「BOY A」

「Boy A」 2007 UK

犯罪を犯した少年が大人になって出所し、新たな生活を始めるヒューマン・ストーリー。
a0051234_23144924.jpg

ジャックに「大いなる陰謀/2007」のアンドリュー・ガーフィールド。
ジャックの保護司(ソーシャルワーカー)テリーに「トゥモロー・ワールド/2006」のピーター・ミュラン。
ミッシェルにケイティ・ライオンズ。
クリスに「華麗なる恋の舞台で/2004」「フローズン・タイム/2006」のショーン・エヴァンス。
少年エリックにアルフィー・オーエン。
少年フィリップにテイラー・ドハーティ。
監督は「ダブリン上等!」のジョン・クローリー。
a0051234_2315444.jpg

青春時代の殆どを刑務所で過ごし出所したエリックは24才になっていた。ソーシャルワーカー、テリーの勧めで彼は名前を変えジャックと名乗る。テリーの計らいでマンチェスターの運送会社で働き始めたジャックは同僚のクリスと親しくなり、事務を担当するミッシェルとも親密な関係になっていく。ある日事故にあった車の中から少女を救助したジャックとクリス。彼らの美談を地元新聞に載せようと記者がやって来る。写真と共に掲載された記事にミッシェルは満足だった。しかしその記事がきっかけとなりジャックの過去が暴かれて行く...
a0051234_2315622.jpg
a0051234_23152872.jpg

「大いなる陰謀」では何事にも無関心な大学生を演じたアンドリュー・ガーフィールド。身につまされる辛い、辛いこのストーリーの主人公ジャックを演じたガーフィールドがすっごく上手い!彼はジャックになりきっている。その人物になりきってしまう俳優ってスゴイなぁと、こういった作品を観る度、演じる俳優を尊敬してしまう。
UK舞台のUK映画だがガーフィールドはUK人ではなくアメリカン。この作品の後「大いなる陰謀」に続き「ブーリン家の姉妹/2008」にも出演しているようだが「ブーリン家の姉妹」での彼は端役で記憶にない。
ソーシャルワーカー、テリーを演じたピーター・ミュランがコレまた上手い!ジャックを更正させようと必死になる姿に感動を覚える。
タイトルの“Boy A”はそのものずばり、未成年である少年が犯罪を犯すと実名ではなく“少年A”となる。そこから由来するタイトルはなんとなく哀しい。
少年時代母親が重い病気にかかり、その存在すら疎んじられた少年Aエリックは持って行き場のない寂しさや惨めさから、同級生フィリップと共に悪事を働き殺人にまで発展する。フィリップは17才で自殺してしまったが、エリックは名前変え、働き、社会にとけ込もうとする。しかし世間は彼を受け入れてはくれなかった。
ラスト近くでミッシェルが“私たち二人だけの問題ではないのよ。又ね。”と去って行くシーンの後、橋の欄干に捕まるジャックはきっと川(運河)に飛びこんだだろう。
どこかの雑誌で映画評論家のおすぎが絶賛していたが、彼が絶賛するのも無理はない。私も絶賛したい!
渋谷シネ・アミューズにて...
[PR]
by margot2005 | 2008-12-05 23:26 | UK | Trackback(10) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7715084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2008-12-06 22:33
タイトル : 『BOY A』
ズシリと響き、せつないけれど、きらめきを放つ。 イギリス、マンチェスター。BOY A(少年A)と呼ばれた過去を持つ24歳の若者がジャックという名前で再出発をしようとしていた。舞台がマンチェスターだからか、『マイ・ネーム・イズ・ジョー』のピーター・ミュランが出演しているからか、節々からケン・ローチの映画の空気を思い出させるものがあったのだけれど、それは断片の印象にとどまらない、その巨匠作品のように真摯で味わい深い映画であった。それでいて、ケン・ローチの映し出す物語よりも、主人公に歩み寄って撮られて...... more
Tracked from 英国日記 at 2008-12-07 00:55
タイトル : 映画 「BOY A」
映画「BOY A」  舞台はイギリス マンチェスター。 いかにもイギリス、それも「普通の」イギリスの生活が映し出されていて、 映画の内容とは矛盾しますが、懐かく感じました。 が、最後はやはり、悲しい気持ち、やりきれない思いで いっぱいになりました。 映画を観る時、誰でも少なからずそうだと思いますが、 主人公の視点で感じる・考えると思います。 私も、この映画を見ている最中はそうでした。 でも、見終わった後で、 もしこれが「彼女」の立場だったらどうだろう? 被害者の親の立...... more
Tracked from soramove at 2008-12-14 01:39
タイトル : 「BOY A 」過去も自分自身、そして未来も
「BOY A 」★★★☆ アンドリュー・ガーフィールド、 ピーター・ミュラン主演 ジョン・クローリー 監督、2007年、イギリス、107分 「子供の頃に犯した犯罪により 少年院に入れられ、 14年間の刑期を終え 名前を変えて社会へ出る主人公」 過去に何かがあったことは連想できるが それが何なのか暫くはわからない、 新しい関係を築く中で 過去を隠して生きることの 息苦しさに悩む主人公。 戸惑いながらも 必死な主人公の様子が ドキュメンタリーのような映像で ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-12-28 17:49
タイトル : BOY A
 『僕はここにいても、いいの?』  コチラの「BOY A」は、11/15公開となった”胸が痛いほどにエモーショナル。瑞々しく衝撃的なブリティッシュ・インディーズの感動作”なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪脚本家のマーク・オロウが「映画のタイトルから想像できるが....... more
Tracked from レザボアCATs at 2008-12-29 00:30
タイトル : 154笳州OY A
これは、思ってもみない拾い物だった。丁寧に描かれた、ズッシリ来る物語。それなのに、どこか瑞々しく感じられるのは、この少年ジャックを演じたアンドリュー・ガーフィールドの魅力のおかげもあってね。... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2009-01-10 13:54
タイトル : 生き直すということ〜『BOY A』
 BOY A  長い長い年月、少年刑務所に収監されていた青年(アンドリュー・ガーフィールド)。 保釈が決まった彼は、保護監察官テリー(ピーター・ミュラン)と共に、自分に新しい 名前「ジャック」を...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-05-08 01:52
タイトル : 「BOY A」
これは感想の書きにくい映画で・・... more
Tracked from サーカスな日々 at 2009-09-08 02:01
タイトル : mini review 09385「BOY A」★★★★..
重く暗い過去を背負う青年が、新たな人生を歩み始めるヒューマン・ストーリー。イギリスの若手作家ジョナサン・トリゲルの同名小説を、『ダブリン上等!』で高い評価を受けたジョン・クローリーが映画化。『大いなる陰謀』の新星アンドリュー・ガーフィールドが、秘密を抱えたナイーブな青年を好演している。共演は『マイ・ネーム・イズ・ジョー』のピーター・ミュラン。人間の過去と罪、さらには先入観を問う深遠なテーマを感じ取りたい。[もっと詳しく] 僕はここにいてもいいの?と少年は問いかける。 民間陪審員制度が日本でも取り...... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2009-10-25 23:03
タイトル : 「BOY A」 DVD
この映画はココロがずたずたになっていく若者を描いた映画。少年A(少年期に犯罪、しかも殺人)を犯した者が社会に復帰する姿を描き、この青年はある年輩の男性の手ほどきにより、名前を変えて社会に出て別人として生きていく。この映画は凶悪少年犯罪の処罰うんぬんとか本当に残酷すぎる少年の復帰はどうしたものか、という極端な事例として描かれていないため、むしろそこの部分の賛否を薄められつつも、しかしそのため違和感なく青年のココロに寄り添える。その意味では状況が選択されたもので極端な作品ではない。少年時代の家庭環境が彼に...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-04-02 21:27
タイトル : 『Boy A』
“赦す”ことと“受け入れる”ことの違いをみつめて。 最後に掲げられた問いに、力強く答えを返すことができるだろうか。 常識や倫理ではなく、ましてや偽善や欺瞞などでもなく。 『Boy A』 2007年/イギリス/107min 監督:ジョン・クローリー 出演:アンドリュー・ガー... more
Commented by CaeRu_noix at 2008-12-07 09:54
margot さん、こんにちはん。
素晴らしい作品でしたね。
すぎおが絶賛してたというのはチョット・・・ですが。

