「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」

a0051234_0395514.jpg「There Will Be Blood」2007 USA
石油発掘に成功し、富を得た男の欲望と裏切りを描いた壮絶な人間ドラマ。

主演の“オイルマン”ダニエルに「マイ・レフトフット/1989」でオスカーをゲットし、「ギャング・オブ・ニューヨーク/2001」でも強烈な印象が残るダニエル・デイ・ルイス。
カリスマ牧師イーライ(ポールと二役)に「リトル・ミス・サンシャイン/2006」のポール・ダノ。
ダニエルの息子H.Wにディロン・フレイジャー。
ダニエルの弟と名乗る男ヘンリーに「ハムナプトラ/失われた砂漠の都/1999」のケヴィン・J・オコナー。
ダニエルの仕事仲間フレッチャーに「マリア/2006」のキアラン・ハインズ。
監督、脚本は「ブギー・ナイツ/1997」のポール・トーマス・アンダーソン。
原作はアプトン・シンクレアの“Oil!”。
a0051234_0545510.jpg
19世紀の終わり、“金”で当てた男ダニエル(ルイス)は、20世紀になって石油を掘り出すことに成功する。
ある日、彼の元へポール(ダノ)という青年が現れ、石油が発掘できる土地を教えるから金を出せと訴える。
そこはポールと双子の兄弟イーライの家族が住む土地だった...
a0051234_0551117.jpg

マイケル・ウォールバーグの出世作となった「ブギー・ナイツ」と、アダム・サンドラー&エミリー・ワトソンの、ちょっと変わった趣のラヴ・ストーリー「パンチドランク・ラブ/2002」の監督P・T・アンダーソンって凄まじい映画を作るなぁの一言!
トム・クルーズが苦手なので「マグノリア/1999」は未見。しかしこの監督が作ったので“見てみよう!”リストに入れたいと思う。
P.T.アンダーソンの傑作と言う記事もあるが同感である。
2時間38分という長い映画だが、全編を通してスクリーンに釘付けにされてしまった。一時も息を抜けない...でも疲れるどころか観終わって大満足作品であったことよ!
久々でハリウッド映画万歳!の一作。
“There will be blood”は観て納得のタイトル。そのままの邦題で良かった。いつものように変な?邦題つけたら映画が台無しになってしまう。
“オイルマン” ダニエル役のD・D.ルイスはオスカーをゲットしただけあって、さすが!としか言いようがないカリスマっぽいバッド・ガイをすんばらしく演じている。
対するイーライ(ポール)役のポール・ダノも負けてはいない。この方変な?役似合うのだとても...
ダニエルの喋り(台詞)が多い。彼が喋っていない場面はバック・ミュージックががなり立てる。私的には少々うるさかったあの音楽...でもこの映画にはマッチしていたように思える。
ラスト近く、息子H.W.とダニエルのシーン...人間てあこまで残酷になれるのか?と...その冷酷なまでの侮蔑を含んだ台詞を放つD.D.ルイスって役者だなぁ!と絶賛してしまう。
D.D.ルイス以外に誰がこの役を演じられるかな?と想像しても誰も思い浮かばない。
彼を初めて知ったのは「眺めのいい部屋/1986」だったが、H.B.カーターと結ばれるジュリアン・サンズより出番がうーんと少なく余り印象に残らなかった。しかし次の「存在の耐えられない軽さ/1988」で彼のスゴイ存在を知る事になる。その後の活躍は語るまでもない。
この作品で又また彼のスゴさを知ってしまった。
日比谷シャンテ・シネにて...
[PR]
by margot2005 | 2008-04-29 01:08 | USA | Trackback(26) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7055244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2008-05-01 01:22
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド/THERE WILL BE..
