「4ヶ月、3週と2日」

a0051234_2316425.jpg「4 luni, 3 saptamâni si 2 zile」...aka「4 Months, 3 Weeks & 2 Days」 2007 ルーマニア
2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した違法中絶がテーマの人間ドラマ。
主演のオティリアにアナマリア・マリンカ。望まない妊娠をしたルームメイト、ガビツァにローラ・ヴァシリウ。堕胎を行う怪しげな男ベベにヴラド・イヴァノフ。
監督、脚本はクリスティアン・ムンジウ。
a0051234_2318144.jpg

1989年に妻エレナと共に処刑されたルーマニアの独裁者ニコラエ・チャウシェスク。彼の独裁政権もやがて終わりを告げようとする1987年、2月、雪が残るルーマニア、ブカレスト。
ある日、大学生のオティリア(マリンカ)は、ルームメイト、ガビツァ(ヴァシリウ)が中絶を受けるため手配したホテルを訪ねる。しかし部屋の予約はなされていないと告げられる。途方に暮れるオティリアだったが、別のホテルに飛び込み部屋を3日間確保するのだった。
その後、闇の中絶人ベベ(イヴァノフ)を訪ね、ホテルに連れ帰る。
彼女たちが借金してかき集めたお金は3000レウ。しかしホテル代に300レウあまり取られ、残ったお金ではベベは満足しなかった...

公開されたら一番に観に行こうと思いながら、時間が合わずで、やっと観る事が出来た。
とても、とてもリアルに描いてあり、重い...滅茶へヴィーな映画である。
観る前に「ヴェラ・ドレイク/2004」を想像していたが、ちょっと描き方が違う。
映画を観る際、いつも詳しいストーリーを知らないで観たいので、これも観てからタイトルの意味を納得した。
ルームメイト、オティリアにおんぶに抱っこ状態で堕胎に望むガビツァが信じられないくらい子供なのである。
心配に、心配するオティリアをよそに、ホテルのレストランで“お腹が減ったの”と言うガビツァに唖然とし、そしてあのラスト...多分ここで終わるな?と思ったら、あっけなく終わってしまったあのラストはニクい。
冷戦時代のせいなのか?季節が真冬のせいなのか?全体的に暗い雰囲気がこの作品にマッチしている。
どうしようもなく、辛くってやるせない様を全身で表すオティリア役のアナマリア・マリンカが素晴らしい!

1989年12月、ルーマニアの独裁者ニコラエ・チャウシェスクが妻エレナと共に、革命軍によって公開銃殺刑となった映像はニュースで見て覚えている。“王朝”と呼ばれた彼らの大宮殿。銃弾に倒れる妻は高そうな毛皮(セーブルかミンクか?)のコートを纏っていたように記憶する。
独裁者チャウシェスクがエレナと私腹を肥やす中、あの時代に生きたオティリアたちが実に哀れである。

