「つぐない」

a0051234_19363183.jpg「Atonement」2007 UK/フランス
小説家を夢見る多感な少女のついた嘘により、運命に翻弄される若き恋人たちの姿を描く感動のヒューマン・ドラマ。
ロビーに「ラスト・キング・オブ・スコットランド/2006」のジェームズ・マカヴォイ。
セシーリアに「プライドと偏見/2005」「シルク/2007」のキーラ・ナイトレイ。
13才のブライオニーにシアーシャ・ローナン。
18才のブライオニーに「エンジェル/2007」のロモーラ・ガライ。
老年のブライオニーに「いつか眠りにつく前に/2007」のヴァネッサ・レッドグレイヴ。
ロビーの母親に「プライドと偏見」のブレンダン・ブレッシン。
監督も「プライドと偏見」のジョー・ライト。
脚本はクリストファー・ハンプトン。
原作はブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説“贖罪”。
a0051234_20431582.jpg

1935年、イングランド。広大な敷地に建つタリス家。次女のブライオニー(ローナン)は小説家になるのが夢で、一遍の戯曲を書き上げ帰省する兄と友人をその劇で歓迎しようと躍起になっている。一方で長女のセシーリア(ナイトレイ)は兄妹のように育った使用人の息子ロビー(マカヴォイ)を愛していると感じ始めていた。ブライオニーもまたロビーに淡い恋心を抱いていた。
しかしある出来事により嘘をついたブライオニーのせいでロビーは逮捕され、刑務所へ収監された後最前線へと送られてしまう...
a0051234_20422430.jpg

英国のブッカー賞を受賞したというベストセラー小説を読みたくなる。
映画でもストーリーは堪能出来るが小説には適うまい。
生キーラ・ナイトレイって気分屋のわがまま現代娘のイメージがあるのだが、一度スクリーンに姿を現すと時代物が似合う。端正な、以外にクラシックなイメージの顔のせいだろうか?
この作品はあれこれ語らずスクリーンに釘づけで大悲恋物語を堪能したい。
こういった映画を観ると、物語に入り込んでしまってラストを迎えても席を立つのが辛い...
物語を盛り上げているのはバックに流れる音楽の存在が大きい。おまけにあの屋敷、それを取り巻く庭...soooooooo beautiful!
オークションに賭けられたという記事もあったが、キーラの纏う緑のローブが素晴らしく美しい。
「ラスト・キング・オブ・スコットランド」でもアミン大統領に翻弄される青年医師役を素敵に演じていたが、ジェームス・マカヴォイって良い俳優だなぁ。
“ダンケルクの戦い”でも有名なフランスの港ダンケルクに集まった30数万人の英仏軍の兵士たち。ロビーが入ったバーで映画が上映されておりスクリーンに映し出される俳優(ジャン・ギャヴァン&ミシェル・モルガン)のキスシーンが画面一杯に広がる。そこにロビーの姿がかぶり...あの演出はニクいの一言。
18才のブライオニーを演じたロモーラ・ガライはキーラ演じるセシーリアよりもかなり若い設定なのだが、ロモーラ・ガライ(実年齢でも年上)が妹に見えなくてちょっぴりミスキャストかな?「エンジェル」のイメージが残っているからなおさらかも知れない。
この作品の出演者は英国人ばかり。ただ一人、少女ブライオニーに選ばれたアメリカンのシアーシャ・ローナン。空想の世界に生きる多感な少女役が似合っている。
日比谷シャンテにて...