アカデミー賞作品賞にノミネート、 ダニエル・デイ=ルイスが主演男優賞を獲得し注目の本作は PTAこと、ポール・トーマス・アンダーソン監督の久々の新作{/ee_3/} The Dirk Diggler Story(88) Cigarettes and Coffee(93) ハード・エイト【Sydney】(96) ブギー・ナイツ【Boogie Nights】(97) Flagpole Special(98)※ビデオオリジナル作品 マグノリア【Magnolia】(99) パンチドランク・ラブ【...... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-05-01 08:04
タイトル : 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
監督:ポール・トーマス・アンダーソン CAST:ダニエル・デイ・ルイス、ポール・ダノ、ディロン・フレイジャー 他 アカデミー賞主演男優賞 他受賞 石油ブームに沸く20世紀初頭のアメリカ。ダニエル`..... more
Tracked from ラムの大通り at 2008-05-01 09:25
タイトル : 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
(原題:There Will Be Blood) ----この映画も確かオスカー最多ノミネートだね。 「うん。 観てみて、それも納得。 これは、実にオスカーにふさわしいスケールの作品だ」 ----よく宣伝では 『市民ケーン』とか『ジャイアンツ』を 引き合いに出しているよね? 「そこが、まずぼくの興味を引いたんだ。 『市民ケーン』はともかくとして 名作を言うときに アカデミー監督賞受賞のみの『ジャイアンツ』を持ってくるというのが、 なんとなく中途半端な気がしてね。 もっとも個人的には、 『ジャイアンツ...... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-05-01 11:45
タイトル : 感想/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
狂気! 鬼畜! 暗黒! 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』4月26日公開。1900年台初頭、金塊掘りだったダニエル・プレーンヴューは、石油を掘り当て富を成す。そんな折、ある男が、石油の情報を持って現れた。情報を買ったダニエルは息子のHWを連れ、早速現地へ向かう。そこには確かに石油が眠っていた。地元で信仰を集める牧師イーライとの確執を深めながらも、地上げをはじめるダニエル。奇才ポール・トーマス・アンダーソンが富と権力に塗れた彼の腐敗した人生を壮大に描く。 ゼア・ウィル・ビー・ブラッド PTA監督大...... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2008-05-02 18:42
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
久しぶりにハリウッドらしい、そして骨太で、ストーリーをはじめ、監督や脚本、役者は勿論のこと、音楽や美術、効果、編集に至るまですべてにおいて「気合の入った」作品を観せて貰った。総合芸術としての「映画」という名に相応しい、そしてまた、余韻を残さないラストなのに、作品の中に沢山の問題提起をしてくれた鑑賞であった。 公開前からアメリカンドリームの闇の部分という触れ込みがあったが、この作品の時代背景は、西部開拓時代が終焉し、アメリカ人は更なるフロンティアを海外に向けていかなくてはならない時代であっ...... more
Tracked from 表参道 high&low at 2008-05-02 22:35
タイトル : There Will Be Blood 「ゼア・ウィル・..
There Will Be Bloood(ゼア・ウィル・ビー・ブラッド)は強欲で無情、神も愛もなく石油に執着するアメリカ人をDaniel Day-Lewis(ダニエル・デイ・ルイス)が好演したドラマ。2時間以上の上映時間のほとんどは20世紀初頭の南カルフォルニアの荒涼とした土地で石油採掘に執念を燃やす主人公の姿が表現されています。 最初に掘り当てた時に見せる赤ちゃんとの場面だけが唯一「ほのぼの」としてるだけ、後はジョン・ヒューストン並みの古いアメリカの風景と生活を土台にした石油王のサクセスストーリーで...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-05-03 16:24
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
20世紀初頭のカリフォルニア__ひとりの男が、石油によって一攫千金の夢を叶える。 だが、突然の富と権力は彼の魂を毒していく。血塗られた破滅の予感を、密かに漂わせながら・・・。 一攫千金を夢見るダニエル・プレインヴューは、不屈の精神だけを武器に石油を掘り...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-05-03 20:11
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 『欲望と言う名の黒い血が 彼を《怪物》に変えていく…。』  コチラの「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」は、4/26公開となった欲望にとりつかれた人間の悲喜こもごもを描いたPG-12指定のヒューマン大河なのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  NY、LAの批評家協会賞で...... more
Tracked from 映画コンサルタント日記 at 2008-05-05 01:24
タイトル : 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 限定公開
上映スクリーン数: 9 オープニング土日興収: 581万円「客層は20代男女から... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-05-05 07:57
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
 これはなんという映画でしょう!「映画」を観た!という気持ちが一杯です。ネタばれ... more
Tracked from めでぃあみっくす at 2008-05-05 13:32
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
PTAことポール・トーマス・アンダーソン監督の作品は基本的に暗喩が多用されているため、見る人によっては理解し難く退屈に思える映画が多いです。そのためこの作品に関してもPTA好き以外にはやはり難解だったらしく、映画館には団塊世代のおじさまたちがたくさん駆けつけて....... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2008-05-06 15:30
タイトル : 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(THERE WILL B..