ルーマニアの通貨って、てっきりユーロだと思っていたのだが(ユーロも使える)...今現在のレートで行くと3000レウって日本円で約12万8000。20年前とは為替レートが違うだろうから単純に計算する訳には行かないが、恐らく法外な値段で闇中絶は行われていたことであろう。
同性にとっては余りにも哀しく辛い作品。
銀座テアトルシネマにて...
a0051234_2317897.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-03-12 00:13 | スペイン | Trackback(16) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6888971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 辛口だけれど映画が好きです at 2008-03-12 02:46
タイトル : 4ヶ月、3週と2日
4ヶ月、3週と2日4 luni, 3 saptamini si 2 zile(2007年/ルーマニア/クリスチアン・ムンジウ監督/公式サイト)1987年チャウシェスク政権末期。望まない妊娠をしたルームメイトの違法中絶を助けるために、オティ...... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-03-16 15:16
タイトル : 『4ヶ月、3週と2日』 (2007) / ルーマニア
原題:4LUNI,3SAPTAMANISI2ZILE/4MONTHS,3WEEKSAND2DAYS/4MOIS,3SEMAINES,2JOURS監督・脚本:クリスティアン・ムンジウ出演:アナマリア・マリンカ、ローラ・ヴァシリウ、ヴラド・イヴァノフ、ルミニツァ・ゲオルジウ鑑賞劇場 : 銀座テアトルシネマ公式サイトはこちら...... more
Tracked from ラングランド "WaiW.. at 2008-03-18 00:01
タイトル : 『4ヶ月、3週と2日』
1989年ルーマニア、チャウシェスク政権時代末期に 当時違法だった妊娠中絶をする女子大生とルームメイトの1日を描いたルーマニア映画。 記憶にまだ新しい、マイク・リー監督の『ヴェラ・ドレイク』は、 1950年イギリスが舞台で、 貧しくて困っている人達を助ける為に非...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-03-31 21:33
タイトル : 4ヶ月、3週と2日
 『これは 二人だけ の秘密──。』  コチラの「4ヶ月、3週と2日」は、1987年独裁政権下のルーマニアを舞台に法律で禁じられたことを実行した勇気あるヒロインを描いたPG-12指定のサスペンスで、3/1公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  60回を迎え...... more
Tracked from Osaka-cinema.. at 2008-04-09 01:33
タイトル : 4ヶ月、3週と2日~やるせない一日
2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞、 アメリカ・アカデミー賞、外国語部門、ルーマニア代表、 その他、数々の映画祭で、評価された映画の公開であります。 映画「4ヶ月、3週と2日」 あらすじ: チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア、 大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)とガビツァ (ローラ・ヴァシリウ)は寮のルームメート同士。 実はガビツァは妊娠していたが、中絶は法律で禁じられていた。 中絶手術の当日、予想外の事態が重なり手術の機会を 逃しそうに...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-04-16 09:09
タイトル : 女だから。〜『4ヶ月、3週と2日』
 4 LUNI, 3 SAPTAMANI SI 2 ZILE  1987年、チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。法で禁じられた堕胎手術 を受けるルームメイトを手助けする、一人の女学生の一日。カンヌ映画祭パルム ドール受...... more
Tracked from Art- .. at 2008-04-26 15:16
タイトル : 4ヶ月、3週と2日
4ヶ月、3週と2日 HP http://www.432film.jp/ わからないことが多い作品だった。 予備知識なくみたので、タイトルもどんな意味なのかわからず、映画のはじまりでは困惑。時間の進行... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-04-30 22:32
タイトル : 映画『4ヶ月、3週と2日』を観て
33.4ヶ月、3週と2日■原題:4Luni,3SaptaminiSi2Zile■製作年・国:2007年、ルーマニア■上映時間:113分■字幕:地田牧子■鑑賞日:3月29日、銀座テアトルシネマ(京橋)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:クリスティアン・ムンジウ...... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-05-25 21:36
タイトル : 4ヶ月、3週と2日
 カンヌ映画祭グランプリ。重苦しい話で、ちょっと辛かったです。(5月20日 静岡... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-06-02 16:38
タイトル : 4ヶ月、3週と2日 独裁政権下のルーマニアの現状を描いた作品
 これは二人だけの秘密・・・・・。貴方ならどうしますか? 6月に入りました。梅雨ですね。この映画は5月2日に鑑賞したのですが・・・。レビューせず、ほったらかしにしていました。もう1ヶ月経ってしまったのですが。かなり印象深い作品でしたね。 ルーマニアの映画です。ルーマニアというと、東欧ですね。共産主義国というイメージくらいしか思いつかないのですが。そして地味な感じもします。   舞台は1987年のチャウシェスクによる独裁政権下のルーマニア。この時代、労働力を確保する目的で、4人子供を産...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-06-09 22:48
タイトル : 【2008-103】4ヶ月、3週と2日(4 LUNI, ..
人気ブログランキングの順位は? 1987年 ルーマニア・・・ 独裁政権下の自由を奪われた社会 ルームメイトを助けるために 彼女の長い一日が始まる> これは、二人だけの秘密──。 ... more
Tracked from 小部屋日記 at 2008-09-18 12:48
タイトル : 4ヶ月、3週と2日