a0051234_20433138.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-04-22 21:06 | UK | Trackback(34) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/7034725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-04-24 02:28
タイトル : ★「つぐない」
今週公開作は・・・ 「フィクサー」「王妃の紋章」「ブラックサイト」「ヒットマン」など・・・ 見たい作品が目白押しだけど・・・ やはり、キーラ・ナイトレイが出てる本作を初日のレイトショウで。 ... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2008-04-25 00:05
タイトル : つぐない/ Atonement
"つぐない"といえば、テレサ・テンですが、、、 って世代がバレるか{/dododo/} こちらの作品、 今年のアカデミー賞作品賞のノミネートに、ゴールデングローブ賞作品賞受賞{/hakushu/} トロント映画祭でも高評だったし、その地味なタイトルとは裏腹に、期待が高まるのは仕方ない。 予告篇、あんまりみないようにしてたけど、 "つぐない"というからには キーラ・ナイトレイ&ジェームズ・マカヴォイ二人の 単なるラブストーリーではないらしい。 キーラの妹?小娘が出ていて何かやらかすらしい? と...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2008-04-25 10:19
タイトル : 黒い嘘、白い嘘。『つぐない』
嘘をついた少女が罪の重さを背負って生きる物語です。... more
Tracked from Cartouche at 2008-04-25 21:11
タイトル : *つぐない*
{{{   ***STORY***              2007年  イギリス 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。          gooより}...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-04-25 22:24
タイトル : 『潜水服は蝶の夢を見る』
□作品オフィシャルサイト 「潜水服は蝶の夢を見る」□監督 ジュリアン・シュナーベル □原作 ジャン=ドミニック・ボービー □キャスト マチュー・アマルリック、エマニュエル・セニエ、マリ=ジョゼ・クローズ、マックス・フォン・シドー、ジャン・ピエール=カッセル ■鑑賞日 2月10日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> まずそのタイトルに興味が沸く。 この作品はカンヌ映画祭で監督賞と高等技術賞を受賞し、今回のアカデミー賞でもジュリアン・シュナーベルが...... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-04-26 00:33
タイトル : 感想/つぐない
ああ、まさに文学の世界! 『つぐない』4月12日公開。イングランドの政府官僚のお屋敷。帰省する兄のために戯曲を描きお芝居をしようと末娘ブライオニーは駆け回る。姉のセシーリアは、使用人の息子ロビーとささいな諍いを起こす。それは身分違いの恋だった。セシーリアとロビーの関係を目撃したブライオニーは、自らの思い込みによりあらぬ誤解をする。その夜、事件は起きた。屋敷を訪れていた従姉のローラがなにものかに暴行される。犯人を目撃したブライオニーは証言する。「犯人はロビーよ」 つぐない:4月12日(土)新宿テアトル...... more
Tracked from Aspiring Bo.. at 2008-04-27 03:10
タイトル : 映画「つぐない」を観ました。2008年42本目
ジャンル : ドラマ 製作年 : 2007年 製作国 : イギリス 主演;キーラナイトレイ 第2次大戦直前のイギリス。官僚の娘で13歳のブライオニーは将来作家になることを夢見ていた。 姉のセシーリアと使用人の息子との関係に不信感を持ったブライアンは、ある夜起こった事件について 嘘をついてしまった。 そのせいで愛し合っていた姉と使用人の息子ロビーは離ればなれを余儀なくされる。 事の重大さを悟ったブライオニーだったが‥‥遅かった。 その後、彼女は作品を書き続ける。 姉とロビーへのつぐないをこめて。 ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-04-27 18:16
タイトル : つぐない
 『一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。』  コチラの「つぐない」は、ブッカー賞作家イアン・マキューアンの「贖罪」を映画化した4/12公開となったPG-12指定の大河ロマンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  ...... more
Tracked from to Heart at 2008-04-28 00:34
タイトル : つぐない
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 原題 ATONEMENT 原作 イアン・マキューアン『贖罪』 上映時間 123分 製作国 イギリス 監督 ジョー・ライト 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/シアーシャ・ローナン/ロモーラ・ガライ/ヴァネッサ・レッドグレーヴ/ブレンダ・ブレシン ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化したもの。 {/b...... more
Tracked from ・*・ etoile ・*・ at 2008-04-28 01:01
タイトル : 『つぐない』
'08.04.19 『つぐない』@テアトルタイムズスクエア 「第二次大戦中のイギリス。政府高官の娘ブライオニーは小説を書くのが好きな夢見がちな少女。家政婦の息子ロビーと密かに愛し合う美しい姉セシーリア。ブライオニーは2人の仲を衝撃的な形で知ってしまう。そして彼女...... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-04-30 00:21
タイトル : 『つぐない』
キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ主演の『つぐない』を新宿テアトルタイムズスクエアで観てきました。いやー、音楽に魅了された2時間強。 1935年のイングランド。政府官僚のジャック・タリスの屋敷では、末娘のブライオニーが休暇で帰省する兄と友人のために自作の... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-04-30 12:08
タイトル : つぐない
思い込みの嘘は自分を苦しめる。  ... more
Tracked from めでぃあみっくす at 2008-05-04 12:21
タイトル : 『つぐない』
タイプライターを叩く音を効果的に用いた音楽、13歳の少女の無垢なるゆえに犯した一つの過ちによって引き裂かれた恋人たち、そしてその過ちに生涯苦しみ続ける一人の女性の半生。上映中2時間椅子が軋む雑音さえこの映画に対して失礼だと思えるくらいに美しく、切なく、そし....... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2008-05-06 00:49
タイトル : つぐない−(映画:2008年38本目)−
監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、シアーシャ・ローナン、ロモーラ・ガライ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、ブレンダ・ブレシン 評価:95点 公式サイト (ネタバレあります) 多感な少女のついた嘘が、愛し合う男女の仲...... more
Tracked from サムソン・H・トマトマス.. at 2008-05-06 02:01
タイトル : つぐない
[[attached(1,center)]] 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。 政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と想いを通わせ合うようになる。 しかしながら、小説家を目指す多感な妹、ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついた「嘘」が、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまうはめに・・。 {{{: 『つぐない』  2007  Atonement  監督: ジョ...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2008-05-06 20:42
タイトル : 【劇場映画】 つぐない
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブライオニーの嘘の証言によって、愛しあう恋人たちは無残にも引き裂かれ、犯した過ちの重さにブライオニーが気づいたときには、泥沼の戦争が始まっていた。(goo映画より) 『ペネロピ』でファンになってしまったジェームズ・マカヴォイが出ている、ということで...... more
Tracked from とんとん・にっき at 2008-05-09 06:50
タイトル : キーラ・ナイトレイの「つぐない」を観た!
