ドイツ映画祭2008...「ノース・フェイス アイガー北壁」

「Nordwand」2008 ドイツ/スイス/オーストリア
a0051234_2262397.jpg

アルプス、アイガー北壁舞台の山岳映画。

登山家トーニに「プリンセス・アンド・ウォリアー/2000」「美しき家、わたしのイタリア/2003」「戦場のアリア/2006」のベンノ・フュルマン。
同じくアンディに「ワン・ディ・イン・ヨーロッパ/2005」のフロリアン・ルーカス。
写真家ルイーゼにヨハンナ・ヴォカレク。
編集長ヘンリーに「善き人のためのソナタ/2006」のウルリッヒ・トゥクール。
オーストリア人登山家ヴィリーとエディには、オーストリア俳優ジーマン・シュバルツとゲオルク・フリードリヒ。
監督、脚本はフィリップ・シュテルツル。

1936年ドイツ、ベルリン。
スイス、アルプスのアイガー北壁は人類未到達の山であり、ヨーロッパの登山隊によるコンペティションの中、ドイツ国内ではその山を制覇することはオリンピックの栄誉にも匹敵するといわれていた。前年にもドイツ隊は登頂に挑戦し、失敗の後帰らぬ人となっていた。
登山家のトーニとアンディはこれに挑戦すべくスイス、アルプスへと向かう。同じく写真家でトーニの元恋人ルイーゼも新聞社の編集長と共にアルプスへと向かっていた。
7月18日未明、トーニとアンディは登攀を開始する。そして彼らに追いつくように登って来たオーストリアのヴィリーとエディ。しかしトーニとアンディが起こした落石によりヴィリーが頭に傷を負ってしまう。その後ビバークを重ねながら頂上へと進む4人だったが、悪天候とヴィリーの負傷により下山する以外方法のない状態に陥る...
a0051234_22221075.jpg

a0051234_22211766.jpg

映画解説に“山岳映画の傑作”と書いてあるが、まさしくその通りで素晴らしい!!
シアター入り口ポスターの前で、登山家と思われる中高年の男女性たちが数人集まって写真を撮っていた。山好きな人が観たらたまらないだろうなと感じる作品。
彼らが遭難するというのは最初から分っているのだが、とにかく手に汗握るシーン続出で、身を乗り出して観ていた気がする。
「戦場のアリア」の頃と比べて随分と痩せているベンノ・フュルマンは、この映画に出演するため減量したのかも知れない。
もちろん4人の俳優がアイガーに登ったわけではないが、CGを駆使した登攀シーンはスゴイ!落石や雪崩のシーンには思わず叫びそうになった。
アイガー北壁は3975メートル。ほぼ標高2000メートル地点にホテルが建っている。ホテルの部屋から北壁が見え、テラスの双眼鏡からは登攀する人々の姿を見る事が出来る。坑道には電車(ケーブル)が走り、登山家でなくとも2000メートル半ばくらい迄登ることが出来るのにもビックリ。ここからそそり立つ北壁を見たらきっと鳥肌たちそう。
ルイーゼが坑道のデッキ(テラス)から身を乗り出し、北壁に残されたトーニに叫ぶシーンには、“マジで?声届くのか?”と思ったけどエコーとなって声は山に届くのだろう。
今から70年前ゆえ、ヘリコプターでの救助はもちろんないし...ザイルの長さが足りなかったため、数メートル上にぶら下がるトーニを助けられなかったのは時代だなぁとしみじみ感じる。
山の天気は変わりやすいというが、その通り。彼らが嵐に見舞われ遭難した次の日は快晴であった。
スクリーンいっぱいに、アイガー頂上が映し出され、そそり立つその姿は神々しいまでに美しい!