4 Months, 3 Weeks, and 2 Days(2007/ルーマニア)【DVD】 監督・脚本・製作: クリスチャン・ムンギウ 出演:アナマリア・マリンカ/ローラ・ヴァシリウ/アレックス・ポトシアン/ルミニツァ・ゲオルジウ/アディ・カラウレアヌ これは二人だけの秘密―。 2007年カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した人間ドラマ。 『ラストキング・オブ・スコットランド』『エディット・ピアフ〜愛の賛歌〜』『クィーン』をおさえて見事勝ち取った作品。 徹底したリアリズム作品、楽しい映画では...... more
Tracked from Have a movie.. at 2008-09-19 16:27
タイトル : 4ヵ月、3週と2日
聞いた事もない作品だなぁ…と、何気にお店で手にとって裏の解説をろくに読みもしないで(いつもこんな感じなのだけれど)、借りて来た作品に圧倒される瞬間は、つくづく嬉しいものだ。『ガッジョ・ディーロ』や『トランシルヴァニア』などの印象的な作品もルーマニアが...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-10-05 23:10
タイトル : 「4ヶ月、3週と2日」
1987年。チャウシェスク独裁政権末期のルーマニア。大学生のオティリア(アナマリア・マリンカ)は、 望まない妊娠をした寮のルームメイト、ガビツァ(ローラ・ヴァシリウ)から、違法中絶の手助けを 頼まれる。手術当日、オティリアは恋人からお金を借りると、ガビツァが手配したはずのホテルへ 向かうが、そんな予約はないと門前払い。やむを得ず別のホテルを探し、さらに、体調がすぐれない というガビツァに代わり、約束の男ベベ(ヴラド・イヴァノフ)も彼女が迎えに行く。無愛想なベベは、 やって来た女も違えば、ホテルの場所も...... more
Tracked from しづのをだまき at 2008-10-12 01:22
タイトル : 【映画】4ヶ月、3週と2日
2007年 ルーマニア 113分 鑑賞 DVD   監督・脚本 クリスティアン・ムンジウ 出演 アナマリア・マリンカ  ローラ・ヴァシリウ 違法な中絶をする友人を助けるために奔走する女子大生の一日を描いた映画。 ルーマニア映画で初のカンヌ最高賞(パルム・ドール)を受けている。 実を言うとカンヌの受賞作品は肌に合わない。大体が分りにくいためだ。この映画も、冒頭からいきなり粗末な一室に連れ込まれ、ここがどこで、この二人の女性がだれで、いま何が起きているのかという説明の無いまま、会話を途中から聞か...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2009-02-03 19:54
タイトル : 『4ヶ月、3週と2日』'07・ルーマニア
あらすじ1987年の冬のある日、チャウシェスク政権下のルーマニアで、大学生のオティリアは寮のルームメイトのガビツァとせわしくなく動き回っていた。寮を出たオティリアはホテルへ行くが、予約が入っていない事を知り、仕方なく別のホテルを取る。またガビツァの代わ...... more
Commented by claudiacardinal at 2008-03-12 15:46 x
89年に公開銃殺刑があったんですね。知りませんでした。独裁政権ってどの国を見てもよく似たものです。それにしてもどんな状況に置いても人間は生き延びるために、強く適応していくんですね。映像からそれがひしと伝わってきました。
まあとりあえず民主主義国家に生まれ育っただけでもありがたいです。けど今では「民主主義」というのが大義名分で利用されている傾向にありますね。
Commented by margot2005 at 2008-03-13 00:37
claudiaさん、こんばんは!
89年に日本の民放が、革命軍によって破壊された宮殿にTVカメラを入れて延々放映されたのを見ました。公開処刑のシーンも放映されましたね。
ホント独裁政権て何れの国も似てますね。ルーマニアの前はフィリピンのマルコス政権崩壊でした。マルコス夫妻の私腹を肥やした宮殿もTVでたっぷりと放映されました。
この映画ですが、ラストで“この事はコレからは話さない!”と言う彼女たち...これからしっかりと生きて行かなければならないという彼女たちの姿勢を熱く感じましたね。
Commented by rose_chocolat at 2008-03-16 15:19 x
こんにちは。
もうあれから20年なんですねえ・・・。 当時は公開処刑の映像ばかりが流れていて、その裏側の民衆の実態というものはほとんどわかりませんでしたが。
そんな中でも若者たちはそれぞれの人生を生きていたということなんでしょうか。
いずれにせよ、女性の立場が一段と低く見られているのはどこでも同じなのかな。哀しいことです。
Commented by margot2005 at 2008-03-17 01:21
rose_chocolatさん、こんばんは!
そうですね20年の歳月が経過したようです。
日本の民放は何度も映像を流していましたね。
そんなルーマニアに、このような悲劇が起きていたなんて知る由もなかったです。
この時代のルーマニアの女性ってとてつもなく悲惨な思いをしたのかと思うと哀しい気持ちでいっぱいになります。
Commented by fizz♪ at 2008-09-19 16:34 x
margotさん、こんにちは~
さすがmargotさん! ご覧になってたのですね。
私などちっとも知らなかった作品でしたが、ガツンとやられました(笑)
ホントにヘヴィーでしたね。
飾らないというより、余計なものを削ぎ落として落とし切ったような撮り方も
そして女優マリンカも素晴らしかったですよね。
あの独裁夫妻の映像は私もよく覚えてましたので
この作品もよりリアルに伝わりました。
Commented by margot2005 at 2008-09-20 21:23
fizz♪さん!又またお越しいただいて嬉しいですわ。
そうです!観てました!
かなりへヴィーそう?と思いつつ観に行きましたが、やはりへヴィーでしたね。
まるで素人のようにも見える二人の女優でしたが、アナマリア・マリンカの表情は素晴らしかったです。あのようなどうしようもない気持ちを表現するってやはり女優ですね。
独裁夫妻のTV特番で処刑のシーンも映されましたが、日本の放送局ってやるなぁと思いました。
この作品もリアリズムを追求し観る者に訴えてましたね。
Commented by Bianca at 2008-10-12 03:01 x
さすがに、この映画、ご覧になっていますね。
ずい分遅れて、DVDでやっと見ることが出来ました。
暗いけど、見ごたえがありました。つい最近までの東独といい、ルーマニアといい、そして今も北朝鮮では、体制のために苦しむ民衆がいるのですね。
Commented by margot2005 at 2008-10-13 01:15
Biancaさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございます!
ちょっと迷ったのですが観に行きました。
確かに見応えはありましたね。
東ドイツやルーマニア、そしてフィリピンもでしたよね?
独裁政権て必ず崩壊しちゃうのですが、成せば成ると思うのでしょうか?不思議な世界です。
<< 「アメリカを売った男」 「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」 >>