なんと言っても映画「つぐない」は、キーラ・ナイトレイありきの作品です。どう考えても「つぐない」のヒロインは、キーラ・ナイトレイ以外は考えられません。キーラの美しさを前面に打ち出した、哀しくも切ないヒロインですから。スカーレット・ヨハンソンに置き換えて... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-05-14 00:13
タイトル : 【2008-110】つぐない
人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。 ... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-05-16 14:26
タイトル : 贖罪の人生〜『つぐない』
 ATONEMENT  1935年の夏。英国上流階級タリス家の令嬢セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、 使用人の息子ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と愛を交わす。しかしその愛は、 セシーリアの多感な妹...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-05-23 14:25
タイトル : つぐない
一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた。あなたを愛しています!私のもとに帰ってきて・・・。 壮大なスケールで描く、切なくも美しい愛とつぐないの大河ロマン! 1935年の英国。広大な邸宅で恵まれた生活を送る13歳のブライ...... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-05-25 15:00
タイトル : つぐない
 美しい映画でした。映画が映画である必要性を痛感した作品でした。(5月25日 静... more
Tracked from りんたろうの☆きときと日記☆ at 2008-05-25 23:15
タイトル : 「つぐない」観てきました♪
☆「つぐない」 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ、ロモーラ・ガライ、シーアシャ・ローナン、ブレンダ・ブレシン、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、パトリック・ケネディ、ベネディクト・カンバーバッチ、ジュノ・テンプル 1930年代、第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。 政府官僚の末娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーとの噴水の前での諍いを目撃。 姉のセシーリアとロビーは、心の底ではお互...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-05-27 22:53
タイトル : つぐない:幼き少女の証言によって、二人の人生は狂う!!
 一生をかけて、償わなければならない罪があった。 命をかけて信じあう恋人たちがいた・・・・・。   5月9日、「ハンティング・パーティ」 鑑賞後、「つぐない」を鑑賞しました。こちらは、女性客が9割くらい占めていました。やはり女性に人気があるようです。キーラ・ナイトレイ、やっぱり美しいですよね。スレンダーな体にグリーンのドレスがよくお似合いです。彼女の相手役ロビーには、「ペネロピ」でお馴染みのジェームス・マカヴォイです。「ペネロピ」のマカヴォイだとはまったく気づかず・・・・・。役者さんは...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-05-28 21:46
タイトル : 映画『つぐない』を観て〜アカデミー賞受賞作品
40.つぐない■原題:Atonement■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:124分■字幕:関美冬■鑑賞日:4月20日、テアトルタイムズスクエア(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ジョー・ライト□脚本:クリストファー・ハンプトン□原作:イ...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-10-03 19:31
タイトル : 「つぐない」
1935年夏、英国。官僚ジャック・タリスの屋敷では、小説家を夢見る末娘のブライオニー(シアーシャ・ ローナン)が休暇で帰省する兄とその友人を自作の劇で歓待しようと準備。一方、大学卒業後の身の 振り方が定まらない姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、ある出来事をきっかけに使用人の息子ロビー (ジェームズ・マカヴォイ)への愛を自覚する。が、ロビーにほのかな想いを抱いていたブライオニーは、 行き違いの積み重ねと嫉妬心から姉とロビーの関係を誤解。その時、タリス家に預けられていた 15歳の従姉妹ローラ(ジュノー...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2008-10-13 22:23
タイトル : つぐない
ATONEMENT(2007/イギリス)【DVD】 監督:ジョー・ライト 出演:キーラ・ナイトレイ/ジェームズ・マカヴォイ/ロモーラ・ガライ/シーアシャ・ローナン/ブレンダ・ブレシン/ヴァネッサ・レッドグレーヴ 一生をかけて償わなければならない罪があった。 命をかけて信じ合う恋人たちがいた。 ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説「贖罪」を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。 仕掛けがある映画で、見応えありました。 今劇場公開もされていて、映画館でみるべきだったと後...... more
Tracked from MESCALINE DR.. at 2008-11-12 00:14
タイトル : 歌うタイプライター
移動サーカスでテントを次々と覘いてゆくような戦場の光景。引き揚げ船の到着を待つ兵士たち。長回しが効果をあげるなか、ダンケルクの場面は幻想味に溢れている。 シアーシャ・ローナンの透明感に驚いた。彼女の少女時代を切り抜いてフィルムに焼き付けたと云う一事をもって、この作品は絶対の価値を有する。 ジェームズ・マカヴォイの好演もキーラ・ナイトレイの薄い胸もシアーシャ・ローナンの前に霞む。 「つぐない」を観た。 死を控えた女性作家が21冊目にして最後の作品を書き上げた。小説のタイトルは『つぐない』。これは...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-11-12 23:01
タイトル : 【映画】つぐない…昼メロだなんて誤解していて申し訳ないm..
