「悲しみが乾くまで」

a0051234_1443627.jpg「Things We Lost in the Fire」 2007 USA/UK
ヒロインのオードリーに「チョコレート/2001」のハル・ベリー。
オードリーの夫ブライアンの親友ジェリーに「スナッチ/2000」「21グラム/2003」のベニチオ・デル・トロ。
ブライアンに「コニー&カーラ/2004」のデヴィッド・ドゥカヴニー。
「秘密のかけら/2005」のアリソン・ローマンが薬物依存克服サークルでジェリーと出会う看護士ケリー役を演じている。
監督は「ある愛の風景/2004」「アフター・ウエディング/2006」のスサンネ・ビア。

突然亡くなった夫の死を受け入れられない妻が、夫の親友の支えにより再生して行く感動のヒューマン・ドラマ。
a0051234_1454538.jpg

愛する夫ブライアン(ドゥカヴニー)は成功した建築家。二人の子供と共に幸せな結婚生活を送るオードリー(ベリー)は、ある夜突然夫が事故に合い亡くなったと知らされる。
悲しみに打ちひしがれるオードリー。ブライアンの葬儀の日、彼のパソコンにメールが入る。メールの送信者に気がついたオードリーは弟ニール(オマー・ベンソン・ミラー)をメールの送信者であるジェリー(デル・トロ)の元へと送る。
ブライアンの親友ジェリーはヘロイン中毒者だった。
過去にはジェリーを嫌っていたオードリーだったが、ブライアンの親友であり、子供たちにも優しく接するジェリーにだんだん親近感を覚え始める。やがてオードリーは、収入もないその日暮らしのジェリーに一緒に住んで欲しいと持ちかけるのだった...
a0051234_1452934.jpg

スサンネ・ビア....作品は「しあわせな孤独/2002」から始まって上に書いた2作品「ある愛の風景」「アフター・ウエディング」と全て3作夫婦、家族の愛を描いている。
この方ってどうしてこんなに夫婦愛(家族愛)を感動的に描くのが上手いの??と質問してみたくなる。
立場、理由こそ違うが、互いに傷ついた男と女。“Accept the Good/善は受け入れよ”という台詞が繰り返され、ラスト、赤い薔薇に添えられた“Accept the Good”のカードで終わるシーンは感動そのものである。
“私たちが火事でなくしたもの”というタイトル。観る前は??だったが、ラスト近くでこの原題の意味が解る。“悲しみが乾くまで”という映画配給会社が付けたであろう陳腐な邦題は、余〜りにも陳腐過ぎる。
a0051234_146319.jpg

