「永遠のこどもたち」

「El Orfanato」...aka「The Orphanage」 2007 メキシコ/スペイン

子供をなくした母親の狂気とも思える姿を描いたミステリアス・サスペンス・ホラー。

ラウラに「美しすぎる母/2007」のベレン・ルエダ。
ラウラの夫カルロスにフェルナンド・カヨ。
息子シモンにロジェール・プリンセプ。
霊媒師に「ドクトル・ジバゴ/1965」「トーク・トゥ・ハー/2002」のジェラルディン・チャップリン。
監督はスペイン人のフアン・アントニオ・バヨナ。
a0051234_1213365.jpg

孤児院で暮らすラウラは数人の孤児たちと楽しい日々を送っていた。里親に引き取られた後大人になったラウラは医師と結婚し男の子を養子に迎える。そして30年前に暮らした海辺の孤児院を買い取り移り住む。彼女はそこで障害を持つ子供たちの施設を始めようと計画していた。一方で、一人息子シモンには空想上の友だちが存在し、彼らと遊ぶ事で喜びを見いだしていた。シモンの言動が気になるラウラだったが、やがて施設の開園を祝うパーティの最中シモンが行方不明になる...
a0051234_1215073.jpg

ホラー映画って好きじゃなくて基本的に観ない。しかし最近のホラーものって「1408号室/2007」もそうだけど、恐怖シーンが売りのかつてのホラー映画とは趣が異なり、ミステリアス+ファンタジックで惹き付けられる。
原タイトルは“孤児院”。
母と息子の強い絆を描いた物語で、ヒロインがある日突然行方不明となった息子探しに奔走する姿は狂気とも思えるくらい凄まじい。
私自身一人息子の母親なのでこのヒロインの気持ちは良く分る。映画の中で狂ったように子供を探す母親に対し、殆どあきらめの境地で冷静な父親の姿が描かれるが、これも母と子の深い絆には父親の出番はないと言う事なのかも知れない。
自分の生んだ子供に愛情をかけることが出来ない昨今の若い母親に観てもらいたいものだ。
舞台となる、海辺にひっそりと建つ古い館がストーリーを盛り上げているのは言うまでもない。
映画の中に登場し、重要な役目を果たす“だるまさんが転んだ”という遊び。この子供の遊びがスペインにもあるなんて驚いたけど、以外に子供の遊びって万国共通なのかも?
監督がインタビューで“ヒロインは大人になれない子供。”と語っていたのは当たっている。
「パンズ・ラビリンス/2006」のギレルモ・デル・トロが製作した作品。wowowで放映していた「パンズ・ラビリンス」を見た。なんか共通するものを感じるミステリアスなファンタジー。
ヒロインの母親ラウラを演じたベレン・ルエダが素晴らしい!
霊媒師を演じたジェラルディン・チャップリンはとても懐かしい。随分お年を召されおばあさん化してしまってる彼女にビックリしたが、少ない出番ながらさすが名女優の存在感はバッチリ。
シネカノン有楽町1丁目にて...
a0051234_122439.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-12-28 01:33 | 中・南米 | Trackback(21) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7770356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2008-12-28 15:53
タイトル : 永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い取..... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2008-12-29 18:00
タイトル : 永遠のこどもたち
 スペイン&メキシコ  ホラー&ドラマ&ミステリー  監督:J・A・バヨナ  出演:ベレン・ルエダ      フェルナンド・カヨ      ロジェール・プリンセプ      ジェラルディン・チャップリン 【物語】  海辺に建つ古い孤児院で他の孤児たちと楽しく暮...... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-12-29 18:22
タイトル : 『永遠のこどもたち』 (2007)/スペイン・メキシコ
原題:ELORFANATO/THEORPHANAGE監督:J・A・バヨーナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ試写会場 : 一ツ橋ホール(2008年12月20日公開)公式サイトはこちら。<Story>海辺にある...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2008-12-30 22:37
タイトル : 永遠のこどもたち/EL ORFANATO/THE ORP..
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい。その中でかなり楽しみだったのがこれ。 事前知識といえば、上に書いた3、4つの事のみ。 あとはなーんにも知らないで鑑賞。 日本ではホラー苦手な人が多いから宣伝する時はなるべくラブストーリーだとか 感動だとかを強調することが多い。 ...... more
Tracked from 象のロケット at 2008-12-30 23:33
タイトル : 永遠のこどもたち