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後は…この前に書く文章が特に無くて{/ase/}保留しておりました。 …っていうのが、当ブログは映画レビューブログではなくて、あくまでも“日記”だと思っている私の勝手な拘り故(最近思い始めた拘りだけどね{/face_ase2/})...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2008-11-30 21:54
タイトル : 「つぐない」
第1作「プライドと偏見」(2005年)で世界の注目を集めた英国若手監督ジョー・ライト(1972年~)が07年、2作目としてイアン・マキューアンの小説「贖罪(しょくざい)」を映画化した大河ロマンス「つぐない」(英、123分、ユニバーサル映画配給)。この映画は1930年代の英国を舞台に、2人の女性と1人の男性の関係を中心に描き、一生かけても償(つぐな)うことのできない罪と、そうした状況の中での純愛を表した。また、映像表現や効果音の使い方などが特徴となっている。07年度のゴールデングローブ作品賞...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-05-02 22:33
タイトル : 『つぐない』を観たぞ〜!
『つぐない』を観ました英国を代表する作家の一人、イアン・マキューアンの傑作『贖罪』を、「プライドと偏見」のジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演で映画化した衝撃と感動の大河ロマンスです>>『つぐない』関連原題: ATONEMENTジャンル:ドラマ/戦争/ロマン...... more
Tracked from 新!やさぐれ日記 at 2009-06-24 22:55
タイトル : 【DVD】つぐない
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 劇場鑑賞時に発作発生 ▼感想 事実を伝えることが本当のつぐない ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 1930年代、戦火が忍び寄るイギリス。政府官僚の長女セシーリア(キーラ・ナイトレイ)は、兄妹のように育てられた使用人の息子、ロビー(ジェームズ・マカヴォイ)と思いを通わせ合うようになる。しかし、小説家を目指す多感な妹ブライオニー(シーアシャ・ローナン)のついたうそが、ロビーに無実の罪を着せ、刑務所送りにしてしまう。 ▼コメント <...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-31 16:15
タイトル : つぐない
一生をかけて償わなければならない罪があった。 ... more
Tracked from Blossom at 2010-07-15 14:29
タイトル : つぐない
つぐない ATONEMENT 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ ジェームズ・マカヴォイ     シアーシャ・ローナン ロモーラ・ガライ     ヴァネッサ・レッドグレーヴ  ブレンダ・ブレギ..... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2014-05-31 23:51
タイトル : 「世界名作映画」ベスト10ラブロマンス篇
「世界名作映画」ラブロマンス篇のベスト10は下記の通り。映画の世界では、ラブロマンスとは古くて新しいテーマである。古くはメロドラマ的な作品が数多かったが、近年ではもっと割り切ったドライなものが多数を占めている。男と女の関係は基本的に、未来永劫(えいごう)不変なのであるが、その時代時代により、表現(求愛)の仕方が異なってくるのは興味深いことだ。... more
Commented by なな at 2008-07-22 23:23 x
こんばんは
美しい映画でしたね~。この時代(1930年ごろ)の女性のファッションって
ふわふわした透けるワンピースとかブラウスとか,とてもフェミニンで,好きです。
英国の上流階級の品格と美しさが満載の館や調度品や壁紙の美しさもため息ものでした。
ジェームズ・マカヴォイがいちばんよかったかな。
もう可哀そうで,可哀そうで,彼が(そんな役がよく似合うお顔ですね)
原作も格調高い文体で,読み応えありますよ。
Commented by margot2005 at 2008-07-27 19:38
ななさん、こんばんは!
スーパー級カメレスお許しくださいまし。
映像が素晴らしく美しかったですね。
その美しい景色に女性たちの美しいファッションが映えて素敵でしたわ。
フェミニンなワードローヴがお好みのななさんにはたまらなかったかもですね?時代と共に女性のファッションも多様化で、こういったファッションを着回す女性も最近は少なくなったかと思えます。
ジェームズ・マカヴォイは「ラストキング・オブ・スコットランド」もgoodでしたが、このマカヴォイは素晴らしかったですね。ファンになりました。
原作読まれたのですね。やはり映画は原作には適わないですものね。
<< 「ジェイン・オースティンの読書会」 「大いなる陰謀」 >>