監督スサンネ・ビアはやはりこの作品でもヒロインのハルと、デル・トロの顔アップを繰り返し撮っている。
俳優にとっては嫌かもしれないこの監督の描き方。ハルはアップでも美しいし、デル・トロもヘロイン中毒役ながらチャーミングなアップ顔を見せている。
でも、でもベニチオ・デル・トロって素敵だな。
デル・トロも私的にゴージャス系に入る大好きな俳優の一人。彼の作品もっと、もっと公開して欲しい!!
ハル・ベリーも適役である。
観たくて、観たくて初日に飛んで行った。
コレも今年度のベストに入れたい作品。
ブライアンを演じたデヴィッド・ドゥカヴニーって結構好きな俳優だが、彼が演じる役ってどうも冴えないのだ常に...
ロケ地はカナダ、ブリティッシュ・コロンビア、バンクーバー。
シネカノン有楽町1丁目にて...
a0051234_1445227.jpg
a0051234_1451038.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-03-30 02:12 | MINI THEATER | Trackback(15) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6953127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Cartouche at 2008-03-31 23:23
タイトル : *悲しみが乾くまで*
{{{   ***STORY***                 2008年  アメリカ     オードリーは、夫と二人の子供たちに囲まれ、平凡だが幸せな日々を送っていた。しかし、事件に巻き込まれた夫が射殺される。愛する人を失った悲しみから立ち直れなかったオードリーは、夫の幼馴染みで親友のジェリーを思い出す。彼は弁護士だったが、今はドラッグで堕落していた。オードリーはそんな彼を好きではなかったが、自分と同じように夫を深く理解し、愛していてくれたことを知り、親近感を持ち始める。オードリーは、そ...... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2008-04-02 18:52
タイトル : 悲しみが乾くまで
存在を 欠いて知るかな 真の大樹    いやはや突然お葬式会場に廃れた古谷一行が現れたので、びっくりいたしました。そのうちに分かるんですけれど、彼は元弁護士さん。でも、ヤクに溺れるようになっちゃって、再生の道を歩き始めた途中なんですね。  というか、彼、古... more
Tracked from 佐藤秀の徒然\{?。?}.. at 2008-04-03 13:58
タイトル : 悲しみが乾くまで〜サブプライムな2人
公式サイト。原題Things We Lost in the Fire(私たちが火事で失ったもの)。スサンネ・ビア監督、ハル・ベリー、ベニチオ・デルトロ。舞台がシアトルの住宅街だけで2時間の作品。一見、焦点が定まらないように見えるが、2人の葛藤が濃密な時間の中で流れている。... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-04-03 22:47
タイトル : 『悲しみが乾くまで』 (2008) / アメリカ
監督:スサンネ・ビア出演:ハル・ベリー、ベニチオ・デルトロ、デヴィッド・ドゥカヴニー、アリソン・ローマン、ジョン・キャロル・リンチ鑑賞劇場 : シネカノン有楽町1丁目公式サイトはこちら。<Story>オードリー(ハル・ベリー)は、夫(デヴィッド・ドゥカ...... more
Tracked from Art- Mill  あ.. at 2008-04-07 00:03
タイトル : 悲しみが乾くまで
悲しみが乾くまでHP http://woman.excite.co.jp/cinema/kanashimi/ 映画を見る前は、レビューその他はできるだけ読まないことにしている。先入観を持つと、映画の鮮度が落ちるし、自分の素の感... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2008-04-09 23:52
タイトル : 悲しみが乾くまで
オードリー(ハル・べリー)は誠実な夫(デヴィッド・ドゥカブニー)、そして かわいい2人の子供と平穏な生活を送っていた。 しかしある日偶然見かけた夫婦ゲンカの仲裁に入ったことから、 夫は見知らぬ男に銃で撃たれてこの世を去る。 夫の死を受け入れられないオードリー。 どうにか悲しみから抜け出したいオードリーは夫の親友だったジェリー (ベニチオ・デル・トロ)に連絡を取り一緒に住むことを提案する。 かつては優秀な弁護士だったジェリーだが、今ではドラッグ中毒に陥っている。 そんな2人の悲しみを...... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2008-04-14 06:31
タイトル : 悲しみが乾くまで 2008-18
「悲しみが乾くまで」を観てきました〜♪ オードリー(ハル・ベリー)は、夫のブライアン(デヴィット・ドゥカウヴニー)と二人の子供に囲まれ、幸せな生活を送っていた。しかし、或る日ブライアンが事件に巻き込まれ射殺されてしまう。悲しみのどん底の突き落とされたオードリーは、夫の親友で麻薬中毒に苦しむジェリー(ベニチオ・デル・トロ)に一緒に住んでくれるように頼む・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、頼れる人が現れるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-04-18 22:46
タイトル : アフター・フューネラル〜『悲しみが乾くまで』
 THINGS WE LOST IN THE FIRE  やさしい夫とかわいい二人の子どもに恵まれ、何不自由ない生活を送る美しい 主婦オードリー(ハル・ベリー)。しかし突然の事故で夫ブライアン(デヴィッド・ ドゥカギ..... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-04-25 00:12
タイトル : 感想/悲しみが乾くまで(試写)
淋しいけど、優しい。『悲しみが乾くまで』3月29日公開。最愛の夫を亡くしたオードリー。夫の親友であり、しかし薬物中毒患者でもあるジェリーにその死を報せ、そして共に暮らすことを提案する。しかしオードリーの悲しみは癒えず、ジェリーもまた薬物を絶てないのだった。 映画『悲しみが乾くまで』公式サイト|ウーマンエキサイト シネマ(映画) 去年、『アフター・ウェディング』と『ある愛の風景』でオレのハートをがっちり掴んだスサンネ・ビア監督のハリウッドデビュー作。環境は変わっても彼女らしく、ときに容赦ないほど...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-05-27 20:45
タイトル : 悲しみが乾くまで
夫が死んだ。私には彼が必要だった。愛する者を失った二人が、互いに寄り添った奇跡の時間。失うことと、生きること。悲しみを乗り越えようとする男と女。 物語:オードリーは、夫のブライアンと二人の子供たちに囲まれ、平凡だが幸せな日々を送っていた。 だが、悲劇は...... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-06-07 06:12
タイトル : 悲しみが乾くまで
 どういうわけかセンチな私です。この映画も私の痛いところを突きました。ところどこ... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-01-16 10:19
タイトル : 「悲しみが乾くまで」
スサンネ・ビア監督の映画、この1週間で3本目^^ベネチオ・デル・トロの演技が圧巻でした!... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-02-26 22:40
タイトル : 悲しみが乾くまで
 『そう、きっとあなたを利用した。 夫を亡くした女は、夫の親友と暮らし始めた。』  コチラの「悲しみが乾くまで」は、「アフター・ウェディング」で、2007年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたデンマークの俊英スサンネ・ビア監督がハリウッド進出を果た....... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2009-11-16 09:16
タイトル : 悲しみが乾くまで
WOWOWで鑑賞―【story】夫のブライアン(デヴィッド・ドゥカヴニー)と2人の子どもに囲まれ、幸せな日々を送っていたオードリー(ハル・ベリー)。しかし、ブライアンが事件に巻き込まれて死亡。その葬儀の日、オードリーは夫の親友ジェリー(ベニチオ・デル・トロ)と再会する。ジェリーはかつて弁護士だったが、今はクスリにおぼれ、堕落していた―     監督 : スザンネ・ビア 【comment】この監督さんの他の映画も観てみたくなった― 優しい夫ブライアン、可愛い二人の子どもたち、経済的にも恵まれて、幸せな日...... more
Tracked from こんな映画見ました〜 at 2011-04-17 13:37
タイトル : 悲しみが乾くまで
『悲しみが乾くまで』---THINGS WE LOST IN THE FIRE---2009年(アメリカ/イギリス )監督:スサンネ・ビア出演:ハル・ベリー 、ベニチオ・デル・トロ 、デヴィッド・ドゥカヴニー 、アリソン・ローマン 「ある愛の風景」「アフター・ウェディング」のデンマ...... more
Commented by D at 2008-03-30 23:52 x
予告編を観ただけで、すごく観たい!と思いました
主役の二人の演技を見たい

