「いつか眠りにつく前に」

a0051234_162559.jpg「Evening」2007 USA/ドイツ
死の床に付く老婦人が見守る娘たちに自身の人生を振り返り、語り始める感動のヒューマン・ドラマ。
主演の老婦人アンに「上海の伯爵夫人/2005」のヴァネッサ・レッドグレイヴ。
若きアンに「幸せのポートレート/2005」のクレア・ディーンズ。
アンの娘ニナに「リトル・ミス・サンシャイン/2006」のトニ・コレット。同じく娘コニーに「上海の伯爵夫人/2005」でも共演したレッドグレイヴの娘ナターシャ・リチャードソン。
アンの親友ライラにメイミー・ガマー。ライラの弟バディに「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」のヒュー・ダーシー。
ライラの母、ミセス・ウィッテンボーンに「美しい人/2005」のグレン・クローズ。
ライラとアンに愛されるハリスに「リトル・チルドレン/2006」のパトリック・ウイルソン。
そして年老いたライラを「プラダを着た悪魔/2006」のメリル・ストリープが演じている。
監督はハンガリー出身のラホス・コルタイ。
原作はスーザン・マイノットの“Evening”
a0051234_1431279.jpg

死の床にあるアン(レッドグレイヴ)は、熱にうなされ“ハリス!”という男の名前を何度も繰り返す。アンの娘たちコニー(リチャードソン)とニナ(コレット)は訳が分からず戸惑うばかり...
一方でシーンは変わり、1950年代のアン(ディーンズ)はベスト・フレンド、ライラ(ガマー)の結婚式のブライドメイツを勤めるため海辺の街へと向かう。迎えに来たのはライラの弟バディ(ダーシー)だった。
そして海辺に建つライラの親が所有する別荘で医者のハリス(ウイルソン)と出会ったアン。やがて二人は急速に惹かれて行くのだった...
a0051234_1434976.jpg
この映画を観てまず思ったのは、小説だともっと素敵だろうな?...確かに読んでみたくなるこの小説...
現在(40数年前の設定)と、数十年前のシーンがめまぐるしく変わり、最初はちょっと戸惑ったが、中盤位からは物語に入り込めて中々ナイスな映画であった。
死の床に付く母。迷いに迷う人生を送って来た次女ニナは母の過去を知り、強く生きて行こうと決心する。
娘って母の過去を知りたいのだなぁと痛切に感じる。
a0051234_1433286.jpg

若い世代を演じるクレア・デーンズ、トニ・コレット、ナターシャ・リチャーソソン。
老いた役のヴァネッサ・レッドグレイヴとメリル・ストリープ。
母たちの過去の男を演じるパトリック・ウイルソンとヒュー・ダーシー。
おまけでグレン・クローズ。
とても、とても豪華な出演陣なのだが、作品は地味で観客は呼べそうにない。
しかし、私的には素敵な作品だった。
ヴァネッサ・レッドグレイヴとメリル・ストリープは一回りの年齢差があるため、メリルは老けメイクで頑張っている。
ライラ役のメイミー・ガマー。名女優メリル・ストリープの実の娘で初めてお目にかかった。母そっくりなのだが、母の持つ強烈なオーラとは縁のないとても地味な女優で親近感を覚えてしまった。ホント、マジで地味な女優。
男性二人、パトリック&ヒューも中々素敵だが、パトリック・ウイルソンが実に美味しい役なので彼が余計素敵に見えてしまう。
パトリック・ウイルソンってまだ30代前半なのだが、「ハード・キャンディ/2005」とか「リトル・チルドレン」でoyajiな役が似合う。
クレア・ディーンズは新しい作品を観るたびに素敵なクレアに逢える気がする。
プロのシンガーを夢見たアン。歌うシーンが何カ所か登場するが、アン演じるクレア自身が歌っている。歌の上手いパトリックがフォローしてるシーンもあり。
いつも個性的なトニ・コレットも大好きな女優で、出演者で満足してしまった作品かもしれない。
アメリカ、ロード・アイランド、ニューポートでロケされた景色が美しい!
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_1425273.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-03-01 01:48 | USA | Trackback(21) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6849208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画『いつか眠りにつく前.. at 2008-03-01 03:55
タイトル : 映画館で『いつか眠りにつく前に』見てきました!
