「ある公爵夫人の生涯」

「The Duchess」2008 UK/イタリア/フランス
a0051234_1457217.jpg

デヴォンジャー公爵夫人(ジョージアナ)に「プライドと偏見/2005」「つぐない/2007」のキーラ・ナイトレイ。
デヴォンジャー公爵に「上海の伯爵夫人/2005」「ナイロビの蜂/2005」のレイフ・ファインズ。
レディ・スペンサーに「家の鍵/2004」「エンジェル/2007」「彼が二度愛したS/2008」のシャーロット・ランブリング。
チャールズ・グレイに「マンマ・ミーア!/2008」のドミニク・クーパー。
レディ・エリザベス・フォスターにヘイリー・アトウェル。
チャールズ・ジェームズ・フォックスに「ラストキング・オブ・スコットランド/2006」「ワールド・オブ・ライズ/2008」のサイモン・マクバーニー。
監督、脚本はソウル・ディブ。
原作はアマンダ・フォアマンの「The Duchess」。
a0051234_1459656.jpg

18世紀後半の英国。スペンサー家の美しい令嬢ジョージアナは17歳で名門貴族デヴォンシャー公爵と結婚する。しかしそれは愛のない結婚で、公爵がジョージアナに求めたのは後継者となる男の子を生むことだけだった。
公爵と結婚後、社交界の花形となったジョージアナは、華やかなファッションで身を飾り、賭け事に興じ、夫に愛されない孤独を紛らわしていた。そんな頃、やはり夫に愛されない孤独な女性レディ・エリザベスと出会い意気投合する...
a0051234_1515849.jpg

マイケル・オコナーの衣装デザインが本年度のオスカーに輝いただけあって絢爛豪華な衣装の数々。フランス王妃、マリー・アントワネットの帽子やドレスを彷彿とさせる衣装が登場し、ファッションの国フランスの影響が大きかったのかと感じる。
この頃ちょうどフランスは革命に燃える時代。後に首相となるチャールズ・グレイが、貴族中心社会打倒のため、市民に立ち上がるよう力説しているシーンが登場する。

映画のオープニング、スペンサー家の敷地に放牧された羊、そのゴージャスな屋敷から始まって、デヴォンシャー公爵のこの上なくゴージャスな館。ジョージアナとグレイが密会する白鳥が遊ぶ池のほとりや、18世紀最大の観光地(保養地)バース...それぞれの景色が素晴らしく美しく、またEngland行きたい!モードに入ってしまった。

亡くなったプリンセス・ダイアナの祖先というデヴォンシャー公爵夫人。その生涯はダイアナのそれと重なる。
夫に愛されず悶々とした日々を送りながらも子供たちには大きな愛を注いだジョージアナ。常に社交界の花形であったが48歳で亡くなり、公爵にエリザベスと再婚するよう遺言を残したジョージアナ。
チャールズ・グレイとの恋は、彼の将来を考えジョージアナの方から身を引いている(夫に従ったまでだが...)。この時代の女性って、子供のため、愛する人のために自分を犠牲にする...なんて、なんて哀れなんだろう。
ジョージアナとエリザベスが出会い友情を育む、しかしそれは夫の裏切りで破局を迎える。日本でも昔、妻、妾同居ってあったようだから、一家の主の権力に屈した女性たちは余りにも哀しい。
名家の令嬢ジョージアナには跡取りを産ませるだけが目的で、公爵が本当に愛したのはエリザベスだったのかも知れない。そのあたりもダイアナ&チャールズ+カミラを彷彿とさせる。
ヨーロッパ時代もの大好きなので小説を是非読んでみようと思う。

とにかく時代物を演じるとぴたりとハマるキーラ・ナイトレイ。同じくレイフ・ファインズも時代物が似合う俳優。
この作品でのレイフは愛情に欠ける非情な人間を演じているため殆ど笑わない。レイフの笑顔って素敵なのに...そういやプレミアでのレイフ。まだ40代ぎりぎりなのにかなり老けちゃっていてビックリした。
チャールズ・グレイ役のドミニク・クーパーは、後に「マンマ・ミーア!」のスカイと知って、別人か??くらい変化している。
シャーロット・ランブリングはいつもながらの貫禄でマザー役を好演。
“公爵夫人”の生き様を描いた完璧なる女性映画で、平日の最終回観客は殆ど女性だった。
シネ・リーブル池袋にて...
a0051234_1458098.jpg
a0051234_14564972.jpg
a0051234_1457934.jpg