アカデミーでダニエル・デイ。ルイスが主演男優賞を受賞した作品。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(原題 THERE WIL... more
Tracked from 豆酢館 at 2008-05-08 20:25
タイトル : そこに“黒い血”が流れる―「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
富の誘惑と権力欲の行き着く果て。... more
Tracked from Cartouche at 2008-05-10 08:48
タイトル : *ゼア・ウィル・ビー・ブラッド*
{{{   ***STORY*** 一攫千金を夢見るダニエル・プレインヴューは、幼い1人息子を連れて石油の採掘を行っていた。ある青年から、「故郷の広大な土地に石油が眠っている」と聞いた彼は、パートーナーのフレッチャーと共に米西部の小さな町、リトル・ボストンに赴き、安い土地を買占め、油井を掘り当てる。しかし、油井やぐらが火事になり、幼い息子は聴力を失う。精神に混乱を来した息子を、プレインビューは彼方の土地へ追いやってしまう。          gooより}}} ものすごく深くて重厚な映...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-05-11 17:27
タイトル : 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 すべては自分の成功のために
主人公ダニエル・プレインヴューは劇中の中でこう語っています。 「自分は競争心が強... more
Tracked from soramove at 2008-05-11 22:10
タイトル : 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 」追い求める間は悲しみを..
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド 」★★★★オススメ ダニエル・デイ=ルイス 、ディロン・フレイジャー主演 ポール・トーマス・アンダーソン 監督、2007年、アメリカ、158分 一攫千金を夢見る主人公は ある青年から有用な情報を仕入れ 油田を掘り当てる。 ...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2008-05-12 19:29
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
20世紀初頭のカリフォルニア。 鉱山労働者のダニエル・プレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)は、 まだ幼い息子H.W.(ディロン・フリーシャー)と石油採掘事業に乗り出した。 ある日ポール(ポール・ギ..... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-05-15 08:01
タイトル : 悪人正機〜『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
 THERE WILL BE BLOOD  "I drink your milkshake!   I drink it up!"  ポール・トーマス・アンダーソン監督5年ぶりの新作。ご存知、英国の名優ダニエル ・デイ=ルイスが20世紀初頭の石油採掘王ぎ..... more
Tracked from Alice in Won.. at 2008-05-15 22:09
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
アカデミー主演男優賞を獲得したこの作品、上映時間が長いので妊婦の私にはちょっと厳しいかなって思いましたが気合を入れて観る事にしました。 一攫千金を夢見るダニエル・プレインヴューは、幼い1人息子を連れて石油の採掘を行っていた。ある青年から、「故郷の広大...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-05-17 09:57
タイトル : ゼア・ウィル・ビー・ブラッド★ダニエル・ディ=ルイス
  ダニエル・デイ=ルイスの狂的な演技に、驚きと感動。   若き日の作品での彼の印象は、わぁ〜ハンサムな俳優さんだと胸キュンしたことがあった。あれから随分時間が経って・・・・・。再びお顔を拝見したら、えらい年を喰ってしまい、それも驚きのひとつだった。私自身が映画から遠ざかっていたこともあり、久しく彼の出演作を観ていなかったこともあるのだが。彼自身も一時期、俳優業から遠ざかっていたようで・・・・。マーティン・スコセッシュ監督の説得で「ギャング・オブ・ニューヨーク」(02)で復帰。その作品...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-07-13 21:10
タイトル : 映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観て〜アカデミー賞..