新宿高島屋のテアトル・タイムズ・スクエアと新宿武蔵館を別として新宿で映画を観ることはない。なのでシネコン バルト9は初めてだった。ここのシアター6、横列が長く、縦列が短いという他のシアターにはない席の並べ方。そのせいか?音響が他のシアターに比べてとっても臨場感があり大満足だった。
a0051234_22213652.jpg
a0051234_22215447.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-11-04 23:03 | ドイツ | Trackback(14) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7631964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Wein, Weib u.. at 2008-11-05 03:57
タイトル : 世界を雪崩で洗い落とす
封切映画を観た。ハンブルクで夜行待ちに入った「トップガン」以来だ。魔のアイガー北壁で1936年に起きた悲劇を扱ったフィリップ・シュテルツル作「ノルトヴァント」である。 独公共放送が係わったためか盛んに扱われるので早めに片付けた。帰りの車のラジオの座談会もアルピニズムについての話を北壁最短記録を作ったクライマーなどを交えて行なっていた。 結論から言えば経験のある制作者が作ったものにしてはどうしようもなくつまらなかった。本格的ドルビーサウンドのまだ新しいが身売りされたらしいマルチ映画館で、初めてその「...... more
Tracked from 映画ってエエがな at 2009-12-24 01:33
タイトル : アイガー北壁
アイガー北壁 (原題:NORDWAND) ←コチラをクリックお願いしますアイガー北壁。スイスにある山であります。トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーの2人の登山家を巡る実話を元にしたものです。山好きの方にはお薦めの作品です。私が観賞した試写会ではNHK....... more
Tracked from NiceOne!! at 2010-03-15 06:07
タイトル : 『アイガー北壁』(2008)/ドイツ・オーストリア・スイス
原題:NORDWAND監督・脚本:フィリップ・シュテルツェル出演:ベンノ・フュルマン、フロリアン・ルーカス、ヨハンナ・ヴォカレク、ウルリッヒ・トゥクール、ジーモン・シュヴァルツ、ゲオルク・フリードリヒ試写会場 : よみうりホール映画『アイガー北壁』公式HPはこち...... more
Tracked from 象のロケット at 2010-03-16 02:14
タイトル : アイガー北壁
1936年、ドイツ・ナチス政権は、アルプスの名峰アイガー北壁を初めて征服した者にベルリン五輪で金メダルを授与することを決定する。 山岳猟兵のトニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサーは、除隊して北壁に挑戦することを決意。 2人の幼なじみでベルリン新聞社のアシスタントをしているルイーゼは、上司と共に取材に向かっていた…。 実話に基づく山岳物語。... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2010-03-18 17:26
タイトル : アイガー北壁
前人未到のアルプスの難所・アイガー北壁の初登頂に挑む若き2人のクライマーたちの壮絶な運命を描き出した実話ベースの山岳ドラマだ。出演は『スピード・レーサー』のベンノ・フュルマンと『グッバイ、レーニン!』のフロリアン・ルーカス、『バーダー・マインホフ 理想の果てに』のヨハンナ・ヴォカレクドイツの人気俳優。監督は本作が長編二作目となるフィリップ・シュテルツェル。... more
Tracked from 映画な日々。読書な日々。 at 2010-03-26 11:22
タイトル : 『アイガー北壁』 試写会鑑賞
ベルリン五輪開幕直前の1936年夏、ナチス政権は国威発揚のためドイツ人による前人未到の難所アイガー北壁初登頂を強く望んでいた。ドイツの若き登山家トニーとアンディ、そしてオーストリアの2名が大いなる期待を背負って北壁に挑む。彼らは順調に登っていくが、落石による... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2010-03-27 18:16
タイトル : アイガー北壁 / Nordwand
事実に基づく映画です。 1936年夏。ドイツは既にナチス施政下で、ベルリンオリンピック直前の時期。ドイツの優位性を示すため、ナチスはドイツ人によるアイガー北壁の初登頂を望んでいた。これは、それに際して発生した、登山家達の悲劇。ドイツ=オーストリア=スイス合作。全編、ドイツ語です。ネタバレ有りです。 結構衝撃でした。どの辺りが衝撃で有ったかと言うと、その結末。この手の映画って、過酷な運命に晒されながらも、最後は上手く行きましたって言う感じの話が多いのですが、そうでは有りません。いやぁ、特にトニーの最...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2010-04-17 22:00
タイトル : アイガー北壁(2008) NORDWAND
 生きて、還るーーー 久々のドイツ映画は、壮大なスケール作品でした。自然を相手にどこまで闘えるのかしら?なんて思ったけど。。。やっぱり自然ほど怖いものはない、と改めてまた痛感しましたよ(汗)伝説の登山家トニー・クルツの死闘は、こんなに凄かったんだと衝撃を受けましたわ。その昔、登山をやっていました。とはいっても岩壁と万年雪の山への登山経験はありません。クライミングも少し体験したことがあります(笑)それも一日の挑戦でリタイアしたもので。。。。お恥ずかしい話です。あ!そうそう冬山の経験もちょこっ...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2010-04-18 20:44
タイトル : ■『アイガー北壁』■
2008年:ドイツ=オーストリア=スイス合作映画、フィリップ・シュテルツェル監督&脚本、ベンノ・フュルマン、フロリアン・ルーカス、ヨハンナ・ヴォカレク、ウルリッヒ・トゥクール、ジーモン・シュヴァルツ、ゲオルク・フリードリヒ出演。... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2010-04-29 06:05
タイトル : アイガー北壁
 『アイガー北壁』を、ヒューマントラストシネマ有楽町で見てきました。単なる山岳映画ではないということを耳にしたので映画館に行ってみた次第です。 (1)この映画は、第2次世界大戦直前に、アイガー北壁を登頂しようと試みた男たちの物語です。  とりわけ、登頂の最中の迫真的な映像は、山岳映画として素晴らしい出来栄えだと思いました。  比較するとしたら昨年大きな話題を呼んだ『劔岳 点の記』でしょう。  その映画では、陸軍測量部と民間人パーティとが初登頂を競いましたし、本作品では、ドイツ隊とオーストリア隊とが競...... more
Tracked from 映画のブログ at 2010-05-27 02:36
タイトル : 『アイガー北壁』 なぜ2年後ではダメなのか?
 【ネタバレ注意】  「西部アルプスに残された最後の難所」であるアイガー北壁。  1936年、ドイツのアンドレアス・ヒンターシュトイサーとトニー・クルツ、オーストリアのエディー・ライナーとヴィリー・ギ..... more
Tracked from Akira's VOICE at 2010-10-07 10:38
タイトル : ペルシャ北壁
「アイガー北壁」 「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 ... more
Tracked from みはいる・BのB at 2011-06-01 20:08
タイトル : 『アイガー北壁』('11初鑑賞75・WOWOW)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 5月29日(日) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。... more
Tracked from soramove at 2011-07-29 20:30
タイトル : 映画「アイガー北壁 」そこに山があるからって簡単には言えない
「アイガー北壁 」★★★☆WOWOW鑑賞 ベンノ・フュルマン、ヨハンナ・ヴォカレク、 フロリアン・ルーカス、ウルリッヒ・トゥクール出演 フィリップ・シュテルツェル監督 127分、2010年3月20日公開, 2008,ドイツ、オーストリア、スイス,ティ・ジョイ (原作:原題:NORDWAND)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「間違えて録画していたものを 冒頭だけどんなか見よ...... more
Commented by pfaelzerwein at 2008-11-05 03:56
はじめまして。私の印象は全く違うものなのですが、何より近所の比較的新しい映画館で初めて経験したサラウンドD効果が酷かったです。実際あんな音はしないで敢えて興ざめさせてくれます。何処もかもパロディー風に制作してあるんですね、あの監督は結構食わせ者ですよ。