とうわけで、記事はスルーさせていただきましたが
写真を観て一人ニンマリしておりました♪
Commented by margot2005 at 2008-03-31 23:44
Dさん、こんばんは!
この作品素敵でしたわ。
機会がありましたら是非ご覧になってくださいまし。
観ていない作品の記事って読みたくありませんわよね?
私は観てない作品の記事は決して読みませんのよ。
ベニチオ&ハルの組み合わせがナイスでしたね。
Commented by sabunori at 2008-04-09 23:57
margotさん、こんばんは。
私はただ、ただ、ドゥカヴニーとデル・トロ観たさで劇場へ足を運んで
しまいました。
あのお屋敷、ものすごかったですねー。
それから子供2人がかわいかった。クリクリヘアーで。
それにしてもドゥカヴニーって本当に役に恵まれませんよね。
「Xファイル」のモルダーを超える役は難しいかしら・・・。
Commented by margot2005 at 2008-04-10 21:59
sabunoriさん、こんばんは!
「Xファイル」のモルダーは顔のせいでしょうか?
顔が優し過ぎちゃって、情け無い役ばかり来るのかも??
あのお家の庭が今でも目に焼きついておりますわ。素敵なお家でしたね。子供たちもチャーミングでした。
Commented by 真紅 at 2008-04-18 22:55 x
margotさま、こんにちは~。
うんうん、私もこの邦題はちょっと不満ですね。原題のニュアンスが全然活きてないですよねー。
デル・トロさんの演技が圧巻でした。ハル・ベリーはちょっと負けてましたね、綺麗でしたが。
デル・トロのゲバラが観たいですね~。
ではでは、また来ます!
Commented by margot2005 at 2008-04-19 01:15
真紅さん、こんばんは!
陳腐過ぎる邦題に唖然ですが...
ベニチオさん大好きなんです!
ハル・ベリーはホント美しいです。彼女も大好きな女優です。
ドゥカヴニーも好みだし...俳優人には大満足でしたね。
デル・トロのゲバラは似合いますよね?
先だってwowowで放映されていた「007/消されたライセンス」のちょい役デル・トロには若くって笑ってしまいました。
いつもTBのみでごめんなさい。
また映画を語りましょう!
Commented by はっち at 2008-04-19 06:56 x
コメントどうも&TBご迷惑おかけしました。
TBはなんで出来ないのか不明です。アクセス規制とかしていないの
ですけどね・・・jugemに言っても、対処してくれないし・・・(^_^;)
ジワっと感動する、そんな類の映画でした。
デル・トロは、エエ役者ですよね。味があるわぁ~♪
Commented by margot2005 at 2008-04-20 21:46
はっちさん、こんばんは!
こちらにもコメントありがとうございます!
TBって不思議ですね?後から反映されたりするブログもありますが、ダメなとこは何度試みてもダメですし...
ほんとベニチオは良い役者です。
スサンネ・ビアの世界も似合ってましたわ。
<< 「ランジェ公爵夫人」 「スルース」 >>