海辺の孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちの施設として再建するために、夫の医師カルロスと幼い息子シモンと共に移り住む。 空想の友だちを作って遊んでいたシモンは、施設のオープンの日に忽然と姿を消してしまう。 不思議な感覚にとらわれたラウラは必死に行方を捜すのだが…。 ダークファンタジー。... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2009-01-01 16:51
タイトル : 「永遠のこどもたち」 幸せは主観
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル... more
Tracked from クマの巣 at 2009-01-04 09:02
タイトル : 「永遠のこどもたち」
「永遠のこどもたち」、観ました。 「パンズ・ラビリンス」の製作総指揮がギレルモ・デル・トロのゴシックホラー。養護施設だった屋敷を舞台に起こる不可思議な現象が起こる。そして少年シモンが忽然と…`..... more
Tracked from 小部屋日記 at 2009-01-12 16:36
タイトル : 永遠のこどもたち
El Orfanato(2007/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督: J・A・バヨーナ 出演:ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ジェラルディン・チャップリン/ロジェール・プリンセプ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ 『シックス・センス』以来の衝撃と感動 愛を信じたら、本物の光が見える。 本年度アカデミー賞外国語映画賞 スペイン代表作品。 『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ、プロデュース。 『パンズ・ラビリンス』と『アザーズ』を足して二で割った作品かな。 story 孤...... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2009-01-12 21:06
タイトル : 「永遠のこどもたち(THE ORPHANAGE)」映画感想
こちらも気になってたけど見そびれてた作品。単館公開だったけど、109で公開になったので10日の土曜日に鑑賞。昨年のベスト... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-01-17 12:18
タイトル : 永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デ..
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・ラビリンス」も衝撃的な作品だったよね。ファンタジーというものの、登場するキャラクターや人物も不気味なものがあって、結末も哀しいものだった。映像美とスペインの歴史的背景も取り入れながら、重厚な作品だった。 いきなりネタバレになるが、今回のこの作品の結末...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-01-18 23:49
タイトル : 永遠のこどもたち
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと戻ってきた。 医師である夫カルロス(フェルギ..... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2009-01-20 00:39
タイトル : 永遠のこどもたち
子供時代を過ごした今は閉鎖された孤児院。 窓から灯台が見える海からほど近いその屋敷を買い取り、 夫とともに障害を持つ子供たちと暮らすホームを開くことにしたラウラ(ベレン・ルエダ)。 そんな中、1つだけ気がかりなのは難病を持つ一人息子シモンの空想癖。 彼には他の者には見えない友達が複数いて家に招き入れ遊んでいるのだ。 そんなある日事件は起こる。 子供たちを集めたパーティを自宅で開いた日、忽然とシモンが消えたのだ・・・。 サスペンスホラーでありながら怖いというよりは映像の美しさが際立...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-02-10 18:37
タイトル : 目には見えないもの〜『永遠のこどもたち』
 EL ORFANATO  孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、自らも孤児院を開こうと閉鎖されて いた海辺の屋敷に戻ってくる。誰もいないはずの室内で、彼女の一人息子シモン は「お友達」がいると...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2009-02-15 20:29
タイトル : 「永遠のこどもたち」(スペイン/メキシコ 2007年)
パーティーの日、ひとり息子が姿を消した。... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-02-26 22:35
