イタリア映画祭2008...「副王家の血筋/副王家の一族」

a0051234_23105654.jpg「I Viceré」2007 イタリア/スペイン
スペイン副王の末裔であり、シチリアの名門貴族ウゼダ家の父と息子の葛藤を描くイタリア版大河ドラマ。

ウゼダ家の長男コンサルヴォに「ひばり農園/2007」のアレッサンドロ・プレツィオージ。
父親ジャコモ公爵にランド・プッツァンカ。
妹テレーザにクリスティーナ・カポトンディ。
従兄弟ジョヴァンニーノにグイド・カプリーノ。
監督、脚本はロベルト・ファエンツィア。
原作はフェデリコ・デ・ロベルトの“副王たち”
a0051234_23183969.jpg

幼い頃、ウゼダ家の長男コンサルヴォは公爵の父親ジャコモの命により修道院へ送られる。そこには従兄弟のジョヴァンニーノがいた。いやいや入った修道院を抜け出そうとした夜、ジョヴァンニーノに見つかり、彼の案内で俗っぽい修道院を知ることになる。
1860年、ガリヴァルディのシチリア進軍のおかげで修道院から逃れることが出来たコンサルヴォ。しかし家に戻った彼を待っていたのは死の床につく最愛の母の姿だった。
やがて母は亡くなり、その後すぐに従姉と再婚する父親。コンサルヴォはそれを許せるはずもなく父親への憎しみをつのらせて行くのだった...
a0051234_23185714.jpg
a0051234_2319174.jpg

“副王”というのは君主の代理人で君主の名を以て植民地や属州を統治する官職名であるそうだ。この頃イタリアはスペインの一部分だった。
この時代(日本では明治)首長である父親の権力って絶対的なものだった。
子供にも権力を行使する父親。妻は決して夫に逆らえず、子供に泣きつかれてもどうする術もない。
幼い頃父親に歯向かい修道院に送り込まれたコンサルヴォ。父親に嫌われているという憎悪が増大し、病に伏せる母親を裏切って、従姉と愛し合う父親を見て憎悪の炎が燃え盛る。
しかし大人になった彼は父親に似ている事に愕然としつつ、権力の意味を再確認し、その世界へと身を投じて行く姿は末恐ろしいかも??
上映時間は120分。
少年時代のコンサルヴォもきっちりと描き、青年となったコンサルヴォと権力をふるい続けるジャコモ公爵を中心に、一族の姿を満遍なく描き、大河ドラマにしては短い時間ながら盛り上がって行くストーリーは見応えがある。

ルキノ・ヴィスコンティの「山猫/1963」ではサリーナ公爵が没落前に表舞台から身を引くストーリーが描かれているが、こちらはジャコモ公爵が死を迎えるまで権力を握り続けるストーリーとなっている。
何度か観た「山猫」がまた見たくなる。
有楽町朝日ホールにて...
a0051234_23155043.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-05-07 23:56 | 映画祭 | Trackback(6) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7086398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from CHEAP THRILL at 2008-06-28 21:47
タイトル : 真・映画日記(2)『副王家の血筋』
JUGEMテーマ:映画 (1から) 「イタリア映画祭2008」。 疲れたねえ。 というのも、「朝日ホール」は雛段にはなってるけど、 椅子の座り心地が良くない。 スクリーンも広さのわりには小さい。 できれば、他の同じくらい収容力のある会場でやって欲しいが…ないんだよね。 「東京フィルメックス」とかもここなんだろうなあ。 そんなことを考えつつ、ラストの『副王家の血筋』を見る。 最後にしてヴィスコンティタイプの作品が見れた。 親子二世代の愛憎劇。見応えはあった。 ...... more
Tracked from 〜青いそよ風が吹く街角〜 at 2009-11-25 23:17
タイトル : 『副王家の一族』・・・ ※ネタバレ有
2007年:イタリア+スペイン映画、ロベルト・ファエンツァ監督、アレッサンドロ・プレツィオージ、ランド・ブッツァンカ、クリスティーナ・カポトンディー、グイド・カプリーノ出演。... more
Tracked from Cartouche at 2009-11-25 23:43
タイトル : *副王家の一族*
[[item(http://www.youtube.com/v/lBrzriEjv_U&hl=ja&fs=1,480,295)]] [http://www.youtube.com/watch?v=lBrzriEjv_U Jorge Calvo en "I Vicer竪" de Roberto Faenza] {{{   ***STORY***            2007年 イタリア/スペイン 19世紀半ば、スペイン・ブルボン王朝支配下のシチリアはカターニャ。国王...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2009-11-28 00:03
タイトル : 副王家の一族
イタリア統一を目前にしたスペイン・ブルボン王朝支配下のシチリア。 かつてのスペイン副王の末裔である名門貴族ウツェダ家では、封建的な父ジャコモ(ランド・ブッツァンカ)と嫡男のコンサルヴォ(アレッサギ..... more
Tracked from 千の天使がバスケットボー.. at 2009-12-16 22:46
タイトル : 『副王家の一族』
現在公開中の、19世紀半ばのシチリアを舞台にした、ブルボン朝の副王家に連なる名門貴族を描いた映画『副王家の一族』では、作家の塩野七生さんのご子息アントニオ・シモーネさんが製作助手を務めたという。超辛派の塩野氏が、珍しく一人息子アントニオさんと映画をテーマーにした対談集「ローマを語る」が話題なのだが、アントニオさんが「美に対して敏感な、面食いの女性の意見です」と映画のご意見番としてのママを批評しているには、思わず笑ってしまった。あの塩野氏と同類扱いにするのは恐れ多いのだが、美意識に強い面食いの女性とは、...... more
Tracked from NiceOne!! at 2009-12-20 22:03
タイトル : 『副王家の一族』(2007)/イタリア・フランス
原題:IVICERE監督:ロベルト・ファエンツァ原作:フェデリコ・デ・ロベルト出演:アレッサンドロ・プレツィオージ、ランド・ブッツァンカ、クリスティーナ・カポトンディー、グイド・カプリーノ観賞劇場 : ル・シネマ公式サイトはこちら。<Story>19世紀半ば、...... more
<< イタリア映画祭2008...「... イタリア映画祭2008...「... >>