「インクレディブル・ハルク」

a0051234_0105672.jpg「The Incredible Hulk」 2008 USA

怒りを覚えると緑色の巨人に変身するスーパー・ヒーロー“ハルク”の物語。

ブルース・バナーに「「幻影師アイゼンハイム/2006」のエドワード・ノートン。
ベティ・ロスに「オネーギンの恋文/1999」のリヴ・タイラー。
エミル・ブロンスキーに「アメリカ,家族のいる風景/2005」のティム・ロス。
ロス将軍に「ヴァンテージ・ポイント/2008」のウイリアム・ハート。
ドクター、サミュエル・スターンズに「庭から昇ったロケット雲/2007」のティム・ブレイク・ネルソン
監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。
a0051234_0111770.jpg

事故の後、科学者のブルース・バナーは恋人ベティとも別れブラジルのリオでひっそりと暮らしている。
ジュース工場で働くある日、指を怪我したブルースの血がアメリカに送られたジュース瓶に入り込みロス将軍に住処を発見される。
ロス将軍の屈強なる部下エミル・ブロンスキーと戦った後アメリカに戻ったブルースはベティと再会するのだった...
a0051234_0113729.jpg

エリック・バナの“ハルク”はもっと身体が緑色だったような記憶があるが、エドワード・ノートン版は緑色ではなく、なんとなく“ハルク”っぽくなくて困った。
アン・リー監督のエリック・バナ版“ハルク”の方がブルースとベティの描き方が素敵だったように記憶しているが、これは監督が「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエなのだと納得してしまった。
とにかく無性にアン・リーのエリック・バナ版が観たくなる。
“バットマン”や“スパイダーマン”と違って、怒りを覚えると変身するこのアメコミ・ヒーロー“ハルク”役のエドワード・ノートン。「幻影師アイゼンハイム」のイメージが新鮮だったノートンは私的にはちょっと違和感あり。
脚本にも参加したというノートンだが、“ハルク”に変身して戦うシーン(CG)が壮絶過ぎで、ストーリー的にはそれほどでもなく...なんか....ちょっと物足りない気がした。しかしティム・ロス演じるブロンスキーの変身ぶりには大いに笑える。ティム・ロスは似合うなぁこういった役。
マイ・ウエィをひたすら走る、ベティの父親でもあるロス将軍役のウイリアム・ハートもハマり役。
エドワード・ノートン&リヴ・タイラーはとっても素敵なカップルなので、違った形の、違った映画で二人を観てみたいなぁと痛切に思った。
大昔日本では確か“超人ハルク”というネーミングの漫画本だったアメリカン・コミック。
場所(有楽町の有楽座&スバル座はなぜか?oyajiが多い)も影響しているが、シアターは昔少年だった人々が多く観に来ていた。
有楽町 スバル座にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-08-10 00:24 | USA | Trackback(11) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7383088
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-08-10 09:29
タイトル : インクレディブル・ハルク
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もちろん...... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-08-10 16:47
タイトル : 『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ..
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-08-11 09:06
タイトル : インクレディブル・ハルク
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました〜【story】ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して日々を送っていたが、ハルクの変身の秘密を知った軍人ボルンスキー(ティム・ロス)が怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、ブルースはハルクに変身...... more
Tracked from Art- .. at 2008-08-17 19:48
タイトル : インクレディブル・ハルク
インクレディブル・ハルクHP http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/ エドワード・ノートンといえば、「幻影師アイゼンハイム」を思い出す。彼には、苦悩とそれを乗り越えようと... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2008-08-19 00:09
タイトル : インクレディブル・ハルク
