「帰らない日々」

a0051234_174462.jpg「Reservation Road」2007 USA/ドイツ
自動車事故による被害者の父親が加害者に復讐するまでを描いたサスペンス・ドラマ。

大学教授イーサンに「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道/2005」のホアキン・フェニックス。
弁護士ドワイトに「夫以外の選択肢/2004」「ゾディアック/2006」のマーク・ラファロ。
イーサンの妻グレースに「リトル・チルドレン/2006」「ブラッド・ダイヤモンド/2006」のジェニファー・コネリー。
ドワイトの別れた妻ルースに「誘惑のアフロディーテ/1995」のミラ・ソルヴィーノ。
イーサンとグレースの娘エマに「ドア・イン・ザ・フロア/2004」のエル・ファニング。
監督、脚本は「ホテル・ルワンダ/2004」のテリー・ジョージ。
原作はジョン・バーナム・シュワルツの“Reservation Road”
a0051234_1151866.jpg

コネチカットの小さな町ケイナン。ある夜、大学教授のイーサンは自動車事故で息子を亡くす。息子を跳ねた車のドライヴァーは一瞬の後に走り去っていった。
警察の捜査も空しく犯人は見つからない。いたたまれなくなったイーサンは、地元の弁護士事務所を訪ねる。しかしそこは、他でもない息子を跳ねて逃亡したドワイトが働く弁護士事務所だった...
a0051234_1145469.jpg

