「さよなら。いつかわかること」

a0051234_23235620.jpg「Grace Is Gone」2007 USA
イラク戦争がもたらした悲劇に直面した家族のヒューマン・ドラマ。

主演のスタンレーに「グリフターズ/詐欺師たち/1999」「理想の恋人.com/2005」のジョン・キューザック。
スタンレーの娘ハイディにシェラン・オキーフ、ドーンにグレイシー・ベドナルジク。
スタンレーの弟ジョンに「GOAL!/ゴール!/2005」のアレッサンドロ・ニヴォラ。
「アルフィー/2004」のマリサ・トメイがプールの場面ワンシーンに出演している。
監督はジェームズ・C・ストラウス。
a0051234_232431100.jpg

シカゴのホーム・センターで働くスタンレー(キューザック)には愛する妻と二人の娘がいる。
彼女たちの母親グレースは陸軍軍曹でイラクに派遣されていた。
ある朝、スタンレーの元へ妻の戦死の知らせが届く。
母親が亡くなった事を娘ハイディ(オキーフ)、ドーン(ベドナルジク)に伝えられない彼は衝動的に三人で旅に出ようと言い出す。
スタンレーは母親の住む実家に立ち寄った後、ドーンが行きたいと言い出したフロリダの遊園地へと車を走らせるのだった...
a0051234_23241034.jpg