タイトル : 永遠のこどもたち
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サンシ...... more
Tracked from Diarydiary! at 2009-03-03 19:33
タイトル : 永遠のこどもたち
《永遠のこどもたち》 2007年 スペイン/メキシコ映画 - 原題 - EL O... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2009-04-09 20:13
タイトル : 【映画】永遠のこどもたち
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホームとして再建しようと夫のカルロス(フェルナンド・カヨ)、息子のシモン(ロジェール・プリンセプ)とともに移り住んでいた。だが、シモンは遊び相手のいない寂しさから空想上の友だちを作って遊ぶようになり、その姿にラウラは不安を覚える。そして入園希...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2009-04-16 20:54
タイトル : 永遠のこどもたち
『パンズラビリンス』や「ヘルボーイ」シリーズのギルレモ・デル・トロ製作の作品。監督はフアン・アントニオ・バヨナ、そして主演はベレン・ルエダ。スペイン映画ですが、ここ最近の私はどうもスペイン語率が非常に高かったり。(笑)見過ごしてしまったのでDVD待ちのつもりがパルコ調布キネマでレイトショーにかかってくれましたんで、スクリーンで観る事ができたのでした♪... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2009-04-19 01:40
タイトル : 永遠のこどもたち
『パンズラビリンス』や「ヘルボーイ」シリーズのギルレモ・デル・トロ製作の作品。監督はフアン・アントニオ・バヨナ、そして主演はベレン・ルエダ。スペイン映画ですが、ここ最近の私はどうもスペイン語率が非常に高かったり。(笑)見過ごしてしまったのでDVD待ちのつもりがパルコ調布キネマでレイトショーにかかってくれましたんで、スクリーンで観る事ができたのでした♪... more
Tracked from サーカスな日々 at 2009-07-20 15:11
タイトル : mini review 09373「永遠のこどもたち」★..
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。『クライムタイム』のジェラルディン・チャップリンや、『宮廷画家ゴヤは見た』のマベル・リベラが脇を固める。緻密(ちみつ)な人物描写は単純なホラー映画とは一線を画し、母親の深く強い愛をサスペンスフルに描いている。[もっと詳しく] 「1・2・3・・・壁を叩け」。こどもたちがそっと近づいて...... more
Tracked from 映画感想 * FRAGILE at 2011-07-15 14:44
タイトル : 永遠のこどもたち(El Orfanato)/ギレルモ・デ..
永遠のこどもたちThe Orphanage/El Orfanato/監督:J・A・バヨナ/2008年/スペイン・メキシコ 母親から見たピーターパンの物語。 以前「人形が印象的な映画を語りましょう - 2ちゃんねる人形板まとめ」という記事を書きました。その中で挙げられていて気になったので見てみましたよ。原題は「El Orfanato」、「孤児院」という意味です。これは邦題のほうがいいですね、内容にあっていると思います。 あらすじ:海辺の孤児院で育ったラウラ。30年後、閉鎖されていた孤児院を...... more
Commented by sabunori at 2009-01-20 00:46
margotさん、こんばんは。
ホラーミステリーとはいうものの、その映像美や母親の子供への思いが
中心にあるのでドラマとして見ごたえのある作品でしたね。
「だるまさんがころんだ」が海外にもあるというのは私も驚いたのですが
ラウラが必死にこの遊びをするシーンは幻想的でもあり、母親の思いの
強さに心打たれました。
ジェラルディン・チャップリン・・・!本当に懐かしいですね!
Commented by margot2005 at 2009-01-21 01:07
sabunoriさん、こんばんは!
そう最近ホラーぽくないホラー映画が公開されますね。
このような美しい映像でミステリアスな作品は少々怖いですが観たいですね。
ラウラの究極の母の愛には驚きましたが、このドラマではそれが必要不可欠な設定になっていると思いました。
ジェラルディンはホント懐かしいです。素晴らしい女優ですね。
Commented by kimion20002000 at 2009-07-21 22:04 x
TBアリガトウ。
だるまさんが転んだ風の、鬼ごっこ遊ぶは、全世界にあるようです。
達磨さんというのも、もともと大陸から伝わったものですからね。
Commented by margot2005 at 2009-07-22 23:40
kimion20002000 さん、コメントありがとうございます!
“だるまさんが転んだ...”もそうですが、以外や子供の遊びって世界共通ものが多いのですね。映画にも登場したりしてますしね。
<< 「英国王 給仕人に乾杯!」 「アラトリステ」 >>