例えばご存知かと思いますが、イーストウッドの「アイガーサンクション」などは緊迫感と臨場感は桁違いです。お金のかけ方も違いますが本当のアイガー北壁を撮り尽くしているからです。ある意味自嘲気味の新しいドイツ映画がこの作品であったかと思います。最新の「タイタニック」のパロディーのような場面は大分見付かりましたでしょうか?
Commented by margot2005 at 2008-11-07 00:27
pfaelzerweinさん、こんばんは!初めまして。
コメントいただきありがとうございます!
「アイガー・サンクション」は随分と前にレンタル・ビデオで見た記憶が...壮大なるサスペンス映画でしたが、ストーリー展開は殆ど覚えてませんね。機会があればまた見てみたいです。
何処もかもパロディで、おまけに「タイタニック」のパロディ?ですか?そういう風には感じなかったですね。もう既にこの映画の細かいシーンはトンでしまっております。
Commented by rose_chocolat at 2010-03-15 06:11 x
こんにちは。ずいぶん早くにご鑑賞だったんですね。こういう重厚感がある作品が一般公開されるようで嬉しい限りです。
ラストの場面、本当にあの形で終息したのでしょうか。 あまりにもドラマチックでしたのでそんなことを思ってしまいましたけど、迫力があり、悲しい作品でした。
Commented by margot2005 at 2010-03-17 21:00
rose_chocolat さん、こんばんは!
こちらはドイツ映画祭で観ました。観た中で一番素晴らしかった作品でしたね。
ドラマティックに描かないと映画になりませんから相当脚色はしているでしょうね?スゴい場面続出でとても見応えのあり山岳映画だと思います。
<< ドイツ映画祭2008...「ク... ドイツ映画祭2008...「ク... >>