「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」

「Doubt 」 2008 USA

ニューヨーク、ブロンクスのカトリック・スクールで起こった“ある疑い”を暴く心理ドラマ。

シスター・アロイシアスに「プラダを着た悪魔/2006」「大いなる陰謀/2007」「いつか眠りにつく前に/2007」のメリル・ストリープ。
フリン神父に「カポーティ/2005」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」「その土曜日、7時58分/2007」のフィリップ・シーモア・ホフマン。
シスター・ジェイムスに「魔法にかけられて/2007」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー」のエイミー・アダムス。
ミラー夫人に「最後の初恋/2008」ヴィオラ・デイヴィス。
監督/原作/戯曲/脚本に「月の輝く夜に/1987」の脚本家ジョン·パトリック·シャンリー。
a0051234_22592145.jpg

1964年、N.Y.ブロンクス。
カトリック・スクールの校長シスター・アロイシアス。彼女は非常に厳格で古い人間。一方で生徒の人望も篤いフリン神父は進歩的な考えを持っていた。
ある時、新人教師のシスター・ジェイムスはスクール唯一の黒人生徒ドナルドとフリン神父の行動が不可解と感じシスター・アロイシアスに相談する。シスター・アロイシアスは即座に二人は“不適切な関係”にあると疑い、フリン神父とシスター・ジェイムスを自分の部屋に呼びつける...

フランス映画祭の前に観た映画。
先だってのオスカー授賞式で、“メリル·ストリープ!あなたはオスカーに15回ノミネートされてますね?”とソフィア·ローレンがイタリア語なまりで語ったのを思い出した。さすがメリル!貫禄たっぷりの演技で圧倒される。
メリル演じる鬼のようなシスター·アロイシアス。校長である彼女は常に厳しい目で生徒に接する。若いシスター·ジェイムスに対しても。しかし老シスターに対しては優しいとまではいかないが、いたわりの態度を示すあたりの彼女の心境は...
同じくオスカー俳優フィリップ·シーモア·ホフマンとメリルとの密室での会話。それは重厚なドラマを最高に盛り上げる。
原作が舞台の戯曲だけあって、映画でも二人のシスターと一人の神父。この3人が演じる舞台を見ているような雰囲気がある。
F.S.ホフマンに詰め寄るメリル·ストリープの凄みは、やはりメリルの勝ちか?
神に仕える身でありながら、”私は疑った。”とシスター·ジェイムスに“懺悔”するかのようなシスター·アロイシアスの告白で物語は終結するが、久方ぶりに観る重厚なドラマに大満足。
受賞こそしてないが、今年度オスカーにノミネートされた俳優たちが4人出演していたためか?平日の昼下がりのシアターはほぼ満席。会話で成り立つこのドラマ。眠りの世界に誘われた方も回りにいたけど...もったいない!このような見応えのあるドラマを観ないで寝ちゃうなんて...
オスカー助演にノミネートされたミラー夫人役のヴィオラ·デイヴィス。少ない出番ながらこの方も存在感あり!彼女は「最後の初恋」とは打って変わった役柄で最初同一人物だとは信じられなかった。
メリル・ストリープにはシリアスなドラマが似合う。
「魔法にかけられて」で脳天気なプリンセスを演じたエイミー・アダムスもシリアスな役も中々good。
a0051234_0405650.jpg