昨日の'''『いつか眠りにつく前に』'''の初日に もう一度映画を見ました。 場所は'''川崎チネチッタ'''。 '''チネグランデ'''というチネチッタのいつもの映画館の前にある 800名収容の“グランデ”(大きい)の名にふさわしい劇場です。 宣伝をしながら 会社の小さな試写室で通して見て 抜き...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-03-01 19:01
タイトル : 映画「いつか眠りにつく前に」
原題:Evening いつか眠りにつく前に、人生に過ちなんてなかった、と開き直る気持ちはよく分かる・・後悔は先に立たず、人生は長いようで短い、夢と希望を繋ぐものは・・ イブニング、輝くように美しい、まるで絵に描いたような、いや、絵にも描けない美しさというべきだろ... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-03-01 19:13
タイトル : いつか眠りにつく前に
 『すべての女性の人生が、 美しい一瞬を持っている。』  コチラの「いつか眠りにつく前に」は、スーザン・マイノットのベストセラー同名小説を豪華女優陣の競演で映画化した2/23となった感動作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪  死の床に伏したアン(ヴァ....... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-03-01 20:14
タイトル : 人生に過ちなんてない〜『いつか眠りにつく前に』
 EVENING 「ハリスは私の最初の過ち」  臨終間近な一人の老婦人が、死の淵で呼ぶ若き日の恋人の名。横たわる母アン (ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を見守る二人の娘、コニー(ナターシャ・リチャ...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2008-03-02 19:46
タイトル : 「いつか眠りにつく前に」(アメリカ 2007年)
人生の終わりに封印していた恋を思い返す母と 母を看取りながら自分の人生を見つめ直すふたりの娘の物語。... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2008-03-02 22:30
タイトル : 思い出は美しすぎて。『いつか眠りにつく前に』
死の床で自身の人生を振り返るひとりの女性を中心に人間模様を描いた作品です。... more
Tracked from Osaka-cinema.. at 2008-03-03 05:12
タイトル : いつか眠りにつく前に~母を知り、自分を知る
公開前ですが、見ることが出来ました。 映画「いつか眠りにつく前に」 あらすじ: 2人の娘に見守られながら、人生の最期を迎えつつある老婦人・アン。 (ヴァネッサ・レッドグレイヴ)朦朧とした意識の中でアンは、 娘たちの知らない男性の名を何度も口にする。 意識と無意識の間を漂う彼女の記憶は、1950年代のある週末の 出来事へと遡っていく――。 歌手になる夢を持っていた24歳のアン(クレア・デインズ)は、 親友・ライラ(メイミー・ガマー)の結婚式でブライドメイドを務めるた...... more
Tracked from プラダ 着た 悪魔 が激安 at 2008-03-07 08:57
タイトル : プラダ 着た 悪魔 が激安
プラダ 着た 悪魔 が激安,プラダ 着た 悪魔 が激安,プラダ 着た 悪魔 が激安... more
Tracked from +++ Candy Ci.. at 2008-03-09 22:41
タイトル : 【いつか眠りにつく前に】
【原題: EVENING 】 原作/スーザン・マイノット 『いつか眠りにつく前に』(河出書房新社刊) 監督/ラホス・コルタイ   脚本/スーザン・マイノット・ マイケル・カニンガム      日本公開/2008年2...... more
Tracked from MoonDreamWor.. at 2008-03-10 20:28
タイトル : 「 いつか眠りにつく前に / EVENING (2008..
【いつか眠りにつく前に 】2008年2月23日(土)公開 監督 : ラホス・コルタイ ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2008-03-11 12:33
タイトル : 『いつか眠りにつく前に』
□作品オフィシャルサイト 「いつか眠りにつく前に」□監督 ラホス・コルタイ □原作・脚本 スーザン・マイノット □脚本 マイケル・カニンガム □キャスト クレア・デインズ、ヴァネッサ・レッドグレーヴ、メリル・ストリープ、トニ・コレット、パトリック・ウィルソン、ヒュー・ダンシー、ナターシャ・リチャードソン、メイミー・ガマー、アイリーン・アトキンス、グレン・クローズ■鑑賞日 3月2日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> なんだろう、この豪華な女優陣の競演は。...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-03-23 00:03
タイトル : いつか眠りにつく前に☆母の隠された40年前の愛
 死の床にある母が語った物語は、娘たちが知らない40年前の愛の記憶     2月26日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。キャストの顔ぶれは、凄い親子で共演という女優さんもいます。その一人がメリル・ストリープのお嬢さん、メイミー・ガマー。メリル演じるライラの若き日の役で登場!    40年前のアンとライラ    そして40年後のアンとライラ     あなたが最期に呼ぶのは、誰の名前ですか? 人生の終わりのとき、あなたが最期に思い...... more
Tracked from 映画や本を淡々と語る at 2008-03-23 10:08
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
