「ほっ」と。キャンペーン

「スルース」

a0051234_2372324.jpg「Sleuth 」2007 USA
「リトル・ボイス/1998」「愛の落日/2002」のマイケル・ケインと「マイ・ブルーベリー・ナイツ/2007」のジュード・ロウが火花を散らすサスペンス・ドラマ。
監督は「ハムレット/1996」「舞台より素敵な生活/2000」のケネス・ブラナー。
脚本はノーベル文学賞受賞者のハロルド・ピンター。

ある日、人気推理小説家ワイク(ケイン)のロンドン郊外の瀟洒な邸宅に一人の男が訪ねて来る。男は、自分はマギーの恋人マイロ・ティンドル(ロウ)だと告げ、彼女との離婚に合意して欲しいとワイクに迫る。そこでワイクはティンドルにある提案を持ちかける。それは時価100万ポンドの宝石を盗んで欲しいというものだった...
a0051234_237387.jpg

スタイリッシュなサスペンス・ドラマという形容が似合うとても粋な作品。
マイケル・ケイン&ジュード・ロウ。配役の二人が素敵に似合っている。
監督のケネス・ブラナーってこんなにスタイリッシュな映画を作るんだと嬉しくなる。
ブラナーってどうもシェイクスピアとか古典っぽいイメージが強いため...
一人の女をめぐって二人の男が仕掛ける罠...女マギーはいっさい姿を見せないサスペンス仕立ての心理ドラマで、どんでん返しによる、どんでん返しっていうのか?とても面白い展開で楽しめる。
原題の“Sleuth/探偵・刑事”...なぜこのようなタイトルが付いたのか?は映画を見れば理解出来る。
a0051234_238810.jpg

