「落下の王国」

「The Fall」2006 インド/UK/USA
a0051234_048217.jpg

世界遺産を舞台に繰り広げられる愛の冒険ファンタジー。

スタントマン ロイ/黒山賊に「グッド・シェパード/2006」のリー・ペイス。
ナース エヴリン/エヴリン姫に南アフリカ出身のジャスティン・ワデル。
アレクサンドリアにルーマニア人のカティンカ・ウンタルー。
監督、原案、脚本はインド出身で「ザ・セル/2000」のターセム・シン。

昔、昔のL.A.
事故で半身不随になったスタントマンのロイは自暴自棄から死にたい気持ちになっている。
ある日、ロイは同じ病院に骨折で入院している5才のアレクサンドリアと出会う。お話を聞かせてあげるから、モルヒネを盗んでくるようにと持ちかける。
ロイの語るお話の続きが聞きたいアレクサンドリアは盗んだモルヒネを彼に差し出すのだった...
a0051234_0484047.jpg
a0051234_0485877.jpg
a0051234_049241.jpg

オープニングで“昔、昔のロサンゼルス”という字幕が出る。
スタントマン ロイがハリウッドの無声映画で活躍したのは1910年代。
この手の映画に解説はいらない。ビジュアルを楽しむアート系映画。

ターセム・シンが作ったジェニファー・ロペス主演の「ザ・セル」はかなり変わった作品だった。観てから随分と時間がたっているので、記憶は薄いが奇想天外な作品だった覚えはある。しかし、ビジュアルはスゴかった。
この作品も少々奇想天外ではあるが、映像がとにかく美しい!!
ロイがアレクサンドリアに話して聞かせるお話。アレクサンドリアがロイに“早く続き聞かせて!”とせがむように、観ている観客までロイが語る物語の続きが聞きたくなってしまう。
ロケされた世界遺産は素晴らしい!の一言。
ローマのコロッセオやパリのエッフェル、そして中国の万里の頂上やエジプトのピラミッド、インドのタージマハールはちらっとだけの映像。
一度は見て見たいインドネシア、バリの棚田や、インドのブルー・シティ、カンボジアのアンコールワット、南太平洋フィジーに浮かぶ小島などなどyodareが出そうだった。
ロイとアレクサンドリアが入院する病院は南アフリカのケープタウンで撮影された。
ラスト、再びロイのために盗みに入った調剤室で足を踏み外し、頭に怪我を負ったアレクサンドリアを車椅子で見舞ったロイ。アレクサンドリアはお話の結末が聞きたくて仕方がない。
語りたくないロイに“続きを聞かせて!”と懇願するアレクサンドリア。あの二人のシーンにはジーンと来る。
a0051234_0494811.jpg
a0051234_0501177.jpg
a0051234_0502862.jpg