公開初日(最終回)にも関わらずシアターは十数人(数十人はいなかったと思う)...
某新聞の映画評には“妻の戦死 孤独を背負う夫”という見出しで“ことさら反戦を強調するわけではないが、不条理な死を前に、無言の祈りにも似た思いがじわじわと伝わってくる。”と書かれていた。
地味な、地味なインディペンデント系アメリカ映画である。日本でよくぞ公開されたなぁと思ってしまう。
主演のジョン・キューザックはお気に入り俳優の一人で、彼の父親役って初めて見たかもしれない。
多くの映画でナイス・ガイを演じて来た彼だが、ジョン・キューザックと言えば「グリフターズ」なので、この映画で彼はどんな父親を演じるのだろうかと興味深かった。
最初、この役にはちょっと違和感ありのキューザックかな?と思っていたけど、物語が進むに連れてキューザック パパの存在が確かになっていく。
ダブっとした作業パンツにジャンパーの、ダサイ格好がミスマッチのキューザックが頑張っているのだとっても...
生前のグレースも戦争の場面もいっさい出て来ない。
娘たちに母親の死を伝える事が出来ず、グレースの声で録音された留守番電話に訴えるスタンレーの姿にはジーンと来る。
ラスト近くの海のシーンは感動的。
最愛の妻を亡くした夫...娘たちに母親の死を告げられない気持ちは解るが、その喪失感を一人で我慢強く耐えるなんて中々出来る事ではない。でも、それは映画を観てスタンレーの立場を知れば理解出来るかと感じる。
この邦題相変わらずなんとかならないものだろうか?劇場でアンケートを配られ、その質問の中に“タイトルは如何でしたか?”なる質問があったが...“最悪”と書いてアンケート箱に入れた。ちょっとヒド過ぎこの邦題。
シネスイッチ銀座にて...
[PR]
by margot2005 | 2008-04-27 23:45 | MINI THEATER | Trackback(19) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7051632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from EDITOREAL at 2008-05-01 11:46
タイトル : 感想/さよなら。いつかわかること
ええ話やなぁ。『さよなら。いつかわかること』4月26日公開。スタンレーの元に届いた、イラクで軍役についている妻の訃報。ショックを隠せず、2人の娘に母の死を伝えることが出来ないスタンレーは彼女たちを連れ、フロリダのテーマパークへとクルマを走らせる。まるで自分の動揺を紛らわせ、押し殺すかのように。 映画「さよなら。いつかわかること」オフィシャル・サイト イラク戦争を背景にした、家族の深い愛情と悲しみ、そして再生の物語。ポイントは、戦死するのが妻であり母であるという点で、遺された夫をジョン・キューザ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2008-05-05 01:40
タイトル : さよなら。いつかわかること/Grace Is Gone
ジョン・キューザック出演映画にハズレなし{/atten/}ほとんど{/m_0205/} とこれまでずっと思ってたんだけど、 今回も。  例に漏れず。 面白いっていうんじゃなく、ちょっと心にしみるような作品。 わたしはアメリカで高評価されてるほど 良かった!って感じたわけでもないんだけど{/m_0166/}。。。。 この作品、なぜに興味惹かれたかというと いつも興味深い作品を上映する、注目の 2007年のサンダンス映画祭で観客賞と脚本賞受賞{/hikari_blue/}していたから。 あとで差...... more
Tracked from ラムの大通り at 2008-05-05 05:30
タイトル : 『さよなら。いつかわかること』
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Grace is Gone) ----この映画、クリント・イーストウッドが音楽を担当しているんだって? 「うん。ただ、最初にサンダンス映画祭で公開されていたときは 新進作曲家による別スコアが当てられていたらしい。 で、一般上映に向けてイーストウッドに作曲の話がきたとのこと。 オリジナルの作曲家が少し可愛そうな気もするな」 ----そういうことってあるんだ。 アメリカらしいというか、ドラ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-05-06 19:10
タイトル : さよなら。いつかわかること
 『笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します イラクから突然届いた母の戦死。悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時を迎える』  コチラの「さよなら。いつかわかること」は、サンダンス映画祭で観客賞&脚本賞を受賞し、4/26公開....... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-05-09 21:26
タイトル : 『さよなら。いつかわかること』 (2007) / アメリカ
原題:GRACEISGONE監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス音楽:クリント・イーストウッド出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク、アレッサンドロ・ニヴォラ鑑賞劇場 : シネ・アミューズ ウエスト公式サイトはこちら。<Sto...... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2008-05-12 01:37
タイトル : さよなら。いつかわかること★★★☆+劇場23本目:じんわ..
日記の順番が前後しますが、5/6は演劇を見て、それから映画を3本観に行った1本目が・・『さよなら。いつかわかること』(公式HP)でした。あまり話題になってなさそうだけどいい映画なので、ちょっと久しぶりにHPをリンクしました。ストーリーや解説はYahoo!のコ...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-06-13 01:04
タイトル : さよなら。いつかわかること
戦争で母親を失う現実_、アメリカの現在と、今も起こっている悲劇! 愛する人を失った絶望の中から、生きる希望を見出していく家族の物語。 物語:シカゴのホームセンターで働くスタンレー。家族は、12歳とは思えない程しっかりしている長女・ハイディと、8歳の次女・....... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-06-22 22:03
タイトル : さよなら いつかわかること:grace is gone
  笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海をながめるとき 必ずママを思い出します   「グレイスが消える」、これが原題です。   6月13日、京都シネマにて鑑賞。イラク戦争で揺れるアメリカの異色作品です。グレイスとは、主人公スタンレーの妻の名前です。 アメリカがイラク戦争を始めてどのくらい時が経過したのか?はっきりと記憶していません。多くの兵士が戦死したことだけはしっかりと覚えています。その中には男性兵士と肩をならべた多くの女性兵士もいたのですね。女性兵士が戦地で戦う...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-06-24 23:57
タイトル : 【2008-140】さよなら。いつかわかること
人気ブログランキングの順位は? 突然の訃報 言い出せない真実 妻の声で録音された留守番電話 笑うとき 目覚めるとき 眠るとき 海を眺めるとき 必ずママを思い出します。 イラクから突然届いた母の戦死。 悲嘆に暮れる父親が、娘に真実を告げる時を....... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2008-06-28 11:10
タイトル : 「さよなら。いつかわかること」(アメリカ 2007年)