1972年度版は名優ローレンス・オリビエが作家ワイク役で、マイケル・ケインがジュード・ロウの役を演じた。となると観てみたい!衝動に駆られるが、あるのか1972度版DVD?
若い頃のマイケル・ケインってどうも顔が好きじゃなく、古い作品は殆ど観ていない。
でも「ニコラス・ケイジのウェザーマン/2005」とか「奥様は魔女/2005」での彼は中々チャーミング。
いつもの事ながら映画は白紙の状態(公式サイト等はいっさい見ない)で観る。シアターでの予告は必然的に観せられてしまうので仕方ない。しかしこの作品1972年度版の「Sleuth 」のリメイクと知ってIBDbをちょっと覗いてみた。
映画に登場する人物は3人のみ...マイケル・ケインとジュード・ロウ、そして脚本を書いたハロルド・ピンターがTVの中の男を演じるらしい。
基本的に出演者はマイケル・ケインとジュード・ロウのみ。
これは知らない方が面白かったかな??なんて観てから思ったが後の祭り...
ジュード・ロウは相変わらずゴージャス過ぎる。
UKで撮影され、二人のUK俳優が出演し、監督も、脚本家もイングリッシュなのにアメリカ製作映画である。
シネスイッチ銀座にて...
a0051234_2383549.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-03-29 23:24 | MINI THEATER | Trackback(18) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6952484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Wilderlandwa.. at 2008-03-29 23:49
タイトル : 「スルース(SLEUTH )」映画感想
我想一個人映画美的女人blog のmigさんが2回も見たとい... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-03-30 00:07
タイトル : 『スルース』
監督:ケネス・ブラナー  CAST:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ ロンドン郊外に住む有名な推理小説家、ワイク(マイケル・ケイン)の所に、彼の妻の愛人、ティンドル(ジュード)が訪れる。そしてギ..... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-03-30 14:03
タイトル : 『スルース』 (2007) / アメリカ
原題:SLEUTH監督・製作:ケネス・ブラナー脚本:ハロルド・ピンター出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家ワイク(マイケル・ケイン)の邸宅に、ティン...... more
Tracked from Cartouche at 2008-03-31 23:25
タイトル : *スルース*
{{{   ***STORY***                2007年  アメリカ ロンドン郊外にあるベストセラー推理小説作家ワイクの邸宅に、ティンドルと名乗る若い男がやって来る。彼はワイクの妻と不倫関係にあり、離婚を承諾しないワイクを説得にやってきた。ティンドルの要求にワイクはある提案をする。それはティンドルに、ワイクの高価な宝石を盗み出させる事だった。ワイクには保険金が入り、ティンドルも別れた妻と暮らせるお金が手に入る。承諾したティンドルはワイクの言うままに泥棒を演じるが…。    ...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2008-03-31 23:31
タイトル : スルース
ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の元に、 若い俳優マイロ・ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。 ティンドルはワイクの妻マギーの浮気相手`..... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2008-04-03 11:52
タイトル : 【スルース】
  男の嫉妬は世界を滅ぼす 監督:ケネス・ブラナー 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ 「ロンドンに住む初老の推理作家アンドリュー・ワイクの邸宅にマイロ・ティンドルという若い男がやってきた。監視システムが張り巡らされた家に上がるティンドルは... more
Tracked from to Heart at 2008-04-03 21:53
タイトル : スルース
男の嫉妬は 世界を滅ぼす。 上映時間 89分 原作戯曲 アンソニー・シェイファー 脚本 ハロルド・ピンター 監督 ケネス・ブラナー 音楽 パトリック・ドイル 出演 マイケル・ケイン/ジュード・ロウ 1972年に舞台から映画として好評を博したミステリー『探偵スルース』のリメイク。 制作にジュード・ロウも名を連ねている。 {/book_mov/}あらすじ: ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さん...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-04-13 19:34
タイトル : スルース
 『男の嫉妬は 世界を滅ぼす。』  コチラの「スルース」は、アンソニー・シェイファーの舞台劇を1972年に映画化した「探偵<スルース>」のリメイクで、3/8公開となったPG-12指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  オリジナルは未見なのですが、オ....... more
Tracked from KINOMANIE at 2008-04-20 18:04
タイトル : スルース
2007年 アメリカ 原題:SLEUTH 監督:ケネス・ブラナー 脚本:ハロルド・ピンター 出演:マイケル・ケイン、ジュード・ロウ シネスイッチ銀座 評価額 1,200円 戯曲ってことで、セットや演出が舞台っ...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-04-21 09:14
タイトル : 勝つのはどっちだ〜『スルース』
 SLEUTH  ロンドン郊外の村、そこに立つ豪邸に一台の車が滑り込んでくる。世界的推理 小説家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)の元を訪れた自称俳優マイロ・ティ ンドル(ジュード・ロウ)ぎ..... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-04-22 01:57
タイトル : ★「スルース」
今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」にて1本。 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」・「こわれゆく世界の中で」と、 何気にジュード・ロウ出演作の3レンチャンになっちゃいました。 でもでも、この「ミニ・ジュード・ロウ特集」も、ネタ切れなので今回で終了でーーーす。 ... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-04-28 00:57
タイトル : スルース:SLEUTH
v 男の嫉妬は 世界を滅ぼす。   4月15日、京都シネマにて鑑賞。元々舞台劇らしい。72年に故ローレンス・オリヴィエとマイケル・ケインによって映画化された「探偵《スルース》」。このとき、アカデミー賞4候補に上がった傑作ミステリーである。設定はそのままで、まったく新しいアプローチで甦ったそうですが・・・・・。   今回、ローレンス・オリヴィエが演じたアンドリュー・ワイクを、あのマイケル・ケインが演じ、ジュード・ロウはケインが演じた若い男役にまわるという設定です。 &nbs...... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-05-03 18:29
タイトル : スルース
 人間は誰でもナルシストかな?ってな感じで観ていました。それにしてもジュード・ロ... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2008-05-31 11:12
タイトル : 「スルース」は「召使」を超えていない
「スルース」の脚本はハロルド・ピンターである。ハロルド・ピンターといえば、60年代にはジョセフ・ロージーとのコラボレーションがあり、中でも「召使」と「できごと」は印象深い。今回の「スルース」は、「召使」に非常に近いのではないかと思う。重なる部分はあると思...... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2008-10-04 23:10
タイトル : スルース
この作品,高評価の素晴らしいオリジナル(1972年)があるそうだが・・・そっちは未見なので,このリメイク版はまっさらな気持ちで鑑賞。 あらすじ: ロンドン郊外の邸宅に住むベストセラー推理小説家ワイク(マイケル・ケイン)の元に、彼の妻の愛人ティンドル(ジュード・ロウ)がやって来る。「奥さんとの離婚に合... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-10-09 21:08
タイトル : 「スルース」
ベストセラー推理作家アンドリュー・ワイク(マイケル・ケイン)が暮らすロンドン郊外の豪邸。 ここに、若い俳優マイロ・ティンドル(シュード・ロウ)が訪ねてくる。彼こそは、ワイクの妻マギーの 浮気相手。この日の来訪は、ワイクにマギーとの離婚を迫るためだった。それを承知で彼を 穏やかに招き入れるワイク。そして、失業中だというティンドルに、贅沢が身についた妻を 満足させることはできないだろうと切り出すと、あらかじめ用意していたある提案を持ちかける・・・。 オリジナルは未見です。 この映画は良くも悪くも、マ...... more
Tracked from キネオラマの月が昇る〜偏.. at 2008-10-18 09:20
タイトル : 息詰る密室劇 「SLEUTH スルース」
大きなネタバレあり。ご注意ください! 「SLEUTH」公式サイト 今頃、四月に観た映画の感想を。 トリッキーな物語が好きだ。 小説であれ映画であれ、最後の最後に「あっ!」と驚かせてくれる話が。 この映画の粗筋を聞いて、漠然と「デス・トラップ 死の罠」を連想した。 これは私の好きなタイプの映画かもしれないとの期待を胸に、劇場まで足を運んだ。 世界的に有名な老推理作家(“サー”・マイケル・ケイン)のところに、妻の愛人と名乗る美貌の若い俳優(ジュード・ロウ)が訪ねて来る。 愛し合っている我々二...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-06-17 00:42
タイトル : スルース
男の嫉妬は、世界を滅ぼす。 ... more
Commented by なな at 2008-10-04 23:09 x
こんばんは
完全な二人芝居,舞台も同じ・・・という設定では
役者に力量がないと飽きてしまいますよね~
でも,ジュードもケインも流石の名演技で
二人の演技合戦だけでも見どころが満載でした。
オリジナルの方が,ストーリーは面白いそうなので
私もぜひそっちも観たいなぁ。
ケインの若い頃ってみたことないし・・・
Commented by margot2005 at 2008-10-05 22:39
ななさん、こんばんは!
この元映画はまだ見れておりませんの。
マイケル・ケインは若い頃より今の方が断然素敵ですね。
ジュードも将来マイケル・ケインのような俳優になれれば良いですね?
二人の演技合戦はとても良かったです。
密室劇って好きなので堪能しましたわ。
昨日だったか?クリント・イーストウッドが監督した「真夜中のハバナ」をBSで見ました。ブレイク前のジュードが出演してます。
ジュード・ロウ映画は「アルフィー」が好きですね。
<< 「悲しみが乾くまで」 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 >>