フランス映画祭2008...「ディディーヌ」

a0051234_23561781.jpg「Didine」2007 フランス
生真面目で優しいディディーヌが老人介護団体のボランティアとなり本当に愛する人に出会う素敵なラヴ·ストーリー。

ディディーヌに「ふたりの5つの分かれ路/2004」「輝ける女たち/2006」のジェラルディーヌ·ペラス。
ニコラに「輝ける女たち/2006」の脚本家であり、俳優でもあるクリストファー·トンプソン。
男友だちフランソワにバンジャマン·ビオレ。
女友だちミュリエルに「パリ/2007」のジュリー·フェリエ。
マダム、ミルポアにエディット·スコブ。
監督はヴァンサン·ディエッチ。
a0051234_23563456.jpg

35才のディディーヌ(ペラス)は独身。洋服のパターン·デザイナーだが、少ない報酬に不満も感じない無欲な女性。
一方で、ディディーヌの女友だちミュリエル(フェリエ)はリッチな女社長で奔放な生活を送っている。
ある日、ふとした事から老人介護団体のボランティアとなり、偏屈なマダム、ミルポア(スコブ)の家へと向かう。そこでディディーヌはマダム、ミルポアの甥ニコラ(トンプソン)と出会うのだった...
a0051234_23565289.jpg

とても、とても地味な作品ながらチャーミングなラヴ·ストーリーである。
ディディーヌとミュリエルが何でも話す親友ながら全く正反対の性格で、生き方も全然違っている。
この違い過ぎる、対照的でもある二人の女性...二人の女優がとても役柄に合っている。
ニコラ役のクリストファー·トンプソンは好みなフランス俳優。
偏屈で、頑固なbasan役のエディット·スコブが良いな。
トンプソンとペラスは実生活でのパートナーである。
TOHOシネマズ六本木ヒルズにて...
[PR]
by margot2005 | 2008-03-24 00:11 | 映画祭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6931725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「魔法にかけられて」 「バンテージ・ポイント」 >>