ガーフィールドくんって、生まれはアメリカみたいですけど、イギリス演劇界で実力をつけたイギリス俳優的な存在なんですよね。
本当に見事な演技でした。これからが楽しみー
Commented by margot2005 at 2008-12-09 20:01
かえるさん、こんばんは!
ほんとに素晴らしい!作品でした。これもマイベストに入れたいです!!
おすぎが絶賛は??でしたか??
ガーフィールドくんって、そうなんですか?アメリカンなイメージじゃないなぁ?と感じておりましたわ。
内面的な演技が上手いですね彼って...これから楽しみな俳優が又一人増えました。
Commented by 真紅 at 2009-01-10 13:53 x
margot2005さん、こんにちは!
私も絶賛します!
この映画、先月の28日に観たのですよ。押し詰まっていたので感想がなかなかアップできず、ベストにもいれられませんでしたが。。
ガーフィールドくん、本当に成り切ってましたよね!
ピーター・ミュランも大好きな俳優さんです。いい映画でした。
ではでは、また来ますね。
Commented by margot2005 at 2009-01-11 23:45
真紅さん、こんばんは!
TBありがとう!
昨年ご覧になられたのね。私も昨年観ていながら書いていないレビューがまだあります。
是非今年度のベストに入れて下さいな。
ガーフィールドも良かったですが、ピーター・ミュランも素晴らしい俳優ですね。
ではではまたお出でくださいまし。
Commented by なな at 2009-04-28 22:49 x
アンドリュー君って
レッドフォードも「掘り出し物!」って絶賛したそうですね。
デリケートな表情の演技だけですべてを表現することのできる
天賦の才能を持った俳優さんですね。
彼が演じたからこそ,この作品の答えの出ない切なさが増したと思いますよ。
Commented by margot2005 at 2009-04-29 20:33
なな さん、こんばんは!
アンドリュー君レッドフォードが掘り出し物って言ったの何処かの記事で読んだような気がしました。
確かに掘り出し物でしょうね。
とてもデリケートな表情が上手いなぁと感嘆したアンドリュー君でしたわ。
「大いなる〜」の彼も中々良かったです。
Commented by kimion20002000 at 2009-09-09 21:31 x
TBありがとう。
やるせない映画でしたね。
最後の埠頭で、ミッシェルと出会うのが不自然だったんだけど、あれは、現実かな?彼が見た幻想かな?
Commented by margot2005 at 2009-09-13 21:59
kimion20002000さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
この映画は重かったですね。
最後の埠頭のシーンですが、偶然出会うにはあまりにも劇的でした。
幻想って解釈もありかもですね?
<< 「スイート・スイート・ヴィレッジ」 「ブロークン」 >>