敗者と勝者の二極化と、家族愛をテーマにしたあまりに痛く残酷なコメディでした。... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-04-06 21:00
タイトル : 映画『いつか眠りにつく前に』を観て
25.いつか眠りにつく前に■原題:Evening■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■鑑賞日:3月1日、武蔵野館(新宿)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:ラホス・コルタイ□脚本・原作・製作総指揮:スーザン・マイノット□脚本・製作総指揮...... more
Tracked from pure's movie.. at 2008-04-12 02:50
タイトル : いつか眠りにつく前に
2007年度 アメリカ・ドイツ作品 117分 ショウゲート配給 原題:EVENING STAFF 監督:ラホス・コルタイ 脚本・原作:スーザン・マイノット CAST クレア・デインズ トニ・コレット ヴァネッサ・レッドグレーヴ パトリック・ウィルソン メリル・ストリープ グレン・クローズ アメリカでは男性からは「理解できない!」と酷評を受け、女性からは「すべての女性が観るべきだ!」とまで大絶賛されたというこの映画。すごく気になってたんだけどなかなか観に行けなかった。近所のシネコンでは今週いっぱ...... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-04-24 18:44
タイトル : 感想/いつか眠りにつく前に(試写)
なんだかすごくわかる気がするよ。『いつか眠りにつく前に』2月23日公開。死期が迫り、床に伏すアン。2人の娘を前に、混乱した意識の中で「私がバディを殺した」という謎の言葉をこぼす。それはかつて、まだ若かりしアンが遭遇した悲恋とも呼ぶべきできごとだった。 いつか眠りにつく前に 最初は、現在と回想の入れ替わりがあんまりにも忙しないのが気に入らなかったけれど、その混濁っぷりが落ち着いてからはしっとりと感情移入。話の筋自体には特にどうっていうことはない。けれど、アンと2人の娘という、3人の女性の人生にお...... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2008-08-10 20:36
タイトル : いつか眠りにつく前に
あなたが最期に呼ぶのは誰の名前ですか? あらすじ: 死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れた彼... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-10-15 23:07
タイトル : 「いつか眠りにつく前に」
病に倒れ、人生の最期を迎えようとしていたアン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)。長女のコンスタンス (ナターシャ・リチャードソン)と次女のニナ(トニ・コレット)に見守られる彼女は、混濁する意識の中、 “ハリス”(パトリック・ウィルソン)という男性の名を何度も口にする。”ハリスと私がバディ(ヒュー・ ダンシー)を殺した”という母の言葉に戸惑う娘たち。時は40数年前に遡る。アン(クレア・デインズ)は 親友ライラ(エイミー・ガマー)の結婚式でブライズメイドを務めるため、彼女の別荘にやってきた。 そこでライラの弟...... more
Tracked from Blossom Blog at 2008-10-16 16:25
タイトル : いつか眠りにつく前に
いつか眠りにつく前に EVENING 監督 ラホス・コルタイ 出演 クレア・デインズ トニ・コレット ヴァネッサ・レッドグレーヴ     パトリック・ウィルソン ヒュー・ダンシー メリル・ストリープ ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2009-02-20 00:18
タイトル : 『いつか眠りにつく前に』'07・米・独
あらすじ死の床にある老婦人アン(ヴァネッサ・レッドグレーヴ)を2人の娘たちが見守る中、熱にうなされたアンは娘たちの知らない男性の名前を何度も口にする。そんな中、アンの記憶は1950年代のある出来事へとさかのぼっていく。親友の結婚式のため、海辺の町を訪れ...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-11-11 23:21
タイトル : 『いつか眠りにつく前に』を観たぞ〜!
『いつか眠りにつく前に』を観ました人気作家スーザン・マイノットのベストセラー小説を、豪華アカデミー女優陣の競演で映画化した感動作です>>『いつか眠りにつく前に』関連原題: EVENINGジャンル: ドラマ上映時間: 117分製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ監督:...... more
Commented by なな at 2008-08-10 20:40 x
こんばんは
パトリックは,額が後退してきたので
落ち着いて見えちゃいますが,いいオトコですよね。
「オペラ座~」の頃と少し面影が変わってきたような・・・・。
女優陣はほんとに豪華でしたが
何といっても群を抜いていたのは,やはりメリルだったかな~
彼女にあんなそっくりな(オーラはないとしても)お嬢さんがいたなんて
全く知りませんでした。
ヴァネッサには,もう一人女優の娘さんがいるんですよね,確か・・・。
Commented by margot2005 at 2008-08-12 00:22
ななさん、こんばんは!
パトリック・ウイルソン頭後退してますね。
つい最近「オペラ座の怪人」を録画してあったDVDで観たんですが、数年前なのになんか若いですね?でも今の彼の方が魅力あるかと感じます。
これは女性映画なので、女優陣は皆素敵でしたよね。
メリルは出番が少ないながらもさすがの存在感でありました。
ヴァネッサの娘ナターシャ&ジョエリーってとっても似ていて、最初区別がつかなかったです。
<< 「地上5センチの恋心」 「裏切りの闇で眠れ」 >>