この映画も予告を何度も観た。シアターの大画面にかかる予告編はとてもインパクトがあるので、つい期待してしまう。しかし期待を裏切られる事は何度もあり。でもでもこれは期待以上に素晴らしい映画で大満足だった。
ロイを演じたリー・ペイスってUK俳優なのかな?と思っていたがオクラホマ州出身のアメリカン。「上海の伯爵夫人/2005」に端役で出演している。
リー・ペイスがかっこ良くてノックアウトされてしてしまった。
ちょっと太めのアレクサンドリア役のカティンカ・ウンタルーが可愛いくて、可愛いくてどうしようもない。
衣装担当は石岡瑛子。ウエディングのシーンの衣装は最高に素晴らしかった。
タイトルの“落下”は絶望の淵にいるロイと、散々落下して来たスタントマン ロイそのもの。
シネスィッチ銀座にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-09-20 01:09 | アジア | Trackback(15) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7501521
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2008-09-30 18:34
タイトル : 落下の王国
構想26年、撮影4年。 24カ国以上13箇所の世界遺産でロケ。 ・・・なんとまぁ壮大な作品ではないか。 予告編を観てとにかく映像の美しさに心を奪われたので 綺麗な風景と(それほど興味はないけれど)自分の足で全てを訪れることはないだろう 世界遺産の数々を眺めるために観てみるか、ぐらいの気持ちで鑑賞。 どうせストーリーはほとんどないに等しいんだろうし。 ・・・なーんて思っていたのだが。 嬉しい誤算。 予想を裏切りかなりおもしろい作品だった。 美しい映像だけではないおとぎ話のワク...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-10-05 17:09
タイトル : 落下の王国
 『君にささげる、 世界にたったひとつの作り話。』  コチラの「落下の王国」は、「ザ・セル」のターセム監督が、13の世界遺産、24カ国以上にロケーションを行い、構想期間26年、撮影期間4年の歳月を費やし、完成させた9/6公開のアーティスティックなアドベンチャー・....... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-10-06 14:34
タイトル : 落下の王国
構想26年、撮影期間4年!__映像の魔術師ターセムが、魂を込めて作り上げた生きる力を喚起させるファンタスティック&リリカルな心の旅。 傷ついた青年と純真無垢な少女、それは、落ちて始る物語。 物語:1915年のアメリカ、オレンジの木から落ちて怪我をし、入院中...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-10-10 13:43
タイトル : 色彩の叙事詩〜『落下の王国』
 THE FALL  昔々のロサンゼルス。スタントマンのロイ(リー・ペイス)は映画撮影時の事故で 入院中。恋人も主演俳優に奪われ、失意のどん底にあった。そんな彼が、腕の 骨折で入院している5歳の少女...... more
Tracked from クマの巣 at 2008-10-11 14:49
タイトル : 「落下の王国」
「落下の王国」、観ました。 アメリカ、インド、イギリス製作で、原題「THE FALL」の2006年の映画。1915年のアメリカで怪我を負ったスタントマンが、骨折した少女に病院内で語るお話しが、圧倒的な映像美ぎ..... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-10-16 10:40
タイトル : 落下の王国*原題 The Fall
 君にささげる、世界にたったひとつの作り話。 10月8日、京都シネラリーべにて鑑賞。レディスディーということでか?それとも朝1回上映でなのか?このシアターがこんなに満員になるとは驚き!マニアな人には、やはり人気作品なのかもしれないね。観客の大半が女性だった。男性は2〜3名だったような気がする。私の隣には親子連れで鑑賞しておられた。子どもさんは5歳くらいだろうか?字幕版なのに、大変だろうななんて。 さてこの映画「落下の王国」の原題はいたってシンプル、“The Fall”。今回も邦題のほうが、何となく...... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2008-10-21 11:17
タイトル : 『落下の王国』 2008-No69
世界遺産13ヶ所、24ヶ国以上でロケという贅沢な映画。 とにかく美しい。 水に映りこむこの感じ...上も下も透明で澄んでいて、 美しい場所は空気も美しいのだろうね。 石岡瑛...... more
Tracked from Fu6*s BLoG at 2008-10-24 22:39
タイトル : 落下の王国 The Fall
←公式ページへ 落下の王国   [emoji:40] [emoji:40] [emoji:40] [emoji:40] [emoji:40] アメリカ/118分。 姉と観た。 渋谷のアミューズCQN。 スクリーンが小さくて高いので、真ん中より後ろの... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2008-10-25 00:11
タイトル : 落下の王国
失恋で自暴自棄になったスタントマンの青年と骨折で入院中の少女の 交流と彼が少女に語るおとぎ話を映像で描いたファンタジー。家族を手伝ってオレンジを収穫中に左腕を骨折して入院中のた5歳の 少女アレクサンドリアは、病院内を探検中に撮影中に脚を骨折する重症を 負い身..... more
Tracked from Art- .. at 2008-11-02 23:35
タイトル : 落下の天国