47.ゼア・ウィル・ビー・ブラッド■原題:ThereWillBeBlood■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:158分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:5月10日、アミューズCQN(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:ポール・トーマス・アンダ...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-08-22 21:55
タイトル : 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
20世紀初頭。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー(ダニエル・デイ=ルイス)。 息子H.W.(ディロン・フレイジャー)を連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の 土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。そして、すぐさま 土地の買い占めに乗り出す。そんな中、ポールの双子の兄弟で住人の信頼を一手に集める カリスマ牧師イーライ(ポール・ダノ)が、ダニエルへの警戒を強めていく・・・。 先日見た「ノーカントリー」に引き続き、これまたすごい物を 見せて...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2008-09-02 22:55
タイトル : 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
「パンチドランク・ラブ」や「マグノリア」「ブギーナイツ」の作品で知られる米国の監督、ポール・トーマス・アンダーソン(PTA)が2007年、アプトン・シンクレアの原作「石油!」を映画化した大河ドラマ「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(=血は流れるだろう、米、158分)。本作は、PTAのこれまでの作品とは異なり、″遊び″がなく、真剣にテーマに挑んだ印象を受ける。まるで、往年の名作「ジャイアンツ」を彷彿とさせるようなオーソドックスな撮り方である。また、エンド・クレジットで彼が師事したロバート・アル...... more
Tracked from MESCALINE DR.. at 2008-11-04 01:18
タイトル : 神頼みより安上がり
ポール・トーマス・アンダーソン監督作品の「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を観た。 19世紀末、ゴールドラッシュに沸いたニューメキシコ州。ひとりの男が地面を掘っていた。男はひとりですべての作業をこなしていた。 ある日、坑道を墜落した男は、意識を取り戻してす...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-11-20 02:30
タイトル : 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』'07・米
あらすじ石油ブームに沸く20世紀初頭のカリフォルニア。鉱山労働者のプレインビュー(ダニエル・デイ=ルイス)は石油が沸く源泉があるという情報を耳にする。息子(ディロン・フリーシャー)とともに石油採掘事業に乗り出すが・・・。感想石油屋VS宗教家勝つのはどっ...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-08-02 21:47
タイトル : 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観たぞ〜!
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』を観ました『マグノリア』『パンチドランク・ラブ』のポール・トーマス・アンダーソン監督の最高傑作との呼び声も高い、石油採掘によってアメリカン・ドリームをかなえた男の利権争いと血塗られた歴史を描いた社会派ドラマです>>『ゼア・...... more
Commented by JT at 2008-04-29 22:27 x
おお!期待を裏切らない作品だったようですね。
margotさんに久々にハリウッド万歳と言わしめるとは!
D.D.ルイスの普段の知的な雰囲気からは考えられないようなパワフルさを発揮してたようで。
2時間38分惹き付けられたままというのはなかなありませんからね。
最近は、ほとんど映画館に行けなくてちょっとフラストレーションがたまってますが、シャンテにも足を伸ばさないとです。はい。
Commented by margot2005 at 2008-05-01 00:47
JTさん、こんばんは!
この映画ホント良かったです!
スゴイの一言!男の欲望と裏切りに宗教(キリスト教)を絡めながら...これそアメリカ映画!でしたね。
D.D.ルイスっていやスゴイです。スゴイって言葉しか浮かばない...
知的で繊細なイメージのD.D.ルイスも今や貫禄ですね。
このような素晴らしい作品ながら都内では日比谷と渋谷と東武練馬のワーナーマイカルでしか上映してないって??やはり配給会社は俳優で選ぶんですね?
「フィクサー」「大いなる陰謀」より断然良かったです。
是非シャンテへお出かけくださいまし!
Commented by えい at 2008-05-01 09:27 x
こんにちは。

この映画は、久しぶりに映画を観たという充実感に浸れました。
重量級の作品。
アメリカ現代史と絡めて描いてあるところがとても好きです。
Commented by margot2005 at 2008-05-01 21:32
えいさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
>この映画は、久しぶりに映画を観たという充実感に浸れました。
重量級の作品。
正にそうでしたね。
「ジャイアンツ」のジミー・ディーンを思い出してしまいました。
D.D.ルイスの演技は素晴らしかったですね。

Commented by 真紅 at 2008-05-15 08:08 x
margot2005さん、こんにちは~。
うんうん、めっちゃ同感!ですよ~。私ももう、大満足の一本でした!
私には『ノーカントリー』よりこっちの方が作品賞ですよ。
『マグノリア』トムちん、いい演技してるんだけどね・・。
ではでは、また来ます~。
Commented by margot2005 at 2008-05-16 23:41
真紅さん、こんばんは!
そうです!スッゴイよかったですわ、この作品。
「ノーカントリー」はDVDとなりそうです。
「マグノリア」機会があれば見てみますね。
<< 「譜めくりの女」 「さよなら。いつかわかること」 >>