「モンテーニュ通りのカフェ」

「Fauteuils d'orchestre」...aka「Avenue Montaigne」「Orchestra Seats」2006 フランス
パリ8区にあるカフェを舞台に描いた群像劇。

ヒロイン ジェシカに「ロシアン・ドールズ/2005」のセシル・ドゥ・フランス。
ピアニストのジャン・フランソワ・ルフォールに「地上5センチの恋心/2006」のアルベール・デュポンテル。
妻ヴァレンティーヌに「息子の部屋/2001」「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ/2005」のラウラ・モランテ。
女優カトリーヌ・ヴェルセンに「輝ける女たち/2006」のヴァレリー・ルメルシェ。
初老の資産家ジャック・グランベールに「輝ける女たち」のクロード・ブラッスール。
彼の息子フレデリクに「ディディーヌ/2007」のクリストファー・トンプソン。
ジェシカの祖母に「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」のシュザンヌ・フロン。シュザンヌ・フロンにとっては遺作となった。
アメリカ人のプロデューサー(監督)ブライアン・ソビンスキーに「フィクサー/2007」のシドニー・ポラック。
監督、脚本は「シェフと素顔と、おいしい時間/2002」のダニエル・トンプソン。
やはり息子のクリストファーも脚本に参加している。
a0051234_1153491.jpg

田舎から希望を胸に大都会パリへやって来たジェシカ。
8区にあるカフェへ飛び込み”働きたい!”と願い出る。ここは“ムッシュー”しか雇わない名門カフェ“カフェ・ド・テアトル”。
自分を売り込みなんとか働かせてもらえることになる。
この次期、有名なオークションや、コンサート、そしてシアターで舞台も開催されるため、カフェにとっては人手が足りなかったのである。
カフェの常連であるピアニストのジャン・フランソワは今の仕事の環境に満足していない。
TVドラマの人気女優カトリーヌは舞台の初日を控えイライラをつのらせている。
初老の資産家ジャックは長年集めてきたコレクションをオークションにかけるため忙しい日々。
しかし彼の息子フレデリクは亡くなった母親の思い出がいっぱい詰まったそのコレクションを売り払おうとする父親を許せない。
そんな彼らに持ち前の素晴らしい笑顔でサービスするジェシカだった...
a0051234_1244169.jpg