落下の王国  HP http://www.rakka-movie.com/ 世界遺産を舞台に石岡瑛子さんの衣装デザインが栄える。こんな美しいシーンをたっぷり観れるなんて余りにも幸せ過ぎる。万華鏡のごとく... more
Tracked from 表参道 high&low at 2008-11-08 10:52
タイトル : The Fall 「落下の王国」
4年間かけて18カ国で撮影されたおとぎ話がThe Fall(落下の王国)。 世界遺産の前で石岡瑛子のドレスで撮った写真を集めただけの映画でした。地味なロケーションに、奇抜で派手な衣装は目立ちすぎ。 世界遺産のDVD見ている方が落ち着くし、象が泳ぐシーンもアニマルTVのコピーでしょうか。 映像を売りしている監督もアイデア出尽くしなのか、CFやプロモのように限られたインパクトしか感じません。 David Fincher(デビッド・フィンチャー)とSpike Jonze(スパイク・ジョーンズ)が絡んで...... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2008-11-19 21:05
タイトル : 【映画】落下の王国
▼動機 ポスターがきれいだった ▼感想 なんだかしっくりこなかった ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カティンカ・ウンタール)は、脚を骨折してベッドに横たわる青年ロイ(リー・ペイス)と出会う。彼は彼女にアレキサンダー大王の物語を聞かせ、翌日も病室に来るようささやく。再びアレクサンドリアがロイのもとを訪れると、彼は総督と6人の男たちが織り成す壮大な叙事詩を語り始める。 ▼コメント 「落下の王国」という邦題はすばらしくよ...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 at 2008-12-10 19:57
タイトル : [もう一つの、映画『落下の王国』評]
☆ネット上での友人、おってプライベートでも友人のMUTIさんが、私個人に『落下の王国』評を送ってくれたので、ここに転載する。  ちなみに、私は、[映画『落下の王国』を観た(大傑作!!)](クリック!)として書き残しているので、併せて読んで欲しい。    ◇   ◇  蘭さん、MUTIです。  おすすめいただいた「落下の王国」を見ました。  見たのは、10日程前でしたが、印象がまとまらず、  今日まで連絡できなかった次第です。  今となっても、まとまらない感想ですが、以下、映画の感想です。...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-02-21 11:02
タイトル : 「落下の王国/The Fall」
圧倒される映像美と構図でした。こういうところがこの地球上にあるということにも感動。... more
Tracked from 映画通信みるみる at 2009-03-12 21:11
タイトル : 落下の王国 The Fall
なんと美しい映像! CG使わずに、世界遺産など24か国以上の世界ロケ。 衣装デザインは、アカデミー賞受賞、北京五輪開会式を担当した石岡瑛子。 左腕を骨折して入院中の5歳の少女アレクサンドリア(カテ...... more
Commented by MACHI at 2008-09-22 17:43 x
すんばらしい風景でしたよね。
色彩もキレイでした。
Commented by margot2005 at 2008-09-23 23:46
MACHI さん、こんばんは!
ほんとスンバラシイ景色でしたね!
アート系映画って好きですわ。
Commented by Claudiacardinal at 2008-09-28 17:23 x
こんにちわ。この映画知らなかったのですが、写真を見てすぐに石岡さんの作品だと分かりました。ターセムシンと彼女のコンビであれば「ビジュアルを楽しむアート系映画」そのものです。これは数週間後にこちらでは公開でした。楽しみです。
Commented by margot2005 at 2008-09-29 00:12
CCさん、こんばんは!
コレって英国も出資してる映画のようなので、そちらではとっくに公開されていたとばかり思っていました。
石岡さんの作る衣装は素晴らしいですね。景色にとけ込んで、それは、それは美しかったです。
是非ご覧下さいませ。
Commented by sabunori at 2008-09-30 18:38 x
margotさん、こんばんは。
おもしろかったです!
予告を観て「内容はなさそうだけどとりあえず映像だけ観に行くか」
程度の期待で行ったのですが、思い切り予想を裏切られました。
アレクサンドリア役を彼女にした時点でこの作品は半分は成功してますよね。
スキッ歯でコロンとした体型でつたない英語だけど自信を持っていて、
なんともキュートでした。
Commented by margot2005 at 2008-10-02 00:36
sabunori さん、こんばんは!
スッゴイ良かったですこの作品。
私も同じで、世界遺産の景色の予告を観て、まぁ景色を見れば良いか?なんて思っておりましたが...ストーリーもgoodでしたわね。
そうアレクサンドリア役をルーマニアのあの少女が演じて正解ですね。どこで探してきたのかしら??多分多くのオーディションから選ばれたのでしょうね。
彼女は成長したら美しくなるかも?ですわ。
Commented by keyakiya at 2008-11-02 23:34 x
こんばんは。
こんなに残酷でそして甘く美しい「落下のイメージ」は
観た事ありません。
衣装デザインにはもう唖然としてしまい言葉が出ません。
黒の世界がとても鮮やかに感じ、絵画のようでした。
Commented by margot2005 at 2008-11-03 22:00
keyakiya さん、こんばんは!
“残酷で、美しい落下のイメージ”...その通りでしたね。
ストーリー展開は少々陳腐でも映像でカバー出来る映画かな?などど想像しながら観に行きましたが、いやいやストーリーも素敵で感動しました。
衣装はマジで素晴らしく美しかったです!
<< 「幸せの1ページ」 フランス映画の秘宝...「三重... >>