「シリアの花嫁」

「The Syrian Bride」...aka「La Fiancée syrienne」2004 フランス/イスラエル/ドイツ

“もう二度と帰れない、それでも私はこの境界線を越える。”
モントリオール世界映画祭(2004)グランプリに輝いた感動のヒューマン・ドラマ。
a0051234_01557.jpg

長女アマルに「マリア/2006」「画家と庭師とカンパーニュ/2007」のヒアム・アッバス。
次女モナに「ワールド・オブ・ライズ/2008」のクララ・フーリ。
長男ハテムにエヤド・シェティ。
次男マルワンに「キングダム/見えざる敵/2007」のアシュラフ・バルホウム。
父親ハメッドにマクラム・J・フーリ。
ハテムの妻イヴリーナにイヴリン・カプルン。
TV俳優でモナの婚約者タレルにディラール・スリマン。
国連で働くフランス人女性ジャンヌにジュリー・アンヌ・ロス。
イスラエル警察の刑事シモンにウーリ・ガブリエル。
母にマルレーン・バジャリ。
製作、監督、共同脚本はエラン・リクリス。

父親ハメッドは親シリア派で、政治運動をし刑務所に投獄されていた過去を持つ。
長女のアマルは古い人間の夫とは会話もなく、二人の娘には自由に生きて欲しいと願っている。
ロシア人医師の妻と一人息子を伴って8年ぶりに故郷に戻った弁護士の長男ハテム。
次男のマルワンはフランス人ジャンヌにも言寄る必殺遊び人のビジネスマン。
そして次女のモナはTV俳優タレルと結婚するためウエディング・ドレスに身を包む。
結婚式だというのに浮かぬ顔のモナ。彼女には境界線を越えてシリアに行ってしまえば二度とイスラエルには戻れない運命が待っていた...
a0051234_0152273.jpg
a0051234_0165833.jpg
a0051234_016196.jpg