a0051234_11435100.jpg

息子をひき逃げされた父親。彼が町に一つしかない弁護士事務所に調査を依頼する。しかしそこの弁護士がひき逃げ犯人だったというとんでもないストーリー。
都会じゃ考えられないが、田舎町であるがゆえ出会った被害者と加害者。
事故で亡くなった息子と、事件の調査を依頼された弁護士の息子は同じ学校に通う生徒。
いささか話が出来過ぎているが、小説を元にした映画なので致し方ない。
“弁護士の国”アメリカだけあって小さな町にも弁護士事務所は存在する。
被害者と加害者、それぞれ10代の息子を持つ父親。
被害者の父親が加害者を追いつめ、ラストで被害者の息子が十字架を背負うシーンで終わる。
いわゆる復讐劇なのだが、息子を亡くした父親が、最後には加害者の息子に復讐しているようにも見え哀しい。
被害者の父親を演じたホアキン・フェニックス。大学教授には見えないが、苦悩する父親役を熱演している。
加害者の弁護士役のマーク・ラファロはお気に入り俳優の一人。
役柄としてはホアキン・フェニックスが美味しい役なので、ラファロの陰は薄い。
被害者の母親役のジェニファー・コネリーは「砂と霧の家/2003」でもそうだったが、この方打ちのめされ、傷ついた役柄がとても似合う。
重苦しくも哀しいドラマと相反して、舞台となったコネチカットの田舎町の景色が美しい。
原タイトルの“Reservation Road”の“Reservation”って“危惧/疑問”の意味合いで付けられたかと思うが、イーサンとドワイトが事故のあった場所(Reservation Road)で会うシーンは自動車事故の辛さを物語っている。
日比谷 シャンテ・シネにて...
[PR]
by margot2005 | 2008-08-01 01:21 | MINI THEATER | Trackback(10) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7357158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画や本を淡々と語る at 2008-08-11 09:43
タイトル : ブラッド・ダイヤモンド
先進国で美しく輝くダイヤモンド。産出国で何が行われているのか鋭く描き出した衝撃作!... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-08-21 06:18
タイトル : 『帰らない日々』 (2007) / アメリカ
原題:RESERVATIONROAD監督:テリー・ジョージ原作:ジョン・バーナム・シュワルツ出演:ホアキン・フェニックス、マーク・ラファロ、ジェニファー・コネリー、ミラ・ソルヴィノ、エル・ファニング、ショーン・カーリー鑑賞劇場 : シャンテ・シネ公式サイトはこちら。...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-08-24 18:59
タイトル : 帰らない日々
 『あの日、あの場所で、 すべてが変わった。 突然の事故で最愛の息子を失った家族。 調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。』  コチラの「帰らない日々」は、「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督の待望の最新作となる7/26公開のサスペン....... more
Tracked from Aspiring Bo.. at 2008-08-30 19:35
タイトル : 映画「帰らない日々」を試写会で観ました。2008年77本目
製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 主演; ホアキン・フェニックス 、 マーク・ラファロ 、 ジェニファー・コネリー 、 ミラ・ソルヴィノ 9月の暖かいある日、大学教授のイーサン一家は最愛の息子を交通事故でなくしてしまう。 妻、娘、そしてイーサンもこの事故は自分のせいだと責め続ける。 ひき逃げ事件として警察の捜査が進展しないので、自ら捜査をするイーサン。 一人の弁護士を見つけるが、彼こそがひき逃げ事件の犯人であった。 このお話は「ホテルルワンダ」の監督作品。社会的な問題を投げかけてくれる...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2008-09-06 07:10
タイトル : 帰らない日々
大学教授のイーサン(ホアキン・フェニックス)は妻のグレース(ジェニファー・コネリー)、 2人の子供とともに平凡だが幸せな生活を送っていた。 しかしある日イーサンの目の前で息子のジョシュがひき逃げされ、 幼い生命をおとしてしまう。 警察の捜査が一向に進まず、ひき逃げ犯への復讐心から自ら弁護士事務所へと 足を運び調査を依頼するイーサン。 そこで紹介されたのはドワイト(マーク・ラファロ)という弁護士だった。 しかし実はドワイトこそがジョシュをひき逃げした犯人だったのだ・・・。 さきほどま...... more
Tracked from マダム・クニコの映画解体新書 at 2008-09-10 13:56
タイトル : 帰らない日々/良心とは何か
10才の息子をひき逃げした犯人を裁くために、事故の調査を依頼した大学教授イーサン。それを受けて立つ弁護士ドワイト。彼こそ、何とひき逃げ犯人その人だった・・・。 goo 映画  ありえないような設定であるがゆえに、この物語は成立するが、人の営みの根底にある「良心」とは何か、を考えさせる佳作である。  小さな町での事件。当然、人間関係も互いに入り組んでいる。  加害者と被害者、この2組の家族には、それぞれに息子がいた。ドワイトは、別れた妻と息子ルーカスを共有し、イーサンは息子ジョシュを失った。...... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2008-10-07 21:19
タイトル : 『帰らない日々』 2008-No63
突然の事故で最愛の息子を失った家族。 調査を依頼した弁護士は、ひき逃げ犯人その人だった……。 交通事故の被害者と加害者 車を運転するワタシも、誰もが被害者にも加害者にもなり得る。 ...... more
Tracked from クマの巣 at 2009-02-15 15:33
タイトル : 「帰らない日々」
「帰らない日々」、DVDで観ました。 どこにでもいる二つの家族が、一つの事故をきっかけに運命を交差させていく。「ホテル・ルワンダ」の 監督・製作・脚本を務めたテリー・ジョージの作品。主演は現在引速..... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-05-09 22:49
タイトル : 『帰らない日々』を観たぞ〜!
『帰らない日々』を観ましたジョン・バーナム・シュワルツの同名小説を『ホテル・ルワンダ』のテリー・ジョージ監督が映画化したサスペンス・ドラマです>>『帰らない日々』関連原題: RESERVATIONROADジャンル: ドラマ/サスペンス上映時間: 102分製作国: 2007年・...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2010-01-01 16:11
タイトル : 映画『帰らない日々』を観て
70.帰らない日々■原題:ReservationRoad■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:102分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:8月9日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:テリー・ジョージ□原作・脚本:ジョン・バーナム・シ...... more
Commented by fizz♪ at 2008-08-02 00:37 x
margotさん、こんにちは~
好きなジェニファーが出ているので、観る前なのに読ませて頂いちゃいました。
子の死を扱っていて、なんだかつらそうなストーリーですね。
私もほとんど毎日運転するので、身につまされてしまうかも。
でも背景の景色も美しいそうですし、俳優たちの演技も見応えありそうですね。
アメリカとドイツの映画なんですね…
きっと観たい作品になりました♪
Commented by margot2005 at 2008-08-03 00:34
fizz♪さん、こんばんは!
ジェニファー・コネリーお好きでしたか?
整った涼しい顔のせいか、こういった役が似合う素敵な女優さんですね。
子供を持つ親として、子供の事故死なんて辛過ぎますよね。
とても耐えられないと思います。
コネチカットてNYの隣に位置する州ですが、とても田舎なんですね。
でもリッチな方や有名人が多く住んでいる地域のようです。
DVDになったら是非ご覧下さいまし。
Commented by MACHI at 2008-08-05 19:17 x
伯父と義母が交通事故の犠牲者として亡くなっているので、いろいろ思い出しました。
子供が亡くなるのは、年上の者が亡くなるのとは、また違う感情でしょうねえ。
Commented by margot2005 at 2008-08-09 22:24
MACHI さん、こんばんは!
レスが遅くなりもうしわけありません。
交通事故に遭われた親族がいらっしゃると身につまされるものがあるかもですね。
子供を亡くすということは考えられない現実ですね。
Commented by sabunori at 2008-09-06 07:19
margotさん、ご無沙汰しておりますー。
最終日に滑り込みで観て参りました。
確かに被害者と加害者、こんなに近いの?と少々不自然さを感じないことも
なかったのですが、お互いの心情はどちらも手にとるほどよくわかる作品でした。
自分がその瞬間の目撃者だったとしたら、きっと加害者について
何も覚えてはいないだろうとそんなことを考えてしまいました。
記憶の底にあるモノってフトとした瞬間にあんな風によみがえるんでしょうか。
人間って凄いですね。
亡くなった子供がなぜあの場所で交通事故にあったのかを知った瞬間の
母親の衝撃、自責の念は胸がつまるほどでした・・・。
Commented by margot2005 at 2008-09-07 19:28
sabunoriさん、こんばんは!
こちらこそ接点がなくてコメント出来なくsorryですわ。
おぉ!滑り込みでしたか?!
映画ですからあのようなシチュエイションもOKなのでしょうが?余りにも関係が近くてびっくり。
でもどんなに小さな街にも弁護士事務所があるというアメリカならではのストーリーですね。
あのような感情を表現することが出来るって...やはり皆さん役者です。
俳優人はそれぞれに良かったですね。
そうそう自責にかられる母親は気の毒でしたね。あのような立場になったら自分を許せないでしょう。ジェニファー・コネリーも上手いです。
<< 「インクレディブル・ハルク」 「美しすぎる母」 >>