[PR]
by margot2005 | 2009-04-19 15:36 | UK | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8191859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-04-19 18:20
タイトル : ある公爵夫人の生涯
 『18世紀にも、スキャンダル。』  コチラの「ある公爵夫人の生涯」は、ダイアナ元妃の生家スペンサー家に生まれ、17歳で公爵夫人となったジョージアナのダイアナ元妃と酷似した愛と葛藤の人生を描いた4/11公開のヒストリカル・ロマンスなのですが、観て来ちゃいました....... more
Tracked from CinemaCollec.. at 2009-04-22 14:05
タイトル : ★ある公爵夫人の生涯(2008)★
THEDUCHESS18世紀にも、スキャンダル。映時間110分製作国イギリス/イタリア/フランス公開情報劇場公開(パラマウント)初公開年月2009/04/11ジャンル歴史劇/ドラマ【解説】イギリスの元王太子妃ダイアナの生家としても知られるスペンサー家。18世紀後半にその名門貴族に...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2009-04-22 23:09
タイトル : ある公爵夫人の生涯
ゴージャスで魅力的、時代の先端を翔けた素晴らしき恋人、そして、よき母。彼女の名は、ジョージアナ。宿命と言う名のもとに生きた”もうひとりのダイアナ“__。 故ダイアナ妃の祖先、デヴォンシャー公爵夫人の華麗でスキャンダラスな実話を完全映画化。 今も世界中の...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-04-23 19:59
タイトル : 時代の犠牲者〜『ある公爵夫人の生涯』
 THE DUCHESS  18世紀後半、英国スペンサー家の令嬢ジョージアナ(キーラ・ナイトレイ)は、 17歳で英国有数の貴族であるデヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に嫁ぐ。 幸せな結婚生活を夢見...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-04-25 15:07
タイトル : ある公爵夫人の生涯☆★THE DUCHESS
 18世紀にも、スキャンダル。 4月17日、東宝シネマズ二条にて鑑賞 イギリス元皇太子妃ダイアナの生家であるスペンサー家の実話です。時は18世紀後半にその名門家に生まれたジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ )は17歳という若さで、名門貴族デボンシャー公爵のもとに嫁ぐのだが・・・・。結婚後、社交界の華として注目を集めるが、デボンシャー公爵(レイフ・ファインズ) とは愛のない生活を送っていた。 どこか故ダイアナ妃と重なるようなところもある。愛のない結婚。ただ子孫繁栄のために嫁いだという悲し...... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-05-04 21:51
タイトル : 『ある公爵夫人の生涯』 (2008)/イギリス・フランス..
原題:THEDUCHESS監督・脚本:ソウル・ディブ出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランプリング、ヘイレイ・アトウェル、ドミニク・クーパー公式サイトはこちら。<Story>18世紀後半のイギリス。貴族の家に生まれたジョージアナ(キーラ・...... more
Tracked from My Favorite .. at 2009-05-08 08:11
タイトル : ある公爵夫人の生涯 を観ました。
キーラのキャラとして、イギリス貴族というのが定着した?1本かな?... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2009-05-24 13:48
タイトル : ある公爵夫人の生涯★★★★劇場49本目:アカデミー賞最優..
4/19(日)に鑑賞した映画・・その後バルに立ち寄って携帯から更新したのですが、訂正・加筆して書き直していたところにPCが固まって、結局アップしたのを消す羽目に。まず、女性には共感できる部分が多い映画で、衣装もオスカーを獲っただけあり華やかで、ゴージャ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-09-17 17:53
タイトル : ある公爵夫人の生涯
18世紀にも、スキャンダル。 ... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-10-08 09:53
タイトル : 「ある公爵夫人の生涯」
アカデミー賞受賞の衣装とノミネートの美術はさすがに素晴らしかったです... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-10-25 03:48
タイトル : 「ある公爵夫人の生涯」(THE DUCHESS)
18世紀後半、英国名門貴族に生まれ、17歳でデヴォンジャー公爵夫人となった実在の女性、ジョージアナの華やかでスキャンダラスな結婚生活を描いた歴史ドラマ「ある公爵夫人の生涯」(2008年、英伊仏、ソウル・デイブ監督脚本、110分、パラマウント映画配給)。主演は、「つぐない」のキーラ・ナイトレイ、共演は「イングリッシュ・ペイシェント」のレイフ・ファインズ。本作は第81回オスカーの衣装デザイン賞を受賞。ただ、見かけの豪華さとは裏腹に、ドラマとしては単に事実に即したもので深みがなく、脆弱(ぜいじゃ...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-12-22 14:10
タイトル : ある公爵夫人の生涯
レンタルで鑑賞―【story】最も裕福な公爵の一人、デヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)に嫁いだ17歳のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)。聡明で美しい彼女は公爵夫人としてイギリス中の人々に愛されるが、夫のデヴォンシャー公爵はジョージアナに男子の後継者を生むことだけを望み、自身は離婚歴のあるエリザベス(ヘイリー・アトウェル)との愛人関係を続ける―     監督 : ソウル・ディブ     第81回アカデミー賞 衣装デザイン賞受賞【comment】あまり盛り上がりがない映画だったような気...... more
Tracked from Blossom at 2010-01-16 21:34
タイトル : ある公爵夫人の生涯
ある公爵夫人の生涯 THE DUCHESS 監督 ソウル・ディブ 出演 キーラ・ナイトレイ レイフ・ファインズ     シャーロット・ランプリング ドミニク・クーパー イギリス イタリア フランス 2008... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2010-03-17 21:04
タイトル : 【映画】ある公爵夫人の生涯…まだまだ昨年の残務整理6
本日も快晴{/kaeru_fine/}{/kaeru_fine/}の北部九州地方。 こんな日は撮影{/m_0068/}にでも行きたい気持ちですが、どこに行ったらいいのか分かりません{/face_ase2/} …あと、関係無いですが、新しいプリキュアは、なんかおじゃ魔女みたいです{/face_ase2/} 今年に入って、はや1ヶ月以上が経過{/ase/}{/ase/} もう2月も中旬に差し掛かろうとしていますが{/ase/}…ブログの更新ペースがゆったり過ぎると自覚してはいるピロEKです{/fac...... more
Commented by あすか at 2009-04-24 03:34 x
margotさん、こんにちは!
時代劇ものって普段はあんまり興味がないのですが、これはなんか面白く観ました。
なんだかどろどろでしたね(笑)

