチェルの結婚
http://www.sonypictures.jp/movies/rachelgettingmarried/ この映画は『レイチェルの結婚』というタイトルだが、アン・ハサウェイ演じるキムを中心に物語は展開する。 アン・ハサウェイ(キム)... more
Tracked from CouchCinema*.. at 2009-05-08 23:59
タイトル : タイトル一覧
ア行 『アース』/EARTH : 2007年 『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』 /MONSIEUR IBRAHIM ET LES FLEURS DU CORAN:2003年 『イン・ハー・シューズ』/IN HER SHOES:2005年 『オペラ座の怪人』/THE PHANTOM OF THE OPERA:2004年 カ行 『崖のうえのポニョ』:200..... more
Tracked from CouchCinema*.. at 2009-05-09 00:37
タイトル : 『レイチェルの結婚』/RACHEL GETTING MA..
アン・ハサウェイ、別人かと思いました。 お人形顔にあざを作り、たばこズパズパ。 落ち着きのない、感情的で繊細な主人公を見事に演じています。 姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式の為、施設から 退院してき妹キム(アン・ハサウェイ)。 自宅での結..... more
Tracked from Cartouche at 2009-05-17 10:43
タイトル : *レイチェルの結婚*
{{{   ***STORY***             2008年  アメリカ バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりに更生施設から帰宅する。2日後に姉レイチェルの結婚式を控え、手作り挙式の準備で大わらわの自宅には新郎の友人ら見知らぬ人々が溢れ、所在無さと疎外感でキムは苛々をつのらせて行く。そんな妹の身勝手な態度にレイチェルは怒りを爆発させてしまう。依存症の治療を続けるキムの存在は気まずさと緊張感をもたらし、一家に辛く悲しい過去の記憶を否応なく甦らせるのだった。               ...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-05-23 21:41
タイトル : 水よりも濃く〜『レイチェルの結婚』
 RACHEL GETTING MARRIED  矯正施設で治療中のキム(アン・ハサウェイ)は、一時帰宅を許される。最愛 の姉、レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席するために・・・。  アン`..... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2009-07-23 00:54
タイトル : レイチェルの結婚
平凡な家族の葛藤をリアルに描き出すホームドラマ。 麻薬依存症の治療を受けているキムが、姉のレイチェルの結婚式に出席するため久々に実家に戻った週末を描いた群像劇である。 物語:コネチカット州に暮らすバックマン家の長女レイチェル(ローズマリー・デウィット)....... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-09-25 10:18
タイトル : レイチェルの結婚
家族の運命を変えたあの出来事。人生最良の日に明かされた秘密とは── 発売予定日は2009年11月4日... more
Tracked from サーカスな日々 at 2009-12-24 23:29
タイトル : mini review 09426「レイチェルの結婚」★..
『クライシス・オブ・アメリカ』などのジョナサン・デミ監督が手掛けた珠玉の人間ドラマ。ある一家の結婚式を中心に、優等生の姉と問題児の妹の抱える問題や、彼女たちを取り巻く人々の微妙な関係を包み隠さず映しだす。気性の激しい妹を演じるのは、『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ。その姉を『シンデレラマン』のローズマリー・デウィットが演じている。長所も短所も併せ持つ登場人物たちのリアルな喜怒哀楽に、感情移入してしまう。[もっと詳しく] 通常の撮影スタイルをことごとく転倒させた「とんでもない」作品である。 ...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2010-01-19 17:59
タイトル : レイチェルの結婚
レンタルで鑑賞―【story】キム(アン・ハサウェイ)は、姉レイチェル(ローズマリー・デウィット)の結婚式に出席するため依存症の施設から退院する。家に到着した彼女は、結婚式の準備でごった返す家の中を抜け、2階でドレスの着付けをしていた姉と友人のエマ(アニサ・ジョージ)と再会する。彼女たちは屈託なくこれからの準備のことを話し始めるが―     監督 : ジョナサン・デミ 『羊たちの沈黙』 『フィラデルフィア』【comment】心が痛くて痛くて、、、胸が苦しくなりました― キムは、更生施設の入退院を繰り返...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2010-06-16 22:14
タイトル : 『レイチェルの結婚』'08・米
あらすじドラッグ中毒更生施設の入退院を繰り返しているキムが姉レイチェルの結婚式に出席する為、実家に戻って来るが・・・。感想アカデミー賞主演女優賞ノミネートNY批評家協会...... more
Commented by CaeRu_noix at 2009-04-29 12:43
margot さん、こんにちは。
これ、リアルで臨場感いっぱいで惹きこまれましたー。
それぞれの気持ちがわかるので、一触即発な雰囲気にドキドキしました。
ごく自然に感じられる俳優たちの競演がまたオミゴトで。
私はレイチェル役の女優さんにとりわけ惹かれました。
友人たちミュージシャンの音楽パフォーマンスも素晴らしくて、劇場鑑賞の意義のある映画でしたよねー
Commented by margot2005 at 2009-05-03 00:43
かえるさん、こんばんは!
ドキュメンタリーのようなといった雰囲気もあるリアルな映画でしたね。
私もレイチェル役のローズマリー・デウィットには惹かれましたね。
キーランを演じたマーサー・ジッケルも個性的な俳優で素敵でしたわ。
キムとキーランの出会いはちょっと出過ぎでしたが、ストーリー的には中々良かったと思います。
とにかくあのウエディングがとっても、とっても素敵でした。
Commented by keyakiya3 at 2009-05-10 21:09
こんばんは、keyakiyaです。
音楽の良さ、服飾デザインのセンス良さにひかれました。
ウエディングドレスや周りのキャストのドレスが、とても素敵でした。ヘアースタイルもなかなかいい感じ。

Commented by margot2005 at 2009-05-12 22:41
keyakiyaさん、こんばんは!
西洋のウエディングってほんとにお洒落ですね。うっとりします。
登場する人間たちは皆悩みを抱えているのですが、主人公のウエディングはとても素敵でした。
<< 「ミルク」 「スラムドッグ$ミリオネア」 >>