家族を失った絶望から寄り添って歩き出す父娘の物語・・・Grace Is Gone。 ... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-07-02 06:52
タイトル : 映画『さよなら。いつかわかること』を観て
46.さよなら。いつかわかること■原題:GraceIsGone■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:85分■字幕:関美冬■鑑賞日:5月4日、シネマスクエアとうきゅう(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジェームズ・C・ストラウス□製作...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2008-07-03 22:32
タイトル : さよなら。いつかわかること
イラク戦争で妻を亡くしてしまった家族。ロードムービーの形で遺された家族の再生を感動的に描きます。... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2008-08-02 13:55
タイトル : 『さよなら。いつかわかること』 2008-No38
二人の女の子の父親を、父親らしい体格=貫禄で演じたジョン・キューザック。 母親はイラク戦争へ。  ちいさな二人の娘とは、母親を通して接していたのだろう。 どこの父親もそうであろうように......... more
Tracked from C'est Joli at 2008-08-27 17:17
タイトル : さよなら。いつかわかること
さよなら。いつかわかること’07:米 ◆原題:GRACE IS GONE◆監督:ジェームズ・C・ストラウス(リターン・トゥー・マイ・ラヴ)◆出演:ジョン・キューザック、シェラン・オキーフ、グレイシー・ベドナルジク、アレッサンドロ・ニヴォラ 【サンダンス映画祭・観客賞/脚...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-11-15 16:48
タイトル : 「さよなら。いつかわかること」
シカゴのホームセンターで働くスタンレー(ジョン・キューザック)のもとに、ある日、イラクに 出征中の妻グレイスの戦死の報が伝えられる。気持ちの整理がつかないスタンレーは、2人の娘、 12歳の長女ハイディ(シェラン・オキーフ)と8歳の次女ドーン(グレイシー・ベドナルジク)に その事実を伝えることができない。いたたまれなくなったスタンレーは、彼女たちを車に乗せると、 ドーンが行きたがっていたフロリダの遊園地を目指して突然の家族旅行を始めるのだったが・・。 シンプルな設定でしたが、妙に気負うところなく す...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-12-05 04:00
タイトル : mini review 08340「さよなら。いつかわか..
大切な家族を戦争で失った一家が時間をかけてその死を受け入れ、乗り越えていく様をじっくりと追う感動のドラマ。最初はぎくしゃくしていた父と2人の娘の関係が、旅を通して少しずつほぐれていくまでをじっくりとみせる。本作で主演と製作を担当し、心にしみる名演をみせるのは『“アイデンティティー”』などの実力派、ジョン・キューザック。クリント・イーストウッドが初めて、自分の監督作以外に提供した美しい音楽に涙腺がゆるむ。[もっと詳しく] 身近の「死」を受容すること。そこでは政治的理念も宗教的救済も、無力かもしれない...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ 〜 .. at 2008-12-14 05:36
タイトル : DVD:さよなら いつかわかること Grace Is G..
永遠の名作とは言わないが、なかなかぐっとくる、現代ならではの話。 オープニングで、シカゴのホームセンターで働くスタンレーの妻から留守電メッセージが残る。 「しばらくは電話できないけど心配しないで。こっちは暑いわ」 ?!? 物語の進行とともに、彼女が女性兵士であることもだんだんわかってくる。 スタンレーも元兵士だったが、ある事情で軍隊を除隊していたこともわかってくる。 そして家に訪れた軍の将校と軍付けの牧師。 そう、妻はイラクで死亡したのだ。 現在、アメリカ軍に所属する女性兵士の数は10%以上...... more
Tracked from 映画の話でコーヒーブレイク at 2009-01-11 15:13
タイトル : さよなら。いつかわかること  Grace is gone
ジョン・キューザックを始めて見たのは遥か昔。 20数年前の「すてきな片思い Sixteen Candles」 典型的なティーンのスクールラブストーリーで最後はプロム(卒業ダンスパーティー)。 メインの恋話に加え、スクールバスで通う生徒達のキャラが可笑しくって今も記憶に残ってます。 ジョンはメカおたくのチョイ役中学生で、実姉のジョーンも歯の矯正ワイヤーを付けて 主役を取り巻く多くの生徒の中の一人で、笑いを誘う役どころ。 でも、二人とも何だか印象に残ってました。 そうこうするうちに、 カッコよく成長したジ...... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2010-03-06 22:12
タイトル : さよなら。いつかわかること
これは邦題に難があると感じた。「わかる」という言葉には、「理解する」という意味があって、しかも年齢の幾分低い娘が出てくる時点で、母の死について理解しきれないという部分があるように思ったらそんな箇所はなく。むしろ妻の死を受けいれられ切れていない夫・父の傷心を主語的にするなら、これは邦題は不可だ(それともこの邦題はそういう意図?)し、「わかる」でなく別のより適切な語にしたら、ネタバレになってしまう。原題がGRACE IS GONE(題はネタバレを最初にしているし余りにシンプル)で、邦題にし難いとしても、こ...... more
Commented by あすか at 2008-06-14 10:27 x
margot2005さん、こんにちは。
本当にインデペンデント映画だったのに私もよく日本で上映されたな、と思いました。
でも、アメリカでも評価は高かったので周ってきたのかもしれませんね。
個人的にはすごく心に沁みて、丁寧に描かれた映画だな、と感じました。
また記事を書いたらTBさせてくださいね~。
Commented by margot2005 at 2008-06-18 22:37
あすかさん、こんばんは!
所用で出かけておりました。カメれすお許しくださいまし。
日本で公開されたのはジョン・キューザック主演ということでしょうか?
それと題材が好まれたのかも知れませんね?
素晴らしい作品だったと思います。
父親が戦争に行って母子が残るという設定だとありきたりですが、逆バージョンが良かったなと感じました。

Commented by wanco at 2008-07-03 22:37 x
margot2005さん、こんばんは。
この映画、ひさしぶりにツボにはまって、めちゃくちゃ感動してしまいました!
題名は、原題のままグレイス・イズ・ゴーンで良かったかもしれませんね。
TBさせていただきましたので、よろしく!
Commented by margot2005 at 2008-07-05 21:56
wancoさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございました!
めちゃくちゃ感動されましたか?
男性は主人公に感情移入されたかもですね?
“グレイス・イズ・ゴーン”ってインパクトあるタイトルかと思えますが...
Commented by kimion20002000 at 2008-12-06 20:40 x
TBありがとう。
ださい、キューザックがとてもよかったですね。
役作りのために、数kg太って、撮影にのぞんだようですね。
Commented by margot2005 at 2008-12-09 19:54
kimion20002000さん、コメントありがとうございます!
キューザックはナイスな映画に出演する素敵な俳優ですね。
この役作りで太ったようですが、彼もお年かしら??
<< 「ゼア・ウイル・ビー・ブラッド」 「ラフマニノフ ある愛の調べ」 >>