キーラは本当に時代劇ものは似合いますね。
衣装がぴったりですもん。そのまま飛び出してきたような感じで。
レイフも、うん、嵌ってました。
彼は最近「愛を読むひと」でも観ましたが、まぁあれは役柄もあるのでしょうが確かにちょっと老けたような気もします。

Commented by margot2005 at 2009-04-25 00:33
あすかさん、こんばんは!
時代ものってまぁ好みですからねぇ?でもこれは良かったのですね。
この時代ってすっごくドロドロしていたのでしょうね?きっと?
キーラ・ナイトレイって実像は過激でわがままそうですが、スクリーンに写された彼女の時代物はほんとに素敵で美しいです。
「愛を読むひと」も楽しみにしている作品です。
レイフは基本的に実際より若い役柄が多いようですね。でも老けてもやはレイフは素敵です。
Commented by なな at 2009-10-15 20:22 x
こんばんは!
DVDで見ました!
衣装はとにかくためいきものでしたよね~
キーラはどの作品でも美しいのですが
この作品のキーラってほんとに惚れ惚れしました。
綺麗なひとはどんな髪型してもお化粧しても似合うのね~
レイフは陰鬱な役で,それでも彼だからどこか同情してしまったわ。
Commented by margot2005 at 2009-10-18 01:18
ななさん、こんばんは!
時代物は衣装が命ですよね。素晴らしかったです。
キーラは古典顔ですよね?なので時代ものにとてもマッチするのでしょう。
イヤな男役のレイフでしたが、彼の顔は優しいので静かで重厚な雰囲気が適役だったと思います。
<< 「スラムドッグ$ミリオネア」 「失われた肌」 >>