現実ではこんなことあり得ないと思うが...特にラスト...まぁ映画だから許してしまう。
ジェシカの存在って、カフェのお客であるセレヴたちにとっての癒しみたいなものだろうか?
出会う人みんなに好かれてしまうジェシカを演じる、セシルの笑顔がたまらなく愛らしくって、愛らしくって困ってしまうほど...
クリストファー・トンプソンて自分で脚本書いてるから仕方ないけど、若い女性にモテる役が続く...しかしながら文句なしに素敵なフランス俳優!!
シャルル・アズナブールしか判らなかったが、流れる60年代のフレンチ・ポップスがお洒落。
ライトアップされたエッフェルや、ダイアナが事故にあったアロマ橋(シャンゼリゼに近い)側のモニュメントがキャンドルの明かりに照らされ、モンテーニュ通りにある高級ホテル プラザ・アテネも登場し、パリ好きにはたまらない。
原タイトルは“オーケストラの肘掛け椅子”。
渋谷ユーロスペースにて...
a0051234_1272343.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-05-10 01:38 | フランス | Trackback(10) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7093484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from KINOMANIE at 2008-05-10 17:15
タイトル : モンテーニュ通りのカフェ
2006年 フランス 原題:FAUTEUILS D'ORCHESTRE 監督:ダニエル・トンプソン 脚本:ダニエル・トンプソン、クリストファー・トンプソン 出演:セシル・ドゥ・フランス、 ヴァレリー・ルメルシェ他 評価額 1...... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2008-05-11 00:40
タイトル : モンテーニュ通りのカフェ
 フランス  ドラマ  監督:ダニエル・トンプソン  出演:セシル・ドゥ・フランス      ヴァレリー・ルメルシェ      アルベール・デュポンテル      クロード・ブラッスール 【物語】 劇場や有名メゾン、高級ホテルが並ぶセレブな街、パリ8区のモ...... more
Tracked from Cartouche at 2008-05-11 20:02
タイトル : *モンテーニュ通りのカフェ*
{{{   ***STORY***            2005年  フランス 若き日をパリで過ごした祖母の思い出話に憧れ、田舎町からパリにやってきたジェシカ。どうにかモンテーニュ通りにあるカフェにもぐり込んだ彼女は、本来は男の職である“ギャルソン”の仕事を始める。劇場や高級ホテル、ブティックなどが並ぶ界隈に立つ店にやってくるのは、ジェシカがこれまでの人生で会ったこともないようなセレブばかり。女優、ピアニスト、舞台や映画の関係者、美術収集家といった客たちを、ジェシカは興味深く観察し始める。 ...... more
Tracked from キーワード宅急便 at 2008-05-27 18:28
タイトル : シドニー・ポラック 死去 
シドニー・ポラックが5月26日、がんのためカリフォルニア州の自宅で死去した。シドニー・ポラックは、『トッツィー』、『愛と哀しみの果て』などの映画監督で、プロデューサーや俳優としても活躍した。シドニー・ポラックは家族にみとられてその73歳の生涯を閉じた。... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2008-05-31 21:30
タイトル : 『モンテーニュ通りのカフェ』 Fauteuils d'o..
心の琴線に響く、エスプリッチなパリの人生賛歌。 田舎町からパリにやってきたジェシカは、カフェ・ド・テアトルで“ギャルソン”の仕事を始める。映画が始まってすぐ、フランス語の響きが私は好きなんだなーってことを再認識。映しだされた街の風景に重なって聴こえてきた年配の女性のフランス語が何だかとても心地よかったのだ。それは、おばあちゃんが孫に、夢と希望に胸弾ませていた若い頃のパリの思い出を語る言葉であったから、心に響くものだったのかな。ジェシカの祖母役のシュザンヌ・フロンの声が優しくて、孫への愛情が伝わっ...... more
Tracked from Art- .. at 2008-06-29 23:59
タイトル : モンテニュー通りのカフェ
モンテーニュ通りのカフェHP http://www.montaignecafe-movie.jp/ 映画のチラシをみると、気になってしょうがなかった。こんなイラストデザインをチラシに使うなんて、オシャレなヤツだな。... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-10-17 07:02
タイトル : モンテーニュ通りのカフェ
人生に 恋をした・・・時には人生にエスプレッソを。カフェで交差する人生__パリ8区、モンテーニュ通り。この通りからは美しく聳え立つエッフェル塔が見え、シャンゼリゼとジョジュ・サンクを結ぶ黄金の三角形と呼ばれる、パリきっての豪奢な地区。モンテーニュ通りには...... more
Tracked from エンタメ情報収集局 at 2008-10-29 06:56
タイトル : "ロシアン・ドールズ" に関する話題
"ロシアン・ドールズ" について書かれたエントリを検索してみました。 ロシアン・ドールズ(2005) - La recherche de moi sans fin - Yahoo!ブログロシアン・ドールズ(2005) 2008/9/22... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-12-10 20:30
タイトル : モンテーニュ通りのカフェ
 『人生に恋をした パリ、8区。 夢が座る時間に、 カフェも開く』  コチラの「モンテーニュ通りのカフェ」は、エッフェル塔を望み、シャンゼリゼとジョジュ・サンクを結び、劇場やオークション会場といったセレブが行き交う一角に実在する”カフェ・ド・テアトル”....... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-10-08 00:23
タイトル : 【DVD】『モンテーニュ通りのカフェ』(2005)/フランス
原題:FAUTEUILSD'ORCHESTRE/AVENUEMONTAIGNE監督:ダニエル・トンプソン出演:セシール・ド・フランス/ヴァレリー・ルメルシエ/アルベール・デュポンテル/クロード・ブラッスール/クリストファー・トンプソン/シドニー・ポラック公式サイトはこちら。<Story>パリ...... more
<< 「ハンティング・パーティ」 イタリア映画祭2008...「... >>