今日は映画の日。例のミニシアターで,これと,幻影師アイゼンハイムを観た。・・・エドワード・ノートン祭り[E:fuji]か?。リー監督のハルクも結構好きだったので,ハルクとは何ぞや?という予備知識も万全。ハルクの面白さ,というか他のヒーローとの大きな違いは,主人公が自分の制御不能なパワーを疎ましく思い... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-08-30 02:08
タイトル : 【2008-186】インクレディブル・ハルク
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。 ... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-10-20 16:15
タイトル : 「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-03-07 13:09
タイトル : 「インクレディブル・ハルク」
思ってたよりもずっと楽しめました^^... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2009-04-11 13:15
タイトル : 【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こちらも満を持して始まった「グイン・サーガ」{/eto_tora/}{/up/}とか… そんな中、気になる作品がもう1コあったのでチェックしてみました。 それは「ドラゴンボ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-06-08 16:04
タイトル : インクレディブル・ハルク
その「力」、ためらうな。 ... more
Tracked from Subterranean.. at 2010-10-09 16:06
タイトル : インクレディブル・ハルク (The Incredible..
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の…... more
Commented by JT at 2008-08-10 17:00 x
ごぶさたです。
夏休みもなく、この暑さに耐えながら頑張っています(笑)
いやはや今年の東京もひどい暑さですね。スコールみたいな雷雨もあるし。今日は久々の休みで家でくつろいでいます。
ところで、ハルクみたんですねー
ハルクの続編が出るとは思ってなかったんですけど、やはりアメリカでのアメコミ人気は凄いのかな?私は、あの緑の体がなんとなく違和感があって、ハルクというキャラがあんまり好きではないんですけど、昔のアメコミはストーリーが単純で、怒りとか愛をモンスターで表現するって分かりやすいですよね。
Commented by margot2005 at 2008-08-12 00:13
JTさん、こんばんは!
残暑お見舞い申し上げます!
ほんと毎年熱くなるヒート・アイランド東京!しかし関西の方が熱いんですね??
先週のスコールは我が町も一部川状態でしたわ。
夏休みはいかがですか?
ウチは夫が長い夏休み取れないので、先週ちょこっと信州でつかの間の避暑をしてきましたが...後は無しです。
エドワード・ノートンが“ハルク”を演じるというので観てきましたが、そうそう私も“ハルク”ってあまり好きじゃないですね。まだ“バットマン”のほうが良いかしら?「ダークナイト」は観に行こうと思っております。
本国でのアメコミ人気ってやはりスゴイものがありそうですね?
今月は観たい映画がいっぱいあって嬉しいです。
「アクロス・ザ・ユニバース」と「コレラの時代の愛」は観ました。
JTさんも熱さに負けずにシアターへgo!してくださいませ。
Commented by keyakiya at 2008-08-17 19:47 x
こんばんは。
ハルクはかなり強烈な作りかたでしね。
>なんとなく“ハルク”っぽくなくて困った。
ボクもそんな印象をもちました。
昔、少年だった人が見た感想です。(爆笑)
ブラジルの街の小さな灯りが素敵でした。

Commented by margot2005 at 2008-08-18 00:41
keyakiya さん、こんばんは!
コメントいただきありがとうございます!
ハルク緑じゃなかったですよね?
さてブラジル行ったことはありませんが、映像では良く見る丘の上に順番に並んで建つような家々は絵になりますよね。
あのリオのシーンは素敵でしたわ。
Commented by なな at 2008-08-19 00:17 x
こちらにも~
エリック・バナのハルクも好きでしたが,そうそう,あれはもろに黄緑色のハルクでしたね。
今回はダークな色になってました。腐った緑のような・・・。
私は今回のハルクの色も好きかなぁ。
ハルクという,自分では制御不可能な力で変身してしまう
不本意なヒーローって,哀しくて好きです。
Commented by margot2005 at 2008-08-21 00:51
ななさん、こちらにもコメント感謝でございます。
エリック版がBSで放映されないかと待っているのですが、今一度見たいですね。
エリックもそうでしたが、不本意なヒーローにノートンはぴったりだったかと思えます。
<< 先行上映で観たハリウッド発ドタ... 「帰らない日々」 >>