お気に入りのコリン・ファースやステラン・スカルスガルドが出演していたので、公開されてすぐ、メリルがはじけちゃう「マンマ・ミーア!/2008」を観たけどレビュー書いてない。
娘ソフィー役のアマンダ・セイフライドのみまともで、他の出演者の歌がへたくそ過ぎで参った。気分転換にはナイスな映画だったけど。
TOHOシネマズ シャンテにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-03-24 00:41 | MINI THEATER | Trackback(11) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8098764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-03-28 00:24
タイトル : DOUBT 〜あるカトリック学校で〜
目撃者も、証拠もないーーー                 あるのはただ「疑惑」だけ。 ダウトとは、疑惑という意です。 3月9日、京都シネマにて鑑賞。2009年の第81回アカデミー賞で、メインの出演者が賞候補にノミネートされましたが、残念ながら受賞されず・・・・・。 予告編から凄く気になっていたこの作品。メリル・ストリープとフィリップ・シーモア・ホフマンの激しいバトルを心の中で期待してドキドキしていたんですけど。想像ほどの凄いものではありませんでした。(ちょっと拍子ぬけかな?) 元々は舞台劇だ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-03-28 21:13
タイトル : ダウト〜あるカトリック学校で〜
 『それは、人の心に落とされた「疑惑」という名の一滴の毒… 神聖なはずのカトリック学校で、 何が起こったのか? トニー賞&ピュリッツァー賞W受賞の舞台劇、 衝撃の映画化。』  コチラの「ダウト〜あるカトリック学校で〜」は、1964年のNYブロンクスのカトリッ....... more
Tracked from Memoirs_of_dai at 2009-03-30 20:34
タイトル : ダウト 〜あるカトリック学校で〜
校長のモチーフはあいつか? 【Story】 1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は、厳格な人物で生徒に恐れられていた…。 評価 ★★★☆☆(3.3...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-04-01 22:31
タイトル : ダウト 〜あるカトリック学校で〜
1964年、ニューヨークのブロンクス。 カトリック教会学校の校長であるシスター・アロイシス(メリル・ストリープ)は、生徒に恐れらる存在であり、自らにも厳しく厳格な人物。 ある日、人望あるフリン神父(ギ..... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2009-04-06 00:21
タイトル : ダウトーあるカトリック学校でー
この物語から浮かび上がってくるのは、「確信が凝り固まった後には、疑惑という名の亀裂が生じる」というひとつの心理。 ジョン・パトリック・シャンリィ監督の、アメリカ社会に対する想いが、登場人物のセリフ、設定のなかに真摯に込められている。 物語:舞台は教会に...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-04-09 10:45
タイトル : 疑惑と確信〜『ダウト〜あるカトリック学校で〜』
 DOUBT  ケネディ大統領暗殺の翌年、1964年のニューヨーク。厳格なシスター・アロイ シス(メリル・ストリープ)が校長を務めるカトリック系学校で、ある疑惑が持ち上 がる。それは新任のシスター...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2009-04-15 22:34
タイトル : 「ダウト〜あるカトリック学校で〜」(アメリカ 2008年)
祭壇用のワインは彼自身が飲んだのか・・・飲まされたのか。... more
Tracked from Akasaka high.. at 2009-05-02 12:10
タイトル : Doubt / ダウト~あるカトリック学校で~
Weinstein兄弟がディズニーに売却する前のミラマックスを思い出させる秀作がDoubt(ダウト~あるカトリック学校で~)。 演技派の俳優、舞台が原作のしっかりした脚本と落ち着いた映像は賞を意識しながらも小さくまとまった伝統を感じる作品でした。厳格で旧体制の権化なシスター役で受賞したMeryl Streep(メリル・ストリープ)は評価の枠を超えており、10分ほどですが対等に渡り合ったViola Davis(バイオーラ・デイヴィス)の若いのに堂々とした演技も圧倒。 賞レースの常連となったPhilip ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-08-18 12:50
タイトル : ダウト 〜あるカトリック学校で〜
神聖なはずのカトリック学校で、何が起こったのか? 発売予定日は2009年8月19日... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-08-29 10:24
タイトル : 「ダウト 〜あるカトリック学校で〜」
主演二人のゾクッとくるくらいの名演技... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2010-01-08 15:32
タイトル : ダウト〜あるカトリック学校で〜
レンタルで鑑賞―【story】1964年、ブロンクスのカトリック系教会学校。校長でシスターのアロイシス(メリル・ストリープ)は厳格な人物で生徒に恐れられていた。ある日、人望のあるフリン神父(フィリップ・シーモア・ホフマン)が一人の黒人の男子生徒に特別な感情を持っているのではないかと疑念を抱くが―     監督 : ジョン・パトリック・シャンリー【comment】      怖ぇぇぇ〜〜〜メリル・ストリープ   この映画のメリルは凄い。恐ろしく頑なな心の持ち主を見事に演じていましたね〜で、、、観ている間...... more
Commented by C.C at 2009-03-27 19:38 x
こんにちわ。この作品見逃してたのですが、丁度昨日飛行機の中で見る事が出来ました!役者陣が見事でしたね。メリル・ストリープあまり得意じゃないのですけどやはり彼女の演技には圧倒されるものがありましたね。最初ナタリー・ポートマンに行ったこの役がキャンセルされエイミー・アダムスが監督に懇願して役を取ったとか。さすが根性入っているだけあって彼女もいい演技してました。ヴィオラ·デイヴィスも印象深かった・・・。話はまあどってことないものですけど、これだけの役者が演技を競うと映画としてのレベルが上がりますね。私も結構楽しめました。
Commented by margot2005 at 2009-03-27 23:17
C.C.さん、こんばんは!
飛行機の中でご覧になれて良かったですね。
確かにストーリー的にはそれほど共感を呼ぶような内容ではなかったですが、俳優人が素晴らしかったです!!
最初ナタリー・ポートマンだったのですか?エイミー・アダムスで大正解だったと思いますね。
心理ヒューマン・ドラマなのでやはり出演者の演技がものを言う映画でしょうね。
ヴィオラ・ディヴィスも素晴らしい女優で印象的でした。
<< 「オーストラリア」 フランス映画祭2009...「... >>