公開されたら一番にと思っていた作品。やっと観る事が出来た。素晴らしい!ヒューマン・ドラマ。マイベストに入れたい!
現実に起きた事件に着想を得て作られたという作品。
モナの家族が暮らすゴラン高原のマジュダルシャムス村。元シリア領だが、現在はイスラエルの占領下にあり、イスラエルの国籍を取得する権利はあるものの、帰属意識を貫く人々は無国籍状態。
花嫁モナのパスポートには無国籍の文字。
イスラエルの係官がモナのパスポートに出国印を押印してしまったため、シリア側ではモナの入国を認めないという。
ゴラン高原、境界線(軍事ソーン)には“WELCOME TO ISRAEL”の看板が掲げられ、UN(国際連合)の事務所がある。国連で働く国際赤十字のジャンヌが、イスラエルとシリアの境界線を行ったり来たりしてモナのシリア側への入国に奔走する。
有名人であることを利用しタレルがシリアの大統領に掛け合うが連絡がつかない。おまけにシリアの係官は勤務時間終了で帰ってしまう。そんなこんなで一向に事ははかどらない。
まだか、まだかとイライラを募らせながら待つ家族。椅子に座って待つモナは場違いなウエディング・ドレス姿。
ラスト、車の通行で境界線のゲートが上げられた時、白いモナのドレスが揺れシリア側へと歩き始める。涙を流しながらその姿を見送る姉のアマル。振り返ったモナはアマルに向かって微笑み、花婿タレルの待つシリア側へ進んで行く...このラスト最高!(sorry!ネタばればれ...)
長い間、ハテムとロシア人女性との結婚を認めなかった父親も孫と会い、ラストではハテムを許し、ハテムの妻イヴリーナを親族に迎えるシーンにも感動を覚える。
妹を案じる姉役がとても素晴らしい演技のヒアム・アッバスはどこかで見た、見たと終始思っていた。フランス映画やハリウッド映画にも出演する国際女優の彼女は「画家と庭師とカンパーニュ」で庭師(ジャルダン)の妻を演じていた。
シリアスなストーリーながら、次男のマルワンや花婿タレルをコメディ・タッチで描いて笑わせているのもとても良い。
神保町 岩波ホールにて...
[PR]
by margot2005 | 2009-03-09 00:37 | フランス | Trackback(12) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/8043885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2009-03-09 20:46
タイトル : 「シリアの花嫁」:四ノ橋バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}ここがイラン大使館。 {/kaeru_en4/}フセインがいた国だな。 {/hiyo_en2/}いいえ、それはイラク。 {/kaeru_en4/}ああ、鮭の卵か。 {/hiyo_en2/}いいえ、それはイクラ。 {/kaeru_en4/}ああ、上野の近くにある町か。 {/hiyo_en2/}それは、イリヤ。 {/kaeru_en4/}確か、中近東にある国だったっけ? {/hiyo_en2/}それは、シリア。 {/kaeru_en4/}・・・で合っているんだろ、エラン・リクリス...... more
Tracked from Art- Mill 縲€ at 2009-03-10 22:41
タイトル : シリアの花嫁
シリアの花嫁 HP   http://www.bitters.co.jp/hanayome/ すばらしい映画! 最高の名画の一つに数えたいと思う。 「境界」という人間が作ったものに翻弄されながらも、強い意志で、一... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2009-03-21 09:48
タイトル : *『シリアの花嫁』* ※ネタバレ有
2004年:イスラエル+フランス+ドイツ合作映画、エラン・リクリス監督&脚本、ヒアム・アッバス主演。... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-03-29 19:38
タイトル : シリアの花嫁◇The Surian Bride
 もう二度と帰れない。               それでも私はこの境界を越える。 3月27日、上映最終日に京都シネマへ・・・・。ようやく鑑賞できました。「キャラメル」同様、この作品も中東のお話。地図を見ると、レバノンのベイルートは本当に近いです。  ←ゴラン高原の場所はシリアとイスラエルの国境に位置する。クリックすると大きくなります。 物語 イスラエル占領下のゴラン高原、マジュダルシャムス村。今日は村の娘モナが、親戚にあたるシリアの人気俳優タレルに嫁いで行く日。モナは純白のドレスを手に、結婚...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2009-03-31 00:02
タイトル : 『シリアの花嫁』 
晴れやかな門出に心からおめでとうを。 1967年の第三次中東戦争でイスラエル占領地となったゴラン高原のマジュダルシャムス村。 そこに住むイスラムのドゥルーズ派の娘モナが境界線の向こうのシリアへ嫁いでいく結婚の一日の物語。境界、ボーダーや壁について描かれる物語は大好きなので、この物語設定、題材はとても興味深く、好みのものに違いないと思っていたのだけれど、期待どおりのステキな感動作だったな。描かれる出来事は大まかには予想はついていたのだけれど、結局のところ自分は中東の複雑な現実のことなんて、ほんの...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2009-04-08 22:52
タイトル : 「シリアの花嫁」(イスラエル/フランス/ドイツ 2004年)
イスラエル占領下のゴラン高原の村。 ひとりの花嫁が境界線を越えるその一日。... more
Tracked from soramove at 2009-05-20 07:45
タイトル : 「シリアの花嫁」国境ゲートは花嫁が願うも開かない
「シリアの花嫁」★★★ ヒアム・アッバス 、マクラム・クーリー 、クララ・クーリー 主演 エラン・リクリス 監督、2004年、97分、イスラエル、 ドイツ、フランス 「旧シリア領ゴラン高原の小さな村、 ここは1967年以来イスラエルが 占領し続けている地域だ。 この村から境界線を越えて シリアへ嫁ぐ娘と家族の その大切な一日の物語」 パスポートに「無国籍」ということが あることさえ知らなかった、 目に見える場所へ行こうにも 二ヶ国の煩わしい手続きに ...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2009-08-27 09:43
タイトル : シリアの花嫁■人間は、無益な対立をいくつ生み出そうというのか
イスラエル占の領下ゴラン高原のある村からシリアへ一人の女性が嫁いで行こうとする。物語の核はこれだけであるが、この映画はたったこれだけのことから人間の持つ罪深さを描き出す。それは「境界を作り対立を生み出すこと」であり、また「対立を作り、境界を作ること」で...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-10-10 09:21
タイトル : 「シリアの花嫁」
ゴラン高原がこんなことになってるなんて・・... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2010-04-12 11:37
タイトル : 境界線を越える〜『シリアの花嫁』
 THE SYRIAN BRIDE  1967年の第三次中東戦争以来、イスラエルに占領されているゴラン高原。そ の小さな村で、境界を隔てたシリアへ嫁ごうとする娘がいた。結婚式当日、花嫁 のモナ(クララ・フーギ..... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2010-05-26 21:12
タイトル : シリアの花嫁
『シリアの花嫁』 ---THE SYRIAN BRIDE--- 2004年(イスラエル/フランス/ドイツ) 監督:エラン・リクリス 出演: ヒアム・アッバス、マクラム・J・フーリ、クララ・フーリ イスラエルに占領されて以来、シリア側と分断状態にあるゴラン高原の小さな村を舞台に、政治に翻弄される花嫁とその家族の運命を描くヒューマン・ドラマ。 主演は「パラダイス・ナウ」のヒアム・アッバス。 監督は「カップ・ファイナル」のエラン・リクリス。 イスラエル占領下のゴラン高原、マジュダルシャムス...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-12-03 10:42
タイトル : 『シリアの花嫁』
軍事境界線を巡る、花嫁一家の悲喜交々。 嫁ぎゆく者が国の境遇を越えて運命を選択する、 自立と自決の物語。 『シリアの花嫁』 THE SYRIAN BRIDE 2004年/イスラエル、フランス、ドイツ/97min 監督・脚本: エラン・リクリス 出演:ヒアム・アッバス、マクラム・J... more
Commented by あすか at 2009-03-09 01:13 x
これ、私も好きでした。
淡々と進んでいくのに、途中なんかコメディぽかったり、
と思ったらなんだか感動させられたりと、地味なのに良作でしたよね。
私も最後はモナに拍手でした!
何が待つかわからない。元にも戻れない。
それでも"未来"を選んだモナに拍手です。幸せになってほしいです。
Commented by margot2005 at 2009-03-10 01:28
あすかさん、いつもコメントありがとう!
ただ淡々と描いただけじゃつまらなかっただろうけど、コメディぽく描いたシーンがありとても良かったですよね。
案じながらも“未来”選んだモナには、姉アマルの大きな後押しがあったようにも感じました。深い愛で結ばれた姉妹の姿に感動しましたね。
Commented by keyakiya at 2009-03-10 22:52 x
マイベストムービーです。
過酷な状況の中でも、あきらめず。
悲しみ嘆くより、希望を持って一つ前へ踏み出す。
人々の眼の輝きにハッとしました。
ある種の楽観主義が、鮮やかです。
Commented by margot2005 at 2009-03-11 01:21
keyakiyaさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
この作品ホントに良かったですよね。今年度の感動の一作です。
やはりマイベストムービーですよね。
女は強しとも感じましたが、あのような環境では一歩踏み出すのが大切な事かと感じます。
姉妹の愛情が素晴らしかったですね。
<< “香港旅行”...インターコン... 「ホルテンさんのはじめての冒険」 >>